池原陽斉

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/27 12:20
 
アバター
研究者氏名
池原陽斉
 
イケハラ アキヨシ
eメール
ayikeharagmail.com
所属
京都女子大学
部署
文学部国文学科
職名
専任講師
学位
博士(文学)(東洋大学)
その他の所属
東洋大学人間科学総合研究所
科研費研究者番号
70722859

プロフィール

上代文学、とくに『萬葉集』の訓読を中心に研究しています。現在『萬葉集』をどう訓むべきか、過去にどのように訓まれてきたか、いずれも気になるテーマです。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
京都女子大学 文学部国文学科 専任講師
 
2017年4月
 - 
現在
東洋大学 人間科学総合研究所 客員研究員
 
2014年4月
 - 
2017年3月
日本体育大学 人文科学群文学研究室 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
2017年3月
国文学研究資料館 共同研究員
 
2013年4月
 - 
2017年3月
東洋大学 文学部日本文学文化学科 非常勤講師
 
2013年4月
 - 
2017年3月
東洋大学 人間科学総合研究所 奨励研究員
 
2012年4月
 - 
2017年3月
東洋大学 文学部日本文学文化学科 TA
 
2008年4月
 - 
2013年3月
東洋大学 人間科学総合研究所 院生研究員
 
2008年4月
 - 
2011年3月
東洋大学 文学部日本文学文化学科 TA
 
2006年4月
 - 
2007年3月
私立京北高等学校 非常勤講師
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2013年3月
東洋大学大学院 文学研究科 国文学専攻博士後期課程
 
2004年4月
 - 
2006年3月
東洋大学大学院 文学研究科 国文学専攻博士前期課程
 
2000年4月
 - 
2004年3月
東洋大学 文学部 日本文学文化学科
 
1997年4月
 - 
2000年3月
私立豊昭学園豊島学院高等学校  
 

受賞

 
2016年6月
全国大学国語国文学会 平成27年度「文学・語学」賞
 
「『萬葉集』本文校訂に関する一問題―類聚古集と廣瀨本を中心に―」(『文学・語学』第213号)の業績による。
2016年4月
上代文学会 第33回上代文学会賞
 
「平安時代中期における『萬葉集』伝来の一様相―西本願寺本『赤人集』の形態を徴証として―」(『上代文学』第114号)などの業績による。
2012年6月
全国大学国語国文学会 平成24年度研究発表奨励賞
 
「『古今和歌六帖』萬葉歌の再評価」(第105回大会研究発表)の業績による。
2009年3月
東洋大学校友会 学生研究奨励基金校友会奨学金
 
2006年3月
東洋大学校友会 学生研究奨励基金学生研究奨励賞(修士論文)
 
2004年3月
東洋大学校友会 学生研究奨励基金学生研究奨励賞(卒業論文)
 

論文

 
池原陽斉・藤田洋治・朝比奈英夫
古代中世文学論考   第34集 33-98   2017年5月
池原陽斉
国文学研究資料館共同研究(特定研究)研究成果報告書「万葉集伝本の書写形態の総合的研究」論文編   23-36   2017年3月   [招待有り]
池原陽斉
日本文学文化   第16号 1-11   2017年2月   [査読有り]
池原陽斉
上代文学   第117号 60-74   2016年11月   [査読有り]
池原陽斉
美夫君志   第92号 40-52   2016年3月   [査読有り]
拙著『萬葉集訓読の資料と方法』の第3部第3章に改稿の上収録しました。
池原陽斉
日本文学文化   第15号 20-32   2016年2月   [査読有り]
拙著『萬葉集訓読の資料と方法』の第2部第2章に改稿の上収録しました。
朝比奈英夫・藤田洋治・池原陽斉
京都光華女子大学京都光華女子大学短期大学部研究紀要   第53号 194-179(1-16)   2015年12月   [査読有り]
池原陽斉
國學院雜誌   第116号(第10号) 17-31   2015年10月   [査読有り]
拙著『萬葉集訓読の資料と方法』の第1部第3章に改稿の上収録しました。
池原陽斉
文学・語学   第213号 1-11   2015年8月   [査読有り]
拙著『萬葉集訓読の資料と方法』の第2部第4章に改稿の上収録しました。
「長皇子与皇弟御歌一首」考―「丹生の川」の意味するもの―
池原陽斉
東洋通信   第52巻(第3号) 20-30   2015年8月   [招待有り]

書籍等出版物

 
岡田貴憲・桜井宏徳・須藤圭編著(共著)
勉誠出版   2017年11月   ISBN:978-4-585-29154-1
執筆箇所:第1部第3章「『源氏物語』と記紀萬葉―享受はいかに論証されたのか―」
池原 陽斉(単著)
笠間書院   2016年12月   ISBN:978-4-305-70821-2
小川 靖彦編著(共著)
笠間書院   2016年5月   ISBN:978-4-305-70812-0
執筆箇所:「『萬葉集』伝本と本文の問題」、「〔コラム〕“掘り出し物”を求めて」、「基本研究文献紹介」、「伝本一覧」、「基礎資料紹介」
※「基本研究文献紹介」は分担執筆。「伝本一覧」、「基礎資料紹介」は小川靖彦と共著。
大野寿子編著(共著)
勉誠出版   2013年2月   ISBN:978-4-585-29050-6
執筆箇所:第4部第1章「「異界」の諸相―語誌の展開をめぐって―」
文保本保元物語総索引
大村達郎・池原陽斉・松岡芳恵(共編著)
私家版   2011年3月   
坂詰力治・大村達郎・関明子・池原陽斉(共編著)
笠間書院   2010年2月   ISBN:978-4-305-70487-0
大久保廣行・上安広治・野呂香・早川芳枝・池原陽斉(共編著)
笠間書院   2007年4月   ISBN:978-4-305-70347-7

Misc

 
当て読み文献としての『萬葉集』
池原陽斉
日本文学文化   第16号 49   2017年2月
池原陽斉
リポート笠間   No.61 97-98   2016年11月   [依頼有り]
古典のことば―消失と変遷―
池原陽斉
東洋通信   第53巻(第1号) 6-9   2016年4月   [依頼有り]
「わかること」と「わからないこと」―古代文学を研究するために―
池原陽斉
東洋通信   第51巻(第4号) 4-7   2014年10月   [依頼有り]
池原陽斉
東洋大学大学院文学研究科      2013年3月
坂詰力治・大村達郎・関明子(池原は翻刻協力)
東洋大学大学院紀要   第44集 309-359   2008年2月

講演・口頭発表等

 
『古今和歌六帖』所収の萬葉歌の性格―『萬葉集』古写本の附訓状況との関係から―
池原陽斉
万葉文化館委託共同研究(第3回研究会)   2016年8月   
『人麿集』の萬葉歌―第三系統の採録歌を中心に―
池原陽斉
上代文学会(平成27年度秋季大会・研究発表会)   2015年11月   
西本願寺本赤人集成立考
池原陽斉
国文学研究資料館共同研究(第2回研究会)   2014年12月   
「連番歌」からみる『古今和歌六帖』の萬葉歌
池原陽斉
和歌文学会(第59回大会)   2013年10月   
「古今和歌六帖の萬葉歌」続貂
池原陽斉
平安文学の会(9月例会)   2013年9月   
『萬葉集』本文批評上の一問題―類聚古集と廣瀬本をめぐって―
池原陽斉
上代文学会(平成25年度大会)   2013年5月   
『古今和歌六帖』萬葉歌の再評価
池原陽斉
全国大学国語国文学会(第105回大会)   2012年6月   
『萬葉集』巻十と『赤人集』―十世紀加点の一様相―
池原陽斉
上代文学会(1月例会)   2012年1月   
「異界」の意味領域―言説史の観点から― [招待有り]
池原陽斉
東洋大学人間科学総合研究所公開シンポジウム「「こびと」という異界―現代文化と自然との関わりから―   2011年12月   
『萬葉集』の「風流士」―訓点史の再考から―
池原陽斉
全国大学国語国文学会(第103回大会)   2011年6月   

担当経験のある科目

 
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
上代文学会  理事
 
2016年4月
 - 
現在
国文学研究資料館日本文学若手研究者会議  委員
 
2016年4月
 - 
2016年6月
全国大学国語国文学会60周年記念大会  実行委員
 
2013年7月
 - 
現在
東洋大学日本文学文化学会  委員
 
2008年7月
 - 
2013年7月
東洋大学日本文学文化学会  院生役員
 

競争的資金等の研究課題

 
平安朝文学における上代文学受容の研究
京都女子大学: 研究経費助成
研究期間: 2017年6月 - 2018年3月    代表者: 池原陽斉
平安時代前中期における『萬葉集』の受容と流布
東洋大学: 井上円了記念研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 池原陽斉
万葉集を訓んだ人々・人々の読んだ万葉集
奈良県立万葉文化館: 第10回委託共同研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 乾善彦
和歌文学の歴史的研究―歌ことばの変遷から日本文化を探る
東洋大学人間科学総合研究所: 若手研究者支援研究チーム
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 池原陽斉
萬葉集訓読の資料と方法
東洋大学: 井上円了記念研究助成(刊行の助成)
研究期間: 2016年4月 - 2017年2月    代表者: 池原陽斉
日本の平安時代における『萬葉集』伝来史の超域的研究
東洋大学人間科学総合研究所: 若手研究者支援研究チーム
研究期間: 2015年7月 - 2016年3月    代表者: 池原陽斉
漢字文献としての『萬葉集』研究
東洋大学: 井上円了記念研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 池原陽斉
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C) (研究分担者)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 朝比奈英夫
万葉集伝本の書写形態の総合的研究
国文学研究資料館: 共同研究(特定研究)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 田中大士
平安時代の『萬葉集』研究―『古今和歌六帖』を中心に―
東洋大学: 井上円了記念研究助成
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 池原陽斉