田中利彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/19 15:42
 
アバター
研究者氏名
田中利彦
 
タナカトシヒコ
所属
福島工業高等専門学校
部署
物質工学科
職名
教授
学位
博士(理学)(大阪大学)
その他の所属
特定国立研究開発法人理化学研究所茨城工業高等専門学校

プロフィール

住友化学(株)にほぼ30年勤務の後、原発被災地近くの高専に着任。前職では主に研究部門に在籍した。主な研究分野は導電性高分子、液晶、有機エレクトロニクスであるが、入社当時の先輩がポリパラフェニレンビレンを前駆体である高分子スルホニウム塩から加熱合成する過程で10倍以上高延伸して配向させ、分子鎖方向で高い電気伝導度データをたたき出していたのに大変惹かれた。以来、分子配向技術を一貫テーマとしている。特にテフロン表面の配向誘起力に長く着目してきている。加えて近年はナノダイヤモンドの基本粒子やその自己組織性の研究を行っている。研究以外に知財戦略や新規事業開発でマネジメントや企画調整の経験がある。又3年間NEDOに出向して、大学等の若手を対象とした”産業技術研究助成事業”の運営にも参画した事がある。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年7月
 - 
現在
理化学研究所 内山元素化学研究室 客員研究員
 
2012年10月
 - 
2013年3月
横浜国立大学 留学生センター 非常勤講師
 
1984年4月
 - 
2012年12月
住友化学(株)高槻研究所、東京本社新規事業開発業務室、同アドバンストマテリアル管理室部長付、筑波研究所 副主任研究員、同主任研究員、同主席研究員、同上席研究員、等
 
2010年4月
 - 
2012年4月
横浜国立大学 教育人間科学部 非常勤講師
 
2002年4月
 - 
2005年3月
理化学研究所 超分子科学研究室 訪問研究員
 
1991年4月
 - 
1992年3月
通産省工業技術院 電子技術総合研究所 技術研修生
 

学歴

 
1982年4月
 - 
1984年3月
大阪大学  大学院基礎工学研究科 化学系専攻
 
1978年4月
 - 
1982年3月
大阪大学 基礎工学部 合成化学科
 

論文

 
テフロンの表面に魅せられて-配向成長を誘起する基板としての特異な能力-
田中利彦
アカウンツ・オブ・マテリアルズ・アンド・サーフェス・リサーチ   3(3)    2018年7月   [査読有り]
室温における機械的ラビングを用いたパイ共役小分子の一次元配向と同時のエッジ・オンからフェース・オンへの再配向
ジャン・シャルル・リヴィエル*, 田中利彦*,リ・ ザオ,横田裕樹、松本真哉、橋爪大輔、高士和人、武藤剛、ベノワ・ハインリッヒ、ステファン・メリ、ファブリス・マシュブ、松島俊紀、内山真伸、安達千波矢*,青山哲也*
アドヴァンスト・ファンクショナル・マテリアルズ   28(19) 1707038   2018年3月   [査読有り]
ポリテトラフルオロエチレンは特異な性質で分子を配向させる
田中利彦、石飛昌光
ケミストリー・レターズ   47(1) 55-58   2018年1月   [査読有り]
ニトロアゾ色素からなる高度に配向したJ会合体と表面誘起クロミズム
田中利彦、石飛昌光、青山哲也、松本真哉
ラングミュア   32 4710-4718   2016年4月   [査読有り]
配列したPTFE層上における配向ビスアゾメチン色素の会合における色素分子末端基効果
田中利彦、石飛昌光、青山哲也、松本真哉
ケミストリー・レターズ   44(4) 462-464   2015年4月   [査読有り]
有機電界効果トランジスタにおける電荷移動に対する粒子配向の影響
ジャン・シャルル・リヴィエル、 佐藤未英、横田裕樹、石塚綾、田中利彦、渡辺格、松本陸良、村中敦史、松本真哉、内山真伸、青山哲也
アールエスシー・アドバンス   4 36729-36737   2014年9月   [査読有り]
配列したポリテトラフルオロエチレン層上における配向したピラジン色素膜
田中利彦、石飛昌光、松本真哉
ケミストリー・レターズ   42(1) 34-36   2013年1月   [査読有り]
ビスアゾメチン色素のJ会合体薄膜を用いた有機電界効果トランジスタ
ジャン・シャルル・リヴィエル、 佐藤未英、石塚綾、田中利彦、渡辺格、松本陸良、松本真哉、内山真伸、青山哲也
オーガニック・エレクトロニクス   13(6) 999-1003   2012年6月   [査読有り]
摩擦転写されたポリテトラフルオロエチレン層上におけるビスアゾメチン色素の高二色性膜
田中利彦、佐藤未英、石飛昌光、青山哲也、松本真哉
ケミストリー・レターズ   40(10) 1170-1172   2011年10月   [査読有り]
配列したポリテトラフルオロエチレン層表面で高度に配向したビスアゾメチン色素のJ会合体
田中利彦、松本真哉、小林隆史、佐藤未英、青山哲也
ジャーナル・オブ・フィジカル・ケミストリー・シー   115 19598-19605   2011年9月   [査読有り]

Misc

 
透明薄膜電極
田中利彦
大韓民国特許公告(KR101573094B1)      2015年11月   [査読有り]
透明薄膜電極
田中利彦
中華民国特許公告(TWI488196B)      2015年6月   [査読有り]
透明薄膜電極
田中利彦
中華人民共和国特許公告(CN102929047B)      2015年5月   [査読有り]
ガスバリア性積層フィルム
長谷川 彰 、黒田 俊也 、田中 利彦 、石飛 昌光 、眞田 隆
米国特許登録(US9011994B2)      2015年4月   [査読有り]
ガスバリア性積層フィルム
長谷川 彰 、黒田 俊也 、田中 利彦 、石飛 昌光 、眞田 隆
中華人民共和国特許公告(CN102387920B)      2015年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
色素・顔料の設計と開発
田中利彦 (担当:分担執筆, 範囲:第2部第一章四節、「ジオキサン色素」)
(株)情報機構   2008年1月   
石油油化学プロセス
田中利彦 (担当:分担執筆, 範囲:14.1電気電子高分子)
講談社   2001年12月   

講演・口頭発表等

 
ポリテトラフルオロエチレンだけのユニークな分子溝エピタキシー
田中利彦、石飛昌光、青山哲也、梅澤洋史
ユーロピアン・マテリアル・リサーチ・ソサイエティ・2018・フォール・ミーティング (ワルシャワ)   2018年9月20日   
アラキン酸のラングミュア膜を介してナノダイヤモンド溶液から析出するナノシート
田中利彦、三浦康弘、青山哲也、宮本和範、内山真伸 、大澤映二
ユーロピアン・マテリアル・リサーチ・ソサイエティ・2018・フォール・ミーティング (ワルシャワ)   2018年9月17日   
気水界面で作製する爆轟法ナノダイヤモンド薄膜組織体に関する研究 (II)
三浦康弘、赤城嘉也、田中利彦、佐藤匠、青山哲也、内山真伸、大澤映二
第79回応用物理学会秋季学術講演会(名古屋)   2018年9月19日   
ラビングによるチエノキノイド分子のEdge-on/Face-on変換と有機トランジスタ移動度の異方性
青山哲也、田中利彦、ハインリッリ・ベノワ、ファブリス・マシュブ、松島敏則、高石和人、松本真哉、内山真伸、安達千波矢、 ジャン・シャルル・リヴィエル
第79回応用物理学会秋季学術講演会(名古屋)   2018年9月19日   
爆轟法ナノダイヤモンド基本粒子の単離とキャラクタリゼーション、3部からなる複合ナノカーボン
山野井亮子、佐々木修一、田中利彦、アマンダ・S・バーナード、大澤映二*
第13回ジョイント・カンファレンス・オン・ケミストリ(インドネシア)   2018年9月8日   
レーザー脱離イオン化質量スペクトルで観測される爆豪法ナノダイヤモンド基本粒子の内核イオン
田中利彦、深谷真芳、アマンダ・S ・バーナード、青山哲也、三浦康弘、大澤映二
2018・マテリアル・リサーチ・ソサイエティ・スプリング・ミーティング&エグジビット(フェニックス)   2018年4月5日   
配列したポリテトラフルオロエチレン上の線形分子の原子溝エピタキシ
田中利彦、石飛昌光、青山哲也、梅澤洋史
2018・マテリアル・リサーチ・ソサイエティ・スプリング・ミーティング&エグジビット(フェニックス)   2018年4月4日   
気水界面で作製する爆轟法ナノダイヤモンド薄膜組織体に関する研究
三浦康弘、田中利彦、佐藤匠、青山哲也、内山真伸、大澤映二
第65回応用物理学会春季学術講演会(東京)   2018年3月18日   
希薄なナノダイヤモンドコロイド溶液へのDLSの適応力
佐藤匠、田中利彦、三浦康弘、青山哲也、大澤映二
第54回 フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム(東京)   2018年3月11日   
コロイド溶液におけるナノダイヤモンドの自己組織性
田中利彦、三浦 康弘、青山哲也、高橋慎、 佐藤匠 、大澤 映二
第54回 フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム(東京)   2018年3月11日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
有機デバイスの革新的製造プロセスのための分子配向 2 次元 パターニング技術の開発
(独)日本学術振興会: 科学研究費助成事業、基盤研究C
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 青山哲也
ポリテトラフルオロエチレン表面のナノ原子溝が誘起する高配向J会合体の研究
(独)日本学術振興会: 科学研究費助成事業、基盤研究C
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 田中利彦
超先端電子技術開発機構
新エネルギー産業技術総合開発機構: 経済産業省超先端電子技術開発開発促進事業
研究期間: 1997年10月 - 2002年3月    代表者: 中嶋義晴
同事業における住友化学分散研究室の現場を統括、同研究室の担当する超異方性光学材料(具体的には屈折率異方性の高い液晶と二色性色素)を開発。

特許

 
特開2011-081392 : 一軸配向共役系高分子薄膜パターン
田中利彦、土居秀二、野口公信
特開2010-260347 : ガスバリア性積層フィルム
長谷川 彰 、黒田 俊也 、田中 利彦 、石飛 昌光 、眞田 隆
特開2009-263208 : ナノダイヤモンド膜
田中利彦
特許5453842 : 透明薄膜電極
田中利彦
特開2009-683 : 化学物質捕捉剤及び樹脂組成物
田中利彦
特開2009-283523 : 半導体素子
田中利彦、松本真哉、青山哲也、和田達夫
特許 5194950 : 発光性組成物
田中利彦
特開2009-231313 : 電子素子
栗田 靖之、田中利彦
特開2008-270180 : 電極触媒組成物、電極および燃料電池
日比野 高士、長尾 征洋、行方 陽介、岩崎 克彦、田中利彦
特開2008-270181 : 電極、電極触媒組成物および燃料電池
日比野 高士、長尾 征洋、行方 陽介、岩崎 克彦、田中利彦