Yoshihide Hattori

J-GLOBAL         Last updated: Nov 15, 2019 at 16:54
 
Avatar
Name
Yoshihide Hattori

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Nakase I, Katayama M, Hattori Y, Ishimura M, Inaura S, Fujiwara D, Takatani-Nakase T, Fujii I, Futaki S, Kirihata M
Chemical communications (Cambridge, England)      Oct 2019   [Refereed]
Futamura G, Kawabata S, Nonoguchi N, Hiramatsu R, Toho T, Tanaka H, Masunaga S.-I, Hattori Y, Kirihata M, Ono K, Kuroiwa T, Miyatake S.-I.
Radiation Oncology   12(1)    Dec 2017   [Refereed]

Misc

 
メラノーマBNCT用ホウ素薬剤として開発したコウジ酸修飾カルボランの機能評価
堂脇 聖史, 松浦 昂紀, 河崎 陸, 服部 能英, 切畑 光統, 櫻井 良憲, 増永 慎一郎, 長崎 健
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   34回 204-204   May 2018
アルキルスルホニオドデカボレート含有アミノ酸のBNCT用ホウ素キャリアーとしての評価
服部 能英, 石村 美紀, 大田 洋一郎, 竹中 宏誌, 上原 幸樹, 浅野 智之, 切畑 光統
日本薬学会年会要旨集   138年会(2) 116-116   Mar 2018
ピナコールボラン前駆体を用いた[18F]F-(フッ素イオン)からの[18F]FBPA合成法の開発
金井 泰和, 大田 洋一郎, 服部 能英, 吉川 智裕, 仲 定宏, 堺 俊博, 竹中 宏誌, 上原 幸樹, 下瀬川 恵久, 切畑 光統, 畑澤 順
日本薬学会年会要旨集   138年会(2) 244-244   Mar 2018
[18F]FBPA合成を目的としたピナコールボラン化合物を用いた芳香環への[18F]標識合成法の開発
金井 泰和, 大田 洋一郎, 服部 能英, 竹中 宏誌, 上原 幸樹, 仲 定宏, 堺 俊博, 下瀬川 恵久, 切畑 光統, 畑澤 順
核医学   54(Suppl.) S200-S200   Sep 2017
HPLC法を用いた[18F]FBPA注射液の光学純度測定に関する検討
仲 定宏, 金井 泰和, 木下 大輔, 佐藤 隆史, 若原 正晴, 大田 洋一郎, 服部 能英, 渡部 直史, 礒橋 佳也子, 加藤 弘樹, 下瀬川 恵久, 切畑 光統, 畑澤 順
核医学   54(Suppl.) S202-S202   Sep 2017