基本情報

所属
専修大学 文学部 准教授
統計数理研究所 データ科学研究系 客員准教授
学位
文学修士(大阪大学)

J-GLOBAL ID
201101012013214730

学部2年生の時,国語研究所・名誉所員の故・江川清氏と,同・名誉所員の米田正人氏の連名論文を読んで,この世界に進むことを決意しました。今,その論文で取りあげられていた鶴岡調査に関するプロジェクトに携わっています。
【研究テーマ】
大学院生だった頃から,鶴岡調査にヒントを得た共通語化に関する研究をしています。マス・コミの発達や学校教育の影響から,現代の日本語母語話者が共通語を全く知らないということは稀になったと考えられます。しかし,共通語を「知っている」からといって,「使える」というものではありません。共通語を「知っている」(宣言的知識:Declarative Knowledge)人が,共通語を「使える」というスキル(手続き的知識:Procedural Knowledge)を獲得しているのです。そのスキルが発達し,自動化(Automatization)するメカニズムとプロセスを,経年的アプローチで究明する研究を進めています。また,その研究の関連から,第二言語習得(特にLanguage Awareness)についての共同研究にも参加しています。

研究キーワード

  3

書籍等出版物

  1

論文

  18

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1

講演・口頭発表等

  18