共同研究・競争的資金等の研究課題

2015年4月 - 2018年3月

レジストリ構築による球脊髄性筋萎縮症の早期バイオマーカー開発

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 橋詰 淳
  • ,
  • 祖父江 元
  • ,
  • 勝野 雅央

課題番号
15K09311
配分額
(総額)
4,810,000円
(直接経費)
3,700,000円
(間接経費)
1,110,000円

神経変性疾患に対する疾患修飾療法の開発において、発症早期に治療介入を開始する必要性が広く認識されつつあり、この時期における薬効評価の指標となる評価項目を同定することが必要とされている。SBMAの発症早期患者の病勢も適切に反映する疾患特異的な複合的臨床評価スケールを開発する。対象は、81例のSBMA患者、及び23例のコントロールとした。SBMAの重症度を適切に反映するためには、舌圧・握力・呼吸機能検査(%PEF)・4.6m歩行検査・呼吸機能検査(%VC)を複合した指標が最も良いことが判明し、この複合指標の感度は、既存の評価指標(SBMAFRS等)に比較して良好であることを確認した。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-15K09311/15K09311seika.pdf