村井千寿子

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/31 23:29
 
アバター
研究者氏名
村井千寿子
所属
精華女子短期大学
部署
幼児保育学科
職名
講師
学位
博士(文学)(京都大学)
科研費研究者番号
90536830

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
精華女子短期大学 講師
 
2016年4月
 - 
2017年3月
環太平洋大学 次世代教育学部 こども発達学科 講師
 
2008年4月
 - 
2016年3月
玉川大学脳科学研究所(赤ちゃんラボ) 科研費研究員
 
2005年4月
 - 
2008年3月
本学術振興会特別研究員 (PD) 玉川大学脳科学研究所
 
2005年4月
 - 
2006年3月
玉川大学脳科学研究所  特別研究員
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2005年3月
京都大学 文学研究科 行動文化学専攻 心理学専修 博士後期課程  
 
2000年4月
 - 
2002年3月
京都大学 文学研究科 行動文化学専攻 心理学専修 修士課程  
 
1996年4月
 - 
2000年3月
中央大学 文学部 教育学科 心理学コース  
 

委員歴

 
2015年9月
   
 
日本認知科学会 運営委員
 
2014年6月
   
 
日本赤ちゃん学会 運営委員
 

受賞

 
2010年10月
日本心理学会 日本心理学会優秀論文賞 Nine- to 11-month-old infants' reasoning about causality in anomalous human movements.
受賞者: 小杉大輔・石田開・村井千寿子・藤田和生
 

論文

 
Murai C, Tanaka M, Tomonaga M, Sakagami M
Developmental psychobiology   53(7) 732-737   2011年11月   [査読有り]
Murai C, Tanaka M, Sakagami M
Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983)   125(2) 216-226   2011年5月   [査読有り]
Kosugi, D., Ishida, H., Murai, C., & Fujita, K.
Japanese Psychological Research   51(4) 246-257   2009年8月   [査読有り]
村井千寿子
Journal of Ethology   27(1) 1-10   2009年   [査読有り]
乳児における対象に適切な動きの理解 -この動きは車か動物か?-
小杉大輔、村井千寿子、板倉昭二
認知科学テクニカルレポート   58 1-7   2006年   [査読有り]

Misc

 
動物訓練における動作・発話行動の相互学習
鮫島 和行,村井 千寿子, 島田 将喜
日本認知科学会第34回大会要旨集      2017年   [査読有り]
Horse gaits classification using the Infinite Gaussian Mixture Model and stability analysis
NTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51 263-264   2016年7月   [査読有り]
鮫島和行, 鮫島和行, 大北碧, 西山慶太, 瀧本彩加, 神代真里, 村井千寿子, 澤幸祐
人工知能   31(1) 27-34   2016年1月
The origin of a uniquely human thinking bias: The symmetry inference bias in human infants and chimpanzees
Chizuko Murai, Michiko Miyazaki, Masaki Tomonaga, Hiroyuki Okada, Mutsumi Imai
Proceedings of the 20th international conference on infant studie   392   2014年   [査読有り]

書籍等出版物

 
発達科学の最前線
村井千寿子 (担当:共著, 範囲:第1章「発達と進化から見た物の世界」)
ミネルヴァ書房   2014年   
APA心理学大辞典[第1部門(知覚,生理,思考,学習)]
村井千寿子 (担当:共訳)
2013年   
村井千寿子 (担当:共著, 範囲:第4章「赤ちゃんが見ているモノの世界」)
新潮社   2012年6月   ISBN:4103324414
Cognitive Development in Chimpanzees
村井千寿子 (担当:共著, 範囲:Chap. 18 ”Early spontaneous categorization in primate infants -Chimpanzees, humans, and Japanese”)
2006年   
村井千寿子 (担当:共訳, 範囲:第3章 「乳児における対象の世界」)
ミネルヴァ書房   2004年5月   ISBN:4623039919

講演・口頭発表等

 
ラウンドテーブル「遊びの進化的,発達的起源と未来像」イントロダクション:「遊ぶ」を考える
村井千寿子
日本赤ちゃん学会第11回学術集会   2011年   
Intuitive recognition of physical event in Chimpanzees and Japanese monkeys. [招待有り]
村井千寿子
The Internationa Symposyum on Comparative Cognitive Science 2008. Primate Origins of Human mind.   2009年   
5歳のニホンザルにおける生後2年間の対象経験についての再認記憶
村井千寿子
第143回日本動物心理学会例会(中部地区) 「動物心理学研究の多様性」   2007年   

担当経験のある科目

 

Works

 
京都大学霊長類研究所 共同利用研究員
村井千寿子   その他   2000年4月 - 2014年3月

競争的資金等の研究課題

 
新たな行動指標の確立-瞬きが映す主体の認知プロセス-
文部科学省: 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 村井千寿子
人=動物インタラクションにおける行動動態の分析と認知モデル化
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2018年    代表者: 鮫島和行
社会的認知を支える生物・物体認識の進化的基盤
文部科学省: 若手研究(B)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 村井千寿子
ヒトは何故、他者に対して公平に振舞うのか-公平性の基盤を探る-
文部科学省: 基盤(C)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 岡田浩之
社会的認知に関する比較発達心理学的研究‐自己推進性から目標指向性まで‐
文部科学省: 若手研究(B)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 村井千寿子

社会貢献活動

 
保育・子育て公開講座「発達心理学から見る乳幼児の世界」(幼稚園教諭対象)
【講師】  精華女子短期大学  2018年1月25日
「親子で体験!赤ちゃん研究ワークショップ」
【実演】  横浜市都筑図書館・玉川大学赤ちゃんラボ  2012年7月