講演・口頭発表等

$\gamma$線低線量率場における電子式個人線量計の応答

日本保健物理学会第48回研究発表会
  • 小島 尚美
  • ,
  • 中川 貴博
  • ,
  • 山崎 巧
  • ,
  • 滝本 美咲
  • ,
  • 高田 千恵

開催年月日
2015年7月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
東京
国・地域
日本

電子式個人線量計(EPD)は、その場で線量の確認ができることや、ガラスバッジなどよりも低い線量の測定が可能なことから近年利用が広がっている。しかし低線量の$\gamma$線に対する応答を確認する場合、バックグラウンドの影響を低減させるために校正室全体の遮蔽が必要となり実際の照射試験は困難であった。今回、産業技術総合研究所で開発された低線量率校正システムを用いて、トレンド記録機能を有する2機種のEPDに対して0.1$\mu$Sv/h以下の$^{137}$Cs $\gamma$線照射を行った。EPDの積算線量と標準偏差の変動を解析し、低線量での応答を調査した。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5050956