カヴァナ・バリー

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/21 13:56
 
アバター
研究者氏名
カヴァナ・バリー
 
バリー・カヴァナ
通称等の別名
Barry Kavanagh
eメール
kavanagh.barry.e7tohoku.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/p/26580096
所属
東北大学
部署
言語・文化教育開発室

研究分野

 
 
  • 言語学 / 言語学 / バイリンガリズム
  • 教育学 / 教育学 / TEFL TESOL
  • 言語学 / 言語学 / コンピューターを介した コミュニケーション,英語・日本語社会言語学, 対照言語学, 談話分析, 語用論, バイリンガル教育,文化コミュニケーション, 外国語習得、CLIL

委員歴

 
2017年
 - 
現在
日本CLIL教育学会  J-CLIL 東北支部長
 

受賞

 
2017年11月
東北大学 平成28年度東北大学全学教育貢献賞
 
2013年11月
青森保健大学 学長賞受賞 研究部門
 

論文

 
An Introduction to the Theory and Application of CLIL in Japan
カヴァナ・バリー
『東北大学高度教養教育・学生支援機構紀要』第4号   4 277-285   2018年6月   [査読有り]
CLIL: New and Innovative Ideas for the Classroom
カヴァナ・バリー
東北大学言語・文化教育センター年俸   3 15-17   2018年3月   [査読有り]
A Comparison of Cognitive Colour Processing in Bicultural Bilingual Elementary School Children Residing in the UK and Japan.
カヴァナ・バリー
国際文化研究   24 63-73   2018年3月   [査読有り]
内容言語統一型学習を通じた国際的コラボレーション 〜東北大学で行う留学生・日本人学生の空手と日本文化合同授業について〜
カヴァナ・バリー
第67回東北・北海道地区大学等高等・共通教育研究会研究収録   54-58   2018年3月   [査読有り]
教養教育における効果的な教授法
カヴァナ・バリー
しょこう 大学全学教育広報   45 12-14   2018年3月   [査読有り]
Polite intention through emoticon usage in a cross-cultural examination of Japanese and American online discourse
カヴァナ・バリー
In Y. Ono & M. Shimada (Eds.) Data Science in Collaboration   1 89-98   2017年12月   [査読有り][招待有り]
The use of the Japanese epistemic markers ne, kamo and kana with emoticons in an online female Japanese blogging community
カヴァナ・バリー
First Monday   22(12)    2017年12月   [査読有り]
Is the OPOL Approach an Effective Method in Raising a Bilingual Child in Japan?
カヴァナ・バリー
The 35th Conference of the English Linguistic Society of Japan   149-153   2017年11月   [査読有り]
日本人の母親は子どもをどのようにバイリンガルに育てるか ―イギリス在住の国際児についての考察―
カヴァナ・バリー
Proceedings of the 10th International conference on practical linguistics of Japanese   34-36   2017年7月   [査読有り]
学術的英語論文記述講座について
カヴァナ・バリー
東北大学高度教養教育・学生支援機構紀要   3 273-276   2017年6月   [査読有り]
The balanced bilingual child: Is it akin to the quest for the holy grail?
カヴァナ・バリー
東北大学言語・文化教育センター年報   (2) 25-27   2017年3月   [査読有り]
Does having an older sibling support or hinder the development of bilingualism in younger siblings? : A case study of British and Japanese families
カヴァナ・バリー
国際文化研究   (23) 211-226   2017年3月   [査読有り]
日本及び英国在住日系国際児のエスニックアイデンティティについて大会プロシーディング
カヴァナ・バリー
JSLS      2016年6月   [査読有り]
Building for a better TOEFL future
カヴァナ・バリー
東北大学平成27年度TOEFL ITPテスト実施報告書      2016年5月   [招待有り]
カヴァナ・バリー
Language and communication   48 53-65   2016年4月   [査読有り]
An examination of CMC theory and online relational communication through extra-linguistic signs.
カヴァナ・バリー
Journal of International Cultural Studies.   22 183-201   2016年3月   [査読有り]
Native speakerism and English language education in Japan
カヴァナ・バリー
高度教養教育・学生支援機構紀要(第2号)      2016年6月   [査読有り]
Bilingualism among mixed race children in Japan
カヴァナ・バリー
The 20th PAAL Conference proceedings      2015年12月   [査読有り]
英国在住日系国際児のバイリンガル育成に関する要因
カヴァナ・バリー
第26回第二言語習得研究会(JASLA)全国大会プロシーディング      2015年12月   [査読有り]
ハーフの子供のバイリンガル育成に影響する要因 収録
カヴァナ・バリー
青森県保健医療福祉研究発表会      2014年12月   [査読有り]
Nutritional intakes of obese elementary school children residing in the Shimokita Peninsula of Aomori, Japan
Takako Kumagai, Yumiko Nakamura, Emi Naijo, Akiko Sugimoto, Barry Kavanagh, Haruyuki Ito
International Journal of Public Health Science   Vol 3(No 3) 194-205   2014年9月   [査読有り]
The juxtaposition of the sentence final particle ne with emoticons in online Japanese discourse
カヴァナ・バリー
Procedings of the The 19th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics      2014年9月
日本人のオンライン・コミュニケーション ~創造的オンライン表記と非言語の使用を中心に~ 収録
カヴァナ・バリー
青森県保健医療福祉研究発表会・日本ヒューマンケア科学学会第6回学術集会合同集会      2013年12月
The Raising of bilingual haafu children in contemporary Japan
カヴァナ・バリー
electronic journal of contemporary japanese studies      2013年12月   [査読有り]
GENDER AND ONLINE INTERACTION THROUGH SYMBOLS AND LANGUAGE PLAY. International conference on English linguistics proceedings
カヴァナ・バリー
International conference on English linguistics Korea University proceedings   99-105   2013年7月   [査読有り]
Politeness stategies and pragmatic intention through the use of emoticons
カヴァナ・バリー
The 15th Annual international conference of the Japanese society for language sciences handbook   87-91   2013年6月   [査読有り]
Concentrated Bovine-Milk Whey Active Protein (CBP) Supplement-Combined Dynamic Flamingo Therapy (DFT) Activates Bone Metabolism and Bone-Related Factors
Lee S, Hashimoto J, Suzuki T, Satoh A, Kavanagh B, et al.
Journal of Diabetes & Metabolism      2013年4月   [査読有り]
日本語及びアメリカ英語オンライン・ポライトネス・ストラテジー -エモティコンの機能と用法を中心に- 収録
カヴァナ・バリー
青森県保健医療福祉研究発表会      2013年2月
英語、日本語におけるオンライン・コミュニケーションの対照分析 ~UMCを中心に~
カヴァナ・バリー
青森県立保健大学雑誌   13(1) 13-23   2012年12月   [査読有り]
THE THEORY AND PRACTICE OF COMMUNICATIVE LANGUAGE TEACHING IN JAPAN
カヴァナ・バリー
Academic Research International   2(2) 730-738   2012年   [査読有り]
The ideal English teacher and the commodity of the native speaker.
カヴァナ・バリー
English connection Journal   15(1) 1-9   2011年   [査読有り]
Kavanagh Barry
青森県立保健大学雑誌   11(0) 87-92   2010年12月   [査読有り]
 日本語の丁寧体、いわゆる、「です・ます」で終わる文体は改まったスピーチスタイルとして使われる一方、普通体、いわゆる、「だ・である」で終わる文体はうちとけたスピーチスタイルが使用される。ほぼ全ての日本語の教科書の中で一致した意見として、この社会言語学的マーカーは一定の文脈的状況下においてのみ使われ、年齢、地位などを表す特徴があるという事が挙げられる(Matsumoto & Okamoto 2003)。しかし、自然な談話の中で普通体と丁寧体とを混在した話し方をしても、この社会言語学的なマーカ...
The use of paralinguistic cues in high and low context cultural communication. An examination of the language of Japanese and English weblogs.
カヴァナ・バリー
The Asian Conference on Arts & Humanities 'East Meets West' Official conference proceedings   1199-1211   2010年
A cross cultural analysis of Japanese and English non-verbal online communication: The use of emoticons in weblogs
カヴァナ・バリー
Intercultural communication studies journal.   XIX(3) 65-81   2010年   [査読有り]
Japanese women’s language: Ideological constructs and changing gender roles
カヴァナ・バリー
Proceedings of 18th International Congress of Linguists (CIL 18), Linguistic Society of Korea.   2575-2594   2009年
The Mystique of the native speaker: A study of the Japanese Eikaiwa and ELT profession
カヴァナ・バリー
proceedings of the 16th Annual Korea TESOL International conference: Responding to a changing world   141-143   2008年
The ’de-feminization’ of Japanese women’s language. A study of ‘generational female talk’
カヴァナ・バリー
The Journal and Proceedings of the Gender Awareness in Language Education   1(1) 108-123   2008年   [査読有り]
Japanese Women’s Language in Transition: An examination of Female Discourse and Linguistic choices
カヴァナ・バリー
Temple University Japan Proceedings of the 2008 Colloquium on Language Learning   59-64   2008年   [査読有り]
Japanese women’s language: Ideological constructs and changing gender roles
カヴァナ・バリー
Proceedings of 18th International Congress of Linguists (CIL 18), Linguistic Society of Korea   2575-2594   2008年
Kavanagh Barry
青森県立保健大学雑誌   8(2) 283-292   2007年12月   [査読有り]
国立情報学研究所の「学術雑誌公開支援事業」により電子化されました。Contrastive analysis is the systematic study of the linguistic systems of two languages with a view to identifying their structural differences and similarities. Examining the phonetic inventories of the languages ...
Female ‘generational talk’ in contemporary Japan: A study from Aomori and Akita
カヴァナ・バリー
The Japanese Society for Language Sciences conference handbook   71-75   2007年
Kavanagh Barry
青森県立保健大学雑誌   7(2) 241-248   2006年12月   [査読有り]
国立情報学研究所の「学術雑誌公開支援事業」により電子化されました。The Input Hypothesis is Krashen's attempt to explain how the learner acquires a second language. The hypothesis suggests that language learning is driven by the receptive skills rather than by the productive ones. ...

書籍等出版物

 
Polite intention through emoticon usage in a cross-cultural examination of Japanese and American online discourse
カヴァナ・バリー (担当:分担執筆, 範囲:In Y. Ono & M. Shimada (Eds.) Data Science in Collaboration, Volume 1 (pp. 89–98).)
Tsukuba: Tsukuba Univ. Sogo-Jimu Center.   2017年12月   
The use of unconventional means of communication in Japanese and American blog comments. In M. Tadao, N. Ono, K. Thepkanjana, S. Uehara (Eds) Typological Studies on Languages in Thailand and Japan 173-195
カヴァナ・バリー (担当:分担執筆, 範囲:第10章)
ひつじ書房   2012年8月   ISBN:978-4-89476-607-5
Gendered Japanese: A Synchronic Look at Contemporary ‘Joseego’In Linguistic Diversity and Cultural Identity: A Global Perspective. Nova. New York.
カヴァナ・バリー (担当:分担執筆, 範囲:第4章)
Nova publisher New York   2011年   

講演・口頭発表等

 
CLIL: Theory, Practice and the Teaching of the 4 Skills. JALT Yamagata Chapter. Yamagata University [招待有り]
カヴァナ・バリー
JALT Yamagata Chapter. Yamagata University   2018年3月18日   
アカデミック・ライティングについて探求〜ファーストステップ ・日本赤十字秋田看護大学 [招待有り]
カヴァナ・バリー
日本赤十字秋田看護大学   2018年3月14日   
Is the OPOL Approach an Effective Method in Raising a Bilingual Child in Japan?
カヴァナ・バリー
英語学会 第 35 回大会 東北大学   2017年11月18日   
The role of emoticons, emoji and unorthodox orthography in the promotion of harmonious online social interaction.
カヴァナ・バリー
Visualizing in the New Media / University of Neuchatel, Switzerland. 2017 / 11 / 08 ~2017 / 11 / 10   2017年11月8日   
バイリンガルな子育てについて
カヴァナ・バリー
学部仙台コンソーシアム   2017年9月30日   
Polite Intention through Emoticon Usage in a Cross-cultural Examination of Japanese and American Online Discourse. [招待有り]
カヴァナ・バリー
Tsukuba Global Science Week 国際会議場   2017年9月27日   
内容言語統一型学習を通じた国際的コラボレーション 〜東北大学で行う留学生・日本人学生の空手と日本文化合同授業について〜
カヴァナ・バリー
第67回東北・北海道地区大学等高等・共通教育研究会研究 ・東北大学   2017年8月24日   
日本人の母親は子どもをどのようにバイリンガルに育てるか ―イギリス在住の国際児についての考察―
カヴァナ・バリー
NINJAL国際シンポジウム 「第10回 日本語実用言語学国際会議 (ICPLJ) 」   2017年7月   
International collaboration through content and language integrated learning collaboration through content and language integrated learning [招待有り]
カヴァナ・バリー
JALT Yamagata Chapter   2016年9月24日   
A contrastive analysis of bicultural children’s identity and bilingual development within the UK and Japan
カヴァナ・バリー
1st INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOCIOLINGUISTICS Insights from Superdiversity, Complexity and Multimodality. September 2016, Eötvös Loránd University, Budapest   2016年9月   
A Cross-Linguistic Study Of Object Classification and Perception within Bicultural Bilingual Children Living in the UK and Japan
カヴァナ・バリー
The 7th International Conference on Intercultural Pragmatics and Communication
INPRA 2016June 2016. University of Split (Croatia)   2016年6月   
日本及び英国在住日系国際児のエスニックアイデンティティについて
カヴァナ・バリー
JSLS2016: The Japanese Society for Language Sciences 18th Annual International Conference. Tokyo University   2016年6月   
Sociolinguistic factors that influence the bringing up of biracial bilingual child in England and Japan.
カヴァナ・バリー
1st Bristol Postgraduate Conference on Language and Society Clifton Hill House, University of Bristol. 4th March 2016.   2016年3月4日   
英国在住日系国際児のバイリンガル育成に関する要因
カヴァナ・バリー
第26回第二言語習得研究会(JASLA)全国大会 2015年12月19日—20日 東北大学(川内キャンパス)   2015年12月20日   
Bilingualism among mixed race children in Japan.
カヴァナ・バリー
The 20th PAAL Conference. December 5-6th 2015. Korea University, Seoul, Korea.   2015年12月5日   
Environmental factors effecting the bringing up of a bilingual child: A study of the bilingual haafu in rural Japan.
カヴァナ・バリー
The 21st International Conference of the IAICS cum The 11th Biennial International conference of the IAICS.The Hong Kong Polytechnic University.   2015年7月15日   
The relationship between smoking mothers and their children's lifestyle
カヴァナ・バリー
12th Asian Congress of Nutrition. Yokohama, Japan.   2015年5月14日   
ハーフの子供のバイリンガル育成に影響する要因
カヴァナ・バリー
青森保健大学   2014年12月   
The juxtaposition of the sentence final particle ne with emoticons in online Japanese discourse
カヴァナ・バリー
The 19th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics Waseda University   2014年8月   
Peircean Semiotics Online: A Semantic and Pragmatic Analysis of Japanese and American Online Discourse
カヴァナ・バリー
International Society for Language Studies 2014 Conference   2014年6月   
日本人のオンライン・コミュニケーション ~創造的オンライン表記と非言語の使用を中心に~
カヴァナ・バリー
青森県保健医療福祉研究発表会・日本ヒューマンケア科学学会第6回学術集会合同集会   2013年12月   
GENDER AND ONLINE INTERACTION THROUGH SYMBOLS AND LANGUAGE PLAY.
カヴァナ・バリー
International conference on English linguistics Korea University   2013年7月   
日本語及びアメリカ英語オンライン・ポライトネス・ストラテジー -エモティコンの機能と用法を中心に-
カヴァナ・バリー
2012年度青森県保健医療福祉研究発表会   2013年2月   
Online Japanese extra-linguistic signs and orthographic creativity A study of the personal weblog.
カヴァナ・バリー
The 22nd Japanese/Korean Linguistics Conference. 国立国語研究所   2012年10月   
Physical Characteristics of residents in low life expectancy regions in Japan.
Takako Kumagai, Sangun Lee, Chiaki Kitamiya, Atsuko Sato, Junichi Hashimoto, Barry Kavanagh, Takao Suzuki
International Congress of of Dietics 16th, Sydney Australia、 Nutrition and Dietics 69(1) 99   2012年6月   
Unconventional cross cultural online communication. 11th Annual Pan-SIG Conference Hiroshima University
カヴァナ・バリー
11th Annual Pan-SIG Conference   2012年6月   
Know what I mean? (・-・)・・・ん The explicitness, tone and interpretation of English and Japanese online diary comments.
カヴァナ・バリー
The 13th Annual International Conference of the Japanese Society for Language Sciences Kansai University, Osaka   2011年6月   
The expression of emotion and solidarity across Japanese and American weblog communication.
カヴァナ・バリー
The 3rd International Conference on English, Discourse and Intercultural Communication Macao Polytechnic   2011年   
Representations of orality and visuality in Japanese and English weblogs.
カヴァナ・バリー
The 18th International Conference on Pragmatics and Language Learning Kobe University, Kobe.   2010年7月   
Politeness and rapport building strategies through the use of paralinguistic cues in high and low context cultural communication.
カヴァナ・バリー
5th International Symposium on Politeness “Politeness and impoliteness, on- and offline” University of Basel, Basel, Switzerland.   2010年7月   
The use of paralinguistic cues in high and low context cultural communication. An examination of the language of Japanese and American weblogs.
カヴァナ・バリー
The Asian Conference on Arts & Humanities 'East Meets West' Ramada Hotel, Osaka.   2010年6月10日   
A Cultural and Linguistic Analysis of Japanese and English Online Communication: The language of weblogs
カヴァナ・バリー
The 15th International Association for Intercultural Communication Studies Intercultural Communication and Collaboration within and across Sociolinguistic Environments Kumamoto Gakuen University, Japan   2009年9月   
Gender and the Japanese Language
カヴァナ・バリー
The 7th Annual Peace as a global language conference (PGL) conference. Seisen University, Tokyo   2008年9月   
Japanese women’s language: Ideological constructs and changing gender roles. 発表
カヴァナ・バリー
18th International Congress of Linguists (CIL 18) Korea University Seoul, Korea.   2008年7月21日   
The ‘de-feminization’ of Japanese women’s language. A study of ‘generational female talk’
カヴァナ・バリー
JALT GALE-SIG Two-day Conference: Gender and Beyond Kansai University Osaka   2007年10月   
Is the controversial concept of the 'native speaker' relevant to the ELT classroom and profession?
カヴァナ・バリー
Japan Association for Language Teaching Sendai chapter Sendai, Miyagi   2007年9月   
Female ‘generational talk’ in contemporary Japan. A study from Akita and Aomori.
カヴァナ・バリー
The 9th Annual International Conference of the Japanese Society for Language Sciences. Miyagi Gakuin Women’s University   2007年7月   
Japanese Women's language in transition. An examination of female discourse and linguistic choice
カヴァナ・バリー
Temple University Japan Applied Linguistics Colloquium 2008   2008年2月10日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
The raising of a haafu in Japan and the UK: 文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: カヴァナ・バリー
イギリスと日本に住んでいるハーフの子供(親は日本人と外国人)のバイリンガル発達、環境因子、教育の方法、ハーフのアイデンティティーの関係を明らかにすることを目的とする。

社会貢献活動

 
空手・基本技
【講師】  発達保障研究会  オープンカレッジ公開講演  2011年11月
世界の紅茶とコーヒー
【講師】  発達保障研究会  オープンカレッジ公開講演  2011年6月
世界の旅行について 学びましょう!!
【講師】  発達保障研究会  オープンカレッジ公開講演  2011年2月
カルチャーショックの紹介 欧米V日本
【講師】  発達保障研究会  オープンカレッジ公開講演  2010年2月
異文化コミュニケーション クリスマスについて
【講師】  発達保障研究会  オープンカレッジ公開講演  2008年12月

その他

 
2014年8月   第19回ケア付きねぶた”じょっぱり隊” ボランティア
2013年8月   第18回ケア付きねぶた”じょっぱり隊”
ボランティア
2012年8月
野田村ボランティア
野田村サマースクール
英語授業(小中学生対象)