中鉢 淳

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/21 13:17
 
アバター
研究者氏名
中鉢 淳
 
ナカバチ アツシ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/40332267.ja.html
所属
豊橋技術科学大学
部署
エレクトロニクス先端融合研究所
職名
准教授
学位
博士(理学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2011年10月
 - 
2017年2月
豊橋技術科学大学 エレクトロニクス先端融合研究所 准教授
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2000年3月
東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻博士課程
 
1995年4月
 - 
1997年3月
東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻修士課程
 
1993年4月
 - 
1995年3月
東京大学 理学部 生物学科
 
1991年4月
 - 
1993年3月
東京大学 理科二類 
 

受賞

 
2010年3月
日本ゲノム微生物学会 研究奨励賞 ゲノミクスによる細胞内共生細菌のオルガネラ化機構の探求
 

論文

 
Dan H, Ikeda N, Fujikami M, Nakabachi A
PLoS One   12(12) e0189779   2017年12月   [査読有り]
Atsushi Nakabachi
Curr Opin Insect Sci   7 24-29   2015年2月   [査読有り][招待有り]
Nakabachi A, Ishida K, Hongoh Y, Ohkuma M, Miyagishima SY
Current biology : CB   24 R640-1   2014年7月   [査読有り]
Sloan DB, Nakabachi A, Richards S, Qu J, Murali SC, Gibbs RA, Moran NA
Molecular Biology and Evolution      2014年1月   [査読有り]
Abe H, Aikawa C, Nakabachi A, Miyakoshi M, Maruyama F
Nihon saikingaku zasshi. Japanese journal of bacteriology   69(3) 539-546   2014年   [査読有り]
Nakabachi A, Nikoh N, Oshima K, Inoue H, Ohkuma M, Hongoh Y, Miyagishima SY, Hattori M, Fukatsu T
PLoS One   8 e82612   2013年12月   [査読有り]
Nakabachi A, Ueoka R, Oshima K, Teta R, Mangoni A, Gurgui M, Oldham NJ, van Echten-Deckert G, Okamura K, Yamamoto K, Inoue H, Ohkuma M, Hongoh Y, Miyagishima SY, Hattori M, Piel J, Fukatsu T
Current Biology   23 1478-1484   2013年8月   [査読有り]
Ramsey JS, MacDonald SJ, Jander G, Nakabachi A, Thomas GH, Douglas AE
Insect Molecular Biology   19 Suppl 2 241-248   2010年3月   [査読有り]
Tamborindeguy C, Monsion B, Brault V, Hunnicutt L, Ju HJ, Nakabachi A, Van Fleet E
Insect Molecular Biology   19 Suppl 2 259-272   2010年3月   [査読有り]
Nakabachi A, Shigenobu S, Miyagishima S
Insect Molecular Biology   19 Suppl 2 175-185   2010年3月   [査読有り]
Nakabachi A, Miyagishima S
Insect Molecular Biology   19 Suppl 2 165-173   2010年3月   [査読有り]
Shigenobu S, Richards S, Cree AG, Morioka M, Fukatsu T, Kudo T, Miyagishima S, Gibbs RA, Stern DL, Nakabachi A
Insect Molecular Biology   19 Suppl 2 23-31   2010年3月   [査読有り]
International Aphid Genomics Consortium
PLoS Biology   8 e1000313   2010年2月   [査読有り]
Nikoh N, McCutcheon JP, Kudo T, Miyagishima SY, Moran NA, Nakabachi A
PLoS Genetics   6 e1000827   2010年2月   [査読有り]
Nakabachi A, Koshikawa S, Miura T, Miyagishima S
Bulletin of Entomological Research   100 27-33   2010年2月   [査読有り]
Gerardo NM, Altincicek B, Anselme C, Atamian H, Barribeau SM, de Vos M, Duncan EJ, Evans JD, Gabaldón T, Ghanim M, Heddi A, Kaloshian I, Latorre A, Moya A, Nakabachi A, Parker BJ, Pérez-Brocal V, Pignatelli M, Rahbé Y, Ramsey JS, Spragg CJ, Tamames J, Tamarit D, Tamborindeguy C, Vincent-Monegat C, Vilcinskas A
Genome Biology   11 R21   2010年   [査読有り]
Nikoh N, Nakabachi A
BMC Biology   7 12   2009年3月   [査読有り]
Moran NA, McCutcheon JP, Nakabachi A
Annual Review of Genetics   42 165-190   2008年   [査読有り][招待有り]
Nakabachi A, Yamashita A, Toh H, Ishikawa H, Dunbar HE, Moran NA, Hattori M
Science   314 267   2006年10月   [査読有り]
Sabater-Muñoz B, Legeai F, Rispe C, Bonhomme J, Dearden P, Dossat C, Duclert A, Gauthier JP, Ducray DG, Hunter W, Dang P, Kambhampati S, Martinez-Torres D, Cortes T, Moya A, Nakabachi A, Philippe C, Prunier-Leterme N, Rahbé Y, Simon JC, Stern DL, Wincker P, Tagu D
Genome Biology   7 R21   2006年   [査読有り]
Nakabachi A, Shigenobu S, Sakazume N, Shiraki T, Hayashizaki Y, Carninci P, Ishikawa H, Kudo T, Fukatsu T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   102 5477-5482   2005年4月   [査読有り]
Nakabachi A, Ishikawa H, Kudo T
Journal of Invertebrate Pathology   82 152-161   2003年3月   [査読有り]
Nakabachi A, Ishikawa H
Insect Biochemistry and Molecular Biology   31 491-496   2001年3月   [査読有り]
Nakabachi A, Ishikawa H
Applied and Environmental Microbiology   66 3305-3309   2000年8月   [査読有り]
Nakabachi A, Ishikawa H
Journal of Insect Physiology   45 1-6   1999年1月   [査読有り]
Nakabachi A, Ishikawa H
Insect Biochemistry and Molecular Biology   27 1057-1062   1997年12月   [査読有り]
Iizuka A, Nakabachi A, Mori T, Park MK, Fujii Y, Nagasawa H
Life Sciences   58 397-403   1996年   [査読有り]

書籍等出版物

 
化学と生物54(10)
中鉢 淳 (担当:分担執筆, 範囲:昆虫のオルガネラ様共生細菌たち)
2016年10月   
共生微生物
中鉢 淳 (担当:分担執筆, 範囲:半翅目昆虫の菌細胞内共生)
化学同人   2016年10月   
化学と生物 53(12)
中鉢 淳 (担当:分担執筆, 範囲:動物界で見つかった「新規オルガネラ」進化―アブラムシは細菌から獲得した遺伝子を発現し, 産物タンパク質を共生細菌へ輸送する―)
日本農芸化学会   2015年12月   
難培養微生物研究の最新技術Ⅲ―微生物の生き様に迫り課題解決へ―
中鉢 淳 (担当:分担執筆, 範囲:農業害虫の生存を支えるオルガネラ様共生細菌)
シーエムシー出版   2015年8月   
アブラムシ研究会ニュースレター 8
岡村恵子、中鉢淳 (担当:分担執筆, 範囲:ギカダイでの昆虫研究)
アブラムシ研究会   2015年6月   
Toyohashi University of Technology e-Newsletter 16
中鉢 淳 (担当:分担執筆, 範囲:Innovative research with potential for pest control: Evolution of a novel organelle in Animalia)
Toyohashi University of Technology   2014年   
科研費NEWS 2014年度 4
中鉢 淳 (担当:分担執筆, 範囲:動物で見つかった「新規オルガネラ」進化)
日本学術振興会   2014年   
Toyohashi University of Technology e-Newsletter 12
中鉢 淳 (担当:分担執筆, 範囲:Toxin-producing bacteria integrated into a pest insect)
Toyohashi University of Technology   2013年   
植物防疫
中鉢 淳 (担当:分担執筆, 範囲:新規防除法開発の標的としてのアブラムシ栄養共生系)
日本植物防疫協会   2012年2月   
アブラムシ研究会ニュースレター 2, 1
中鉢 淳 (担当:分担執筆, 範囲:ケミカルバイオロジー的手法による機能未知遺伝子の解析)
アブラムシ研究会   2012年   
アブラムシ研究会ニュースレター 2, 2
中鉢 淳 (担当:分担執筆, 範囲:国際アブラムシゲノム解析コンソーシアムの動向)
アブラムシ研究会   2012年   
マトリョーシカ型進化原理ニュースレター 2
中鉢 淳 (担当:分担執筆, 範囲:オルガネラ様共生体に輸送される宿主動物由来タンパク質の機能解析)
新学術領域研究 「マトリョーシカ型進化原理」   2012年   
日本ゲノム微生物学会 ニュースレター 2
中鉢 淳 (担当:分担執筆, 範囲:オルガネラ化する昆虫共生細菌たち)
日本ゲノム微生物学会   2010年   
日本進化学会ニュース 11(2)
中鉢 淳 (担当:分担執筆, 範囲:ゲノムから見る微生物進化)
日本進化学会   2010年   
Insect Symbiosis vol. 3
中鉢 淳 (担当:分担執筆, 範囲:Mutualism revealed by symbiont genomics and bacteriocyte transcriptomics.)
Taylor and Francis   2008年10月   
微生物の事典
中鉢 淳 (担当:分担執筆, 範囲:昆虫共生微生物によるビタミン類の供給)
朝倉書店   2008年9月   
化学と生物 45 (4)
中鉢 淳 (担当:分担執筆, 範囲:縮小する昆虫細胞内共生細菌のゲノム:オルガネラへの進化)
日本農芸化学会   2007年   
科学 77 (4)
中鉢 淳 (担当:分担執筆, 範囲:昆虫に共生する細菌がもつ極小ゲノムの驚き:"オルガネラ化"を目撃 しているのだろうか?)
岩波書店   2007年   
難培養微生物研究の最新技術
中鉢淳、石川統 (担当:分担執筆, 範囲:昆虫の細胞内共生微生物)
シーエムシー出版   2004年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
単為生殖虫を標的としたゲノム編集法の確立とそれに基づく昆虫細胞内共生系の基盤解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 中鉢 淳
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 中鉢 淳
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 中鉢 淳
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 中鉢 淳
共生器官bacteriomeを対象とした転写産物解析等により、キジラミ-カルソネラの2種間共生関係、プロフテラを含めた3種間関係の維持に関わると目される宿主遺伝子群について各種情報を得、動物-細菌間共生系の維持機構について重要な示唆を得た。また、ミカンキジラミのカルソネラ及びプロフテラのゲノム解析により、カルソネラのゲノム進化について新たな知見を得るとともに、プロフテラが、これまでの常識を覆す新規防衛共生体であることを見出した。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 中鉢 淳
アブラムシは血体腔内の菌細胞に、垂直感染を繰返しゲノムサイズも縮小するなど、なかばオルガネラ化した共生細菌、Buchneraを多数収納している。本研究では宿主側のBuchneraに対するはたらきかけを知ることで、共生系の存立基盤の解明をめざす。この目的のため、今年度はキャップトラッパー法を用いて菌細胞cDNAライブラリーを構築、宿主発現遺伝子群の網羅的解析(EST解析)を開始した。また同時に、Buchnera増殖の制御因子を得るための予備実験として、有翅虫と無翅虫におけるBuchneraの...