講演・口頭発表等

$\beta$線3mm線量当量の測定方法と水晶体の防護策の検討,2; TLDによる測定

日本保健物理学会第48回研究発表会
  • 山崎 巧
  • ,
  • 滝本 美咲
  • ,
  • 菅 巧
  • ,
  • 星 勝也
  • ,
  • 吉田 忠義
  • ,
  • 高田 千恵
  • ,
  • 辻村 憲雄
  • ,
  • 岡田 和彦
  • ,
  • 石川 久

開催年月日
2015年7月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
東京
国・地域
日本

原子力機構核燃料サイクル工学研究所では、$^{90}$Sr-$^{90}$Y $\beta$線による眼の水晶体の等価線量を評価する場合、作業者の胸腹部等に着用した個人線量計から算出した70$\mu$m線量当量を実験的に決定した係数を用いて3mm線量当量に換算する。ただし、作業者が呼吸保護の目的で着用した防護具(全面マスク)による遮へい効果は考慮されていない。したがって、水晶体の等価線量は現在過大評価されていると考えられる。そこで、小形のTLD線量計と頭部ファントムを用いる実験により、現在使用している防護具についての$\beta$線遮へい効果を調べた。さらに、TMI事故の復旧作業中に実施された水晶体の防護対策(全面マスク+防護メガネの併用)による防護効果についても同様に調べた。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5050953