相澤彰子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/09 11:48
 
アバター
研究者氏名
相澤彰子
eメール
aizawanii.ac.jp
URL
http://www-al.nii.ac.jp/
所属
国立情報学研究所
部署
コンテンツ科学研究系
職名
教授
学位
工学博士
その他の所属
東京大学総合研究大学院大学

プロフィール

国立情報学研究所。テキストメディアとコンテンツの研究に従事。
電気電子工学科に進み、博士課程では通信用ソフトウェアの仕様記述と検証の研究を行う。卒業後、米イリノイ大学客員研究員時代に知識工学の研究プロジェクトに携わり、帰国後は柔らかい最適化手法、特に遺伝的アルゴリズムの研究に取り組む。その後、知識の遺伝子ともいえる言葉に興味を持ち、情報検索・言語処理・ウェブ解析などの研究を通して、テキスト(文字)を介して伝わる情報について考えている。

研究分野

 
 

経歴

 
2008年10月
 - 
現在
総合研究大学院大学 複合科学研究系 情報学専攻 客員教授
 
2007年4月
 - 
2010年3月
学術振興会学術システム研究センター 専門研究員
 
2008年4月
 - 
現在
東京大学大学院 情報理工学系研究科 コンピュータ科学専攻 教授(学際理学、併任)
 
2000年4月
 - 
現在
国立情報学研究所
 
1990年4月
 - 
2000年3月
大学共同利用機関 学術情報センター
 
 
 - 
1990年3月
東京大学大学院 工学系研究科 電気工学専攻 博士課程修了
 

受賞

 
2013年2月
IARIA The Fifth International Conference on Information, Process, and Knowledge Management (eKNOW 2013) Best Paper Award "Extraction of Semantic Relationships from Academic Papers using Syntactic Patterns"
受賞者: 亀田尭宙, 内山清子, 武田英明, 相澤彰子
 
2008年6月
人工知能学会 人工知能学会2007年度研究会優秀賞 「Webコーパスを用いた語の類似度計算に関する考察」
 
2008年1月
情報処理学会 情報処理学会山下記念研究賞 「類語関係抽出タスクにおけるコーパス規模拡大の影響」
 
2002年
人工知能学会 全国大会優秀論文賞
 
2001年
情報処理学会 論文賞
 

論文

 
相澤 彰子
情報処理学会論文誌   52(10) 2953-2964   2011年10月   [査読有り]
圧縮プログラムや符号化に基づくデータの類似度尺度について,テキスト文書への適用を中心に近年の研究を概観するとともに,Ziv-Merhav crossparsingと呼ばれる系列分解法と単純ベイズ法を組み合わせたテキスト分類法を新たに提案する.異なるタイプの分類問題を用いた実験により,従来のZiv-Merhav crossparsingや単純ベイズ法に対して,提案手法では分類性能の大幅な改善が得られることを示す.また,サポートベクタマシンやロジスティック回帰に基づく多クラス分類器をベースライ...
Akiko Aizawa, Atsuhiro Takasu, Daiji Fukagawa, Masao Takaku, Jun Adachi
Progress in Informatics   (6) 41-47   2009年3月   [査読有り]
Multi-class named entity recognition via bootstrapping with dependency tree-based patterns
Van B. Dang and Akiko Aizawa
Proceedings of the 12nd Pacific-Asia Conference on Knowledge Discovery and Data Mining (PAKDD 2008)      2008年5月   [査読有り]
類語関係抽出タスクにおけるコーパス規模拡大の影響
相澤彰子
情報処理学会論文誌   49(3)    2008年3月   [査読有り]
Akiko Aizawa and Keizo Oyama
Proceedings of the International Workshop on Challenges in Web Information Retrieval and Integration (WIRI2005)   31-40   2005年4月   [査読有り]
Analysis of Source Identified Text Corpora: Exploring the Statistics of the Reused Text and Authorship
Akiko Aizawa
Proceedings of the 41st Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL-03)   383-390   2003年7月   [査読有り]
Akiko Aizawa
Information Processing & Management   39(1) 45-65   2003年1月   [査読有り]
A Method of Cluster-Based Indexing of Textual Data
Akiko Aizawa
Proceedings of the 19th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2002)   1-7   2002年8月   [査読有り]
An Approach to Microscopic Clustering of Terms and Documents
Akiko Aizawa
PRICAI 2002: Trends in Artifitial Intelligence, Proceedings of the 7th Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence, Mitsuru Ishizuka, Abdul Satter (Eds), LNAI2417   404-413   2002年7月   [査読有り]
Akiko Aizawa
Proceedings of the IEEE 2002 Congress on Evolutionary Computation (CEC2002)   1787-1792   2002年5月   [査読有り]
語と文書の共起に基づく特徴度の数量的表現について
相澤彰子
情報処理学会論誌   41(12) 3332-3343   2000年12月   [査読有り]
The Feature Quantity: An Information Theoretic Perspective of Tfidf-like Measures
Akiko Aizawa
Proceedings of the 23th Annual International ACM SIGIR Conference on Research and Development in Information Retrieval (SIGIR 2000)   104-111   2000年1月   [査読有り]
Scheduling of Genetic Algorithms in a Noisy Environment
Akiko N.Aizawa and Benjamin W.Wah
Evolutionary Computation   2(2) 97-122   1994年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
からくりインターネット アレクサンドリア図書館から次世代ウェブ技術まで [丸善ライブラリー]
相澤 彰子, 内山 清子, 池谷 瑠絵
丸善   2010年3月   
Advances in Evolutionary Computing
Ashish Ghosh and Shigeyoshi Tsutsui Eds.
Springer   2003年2月   
Akiko Aizawa: "Designed Sampling with Crossover Operators", 413--439 (Chapter 16)
Recent Advances in Computational Terminology
edited by Bouligault, D., Jacquemin, C. and l'Homme, M-C.
John Benjamins   2001年5月   
Aizawa, Akiko and Kageura, Kyo: An Approach to the Automatic Generation of Multilingual Keyword Clusters. p.1-27.
Foundations of Genetic Algorithms・4
edited by Belew,R.K. and Vose,M.D.
Morgan Kaufman, 463p.   1997年9月   ISBN:1-55860-460-x
Akiko Aizawa, "Fitness Landscape Characterization by Variance of Decompositions," p.225-245
遺伝的アルゴリズム・2
北野宏明編
産業図書, 335p.   1995年5月   ISBN:4-7828-5141-3
相澤彰子: スキーマ貪欲な遺伝的探索アルゴリズム, pp.3-33.