基本情報

所属
九州大学 大学院 比較社会文化研究院 准教授
日本国際問題研究所 客員研究員
平和・安全保障研究所 研究委員
Yahoo! JAPANニュース 公式コメンテーター
日本経済新聞 Think! エキスパート
学位
博士(学術)(東京大学)

研究者番号
90465386
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-0619-8201
J-GLOBAL ID
200901054843412069
researchmap会員ID
1000367723

中国の対外関係や海洋政策を研究している。東京大学教養学部教養学科国際関係論コース卒業、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了、博士(学術)。2021年11月に第17回中曽根康弘賞優秀賞を受賞。

エズラ・F・ヴォーゲル教授研究助手などを経て、2008年10月より九州大学大学院比較社会文化研究院准教授。2021年4月より日本国際問題研究所客員研究員、6月より平和・安全保障研究所研究委員を兼任。2019年に中国社会科学院・外交学院訪問学者、2014年〜2015年にハーバード大学イエンチン研究所協働研究学者。

主な著作に、『中国の行動原理:国内潮流が決める国際関係』(単著、中公新書、2019年)、『中国政治外交の転換点:改革開放と「独立自主の対外政策」』(単著、東京大学出版会、2010年)、『中国外交史』(共著、第一著者、東京大学出版会、2017年)、『日中関係史:1500年の交流から読むアジアの未来』(エズラ・F・ヴォーゲル著、単訳、日本経済新聞出版社、2019年)、『現代中国の父 鄧小平』(エズラ・F・ヴォーゲル著、共訳、日本経済新聞出版社、2013年)などがある。英語・中国語でも研究活動を行っている。

現在は『週刊東洋経済』と『毎日新聞』に定期的にコラムを執筆している。


益尾知佐子,东京大学博士,现为九州大学(日本福冈市)比较社会文化研究院副教授。她获得第17届中曾根康博奖优秀奖(2021年)。曾担任哈佛燕京学社共同研究学者(和傅高义教授合作,2014-15年)、中国社科院以及外交学院访问学者(2019年)。1996-97年和2001-02年,她在北京大学国际关系学院进修,研究东亚国际政治以及中国对外政策。主要著书包括:《中国的行动原理:国内潮流所决定的国际关系》(2019年,中公新书);《中国政治外交的转折点》(2010年,东京大学出版社);《中国外交史》(2017年,东京大学出版社,合著)。她也是傅高义《中国和日本》《邓小平时代》的日文版译者。中国老朋友们习惯叫她 “苏琪”。


委員歴

  25

主要な論文

  45

主要なMISC

  117

主要な書籍等出版物

  25

主要な講演・口頭発表等

  166

主要な共同研究・競争的資金等の研究課題

  38

学術貢献活動

  33

社会貢献活動

  20

メディア報道

  71