J・M. Dijkstra

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/07 16:56
 
アバター
研究者氏名
J・M. Dijkstra
eメール
Dijkstrafujita-hu.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/10387681
所属
藤田保健衛生大学
部署
総合医科学研究所
職名
助教
学位
Ph.D.(Utrecht University, Holland)

プロフィール

My Research Interests:
The immune system is characterized by a myriad of interacting cells and molecules, and it is probably outside our intellectual grasp to ever fully understand it. However, we can aspire to understand the central regulating mechanisms of the immune system in sufficient detail for being helpful with the establishment of therapies against disease. In order to find “central” regulating mechanisms, I try to compare the immune systems of various jawed vertebrate species, in the assumption that shared features are the most important features. My research has concentrated on the major histocompatibility complex (MHC), TCR co-receptors, and cytokines. The species that I worked with were mostly fish, but currently I am also investigating mammals.

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
2010年
藤田保健衛生大学 助教
 
2007年
 - 
2008年
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 助教
 
2007年
   
 
藤田保健衛生大学 助手
 
2004年
   
 
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 助手
 

論文

 
Dijkstra JM
Nature   511(7508) 7-9   2014年7月   [査読有り]
Dijkstra JM, Takizawa F, Fischer U, Friedrich M, Soto-Lampe V, Lefèvre C, Lenk M, Karger A, Matsui T, Hashimoto K
Immunogenetics   66(2) 93-103   2014年2月   [査読有り]
Takizawa F, Araki K, Ohtani M, Toda H, Saito Y, Lampe VS, Dijkstra JM, Ototake M, Moritomo T, Nakanishi T, Fischer U
Fish & shellfish immunology   36(1) 215-222   2014年1月   [査読有り]
Dijkstra JM, Grimholt U, Leong J, Koop BF, Hashimoto K
BMC evolutionary biology   13(1)    2013年11月   [査読有り]
Yamaguchi T, Katakura F, Someya K, Dijkstra JM, Moritomo T, Nakanishi T
Fish & shellfish immunology   34(2) 433-442   2013年2月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Evolution of the interleukin 2, 15 en 15-like family
T. Yamaguchi, J.M. Dijkstra (speaker)
26th meeting of the Japanese Association of Developmental & Comparative Immunology   2014年7月9日   
J・M. Dijkstra
Technical training & seminar in Fish Disease Lab   2014年2月27日   
An unexpected, ancient third interleukin-2/15 family member in mammals
J・M. Dijkstra
Annual meeting of the Japanese Society for Immunology   2013年12月11日   
J・M. Dijkstra
Invited talk for the Department of Evolutionary Studies of Biosystems, The Graduate University for Advanced Studies (SOKENDAI), 240-0193 Hayama, Kanagawa, Japan   2013年9月28日   
New inisghts into MHC evolution [招待有り]
J・M. Dijkstra
魚類免疫学セミナー   2013年6月8日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: J・M Dijkstra
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: J・M Dijkstra
本研究では、MHCクラスII分子と免疫抑制的MHCクラスII受容体であるLAG-3を解析することにより、魚類のTregを解明し、さらに異なる近縁種から由来すると考えられている3種の異なったハプロイドゲノムを有するクローンのtriploidギンブナの起源を解析することを目的としている。我々はLAG-3の発現をTh2/Tregにシフトした免疫環境である鰓で見い出した。さらにギンブナMHCクラスIIを解析することに成功し、魚類MHCクラスIIの進化に関して大変興味深い研究結果を得ることができた。...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: J・M ダイクストラ
CD4関連遺伝子と考えられるG6F-like分子について詳細な解析を行なった。その遺伝子が存在するゲノム領域は原始的MHC領域に相当し、哺乳類G6F遺伝子の場合と同様である。G6F-like分子は、CD4/KAG-3分子群、及びヒトのトロンボサイトのマーカーであるG6F分子と配列の共通性を有している。さらに有するモチーフ、トロンボサイト及び血小板での発現の共通性に基づき魚類G6F-likeは四足類G6Fの相同分子の可能性が考えられる。

その他

 
教育内容・方法の工夫
教育方法・教育実践に関する発表、講演等
なし
その他教育活動上特記すべき事項
なし