佐々木 顕

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/15 10:57
 
アバター
研究者氏名
佐々木 顕
所属
総合研究大学院大学
部署
先導科学研究科・生命共生体進化学専攻
職名
教授
学位
理学博士
その他の所属
International Institute for Applied Systems Analysis (Austria)
ORCID ID
0000-0003-3582-5865

プロフィール

1989年理学博士(九州大学)。学位論文: Evolution of Pathogen Strategies. 1989年より九州大学理学部助手、1996年より助教授(数理生物学研究室)。2007年7月より総合研究大学院大学・先導科学研究科・生命共生体進化学専攻教授。「宿主体内での病原体の増殖戦略」、「性の数の進化」、「性と組み換えの進化」などを理論的に研究しました。1992-94ノースキャロライナ州立大学にてSteve Ellnerのもとで「環境変動下の両賭戦略と遺伝的多様性」について、1997年ユトレヒト大学Gerdien de Jongのもとで「表現型可塑性の進化」、1995-1999年オックスフォード大学Willam D. Hamiltonと「病原体と宿主の共進化動態」、同時期インペリアルカレッジCharles Godfrayと「量的形質の軍拡共進化」の共同研究を行いました。2001-2003年、プリンストン高等研究所とハーバード大学にてMartin Nowakと「適応度地形と突然変異率進化」、「協力の進化」について研究、1999年よりシェフィールド大学のMike Bootsと「空間ネットワークと病原体の毒性進化」を研究。そのほか、「疫学動態とワクチン政策」、「病原体の抗原連続変異」、「ミューラー擬態の空間モザイク分布」、「共進化サイクルの地理的同調・非同調」、「種分化とニッチ分割」、「制限酵素認識配列の進化」,「インフルエンザウイルスの進化・流行予測」,「いもち病病原体の進化予測と防除」などのテーマについて数理モデルをもとに研究しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
総合研究大学院大学 先導科学研究科・生命共生体進化学専攻 専攻長
 
2007年10月
 - 
2011年3月
科学技術振興機構 さきがけ研究員
 
2007年7月
 - 
現在
総合研究大学院大学 先導科学研究科 生命共生体進化学専攻 教授
 
2005年9月
 - 
現在
Evolution and Ecology Program, International Institute for Applied Systems Analysis (Laxenburg, Austria) Research Associate
 
2003年9月
 - 
2003年12月
Program of Evolutionary Dynamics, Harvard University (Cambridge, MA) Visiting Professor
 
2001年9月
 - 
2002年6月
Institute for Advanced Studies (Princeton, NJ) Visiting Scholar
 
1999年7月
 - 
1999年10月
Department of Zoology, Oxford University (Oxford, UK) Visiting Scholar
 
1999年4月
 - 
2007年6月
九州大学大学院 理学研究院 助教授(准教授)
 
1997年7月
 - 
1997年10月
Department of Biology, University of Utrecht (Utrecht, the Netherlands) Visiting Scholar
 
1996年12月
 - 
1999年3月
九州大学理学部 助教授
 
1992年9月
 - 
1994年3月
Department of Statistics, North Carolina State University (Raleigh, NC) Research Fellow
 
1989年12月
 - 
1996年12月
九州大学理学部 助手
 
1989年4月
 - 
1989年12月
日本学術振興会特別研究員(PD)
 

論文

 
Ecological and evolutionary stabilities of biotrophism, necrotrophism, and saprotrophism
Sayaki U Suzuki and Akira Sasaki
American Naturalist   in press    2019年   [査読有り]
Evolution of self-limited cell division of symbionts
内海邑、大槻久、佐々木顕
Proc Roy Soc Lond B   in press    2019年   [査読有り]
PLoS ONE   13(3) e0193983.   2018年3月   [査読有り]
佐々木 顕
PLoS Comput Biol   14(1) e1005952   2018年   [査読有り]
Uchiumi Y, Ohtsuki H, Sasaki A
Journal of Evolutionary Biology   30 2211-2221   2017年   [査読有り]
Sasaki A, and Mizuno A
J Theor Biol   424 1-10   2017年   [査読有り]
Kaito C, Dieckmann U, Sasaki A, and Takasu F
J Theor Biol   372 22-38   2016年   [査読有り]
Ito H, and Sasaki A
J Theor Biol   407 409-428   2016年   [査読有り]
Yashima K, and Sasaki A
PLoS ONE   11 e0162406   2016年   [査読有り]
Yashima K, and Sasaki A
PLoS ONE   9 e98518   2014年   [査読有り]
Yamamichi M, Yoshida T, and Sasaki A
Ecology   95 2303-2315   2014年   [査読有り]
Mpolya EA, Yashima K, Ohtsuki H, and Sasaki A
J Theor Biol   343 120-126   2014年   [査読有り]
Leimar O, Sasaki A, Doebeli M, and Dieckmann U
J Theor Biol   339 3-13   2013年   [査読有り]
Omori R, and Sasaki A
J Theor Biol   329 32-38   2013年   [査読有り]
Yamamichi M, and Sasaki A
Evolution   67 2011-2023   2013年   [査読有り]
Morita M, Ohtsuki H, Sasaki A, and Hiraiwa-Hasegawa M
Letters on Evolutionary Behavioral Science   3 7-11   2012年   [査読有り]
Sasaki A, Haraguchi Y, and Yoshida H
Frontiers in Microbiology   3 178   2012年   [査読有り]
Fukuyo M, Sasaki A, and Kobayashi I
Scientific Reports   2 238   2012年   [査読有り]
Iseki N, Sasaki A and Toju H
J Theor Biol   285 1-9   2011年   [査読有り]
Yamamichi M, Yoshida T, and Sasaki A
American Naturalist   178 287-304   2011年   [査読有り]
Omori R, Adams B, and Sasaki A
J Theor Biol   262 48-57   2010年   [査読有り]
Nakabayashi J, and Sasaki A
J Theor Biol   261 156-164   2009年   [査読有り]
Yahara K, Fukuyo M, Sasaki A, and Kobayashi I
Proc Natl Acad Sci USA   106 18861-18866   2009年   [査読有り]
Nakabayashi J, and Sasaki A
J Theor Biol   259 389-403   2009年   [査読有り]
Yahara K, Horie R, Kobayashi I, and Sasaki A
Genetics   176 513-526   2007年   [査読有り]
Kamo M, Sasaki A, and Boots M
J Theor Biol   244 588-596   2007年   [査読有り]
Adams B, and Sasaki A
Math Biosci   210 680-699   2007年   [査読有り]
Ohtsuki A, and Sasaki A
J Theor Biol   238 780-794   2006年   [査読有り]
Nakabayashi J, and Sasaki A
J Theor Biol   242 280-287   2006年   [査読有り]
Krakauer DC, and Sasaki A
Proc Roy Soc Lond B   273 1159-1163   2006年   [査読有り]
Kawaguchi I, and Sasaki A
J Theor Biol   243 594-603   2006年   [査読有り]
Andreasen V, and Sasaki A
Theor Pop Biol   70 164-173   2006年   [査読有り]
Nakabayashi J, and Sasaki A
J Theor Biol   233 413-421   2005年   [査読有り]
Kamo M, and Sasaki A
Eco Let   8 378-385   2005年   [査読有り]
Wodarz D, and Sasaki A
J Theor Biol   227 403-412   2004年   [査読有り]
Taylor C, Fudenberg D, Sasaki A, and Nowak MA
Bull Math Biol   66 1621-1644   2004年   [査読有り]
Nowak MA, Sasaki A, Taylor C, and Fudenberg D
Nature   428 646-650   2004年   [査読有り]
Kawaguchi I, Sasaki A, and Mogi M
Proc Roy Soc Lond B   271 301-309   2004年   [査読有り]
Iwanaga A, and Sasaki A
Evolution   58 710-722   2004年   [査読有り]
Boots M, Hudson PJ, and Sasaki A
Science   303 842-844   2004年   [査読有り]
Sasaki A, and Nowak MA
J Theor Biol   224 241-247   2003年   [査読有り]
Nakamaru M, and Sasaki A
J Theor Biol   222 461-470   2003年   [査読有り]
Kawaguchi I, Sasaki A, and Boots M
Proc Roy Soc Lond B   270 2241-2247   2003年   [査読有り]
Boots M, and Sasaki A
Eco Let   6 176-182   2003年   [査読有り]
Sasaki A, Kawaguchi I, and Yoshimori A
Theor Pop Biol   61 49-71   2002年   [査読有り]
Sasaki A, Hamilton WD, and Ubeda F
Proc Roy Soc Lond B   269 761-772   2002年   [査読有り]
Krakauer DC, and Sasaki A
Proc Roy Soc Lond B   269 2423-2428   2002年   [査読有り]
Kamo M, and Sasaki A
Physica D   165 228-241   2002年   [査読有り]
Gilchrist M, and Sasaki A
J Theor Biol   218 289-308   2002年   [査読有り]
Boots M, and Sasaki A
American Naturalist   159 706-713   2002年   [査読有り]
Satake A, Sasaki A, and Iwasa Y
Theor Pop Biol   60 1-15   2001年   [査読有り]
Sasaki A, and Haraguchi Y
J Mol Evol   51 245-255   2000年   [査読有り]
Sasaki A
Proc Roy Soc Lond B   267 2183-2188   2000年   [査読有り]
Haraguchi Y, and Sasaki A
J Theor Biol   203 85-96   2000年   [査読有り]
Boots M, and Sasaki A
Eco Let   3 181-185   2000年   [査読有り]
Sasaki A, and Godfray HCJ
Proc Roy Soc Lond B   266 455-463   1999年   [査読有り]
Boots M, and Sasaki A
Proc Roy Soc Lond B   266 1933-1938   1999年   [査読有り]
Ellner, S.P., Sasaki, A.., Haraguchi, Y., and Matsuda, H.
J Math Biol   36 469-484   1998年   [査読有り]
Sasaki A
J Theor Biol   186 415-430   1997年   [査読有り]
Haraguchi Y, and Sasaki A
Phil Trans Roy Soc Lond B   352 11-20   1997年   [査読有り]
Haraguchi, Y., and Sasaki, A.
Journal of Theoretical Biology   183 121-137   1996年   [査読有り]
Ellner S, and Sasaki A
Theor Pop Biol   50 31-65   1996年   [査読有り]
Sasaki A, and Ellner S
Evolution   49 337-350   1995年   [査読有り]
Sato K, Matsuda H, and Sasaki A
J Math Biol   32 251-268   1994年   [査読有り]
Sasaki A
J Theor Biol   168 291-308   1994年   [査読有り]
Matsuda H, Ogita N, Sasaki A, and Sato K
Prog Theor Phys   88 1035-1049   1992年   [査読有り]
Sasaki A, and Iwasa Y
Theor Pop Biol   39 201-239   1991年   [査読有り]
Ishii K, Matsuda H, Iwasa Y, and Sasaki A
Genetics   121 163-174   1989年   [査読有り]
Iwasa Y, and Sasaki A
Evolution   41 49-65   1987年   [査読有り]
Optimal recombination rate in fluctuating environments
Sasaki A, and Iwasa Y
Genetics   115 337-388   1987年   [査読有り]

書籍等出版物

 
ヒトのインフルエンザ.「感染症の生態学」
佐々木 顕 (担当:分担執筆, 範囲:第22章, pp286-296)
共立出版   2016年   
病原生物と宿主の進化.「感染症の生態学」
加茂将史・佐々木 顕 (担当:分担執筆, 範囲:第10章, pp132-156)
共立出版   2016年   
行動学事典
佐々木 顕 (担当:分担執筆, 範囲:項目「寄生」「寄生者」)
東京化学同人   2013年   
伝染病と流行.岩波講座 計算科学 6 計算と社会.杉原正顕・高安美佐子・和泉潔・佐々木顕・杉山雄規 著
佐々木 顕 (担当:共著, 範囲:第4章,pp123-169)
岩波書店   2012年6月   ISBN:978-4-00-011306-9
ゾウムシの矛とツバキの盾の軍拡競争.進化 生命のたどる道.カール・ジンマー著・長谷川眞理子監修
佐々木 顕 (担当:分担執筆, 範囲:第11章コラム pp293-295)
岩波書店   2012年5月   ISBN:978-4-00-005467-6
軍拡競争・共進化・種分化.「行動・進化」の数理生物学,日本数理生物学会編.pp129-151.
佐々木 顕
共立出版   2010年   
群集生態モデルと進化動態:資源分割理論を例に. 大串隆之・近藤倫生・吉田丈人 (編), 群集生態学2—進化生物学からせまる, pp. 243-262.
佐々木顕
京都大学出版会   2009年   
毒性の進化と「小さな世界」. 青山秀明・相馬亘・藤原義久 (編), ネットワーク科学への招待, pp. 50-55.
佐々木顕,
サイエンス社   2008年   
病原体の進化と疫学動態. 稲葉寿 (編), 感染症の数理モデル, pp. 268-304.
佐々木顕
培風館   2008年   
進化の数理モデル. 日本バイオインフォマティクス学会 (編), バイオインフォマティクス事典,pp. 4.
佐々木顕
共立出版   2006年   
共進化. 石川統・斎藤成也・佐藤矩行・長谷川眞理子 (編), シリーズ進化学6—生態・行動の進化学, pp. 181-227.
佐々木顕
岩波書店   2006年   
The implications of spatial structure within populations to the evolution of parasites, in: Feng, Z., et al., Eds.), Disease evolution: Models, concepts, and data analyses, pp. 3-22.
Boots, M., Kamo, M., and Sasaki, A.
American Mathematical Society   2006年   
病原体と免疫の軍拡競走ゲーム. 池上高志・松田裕之 (編), ゲーム理論のフロンティア, pp. 111-118.
佐々木顕
サイエンス社   2005年   
寄り添って生きる. 日本生態学会 (編), 生態学入門, pp. 160-165.
佐々木顕
東京化学同人   2004年   
種の形質は飛び飛びに分布する: 種の離散的詰め込み. 関村利朗・森田利仁・野地澄晴 (編), 生物の形の多様性と進化: 遺伝子から生態系まで, pp. 273-287.
佐々木顕
掌華房   2003年   
遺伝子対遺伝子システム/性システムの進化/毒性(ビルレンス)の進化/有性生殖の進化的有利さ. 巌佐庸・松本忠夫・菊沢喜八郎 (編), 生態学事典, pp. 17-18, 311-313, 427-428, 540-541.
佐々木顕
共立出版   2003年   
Coevolution in gene-for-gene systems, in: Diekmann, U., et al., Eds.), Adaptive Dynamics of Infectious Diseases: In pursuit of virulence management, pp. 233-247.
Akira Sasaki
Cambridge University Press,   2002年   
チンパンジーの糞: ハミルトン最後の旅.. 長谷川眞理子 (編), 虫を愛し,虫に愛された人: 理論生物学者ウィリアム・ハミルトン 人と思索, pp. 139-150.
佐々木顕
文一総合出版   2000年   
What can evolutionary biology contribute to understanding virulence?, in: Stearns, S., (Ed.), Evolution in Health and Disease, pp. 205-215.
Read, A.F., Aaby, P., Antia, R., Ebert, D., Ewald, P.W., Gupta, S., Holmes, E.C., Sasaki, A., Shields, D., Taddei, F., and Moxon, E.R.
Oxford University Press   1999年   
種は連続ニッチ空間上離散分布する: 種詰め込み理論の新しい展開. 巌佐庸 (編), 数理生態学, pp. 80-94.
佐々木顕
共立出版   1997年   
分子進化の中立説と適応進化. 『進化にわくわくする本』 pp. 165-174
佐々木顕
朝日新聞社   1995年   
The evolution of host and pathogen genes under epidemiological interaction. In Takahata, N., (Ed.), Population Paleo-Genetics. Proceeding of The Seventeenth Taniguchi International Symposium on Biophysics, pp. 247-263.
Akira Sasaki
Japan Scientific Society Press   1992年   
遺伝子進化の最新系統樹 最新大進化論 (pp. 62-71) 
佐々木顕
学習研究社   1992年   
A lattice model for population biology, Mathematical topics in population biology, morphogenesis and neurosciences (Lecture Notes in Biomathematics, 71)
Matsuda, H., Tamachi, N., Ogita, N., and Sasaki, A.
Springer   1987年   
Evolution of the number of sexe. In Mathematical topics in population biology, morphogenesis and neurosciences (Lecture Notes in Biomathematics, 71), pp. 144-153.
Yoh Iwasa and Akira Sasaki
Springer   1987年   

Misc

 
佐々木 顕
JSMB Newsletter   70 10-13   2013年
毒性の進化と「小さな世界」.
佐々木顕
数理科学   525 78-83   2007年   [依頼有り]
佐々木顕・東樹宏和・井磧直行
日本生態学会誌   56 174-182   2007年   [査読有り]
佐々木顕
日本生態学会誌   56 73-77   2006年   [査読有り]
佐々木顕
日本生態学会誌   56 53-62   2006年   [査読有り]
抗原エスケープ:宿主体内でのウイルス進化.
佐々木顕
実験医学   23 2609-2616   2005年   [依頼有り]
病原体と免疫のゲーム.
佐々木顕
数理科学   502 76-83   2005年   [依頼有り]
宿主内の抗原進化モデル.
佐々木顕
応用数理   14 40-54   2004年
空間非同調の生態学:ホストパラサイト共進化系を中心に.
佐々木顕
日本生態学会誌   50 85-96   2001年   [査読有り]
種の離散的詰め込み: Discrete Packing of Species.
佐々木顕
数理科学   420 61-68   1998年   [依頼有り]
性はなぜあるのか?: 病原体との共進化理論の展開.
佐々木顕
遺伝   52 15-19   1998年   [依頼有り]
佐々木顕
生物物理   30(4) 175-180   1990年   [査読有り]
寄生のパラドックス.
佐々木顕
数理科学   326 46-52   1990年   [依頼有り]
病原体の生活史戦略: たかる側の論理.
佐々木顕
個体群生態学会会報   45 11-22   1989年
佐々木顕
生物物理   27(6) 287-291   1987年   [査読有り]
性と組み換えの進化的意義.
佐々木顕
数理科学   280 63-71   1987年   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
Cell-to-cell感染は多剤耐性ウイルスの出現を促進するか? [招待有り]
佐々木 顕
Ecological Epidemiology:Eco-Epi modeling and data analysis, 日本生態学会 2018   2018年3月   
インフルエンザ亜型の存続を決めるメタR0 [招待有り]
佐々木 顕
巌佐庸教授退官記念シンポジウム   2018年2月22日   
R0 centrality of metapopulation epidemiological dynamics [招待有り]
佐々木 顕
「数理人口学・数理疫学・構造化個体群モデル」   2017年11月11日   
The coevolution of human antiviral protein APOBEC3G and HIV protein Vif: A theoretical study [招待有り]
佐々木 顕
Symposium “Mathematical modeling for emerging infectious diseases.” Joint Meeting of The 5th China-Japan-Korea Colloquium on Mathematical Biology and The Japanese Society for Mathematical Biology, August 26 - 29, 2015, Doshisha University, Kyoto, Japan   2015年8月27日   
ウイルスと宿主共進化の数理モデル [招待有り]
佐々木 顕
東大医科学研究所セミナー「生命科学における異分野融合」、2015年5月26日、東大医科学研究所、白金台   2015年5月26日   
Discrete Species Packing and Evolved Neutrality in a Continuous Niche Space [招待有り]
佐々木 顕
Gordon Research Conference, Speciation 2015. Four Point Sherraton, Ventura, California, USA. March 15-20   2015年3月15日   
Projecting evolutionary trajectory of influenza A virus: Multidimensional scaling and individual based antigenic drift model [招待有り]
佐々木 顕
ICMMA 2014 'Crowd Dynamics', January 12, 2015, Meiji University, Tokyo   2015年1月12日   
佐々木 顕
Symposium "Dynamic interplay between viruses and their hosts", Pacifico Yokohama, Yokohama, November 8-9, 2014   2014年11月9日   
佐々木 顕
JSMB/SMB 2014 Osaka. Minisymposium: "Understanding mimicry -- evolutionary and developmental dynamics of signal sharing   2014年7月31日   
佐々木 顕
JSMB/SMB 2014 Osaka. Minisymposium: "Dynamics of experimental evolution -- arms race and self-organization", Osaka, July 28-August 1, 2014.   2014年7月29日   
佐々木 顕
The 11th Conference of European Society for Mathematical and Theoretical Biology (ESMTB 2014), Gothenburg, Sweden, June 15-19, 2014   2014年6月16日   
佐々木 顕
Workshop "Spatial evolutionary epidemiology"Le Hameau de l'Etoile, Montpellier, France   2014年6月5日   
Projecting evolutionary trajectory of influenza A virus: Multidimensional scaling and individual based antigenic drift model
佐々木 顕
Tsukuba Global Science Week 2013: International Life Science Workshop -- Systems Biology   2013年10月3日   
ウイルス複製機構とその進化を数理モデルでとらえる [招待有り]
佐々木 顕
第23回日本数理生物学会シンポジウム「計算ウイルス学の新局面」   2013年9月13日   
遺伝子対遺伝子相互作用で駆動されるイネいもち病菌レース頻度変動(新潟県、1965-2004)の進化時系列解析
佐々木 顕・中林潤
第61回日本生態学会   2013年3月18日   
Akira Sasaki
Mathematica Biosciences Institute Workshop 5: Coevolution and the Ecological Structure of Plant-insect Communities, April 4-7, 2011, Ohio State University, Columbus, USA   2011年4月   
Akira Sasaki
Winter school on eco-evolutionary modeling of speciation, Abisko Science Station, Sweden March 7-11, 2011 (Lectures)   2011年3月   An ESF Research Networking Program, Frontiers of Speciation Research
Akira Sasaki
Mathematical Models and Experimental Microbial Systems Workshop, Coevolution: Models and microbial model system, 2010 April 14-15, Liverpool, UK.   2010年4月   
Emergence probability of new flu escape variants: Be aware of early stage mutants and of spring outbreak [招待有り]
Akira Sasaki
BICS Conference Multiply Structured Populations in Biology, University of Bath, Bath, UK, July 1, 2009   2009年7月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
インフルエンザウイルス進化予測理論のブレークスルー
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 佐々木 顕
ウイルス―宿主攻防の数理解析
文部科学省: 新学術領域研究(研究領域提案型)「ウイルス感染における宿主細胞コンピテンシーの分子基盤」
研究期間: 2012年4月 - 2017年3月    代表者: 佐々木 顕
空間・社会ネットワーク上の伝染病流行の時空間動態と進化
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 佐々木 顕
病原体抗原型と宿主免疫の共進化動態の解明・将来流行予測
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)「生命現象の革新モデルと展開」研究領域
研究期間: 2007年10月 - 2011年3月    代表者: 佐々木 顕
軍拡競走の共進化ダイナミックス:理論と検証
文部科学省: 科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 佐々木 顕
マルチラインの持続的利用に向けたいもち病流行予測システム
農林水産省: 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 佐々木 顕
適応度地形と進化動態:理論と実験進化系・分子疫学データによる検証
文部科学省: 科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 佐々木 顕