Akira Futatsugi

J-GLOBAL         Last updated: Dec 16, 2019 at 11:14
 
Avatar
Name
Akira Futatsugi
E-mail
futatsugitr.kobe-ccn.ac.jp
Affiliation
Kobe City College of Nursing

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Kárpáti A, Yoshikawa T, Naganuma F, Matsuzawa T, Kitano H, Yamada Y, Yokoyama M, Futatsugi A, Mikoshiba K, Yanai K
Scientific reports   9(1) 16451   Nov 2019   [Refereed]
Nakayama K, Ohashi R, Shinoda Y, Yamazaki M, Abe M, Fujikawa A, Shigenobu S, Futatsugi A, Noda M, Mikoshiba K, Furuichi T, Sakimura K, Shiina N
eLife   6    Nov 2017   [Refereed]
終末期ケアを受けるがん患者におけるアロマセラピーマッサージの有効性
相原 由花, 二木 啓, 江川 幸二, 鈴木 志津枝
日本統合医療学会誌   9(1) 85-92   May 2016   [Refereed]
Oshima R, Hasegawa T, Tamai K, Sugeno N, Yoshida S, Kobayashi J, Kikuchi A, Baba T, Futatsugi A, Sato I, Satoh K, Takeda A, Aoki M, Tanaka N
Scientific reports   6 24997   Apr 2016   [Refereed]
正期産における前期破水と日常生活行動との関係 より安全で自然な分娩をめざして
原 千夏, 阿部 久美子, 吉田 晶葉, 宮田 和美, 藤井 ひろみ, 奥山 葉子, 有本 梨花, 嶋澤 恭子, 高田 昌代, 二木 啓, 渡邉 定博
兵庫県母性衛生学会雑誌   (22) 24-29   Dec 2013   [Refereed]
Futatsugi A, Utreras E, Rudrabhatla P, Jaffe H, Pant HC, Kulkarni AB
Cell cycle (Georgetown, Tex.)   11(8) 1603-1610   Apr 2012   [Refereed]
Saito H, Okada M, Miki T, Wakamori M, Futatsugi A, Mori Y, Mikoshiba K, Suzuki N
Biochemical and biophysical research communications   390(3) 1029-1033   Dec 2009   [Refereed]
Utreras E, Futatsugi A, Rudrabhatla P, Keller J, Iadarola MJ, Pant HC, Kulkarni AB
The Journal of biological chemistry   284(4) 2275-2284   Jan 2009   [Refereed]
Futatsugi A, Ebisui E, Mikoshiba K
Journal of neurochemistry   105(4) 1153-1164   May 2008   [Refereed]
Mizutani A, Kuroda Y, Futatsugi A, Furuichi T, Mikoshiba K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   28(20) 5369-5382   May 2008   [Refereed]

Misc

 
渡辺 定博, 片山 修, 二木 啓, 藤井 ひろみ, 石原 逸子
神戸市看護大学紀要   22 1-7   Mar 2018
人体模型は古くから教育の場で活用され、先人達の工夫が凝らされた貴重な財産である。昨今のデジタル教材の発達で使われることが減った人体模型を再活用するために、レーザー光を用いる3Dスキャナーを用いて人体模型のデジタル化を行った。レーザー光によるデータ取得により、模型の立体構造は細部まで正確に再現され、頭蓋骨、骨盤、椎骨などの骨格模型は、ほぼ実物と同等レベルの3次元デジタル画像として再現された。デジタル画像はモニター上で拡大・縮小・回転が可能であり、講義で十分に活用できるものとなった。一方でレー...
トリクロサン(抗菌剤)の肝細胞毒性発現に対するDimethyl sulfoxide(DMSO)との相乗効果
丹野 恵一, 二木 啓, 片山 修, 清水 透
神戸市看護大学紀要   21 103-103   Mar 2017
RNA顆粒構成因子RNG105は、シナプス後部形態の可塑的変化を制御し、記憶形成に必要である
中山 啓, 阿部 学, 山崎 真弥, 藤川 顕寛, 野田 昌晴, 二木 啓, 御子柴 克彦, 崎村 建司, 椎名 伸之
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [1P-1301]   Dec 2017
3Dスキャナーによる人体模型のデジタル化
渡辺 定博, 片山 修, 石原 逸子, 二木 啓, 藤井 ひろみ
形態・機能   14(1) 43-43   Sep 2015
がん患者の緩和ケアにおけるアロママッサージの有効性
相原 由花, 江川 幸二, 二木 啓, 鈴木 志津枝
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集   17回 314-314   Jun 2012
骨格筋におけるパールカンの役割の検討
許 卓, 二木 啓, 市川 直樹, 黒澤 尚, 平澤 恵理[有川]
順天堂医学   55(3) 387-388   Sep 2009
Utreras E, Futatsugi A, Pareek TK, Kulkarni AB
Drug discovery today. Therapeutic strategies   6(3) 105-111   Sep 2009   [Refereed]
Schwartz-Jampel症候群モデルマウスを用いたパールカンと筋収縮機構の研究
平澤 恵理, 林 明人, 二木 啓, 家崎 貴文, 服部 信孝
臨床神経学   47(12) 1114-1114   Dec 2007
骨格筋におけるパールカンの役割の検討
許 卓, 二木 啓, 市川 直樹, 黒澤 尚, 平澤 恵理[有川]
順天堂医学   54(3) 416-416   Sep 2008
Mikoshiba K, Hisatsune C, Futatsugi A, Mizutani A, Nakamura T, Miyachi K
Cornea   27 Suppl 1 S3-8   Sep 2008   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
IP3 receptor types 2 and 3 mediate exocrine secretion underlying energy metabolism
Akira Futatsugi
科学技術振興機構ICORP ライブ2005   2005   
Physiological roles of type 2 and type 3 IP3 receptors “What knockout mice tell us”
Akira Futatsugi
International Symposium on Calcium Oscillation: Molecular Mechanisms and Medical Applications of an Extraordinary Versatile Cell Signal", Nobel Forum, Stockholm, Sweden (2003)   Nov 2003