朝日 祥之

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/03 13:23
 
アバター
研究者氏名
朝日 祥之
URL
http://pj.ninjal.ac.jp/yasahi/index.html
所属
国立国語研究所
部署
時空間変異研究系
職名
准教授
学位
博士(文学)2004年3月大阪大学

プロフィール

1997年秋,英国エセックス大学大学院生時代に読んだPeter Trudgill先生Dialects in contact (1986, Blackwell)が今の研究テーマを決めました。日本人の移民社会は国内外に数多くある。そこでどのような接触が生じているのか。日本語をめぐる方言接触現象に強い関心を持ちました。今は,国内外のフィールドに出かけ,日々現象を向き合っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年
 - 
現在
大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立国語研究所 研究部 言語変異研究領域 准教授
 
2004年
 - 
2005年
独立行政法人国立国語研究所 情報資料部門 第二領域 研究員
 
2006年
 - 
2009年
独立行政法人国立国語研究所 研究開発部門 言語生活グループ 研究員
 
2009年
 - 
2016年
大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立国語研究所 時空間変異研研究系 准教授
 

受賞

 
2010年3月
社会言語科学会 第9回徳川宗賢賞優秀賞
 

論文

 
身内敬語意識の55年間の変化に関する数量モデル
横山詔一・朝日祥之
計量国語学   31(7) 497-506   2018年12月
北海道方言の録音資料の資源化と課題 ー北見市常呂町調査を事例にー
朝日 祥之
北海道方言研究会会報   94 32-38   2018年2月   [査読有り]
サハリン島における言語関係史:日本語を中心に
朝日 祥之
Arctic Circle   98 4-9   2016年3月   [査読有り][招待有り]
北海道における方言使用の現状と実時間変化 その4
朝日祥之・尾崎喜光
北海道方言研究会会報   92 68-90   2015年12月   [査読有り]
北海道方言の分布に見られる経年変化
朝日 祥之
北海道方言研究会会報   92 26-44   2015年12月   [査読有り]
Interface between regional and social dialects in Hokkaido: The case of the small town of Tokoro
ASAHI Yoshiyuki
Multilingual Perspectives in Geolinguistics   62-68   2015年5月   [査読有り]
KATAOKA Kuniyoshi and ASAHI Yoshiyuki
Journal of Sociolinguistics   19(2) 133-160   2015年4月
ニヴフ語話者の日本語にみられる特徴ー「ギリヤークの昔話」からみるー
朝日 祥之
北海道方言研究会会報   91 90-97   2014年12月
北海道における方言使用の現状と実時間変化その3:音韻・アクセント項目からみる
朝日 祥之・尾崎 喜光
北海道方言研究会会報   91 55-68   2014年12月
北海道北見市常呂町における方言接触と変容:岐阜地区居住者を中心に
朝日 祥之
北海道方言研究会会報   91 47-54   2014年12月

Misc

 
新刊・寸感 14
朝日 祥之
日本語学   35(1) 94-95   2015年12月   [依頼有り]
項目執筆(9項目)
朝日 祥之
明解言語学辞典      2015年7月   [依頼有り]
新刊・寸感13
朝日 祥之
日本語学   34(8)    2015年7月
新刊・寸感12
朝日 祥之
日本語学   34(1) 84-85   2015年1月
新刊・寸感11
朝日 祥之
日本語学   33(8) 88-89   2014年7月   [依頼有り]
趣旨説明 海を渡った日本語を見つめる
朝日 祥之
人間文化   20 4-8   2014年5月
日本語調査をデザインするーやっててよかった,やっときゃよかったことばの調査ー(司会)
朝日 祥之
JVLC2014      2014年3月
新刊・寸感10
朝日 祥之
日本語学   33(1) 88-89   2014年1月
新刊・寸感9
朝日 祥之
日本語学   32(8) 84-85   2013年7月
【書評】「亡びゆく言語を話す最後の人々」(デイヴィッド ハリソン著,原書房)
朝日 祥之
北海道新聞(2013.5.26)      2013年5月
【著書紹介】サハリンに残された日本語樺太方言
朝日 祥之
国語研プロジェクトレビュー   3(3) 195-196   2013年3月   [依頼有り]
認知方言学的研究手法の展開 (翻訳)
南部智史・朝日祥之
JLVC 2013 予稿集   23-33   2013年3月
新感・寸感8
朝日 祥之
日本語学   32(1) 74-75   2013年1月
新刊・寸感7
朝日 祥之
日本語学   31(8) 94-95   2012年7月
Review on the fourteenth international conference on METHODS in Dialectology
Alena Barysevich and Yoshiyuki Asahi
Dialectologia   8 115-166   2011年12月
サハリンに残存する日本語の談話データ
真田信治・朝日祥之・金美貞
日本語変種とクレオールの形成過程   1-122   2012年2月
新刊・寸感6
朝日 祥之
日本語学   31(1) 84-85   2012年1月
新刊・寸感5
朝日 祥之
日本語学   30(8) 96-97   2011年7月
新刊・寸感4
朝日 祥之
日本語学   30(1)    2011年1月
Maria-Pilar Perea, Yoshiyuki Asahi, Takuichiro Onishi
Dialectologia   Special Issue 1 1-1   2010年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
はじめて学ぶ方言学ーことばの多様性をとらえる28章
朝日祥之 (担当:分担執筆, 範囲:第5章海外の日本語方言)
ミネルヴァ書房   2016年3月   
アメリカ・ハワイ日系社会の歴史と言語文化
朝日祥之・原山浩介
東京堂出版   2015年3月   
海を渡った日本語(『人間文化』vol.20)
朝日 祥之
人間文化研究機構   2014年6月   
サハリンに残された日本語樺太方言
朝日 祥之
明治書院   2012年10月   
改訂版社会言語学図集
真田信治・ダニエル=ロング・朝日祥之・簡月真
秋山書店   2010年3月   

講演・口頭発表等

 
標準語のようで標準語でない愛知県のことば [招待有り]
朝日 祥之
愛知大学シンポジウム みんなの知らない方言の世界   2018年3月25日   
High vowel loss amongst Japanese picture brides in the US
ASAHI Yoshiyuki
NWAV-AP5   2018年2月1日   
北海道北見市常呂町における言語変容
朝日 祥之
北海道方言研究会第222回例会   2018年1月28日   
名古屋市議会会議録にみる名古屋方言の特徴に関する考察
朝日 祥之
国立国語研究所研究所領域指定型プロジェクト「地方議会会議録を活用したスタイル変異研究」研究会   2017年12月9日   
Linguistic features in the Japanese phrase books during WWII [招待有り]
Asahi Yoshiyuki
Spies, Prisoners, and Farmers: The Origins of Japanese Studies at Michigan   2017年11月29日   
Old and New Trends in Japanese Dialect [招待有り]
ASAHI Yoshiyuki
Japanese Seminar Lecture, Charles University Prague   2017年11月20日   
Detecting and mining biographical data from audio/audio-visual magnetic tapes: A case of the Japanese American collections in the US
ASAHI Yoshiyuki
BD 2017   2017年11月7日   
Use of English words to pronounce Japanese expressions: Evidence from some Japanese language textbooks during WWII
Use of English words to pronounce Japanese expressions: Evidence from some Japanese language textbooks during WWII
EAJS 2017   2017年9月1日   
Picture brides and their Japanese dialects: Evidence from their life story interviews in Hawai'i.
ASAHI Yoshiyuki
Methods in Dialectology XVI   2017年8月8日   
[V + ~te ageru] in instructor speech: Polite register as a social dialect in YouTube tutorial videos.
Hiramoto, Mie. Asahi, Yoshiyuki
Methods in Dialectology XVI   2017年8月7日   
Innovative Dialects: The Spoken (Social/Regional) Dialects in Media
Yoshiyuki Asahi, Rebecca Starr, Mie Hiramoto
Methods in Dialectology XVI   2017年8月7日   
Vowel deletion in the dialect of Lesvos (Northern Greece): From an acoustic analysis perspective
Dimitris Papazachariou and Yoshiyuki Asahi
Iclave 9   2017年6月6日   
Introduction: Workshop Day 3 NINJAL-NMJH-UHM Workshop “Underdescribed languages and histories: linguist’s and historian’s approaches”
ASAHI Yoshiyuki
“Underdescribed languages and histories: linguist’s and historian’s approaches”   2017年5月18日   
Sociolinguistic approaches to ‘Buried voices’ in Hawai`i
ASAHI Yoshiyuki
Underdescribed languages and histories: Linguist’s and Historian’s challenges   2017年5月18日   
北海道方言の録音資料の資源化と課題 ー北見市常呂町調査を事例にー
朝日 祥之
第219回北海道方言研究会例会   2017年1月29日   
北海道における方言使用の現状と実時間変化 その5
朝日祥之・尾崎喜光
第218回北海道方言研究会例会   2016年9月11日   
日本関連在外資料を活用した 日系移民の言語生活研究
朝日 祥之
I-URIC コロキウム   2016年7月14日   
Little Gifu in Tokoro: Dialect contact, maintenance, and change in the Japanese small town in Hokkaido
ASAHI Yoshiyuki
Sociolinguistics symposium 21   2016年6月17日   
An innovative use of Japanese ‘verb-te-ageru’ in instructional speech: A Japanese women’s language hypothesis
HIRAMOTO Mie and ASAHI Yoshiyuki
Sociolinguistics symposium 21   2016年6月16日   
商業看板における「空間参照枠表現」の地域間変異について
片岡 邦好・朝日 祥之
JLVC2016   2016年2月14日   
日本語と方言の一世紀:社会言語学と歴史言語学が明らかにしたもの
朝日 祥之
JLVC2016   2016年2月14日   
変異研究にみる日本語の多様性 [招待有り]
朝日 祥之
国際シンポジウム 国際日本研究 --- 対話、交流、ダイナミクス(東京外国語大学)   2016年1月31日   
北海道方言における経年変化の地域間比較 ―札幌市・釧路市・富良野市・函館市における調査結果から―
朝日祥之・尾崎喜光
国語研共同研究プロジェクト「多角的アプローチによる現代日本語の動態の解明」研究会   2016年1月24日   
北海道における方言使用の現状と実時間変化 その4
朝日祥之・尾崎喜光
第214回北海道方言研究会例会   2015年9月6日   
日本語起源の外行語と日系移民のトランスナショナリティ
朝日 祥之
第2回 地球研・国語研合同研究打合せ会 「方言」と伝統的暮らし・価値観から見直す地球環境学 ―「ことば」と「ことば」の接点―   2015年7月30日   
The role of a standard variety in the new town koine formation
ASAHI Yoshiyuki
Globalising Sociolinguistics 2015   2015年6月18日   
北海道方言の分布に見られる経年変化
朝日 祥之
第213回北海道方言研究会例会   2015年6月14日   
Interface between regional and social dialects of Tokoro, a small town of Hokkaido
ASAHi Yoshiyuki
American Society of Geolinguistics Conference   2015年4月11日   
北海道における言語動態 ―札幌・釧路・富良野における実時間調査等を手掛かりに―
朝日祥之・尾崎喜光
国立国語研究所共同研究プロジェクト「多角的アプローチによる現代日本語の動態の解明」研究発表会   2015年1月24日   
Use of foreign-origin personal pronouns: Ob ser vations in overseas varieties of Japanese
HIRAMOTO MIe and ASAHI Yoshiyuki
2015 Winter SPCL (Society for Pidgin and Creole Languages)   2015年1月10日   
Sociolinguistics of Karafuto and Sakhalin Japanese [招待有り]
ASAHI Yoshiyuki
NINJAL Int'l Symposim: Crosslinguistics and Linguistic Crossing in Northeast Asia   2014年11月28日   
北海道における方言使用の現状と実時間変化 その3
朝日祥之・尾崎喜光
第209回北海道方言研究会例会   2014年9月7日   
北海道北見市常呂町における方言接触と変容 岐阜地区居住者を例に
朝日 祥之
第209回北海道方言研究会例会   2014年9月7日   
Linguistic features in the: “Buried Issei Japanese Voice” in the Americas
朝日 祥之
Methods XV   2014年8月15日   
ASAHI Yoshiyuki
Sociolinguistics Symposium 20   2014年6月17日   
On the Change of Allophones of /g/ in Japanese: A quantitative analysis based on large -­ scale surveys
NAMBU Satoshi, ASAHI Yoshiyuki, AIZAWA Masao
NWAV-AP3   2014年5月3日   
Legacies of Gifu and Tosa dialects in a small town of Tokoro in Hokkaido
ASAHI Yoshiyuki
NWAV-AP3   2014年5月1日   
Japanese Language School Textbooks in California and São Paulo in the Pre-war Period Compared: A textbook and linguistic Analysis
Toyotomi MORIMOTO and Yoshiyuki ASAHI
CIES 2014   2014年3月12日   
Use of foreign-origin personal pronouns: Observations in overseas Japanese
ASAHI Yoshiyuki and HIRAMOTO Mie
Celebrating 50 years of Linguistics at UH Manoa Symposium   2014年3月7日   
The role of 'founders' and dialect levelling: evidence from Japanese around the world [招待有り]
ASAHI Yoshiyuki
LVC Talk (U of York, UK)   2014年2月13日   
Kibei's ways of speaking three languages, Japanese, Ryukyuan and English: Evidence from Thomas Taro Higa
ASAHI Yoshiyuki
112th AAA   2013年11月24日   
北海道における方言使用の現状と実時間変化 その2 -音韻・アクセント項目からみる-
朝日祥之・尾崎喜光
第205回北海道方言研究会例会   2013年11月10日   
ニヴフ語話者の日本語の特徴ー「ギリヤークの昔話」から見るー
朝日 祥之
第204回北海道方言研究会例会   2013年9月8日   
【趣旨説明】海を渡った日本語をみつめる
朝日 祥之
人間文化研究機構第21回シンポジウム「海を渡った日本語」   2013年9月1日   
オホーツク海方言の形成と特性
朝日 祥之
国立国語研究所共同研究プロジェクト(日本語変種とクレオールの形成過程)研究発表会   2013年8月31日   
「埋もれた声」蘇生のためにー日系移民のオーラルヒストリー再生プロジェクト
朝日祥之・森本豊富
サンパウロ人文科学研究所2013年度第3回研究例会   2013年8月20日   
Old and New Ways of Japanese Urban Dialectology [招待有り]
ASAHI Yoshiyuki
Urban Language Seminar 11   2013年8月17日   
神戸市のことばの多様性
朝日 祥之
東京みらいフロンティアツアー(兵庫県立兵庫高等学校)   2013年8月1日   
ガ行鼻音の衰退過程とその要因について ―札幌と富良野の大規模データを利用して―
南部智史,朝日祥之,相澤正夫
第96回NINJALサロン   2013年7月16日   
Does extremely high dialect contact really lead to simplification?: A comparative account of British and Japanese New Towns
ASAHI Yoshiyuki
ICLaVE 7   2013年6月27日   
ハワイ日系移民コミュニティにおける代名詞のバリエーション
平本美恵,朝日祥之
第92回 NINJAL サロン   2013年5月21日   
言語変容の類型化に向けてー国内外における調査からー
朝日 祥之
JLVC2013   2013年3月20日   
Migration and Japanese language in Hokkaido, Sakhalin, and the Kuril Islands: their socio-cultural histories and linguistic outcomes
ASAHI Yoshiyuki
Japanese Anthropology Workshop 2013   2013年3月9日   
北海道における方言使用の現状と実時間変化 ―札幌市・釧路市における多人数調査の結果から―
尾崎喜光,朝日祥之
第200回北海道方言研究会記念大会   2012年11月18日   
Interdisciplinary approaches to re-utilize the buried oral history data in Japanese
ASAHI Yoshiyuki, MORIMOTO Toyotomi, and KOJIMA Shigeru
111th American Anthropology Association   2012年11月18日   
Effect of the community design in the development of new language varieties: two cases from Japanese and British New Town
ASAHI Yoshiyuki
Regional Varieties, Language Shift and Linguistic Identities   2012年9月   
移動するサハリンの朝鮮人と日本語
朝日 祥之
延辺大学国際共同研究発表会   2012年9月   
オーラルヒストリーデータの学際的利用と拠点形成について
朝日 祥之
XXII ENCONTRO NACIONAL DE PROFESSORES UNIVERSITÁRIOS DE LÍNGUA, LITERATURA E CULTURA JAPONESA, Universidade Federal do Paraná   2012年8月   
A comparison of real-time language changes in two Japanese koines
ASAHI Yoshiyuki
Sociolinguistics Symposium 19   2012年8月   
Use of foreign-origin personal pronouns: Observations in overseas varieties of Japanese
Hirayamoto Mie, Asahi Yoshiyuki
Sociolinguistics symposium 19   2012年8月   
Sociolinguistic Variation in the Pitch Movement of Japanese Dialects
Ichiro Ota, Shoji Takano, Hitoshi Nikaido, Akira Utsugi, Yoshiyuki Asahi
NWAV-AP2   2012年8月   
Real-time change in intra-speaker variation: evidence from Hokkaido Japanese
朝日 祥之
NWAV-AP2   2012年8月   
Japanese Sociolinguistics: its past, present, and the future
朝日 祥之
NWAV-AP2   2012年8月   
20 years' real-time change in Hokkaido Japanese: a comparison between two regional koines
Asahi Yoshiyuki
SIDG 7   2012年7月   
19世紀のおわりの北海道方言に見られる言語的特徴ー「古老の声」を使ってー
朝日 祥之
第198回北海道方言研究会例会   2012年6月   
日本語方言の音調レベルの変異について
太田一郎,高野照司,二階堂整,宇都木昭,朝日祥之
JLVC2012   2012年3月   
移民社会における言語変化研究資料としてのオーラルヒストリーデータ
朝日 祥之
JLVC2012   2012年3月   
Cotact dialectological approrach sociolinguistic typology
朝日 祥之
国語研共同研究プロジェクト「接触方言学による「言語変容類型論」の構築」   2012年3月   
High dialect contact, acquisition of sociolinguistic variation and the role of a standard variety: the case of a Japanese New Town
ASAHI Yoshiyuki
ViLA (Variation in Language Acquisition) 2012, University of Münster, Germany   2012年2月   
ハワイと北米に渡った日系移民の音声資料を用いた社会言語学的研究 [招待有り]
朝日 祥之
移民とエスニック文化研究所研究会   2011年12月   
北海道札幌市/釧路市における共通語化に関する実時間調査
朝日祥之・尾崎喜光
接触方言学による「言語変容類型論」の構築   2011年12月   
On the nativisation of a new town koine: a case of Japanese Seishin New Town
ASAHI Yoshiyuki
9th international conference on urban language survey   2011年11月   
「樺太ことば集」に見る樺太方言と北海道方言の関係
朝日 祥之
第195回北海道方言研究会例会   2011年11月   
Role of working experience and age in the innovative honorific forms
ASAHI Yoshiyuki
NWAV40   2011年10月   
社会調査型の言語生活研究を支えるもの [招待有り]
朝日 祥之
第28回社会言語科学会研究大会   2011年9月   
戦後の北海道における方言接触-引揚者の持ち込んだ方言に着目して-
朝日 祥之
国語研共同研究プロジェクト「接触方言学による『言語変容類型論』の構築」研究発表会   2011年9月   
Japanese Language in Hawaii
Asahi Yoshiyuki, Furukawa Gavin, and Hiramoto Mie
International Symposium: Interdisciplinary approaches to oral history data, University of Hawaii at Manoa   2011年8月   
Why use oral history records into linguistic studies?
朝日 祥之
International Symposium: Interdisciplinary approaches to oral history data, University of Hawaii at Manoa   2011年8月   
Opening remarks: Interdisciplinary approaches to oral history records
朝日 祥之
International Symposium: Interdisciplinary approaches to oral history data, University of Hawaii at Manoa   2011年8月   
Same dialects, similar contact settings, and different sociolinguistic histories: formation of the three regional koines
ASAHI Yoshiyuki
METHODS XIV   2011年8月   
Variation in prosodic phrase of Japanese Dialects
Ichiro OTA, Shoji TAKANO, Hitoshi NIKAIDO, Akira UTSUGI, and Yoshiyuki ASAHI
METHOS XIV   2011年8月   
Linguistic outcomes of similar dialectcontact situations in three Japanesespeaking communities
朝日 祥之
第20回国際歴史言語学会   2011年7月   
サハリンにおける日本語と他言語との接触と混交 [招待有り]
朝日 祥之
「移民研究特論」特別講義(早稲田大学大学院)   2011年7月   
Sociolinguistic studies on Japanese dialect transplantation
Yoshiyuki Asahi
Tuesday Seminar Series at UHM Linguistics Department   2011年3月   
関西への移住者は関西の言葉をどう感じているか?―半構造化インタビュー調査とアンケート調査から―
尾崎喜光・朝日祥之・井上文子・真田信治・陣内正敬・二階堂整・野山広
第27回社会言語科学会研究大会   2011年3月   
『空間参照枠表現』の地域較差と指向性について
朝日祥之・片岡邦好
第27回社会言語科学会研究大会   2011年3月   
Contact dialectology in Japanese Contexts [招待有り]
Yoshiyuki Asahi
NWAV Asia Pacific 1   2011年2月   
Accentuation pattern in a highly isolated sociolinguistic setting: a case of Sakhalin Japanese in Russia
Yoshiyuki Asahi
NWAV Asia Pacific 1   2011年2月   
北海道釧路市における言語変化-「釧路言語調査」の結果からー
朝日祥之・尾崎喜光
第190回北海道方言研究会例会   2010年11月   
Rises and Falls of the three Japanese Regional Koines
Asahi, Yoshiyuki
12th New Zealand Language and Society Conference   2010年11月   
ハワイのプランテーションで作られた接触方言-19世紀末生まれの日系人の録音資料に見られるコイネ日本語-
朝日 祥之・ダニエル=ロング
日本方言研究会第91回研究発表会   2010年10月   
方言接触によることばの変化
朝日 祥之
日本語学会2010年度秋季大会   2010年10月   
'Koineoid' as a result of koineisation: evidence from a Japanese contact dialect
Yoshiyuki Asahi
Sociolingusitics Symposium 18   2010年9月   
Dephrasing as a Sociolinguistic Variable in Japanese Regional Dialects
Ichiro Ota, Shoji Takano, Hitoshi Nikaido, Akira Utsugi, Yoshiyuki Asahi
Sociolinguistics Symposium 18   2010年9月   
国立国語研究所の継続する言語の定点経年調査
朝日 祥之
日本行動計量学会第38回大会   2010年9月   
Innovative contact-induced phenomena in an endocentric urban community of New Town [招待有り]
Yoshiyuki Asahi
Shaping of Language: the relationship between the structures of languages and their social, cultural, historical and natural environments   2010年7月   
Recording the Japanese Language on Sakhalin
Yoshiyuki Asahi
Japanese colonial past of the Mariana islands   2010年5月   
A Japanese Contact Variety on the Russian Island of Sakhalin
Yoshiyuki Asahi
Special Lecture at University of New England, Australia   2010年3月   
Japanese and British Contributions to Sociolinguistic Typology
Asahi, Yoshiyuki
LVLT(Language Variation and Linguistic Theory) Talk   2010年12月   
Nivkh Japanese in a story telling
Asahi, Yoshiyuki
Language Seminar at UCL   2010年12月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
サハリンに形成された日本語樺太方言の多様性に関する社会言語学的研究
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 朝日 祥之
都市の地域中心性と敬語行動 ―伊賀上野における第二次調査を中心に―
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 中井精一
北海道,福岡,鹿児島に見られる音調句の言語変化に関する社会言語学的研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 太田一郎
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年
本研究では,日本語話者が移住する地域で移住者が持ち込んだ方言が接触することで形成された接触方言(コイネ)の特性を,北海道とサハリンで形成された接触方言(それぞれ,北海道方言,樺太方言)を例に,考察する。本研究では,両接触方言が形成された時期から現在にいたるまでの間に生じた言語変容をめぐる異同を明らかにすることをめざす。具体的には
(1)北海道方言・樺太方言が形成された時期の言語生活に関する記述から当時の両方言の社会言語学的状況を記述する視点,
(2)現時点での北海道方言・樺太方言の特徴を,...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2007年 - 2009年
本研究は,敬語と敬語意識について,国立国語研究所が昭和28年度と昭和47年度に愛知県岡崎市で二度実施した調査の3回目の経年調査を企画・実施するものである。平成20年度は三年計画の第三年次にあたる。以下の活動を行った
1.第三次敬語調査の本調査を実施した。
平成20年11月と平成21年2月に愛知県岡崎市で本調査を実施した。本調査実施までの間,経年調査班・新規調査班による調査項目の検討,サンプリング,調査協力を得るための広報活動等を行った。経年調査として,サンプリングによって選ばれた600人の...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年
前年度と同様の枠組みによる移住者対象のインタビュー調査を継続した。また、これまで実施したインタビュー調査において回答者からコミュニケーション・ギャップとして指摘されることの多い表現については、移住先の人々の実際の使用と評価意識を量的に把握するためにアンケート調査(多人数調査)を実施した。
インタビュー調査の中心的な質問内容は、移住先の言葉についてどう感じているか、自分の言ったことが意図とずれて受け取られたことはないか等である。調査は基本的に回答者2〜3人によるグループ単位により自由談話に近...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2009年
アジア太平洋地域には、戦前・戦中に日本語を習得し、現在もその日本語能力を維持・運用する人々が多数存在する。本研究では、これらの地域において日本語を第二言語として習得した人々を対象にしたコ-パス(談話資料)を作成し、それを分析しつつ、主として、次の点を明らかにすることである。
(1) 日本語習得環境 : 植民地、支配地で行われた戦前・戦中の日本語教育はどのようなものだったのか。また、日本語習得環境として学校以外にどのような場所があったのか。それらの場所での日本語との接触状況はどのようなものだ...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年
本研究の目的は,サハリンにおける日本語の地位を文献調査・面接調査から得られた知見から次の3つの時代について明らかにすることにある。
1.日本統治時代以前における日本語の地位
2.日本統治時代における日本語の地位
3.日本統治時代以後の日本語の地位に
当該年度は,本研究の三年目である。これまで収集したデータの分析を行いつつ,文献補充調査を実施した。データの分析にあたっては,面接調査で収録したデータを文字化する作業を進めた。
分析した結果については,サハリンに住む朝鮮人の言語生活についての報告...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年
【平成17年度】
(1)医療面接の談話を収録し,医師・患者(SP)双方にフォローアップインタビューを行った。
(2)若手医師・中堅医師2グループを対象とするフォーカス・グループ・インタビューを行った。
談話収録データおよびインタビュー・調査データの分析結果から,次の知見が得られた。
(1)医療面接における敬語の過剰な使用は,患者・医師間のラポールの構築に逆効果である。
(2)患者と同じ方言の使用は相互の心理的距離を縮め,患者・医師間のラポールの構築に役立つ。
(3)医学・医療用語を極力用い...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2004年
研究の目的
本研究は,外国人の日本定住志向が強まり「社会的統合」(就労進学の機会の保障)政策導入の必要が高まっているに当たって,判断材料となる資料を整備することを目的としている。これまで法律面での整備は既に完了しているが,教育政策の枠で「社会的統合」の観点から見た外国人子弟の行動様式や価値観についての実態調査や提言は,なされてこなかったことを鑑み,本研究では,教育政策として必要となる資料を,質問紙調査とテストを基に作成する。
研究の方法と結果
本研究では,まず,質問紙調査を用いて,主に東海...

社会貢献活動

 
知らなかった!気づかない方言
【講師】  国立国語研究所  ニホンゴ探検  2016年7月16日
戦場の真心 チムグクル ~沖縄を救った日系人~
【取材協力, 情報提供】  NHK 東京ビデオセンター  NHK BS1スペシャル  2015年8月10日
めざせ!ことば博士 みんなの方言を調べてみよう
【講師】  NINJAL Junior Program  2015年7月31日
方言の不思議な世界
【講師】  東京都中央区佃中学校  総合的な学習の時間  2014年9月5日 - 2014年9月5日