Yuichiro Shirai

J-GLOBAL         Last updated: Sep 19, 2019 at 10:06
 
Avatar
Name
Yuichiro Shirai
E-mail
y-shirainms.ac.jp
Affiliation
Nippon Medical School
Research funding number
70528801

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
-
 
Apr 2019
 - 
Today
Assistant Professor, Department of Allergy and Rheumatology, Nippon Medical School Graduate School of Medicine
 
Feb 2015
 - 
Mar 2019
instructor, Department of Allergy and Rheumatology, Nippon Medical School Graduate School of Medicine
 
Sep 2013
 - 
Feb 2015
Post doctoral fellow, Division of Rheumatology, Medical University of South Carolina
 
Apr 2012
 - 
Aug 2013
instructor, Division of Rheumatology, Keio University School of Medicine
 

Education

 
Apr 2007
 - 
Mar 2011
Keio University Graduate School of Medicine
 
Apr 1997
 - 
Mar 2003
School of Medicine, Keio University
 

Published Papers

 
Fukue R, Takeno M, Miyamoto D, Shirai Y, Nagahama K, Shimizu A, Kuwana M
International journal of rheumatic diseases   22(5) 956-958   May 2019   [Refereed]
Kadota H, Gono T, Shirai Y, Okazaki Y, Takeno M, Kuwana M
Current rheumatology reports   21(4) 10   Feb 2019   [Refereed]
Yasuoka H, Shirai Y, Tamura Y, Takeuchi T, Kuwana M
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   82(2) 546-554   Jan 2018   [Refereed]
IQGAP1 Mediates α-Smooth Muscle Actin Expression and Enhances Contractility of Lung Fibroblasts.
Akter T, Atanelishvili I, Shirai Y, Garcia-Martos A, Silver RM, Bogatkevich GS.
Rheumatology : Current Research      2018   [Refereed]

Misc

 
形質細胞様樹状細胞がTLR8を介して強皮症の病態を促進する
白井 悠一郎
リウマチ科   61(5) 481-487   May 2019
【第6回肺高血圧症ワールドシンポジウム-併用療法-】State of the Art(第6回) 肺高血圧症ワールドシンポジウム 併用療法 膠原病に伴う肺高血圧症
白井 悠一郎
Pulmonary Hypertension Update   5(1) 37-45   May 2019
これまでの肺動脈性肺高血圧症(PAH)を対象とした選択的肺血管拡張薬の大規模臨床試験の成績をもとに、リスク分類に応じた治療アルゴリズムが発表された。2018年ニース会議で提唱された治療アルゴリズムは、限定された症例を除き、初期からの併用療法が推奨されている。膠原病(CTD)に伴うPAHの単独の選択的肺血管拡張薬の有効性についてのエビデンスはほぼ皆無だが、原則は特発性PAHと同じ治療アルゴリズムに従うことが推奨されている。AMBITION試験では、初期からの併用療法はCTD-PAHにおいても...
【第6回肺高血圧症ワールドシンポジウム-併用療法-】
田村 雄一, 白井 悠一郎, 杉村 宏一郎, 須田 理香, 谷口 悠
Pulmonary Hypertension Update   5(1) 12-21   May 2019
IPFの治療薬nintedanibの強皮症治療薬としての可能性
白井 悠一郎
リウマチ科   60(5) 534-539   Nov 2018
【リウマチ性疾患の診療ガイドライン・推奨のupdate】 全身性強皮症の治療に関するEULAR recommendations
白井 悠一郎
リウマチ科   59(4) 374-380   Apr 2018

Conference Activities & Talks

 
Risk stratification in CTD-PAH
Yuichiro Shirai
1st East Asia Society of Pulmonary Hypertension   12 Apr 2019   
アダリムマブ中止後にMycobacterium aviumによる皮膚潰瘍が増悪した関節リウマチの一例
磯村 洋平, 渡邊 普二, 白井 悠一郎, 小林 政司, 五野 貴久, 岳野 光洋, 桑名 正隆
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2019   
強皮症-3 強皮症(SSc)における食道機能と関連した臨床特徴の解析
白井 悠一郎, 桑名 正隆
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2019   
強皮症-3 強皮症関連間質性肺疾患における経時的な胸部筋量変化の解析
名和田 隆司, 白井 悠一郎, 桑名 正隆
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2019   
多発性筋炎・皮膚筋炎-4 同時性重複癌を有する悪性腫瘍関連筋炎の臨床的検討
櫻庭 未多, 門田 寛子, 五野 貴久, 山口 由衣, 渡邉 萌理, 岡崎 有佳, 渡邊 晋二, 白井 悠一郎, 小林 政司, 岳野 光洋, 寺井 千尋, 桑名 正隆
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Mar 2019   

Patents

 
特願WO2017019454A2 : Identification of novel anti-fibrotic peptide in c-terminal region of the met receptor tyrosine kinase
Yuichiro Shirai