春日あゆか

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/13 16:32
 
アバター
研究者氏名
春日あゆか
 
カスガアユカ
所属
広島大学
部署
大学院総合科学研究科
職名
准教授
学位
PhD(University of Nottingham), MSc(University of Nottingham), 修士(地球環境学)(京都大学大学院地球環境学舎), 学士(人間環境学)(京都大学総合人間学部)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
広島大学 大学院総合科学研究科 准教授
 
2016年10月
 - 
2018年3月
阪南大学 非常勤講師
 
2016年4月
 - 
2017年9月
立命館大学 非常勤講師
 
2015年4月
 - 
2017年9月
龍谷大学 非常勤講師
 

学歴

 
2015年4月
 - 
2017年3月
京都大学 大学院文学研究科(研修員) 
 
2014年2月
 - 
2015年3月
京都大学 大学院地球環境学舎(研修員) 
 
2009年9月
 - 
2013年12月
University of Nottingham Geography (PhD) 
 
2008年4月
 - 
2011年3月
京都大学 大学院地球環境学舎(博士後期課程) 
 
2008年9月
 - 
2009年9月
University of Nottingham Geography Environmental History (MSc)
 

論文

 
イギリス産業革命期の煤煙対策
春日あゆか
西洋史学   262    2017年1月   [査読有り]
春日 あゆか
科学史研究. [第Ⅲ期] = Journal of history of science, Japan. 日本科学史学会 編   (278) 133-147   2016年7月   [査読有り]
春日 あゆか
史林   99(2) 229-256   2016年3月   [査読有り]
Ayuka Kasuga
Urban History   42 405-423   2015年1月   [査読有り]
Copyright © 2014 Cambridge University Press.It has recently been revealed that English common law played a certain role in dealing with the pollution problems that accompanied industrialization. This article explores the role of legal actions in s...
春日 あゆか
地域と環境   (13) 15-30   2014年12月
近世の日本社会が西洋都市に比べて循環型社会のユートピアであったという議論を,西洋都市の環境について検討することによって相対化する。ロンドンのレンガ製造業を例に,廃棄物の再利用の事例を紹介すると共に,レンガ製造業から排出される煙の不快さがどのように受け取られていたのかを明らかにする。環境に良い社会と悪い社会という二項対立では見落とされてしまう,都市環境の複雑さを明らかにする。

講演・口頭発表等

 
煤煙対策の失敗―産業革命期イギリスにおける煤煙対策技術取引コスト
春日あゆか
日本科学史学会2016年度総会・第63回年会   2016年5月   
19世紀初頭イギリスにおける煤煙問題と対立する言説の形成
春日あゆか
第66回日本西洋史学会大会   2016年5月   
春日あゆか
日本地理学会発表要旨集   2014年9月10日   
Complex reactions to air pollution: views of smoke in Leeds in the 1820s
Ayuka Kasuga
Royal Geographical Society-IBG Annual Conference   2012年7月   
Formation and reformation of smoke views in Leeds
Ayuka Kasuga
The Royal Geographical Society-IBG Postgraduate Forum   2012年4月   

競争的資金等の研究課題

 
Views of Smoke in England
University of Nottingham: 留学生奨学金
研究期間: 2009年9月 - 2012年9月    代表者: 春日あゆか