矢吹哲夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/26 00:34
 
アバター
研究者氏名
矢吹哲夫
 
ヤブキ テツオ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/50275484
所属
北星学園大学
部署
経済学部 共通部門
職名
教授
学位
理学博士(北大)

プロフィール

2018年3月まで酪農大の「生命環境物理学研究室」でマクロ、ミクロの諸現象への数理的なアプローチによる研究、教育を行ってきました。定年退職後2018年4月から北星学園大学の特別専任教授として、全学共通科目である数学、統計学、環境科学、生命科学の講義を担当すると共に、新たな研究室で、これまでの研究の中の特に、気候変動によって生態系(植生)に生じるレジームシフトの数理モデル解析、エントロピーの幅広い数理的解析、光合成に対するエントロピー解析、量子論解析の研究を展開しています。特に、悠久の歴史の中で進化を遂げ、地球生命系の基盤をなすと共に、人類にとっての農業、環境を支えている『光合成』のメカニズムへの理論的探求をライフワークとして、現在取り組んでいます。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
北星学園大学 経済学部 全学共通科目部門 教授
 
2010年4月
 - 
2018年3月
酪農学園大学 農食環境学群・環境共生学類 教授
 
2009年
   
 
酪農学園大学 環境システム学部生命環境学科 教授
 
2004年
   
 
酪農学園大学 環境システム学部・地球環境学科 教授
 
2003年
 - 
2004年
酪農学園大学 環境システム学部・地域環境学科 教授
 

学歴

 
1988年4月
 - 
1994年3月
北海道大学大学院 理学研究科(博士課程) 素粒子理論
 
1986年4月
 - 
1988年3月
北海道大学大学院 理学研究科(修士課程) 素粒子理論
 
1981年4月
 - 
1985年3月
京都大学 理学部 物理学科
 

委員歴

 
2017年3月
 - 
現在
日本物理学会  代議員
 
2007年10月
 - 
現在
釧路湿原自然再生協議会  協議会委員(旧川復元、再生普及担当)
 
2015年10月
 - 
2016年9月
日本物理学会  領域13環境物理分野運営委員
 
2013年4月
 - 
2014年3月
日本物理学会  領域13代表
 
2012年4月
 - 
2013年3月
日本物理学会  領域13副代表
 
2007年11月
 - 
2008年10月
日本物理学会  領域13環境物理分野運営委員
 

論文

 
光合成系の励起エネルギー移動と「時間とエネルギーの不確定性関係」
前田展希、矢吹哲夫、飛田豊、石川健三
素粒子論研究   27 1-9   2018年10月   [査読有り]
Finite-size corrections to the excitation energy transfer in a massless scalar interaction model
N.Maeda,T.Yabuki,Y.Tobita,K.Ishikawa
Progress of Theoretical and Experimental Physics   2017(5) 1-19   2017年5月   [査読有り]
大雪高山生態系(植生)への水ダイナミクスに基づいた数理モデル解析と「レジームシフト」の検出
矢吹哲夫、工藤岳、星野仏方、金子正美
鳥取大学乾燥地センター平成26年度プロシーディング   53-56   2014年12月   [査読有り]
ELUCIDATIVE MECHANISM OF THE RECESSION OF ALPINE PLANTS AND THE INVASION OF DWARF BAMBOO KURILENSIS IN THE TAISETSU MOUNTAINS,
矢吹哲夫
IEEE IGARSS 2013, 2778-2781,(査読有)   2013 2778-2781   2013年7月   [査読有り]
ESTIMATED SOIL MOISTURE IN VEGETATED AREA USING MULTITEMPORAL
Buho Hoshino, Gaku Kudo, Masami Kaneko, Hidehisa Taniuchi, Hisae Iino and Tetsuo Yabuki
IGARSS 2012   654-657   2012年5月   [査読有り]
ESTIMATED SOIL MOISTURE IN VEGETATEDAREA USING MULTITEMPORAL MULTIPOLARIZATION DATA
B. Hoshino, G. Kudo, Y. Amagai, M. Kaneko, T. Yabuki
3-7   2011年10月   [査読有り]
A model analysis for the regime shift under climate change in alpine vegetation
Tetsuo Yabuki,Megumi Hashiguchi,Gaku Kudo,Buho Hoshino,Masami Kaneko
Environmental Science and Technology   12 2042-2048   2011年9月   [査読有り]
Analysis of the diversity of bending in river meandering in terms of Shannon entropy
Tetsuo Yabuki, Tomohiro Iwadate, Michio Fukushima, Masami Kaneko
Environmental Science and Technology   11 1554-1559   2009年9月   [査読有り]
Investigation on the water stress in alpine vegetation using Hyperspectral Sensors
Buho Hoshino, Gaku Kudo, Tetsuo Yabuki, Masami Kaneko, Sumiya Ganzorig
Proceeding of the 2009 IEEE Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS)   3(3) 554-556   2009年7月   [査読有り]
Evaluation of pedodiversity in terms of generalized entropy
T.Yabuki,Y.Matumura,N.Nakatani
Proceedings of International Conference in Statistical Physic   127-128   2008年7月   [査読有り]
地球温暖化を巡る議論に関する物理学的考察
矢吹哲夫
エントロピー学会誌   (60) 19-24   2007年9月
Analysis of the Energy Efficiency of Photosynthesis in Terms of Entropy
Tetsuo Yabuki
Environmental Science and Technology   10 1581-1586   2007年9月   [査読有り]
北海道における河川・流域環境の変遷-直線化による河川環境の均質化について- 
福島路生 、岩舘知寛、金子正美、矢吹哲夫、亀山哲
地球環境   10(2) 135-144   2005年12月   [査読有り]
Effects of wave-packet and lifetime on neutrino oscillations beyond the single particle picture
T. Shimomura, K.Ishikawa, T.Yabuki
Nuclear Physics B, Vol.143, 520   143 502-502   2005年6月   [査読有り]
Neutrino Oscillations in Intermediate States. -Wave Packets-
Akinori Asahara, Kenzo Ishikawa,Takashi Shimomura,Tetsuo Yabuki
Progress of Theoretical Physics   113(2) 385-411   2005年2月   [査読有り]

Misc

 
星野 仏方, 工藤 岳, 米森 舞乃, 雨谷 教弘, 金子 正美, 矢吹 哲夫
酪農学園大学紀要. 自然科学編   35(1) 47-53   2010年10月
矢吹 哲夫
酪農学園大学紀要. 自然科学編   27(2) 193-209   2003年4月

書籍等出版物

 
「新通史:日本の科学技術」(吉岡斉 監修)
矢吹哲夫 (担当:共著, 範囲:第5章『気候変動と地球温暖化の科学研究』244-268)
原書房出版   2011年10月   

講演・口頭発表等

 
A Model Analysis for the Regime Shift in Alpine Vegetation
矢吹哲夫
International Conference on Ecological Sciences (sfecologie2018)   2018年10月24日   
マックスウェルの悪魔と環境熱エンジンンのモデル解析Ⅱ
矢吹哲夫
日本物理学会2018年秋季大会(物性)   2018年9月10日   
光合成色素集団間の励起エネルギー伝達に対する新たな量子論的解析
矢吹哲夫
第9回 日本光合成学会年会 および シンポジウム   2018年5月26日   
光合成色素集団の励起エネルギー伝達への量子論的有限サイズ効果の考察・解析
矢吹哲夫
ドレスト光子の関連技術推進の為の基礎的数理研究   2018年3月8日   
地球温暖化によって高山植生に生じる「レジームシフト」の数理モデル解析 =フィールド測定・実験との連携に向けて=
矢吹哲夫
武蔵野大学数理工学シンポジウム2017   2017年11月21日   
A Model Analysis for the Regime Shift in Alpine Vegetation Under Climate Change
矢吹哲夫
アジアダスト・バイオエアロゾル・環境レジームシフトに関する国際会議   2017年11月4日   
マックスウェルの悪魔と環境熱エンジンのモデル解析
矢吹哲夫
日本物理学会2017年秋季大会(物性)   2017年9月22日   
地球温暖化によって高山生態系(植生)に生じる「レジームシフト」の数理モデル解析5
矢吹哲夫
日本物理学会2017年秋季大会(物性)   2017年9月22日   
地球温暖化によって高山生態系(植生)に生じる「レジームシフト」の数理モデル解析4=モデル解析とフィールド測定・実験との連携に向けて=
矢吹哲夫
日本物理学会第72回年次大会(2017年)(   2017年3月18日   
大気散乱によるエントロピー生成に基づく光合成の自由エネルギーのスペクトルの理論評価
矢吹哲夫
日本物理学会2016秋季大会   2016年9月14日   
地球温暖化によって高山生態系(植生)に生じる「レジームシフト」の数理モデル解析3
矢吹哲夫
日本物理学会   2016年9月14日   
偏光のエントロピー解析3=偏光エントロピーの熱力学的エントロピーへの変換による光合成のカルノー効率評価へのアプローチ=
矢吹哲夫
日本物理学会第71回年次大会   2016年3月20日   
地球温暖化によって高山生態系(植生)に生じる「レジームシフト」の数理モデル解析
矢吹哲夫
日本物理学会第71回年次大会   2016年3月19日   
偏光のエントロピー解析2=光合成のカルノー効率評価に向けて=
矢吹哲夫
日本物理学会秋季大会(物性)   2015年9月17日   
偏光の諸現象とそのエントロピー解析
矢吹哲夫
日本物理学会第70回年次大会   2015年3月22日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
気候変動による急速な高山植生変化の検出とそのメカニズム解明のモデル構築データ解析
日本学術振興会: 基盤研究C
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 矢吹哲夫
ニュートリノの干渉・回折とニュートリノの質量
日本学術振興会: 基盤研究B
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 石川健三
気候変動に対する高山植物群集動態の定量化とそのメ力ニズムの解明
日本学術振興会: 基盤研究B
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 工藤岳
淡水魚類生息環境のダムによる分断と河道直線化による均質化の影響評
日本学術振興会: 基盤研究C
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 福島路生