石川 麻乃

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/07 11:36
 
アバター
研究者氏名
石川 麻乃
 
イシカワ アサノ
所属
国立遺伝学研究所
部署
生態遺伝学研究部門
職名
助教
学位
環境科学(北海道大学)
科研費研究者番号
20722101

研究分野

 
 

経歴

 
2015年9月
 - 
現在
国立遺伝学研究所 生態遺伝学研究部門 助教
 
2014年4月
 - 
2015年8月
国立遺伝学研究所 特任研究員
 
2011年4月
 - 
2014年3月
日本学術振興会特別研究員PD
 
2008年4月
 - 
2011年3月
日本学術振興会特別研究員DC1
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2011年3月
北海道大学 大学院環境科学院  
 

委員歴

 
2018年
 - 
現在
日本生態学会  将来計画専門委員
 
2018年
 - 
現在
日本進化学会  代議員
 
2016年
 - 
現在
日本進化学会  執行部 庶務幹事
 
2013年
 - 
現在
エコエボデボコロキウム  幹事
 
2011年
 - 
2016年
Evo-Devo青年の会  幹事
 

受賞

 
2018年10月
公益財団法人 内藤記念科学振興財団 第46回内藤コンファレンス ポスター賞
 
2015年3月
日本生態学会 奨励賞(鈴木賞)
 
2014年9月
第16回日本進化学会 若手口頭発表最優秀賞
 
2013年9月
第15回日本進化学会 若手口頭発表最優秀賞
 
2012年8月
国際トゲウオ学会2012 最優秀口頭発表賞 ポスドク部門第一位
 

論文

 
Yoshida K, Ishikawa A, Toyoda A, Shigenobu S, Fujiyama A, Kitano J
Molecular ecology      2018年8月   [査読有り]
Trophic niche differentiation and phenotypic divergence among cryptic species of Japanese ninespine sticklebacks
Ravinet Mark, Ishikawa Asano, Kitano Jun
EVOLUTIONARY ECOLOGY RESEARCH   17(4) 505-523   2016年7月   [査読有り]
Comparison of freshwater tolerance during spawning migration between two sympatric Japanese marine threespine stickleback species
Ishikawa Asano, Kusakabe Makoto, Kume Manabu, Kitano Jun
EVOLUTIONARY ECOLOGY RESEARCH   17(4) 525-534   2016年7月   [査読有り]
Kusakabe M, Ishikawa A, Kitano J
General and comparative endocrinology   205 197-206   2014年9月   [査読有り]
Takeuchi Y, Ishikawa A, Oda Y, Kitano J
Comparative biochemistry and physiology. Part D, Genomics & proteomics   28 99-106   2018年7月   [査読有り]
Gotoh H, Miyakawa H, Ishikawa A, Ishikawa Y, Sugime Y, Emlen DJ, Lavine LC, Miura T
PLoS genetics   10(1) e1004098   2014年1月   [査読有り]
Sardell JM, Cheng C, Dagilis AJ, Ishikawa A, Kitano J, Peichel CL, Kirkpatrick M
G3 (Bethesda, Md.)   8(6) 1971-1983   2018年5月   [査読有り]
Kitano J, Ishikawa A, Lema SC
Advances in experimental medicine and biology   781 299-319   2014年   [査読有り]
Mokodongan DF, Montenegro J, Mochida K, Fujimoto S, Ishikawa A, Kakioka R, Yong L, Mulis, Hadiaty RK, Mandagi IF, Masengi KWA, Wachi N, Hashiguchi Y, Kitano J, Yamahira K
Molecular phylogenetics and evolution   118 194-203   2018年1月   [査読有り]
Ishikawa A, Kusakabe M, Yoshida K, Ravinet M, Makino T, Toyoda A, Fujiyama A, Kitano J
Evolution; international journal of organic evolution   71(3) 565-581   2017年3月   [査読有り]
Ishikawa A, Gotoh H, Abe T, Miura T
Journal of insect physiology   59(4) 444-449   2013年4月   [査読有り]
Gotoh H, Zinna RA, Ishikawa Y, Miyakawa H, Ishikawa A, Sugime Y, Emlen DJ, Lavine LC, Miura T
Developmental biology   422(1) 24-32   2017年2月   [査読有り]
Kusakabe M, Ishikawa A, Ravinet M, Yoshida K, Makino T, Toyoda A, Fujiyama A, Kitano J
Molecular ecology   26(1) 304-319   2017年1月   [査読有り]
Adachi T, Ishikawa A, Mori S, Makino W, Kume M, Kawata M, Kitano J
Ecology and evolution   2(6) 1083-1098   2012年6月   [査読有り]
Ishikawa A, Ishikawa Y, Okada Y, Miyazaki S, Miyakawa H, Koshikawa S, Brisson JA, Miura T
Journal of experimental zoology. Part A, Ecological genetics and physiology   317(3) 194-203   2012年3月   [査読有り]
Ishikawa A, Takeuchi N, Kusakabe M, Kume M, Mori S, Takahashi H, Kitano J
Journal of evolutionary biology   26(7) 1417-1430   2013年7月   [査読有り]
Ishikawa A, Ogawa K, Gotoh H, Walsh TK, Tagu D, Brisson JA, Rispe C, Jaubert-Passamai S, Kanbe T, Shiotsuki T, and Miura T.
Insect Molecular Biology   21(1) 46-60   2012年   [査読有り]
Ishikawa Y, Okada Y, Ishikawa A, Miyakawa H, Koshikawa S, Miura T
BMC genomics   11 314   2010年5月   [査読有り]
Miyakawa H, Imai M, Sugimoto N, Ishikawa Y, Ishikawa A, Ishigaki H, Okada Y, Miyazaki S, Koshikawa S, Cornette R, Miura T
BMC developmental biology   10 45   2010年4月   [査読有り]
Physiological Entomology   38(2) 150-156   2013年   [査読有り]
Okada Y, Miyazaki S, Miyakawa H, Ishikawa A, Tsuji K, Miura T
Journal of insect physiology   56(3) 288-295   2010年3月   [査読有り]
Brisson JA, Ishikawa A, Miura T
Insect molecular biology   19 Suppl 2 63-73   2010年3月   [査読有り]
International Aphid Genomics Consortium
PLoS biology   8(2) e1000313   2010年2月   [査読有り]
Morphological differences between wing morphs of two Macrosiphini aphid species, Acyrthosiphon pisum and Megoura crassicauda (Hemiptera, Aphididae).
Ishikawa A, and Miura T.
Sociobiology   50 881-893   2007年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Ecological Genomics
Kitano J, Ishikawa A, and Lema S. C. (担当:分担執筆, 範囲:Integrated genomics approaches in evolutionary and ecological endocrinology. S)
Springer   2013年   
共立出版   2012年5月   ISBN:4320057198
Thyroid Hormones
Ishikawa A, and Kitano J. (担当:分担執筆, 範囲:Ecological genetics of thyroid hormone physiology in humans and animals)
InTech   2012年   

講演・口頭発表等

 
A key metabolic gene for stickleback freshwater colonization.
Ishikawa A, and Kitano J.
Stickleback 2018, Nineth International Conference on Stickleback Behavior and Evolution   2018年   
Genetic mechanism underlying speciation and adaptation in stickleback
Ishikawa A
第14回日独先端科学(JGFoS)シンポジウム   2018年   
Genetic mechanisms underlying variation in photoperiod- dependent reproduction between stickleback ecotypes
Ishikawa A, and Kitano J.
Stickleback 2018, Nineth International Conference on Stickleback Behavior and Evolution   2018年   
イトヨにおける季節性繁殖の収斂的進化とその分子遺伝基盤
石川 麻乃
第20回日本進化学会大会   2018年   
Molecular and genetic basis underlying freshwater colonization and adaptation in sticklebacks
Ishikawa A, and Kitano J.
The 1st AsiaEvo conference   2018年   
A metabolic key innovation enabled freshwater colonization and radiation by marine stickleback fish
石川 麻乃
首都大バイオコンファレンス   2018年   
イトヨの回遊パターンの多様性を生む遺伝基盤
石川 麻乃
第65回日本生態学会大会   2018年   
DHA合成能が担う新規環境への適応放散の遺伝基盤
石川 麻乃、北野 潤
第88回日本動物学会大会   2017年   
Genetic mechanisms underlying variation in seasonal reproduction in sticklebacks.
Ishikawa A, and Kitano J.
Congress of the European Society of Evolutionary Biology   2017年   
DHA合成能が担う淡水域への適応放散とその遺伝基盤
石川 麻乃
第64回日本生態学会   2017年   
DHA合成能が担うトゲウオの淡水進出とその遺伝基盤
石川 麻乃
道東森里海連関シンポジウム2017   2017年   
A key role for an omega-3 fatty acid desaturase gene in stickleback freshwater colonization
Ishikawa A.
第33回個体群生態学会   2017年   
DHA合成能が担う新規環境への適応放散の遺伝学
日本遺伝学会第88回大会   2016年   
トゲウオ科魚類イトヨにおける季節性繁殖の多様性とその遺伝基盤
石川 麻乃
生物リズム若手研究者の集い2016   2016年   
トランスクリプトーム進化の遺伝基盤とその制約
石川 麻乃、日下部 誠、吉田 恒太、Mark Ravinet、牧野 能士、豊田 敦、藤山 秋佐夫、北野 潤
第18回日本進化学会大会   2016年   
DHAが担う新規環境への適応放散の遺伝機構
石川 麻乃、北野 潤
第2回ユニークな少数派実験動物を扱う若手が最先端アプローチを勉強する会   2016年   
Molecular and genetic mechanisms underlying variation in seasonal reproduction between stickleback ecotypes
石川 麻乃、北野 潤
第22回小型魚類研究会   2016年   
トランスクリプトーム進化の環境依存的制約
石川 麻乃、日下部 誠、吉田 恒太、Mark Ravinet、牧野 能士、豊田 敦、藤山 秋佐夫、北野 潤
第63回日本生態学会   2016年   
Non-parallel genetic mechanisms underlying parallel loss of seasonal photoperiodism in freshwater sticklebacks.
Ishikawa A, and Kitano J.
The 22nd International Congress of Zoology   2016年   
Genetic mechanisms underlying variation in seasonal reproduction between stickleback ecotypes.
Ishikawa A, and Kitano J.
The 64th NIBB conference, Evolution of Seasonal Timers   2016年   
イトヨの多様な季節性繁殖の進化とその分子遺伝機構
第4回生態進化発生コロキウム   2016年   
トゲウオ科魚類イトヨにおける季節性繁殖の平行的な喪失とその分子遺伝機構
石川 麻乃
ユニークな少数派実験動物を扱う若手が最先端アプローチを勉強する会   2015年   
DHAが担う新規環境への適応放散
石川 麻乃、北野 潤
第17回日本進化学会大会   2015年   
Does a DHA synthesis gene play a key role in stickleback freshwater colonization?
Ishikawa A, and Kitano J.
Stickleback 2015, Eighth International Conference on Stickleback Behavior and Evolution   2015年   
Molecular and genetic mechanisms underlying parallel loss of seasonal photoperiodism in sticklebacks.
Ishikawa A, and Kitano J
Congress of the European Society of Evolutionary Biology   2015年   
トゲウオ科魚類イトヨにおける季節性繁殖の平行的喪失とその遺伝基盤
石川 麻乃、北野 潤
第22回日本時間生物学会学術大会   2015年   
トゲウオ科魚類イトヨにおける季節性繁殖の平行的な喪失とその分子遺伝基盤 [招待有り]
石川 麻乃
進化群集生態学シンポジウム2015   2015年9月25日   
トゲウオ科魚類イトヨにおける季節性繁殖の平行的な喪失とその分子遺伝基盤
石川 麻乃
進化群集生態学シンポジウム2015   2015年   
表現型可塑性の進化とその分子遺伝機構
石川 麻乃
第62回日本生態学会   2015年   
イトヨ集団で平行的に生じた日長応答性の喪失とその分子遺伝基盤
石川 麻乃
第85回日本動物学会大会   2014年   
イトヨ淡水進出の鍵形質としての脂肪酸合成能
石川 麻乃、北野 潤
第16回日本進化学会大会   2014年   
イトヨ淡水進出のカギ形質としてのDHA合成能
石川 麻乃、北野 潤
第61回日本生態学会   2014年   
イトヨにおける平行的に生じた日長応答性の喪失とその分子遺伝基盤
石川 麻乃、北野 潤
第37回日本分子生物学会   2014年   
トゲウオ科魚類イトヨにおける季節性繁殖の平行的な喪失とその分子遺伝機構 [招待有り]
石川 麻乃
ユニークな少数派実験動物を扱う若手が最先端アプローチを勉強する会   2015年9月25日   
イトヨにおける日長応答性の進化とその分子遺伝基盤
石川 麻乃
第7回Evo-devo青年の会   2014年   
DHA合成能が担う新規環境への適応放散
石川 麻乃
第2回生態進化発生コロキウム   2014年   
イトヨ集団間におけるDHA合成能の変異と淡水適応能
石川 麻乃
2014年度日本魚類学会年会シンポジウム   2014年   
トゲウオ科イトヨで生じた適応進化の分子遺伝機構
石川 麻乃
名古屋大学IGERセミナー   2014年   
イトヨにおける異なる日長応答性の進化遺伝基盤
石川 麻乃、北野 潤
第1回生態進化発生コロキウム   2013年   
イトヨにおける異なる日長応答性の進化とその遺伝基盤
石川 麻乃、北野 潤
第15回日本進化学会大会   2013年   
魚類における異なる日長応答性の進化とその遺伝基盤
石川 麻乃、北野 潤
第84回日本動物学会大会   2013年   
Molecular and genetic mechanisms underlying variation in phenotypic plasticity in Sticklebacks.
Ishikawa A, and Kitano J.
Congress of the European Society of Evolutionary Biology   2013年   
イトヨにおける表現型可塑性の進化とその遺伝基盤
石川 麻乃
第7回水生生物勉強会   2013年   
イトヨにおける異なる海水適応能の進化とその遺伝基盤
石川 麻乃、北野 潤
第60回日本生態学会   2013年   
Molecular and genetic basis for variation in photoperiodic responses among stickleback populations.
Ishikawa A
CDB symposium 2013 "The Making of a Vertebrate."   2013年   
Molecular mechanisms of divergent photoperiodic responses between migratory and stream-resident three-spined sticklebacks.
Ishikawa A, Kitano J.
2012年   
Exploring genetic basis for variations in phenotypic plasticity among three-spined stickleback morphs
Ishikawa A, Kusakabe M, and Kitano J
The 82nd Annual Meeting of the Zoological Society of Japan   2012年   
イトヨにおける異なる日長応答性の進化遺伝基盤
石川 麻乃、北野 潤
第1回生態進化発生コロキウム   2013年12月27日   
Endocrine mechanism underlying loss of seasonal reproductive polyphenism in the pea aphid.
Ishikawa A, Gotoh H, Ogawa K, and Miura T.
XXIV International Congress of Entomology   2012年   
アブラムシの繁殖多型とその喪失を担う内分泌基盤
石川 麻乃、後藤 寛貴、小川 浩太、三浦 徹
第58回日本生態学会   2011年   
Genetic basis for variation in phenotypic plasticity among stickleback populations
Ishikawa A, and Kitano J.
Stickleback 2012, Seventh International Conference on Stickleback Behavior and Evolution,   2012年   
Endocrine mechanism underlying loss of sex in the pea aphid Acyrthosiphon pisum.
Ishikawa A, Gotoh H, Ogawa K, and Miura T.
2011年   
Endocrine mechanisms underlying the loss of reproductive polyphenism in the pea aphid Acyrthosiphon pisum.
Ishikawa A, Gotoh H, Ogawa K, and Miura T.
2011年   
アブラムシの繁殖多型を担う内分泌機構とその喪失 ―可塑性を失ったアブラムシ―
石川 麻乃
日本アブラムシ研究会公開シンポジウム   2011年   
アブラムシの生活史多型を担う幼若ホルモンを介した発生生理機構
石川 麻乃、小川 浩太、後藤 寛貴、三浦 徹
第12回日本進化学会大会   2010年   
アブラムシの翅型運命を決定する密度シグナルの解析
石川 麻乃、三浦 徹
第57回日本生態学会   2010年   
イトヨにおける異なる日長応答性の進化とその遺伝基盤
石川 麻乃、北野 潤
第15回日本進化学会大会   2013年12月27日   
Juvenile hormone regulation of reproductive-mode changes in the pea aphid.
Ishikawa A, Ogawa K, Gotoh H, and Miura T.
Third meeting of the European Society for Evolutionary Developmental Biology   2010年   
アブラムシの翅型分化を引き起こす密度シグナルの伝達
石川 麻乃、小川 浩太、三浦 徹
第11回日本進化学会大会   2009年   
アブラムシの繁殖多型(胎生単為/卵生有性生殖)を制御する幼若ホルモンとその関連因子の解析
石川 麻乃、小川 浩太、後藤 寛貴、三浦 徹
昆虫ワークショップ 09   2009年   
幼若ホルモンはアブラムシの繁殖多型を制御する
石川 麻乃、小川 浩太、後藤 寛貴・三浦 徹
第34回日本比較内分泌学会大会・日本比較生理生化学会第31回大会合同大会   2009年   
Regulations of polyphenic wing development in the vetch aphid Megoura crassicauda: morphogenesis, tradeoffs, and gene expression.
Ishikawa A, Okumura, Y, Nakagawa Y, and Miura T.
2009年   
アブラムシの翅多型制御メカニズムの解明
石川 麻乃
表現型可塑性の生物学   2009年   
アブラムシの表現型多型を制御する候補遺伝子群の探索
石川 麻乃、三浦 徹
日本動物学会第79回大会   2008年   
アブラムシの生活史多型を担う内分泌基盤の解析
石川 麻乃、小川 浩太、後藤 寛貴、三浦 徹
日本動物学会第81回大会   2010年9月   
アブラムシの表現型多型を制御する遺伝子群の網羅的解析
石川 麻乃、三浦 徹
第10回日本進化学会大会   2008年   
アブラムシの生活史多型を担う内分泌基盤の解析
石川 麻乃、小川 浩太、後藤 寛貴、三浦 徹
日本動物学会第81回大会   2010年   
アブラムシにおける『分散』と『繁殖』のトレードオフとその発生制御
石川 麻乃、三浦 徹
日本動物学会第78回大会   2007年   
分散と繁殖のトレードオフをめぐるアブラムシ表現型多型の発生制御
石川 麻乃、三浦 徹
第8回日本進化学会大会   2006年   
アブラムシの翅多型機構に関する生態発生学 −?.分散と繁殖のトレードオフ−
石川 麻乃、本郷 紗希子、三浦 徹
第53回日本生態学会大会   2006年   
Developmental regulation of the wing polyphenism in aphids.
Ishikawa A, and Miura T.
XV World Congress of the International Union for the Study of Social Insects   2006年   
Endocrine mechanisms underlying the loss of reproductive polyphenism in the pea aphid Acyrthosiphon pisum.
Ishikawa A, Gotoh H, Ogawa K, and Miura T.
Society for Molecular Biology and Evolution 2011   2011年7月28日   
Molecular mechanisms of divergent photoperiodic responses between migratory and stream-resident three-spined sticklebacks.
Ishikawa A, Kitano J.
The 8th Okazaki Biology Conference   2012年3月20日   

競争的資金等の研究課題

 
季節性繁殖の多様性を生む原因変異とその生態学的機能の解析
稲盛財団: 研究助成
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 石川 麻乃
イトヨの回遊性生活史の多様化とその分子遺伝基盤の解明
住友財団: 基礎科学研究助成
研究期間: 2016年11月 - 2018年10月    代表者: 石川 麻乃
文部科学省: 科学研究費補助金 (基盤研究 (C))
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 石川 麻乃
文部科学省: 科学研究費補助金 (若手研究 (B))
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 石川 麻乃
アブラムシにおける翅多型制御機構の解明
文部科学省: 日本学術振興会特別研究員(DC1)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 石川 麻乃