梶川 瑞穂

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/27 18:54
 
アバター
研究者氏名
梶川 瑞穂
 
カジカワ ミズホ
URL
https://www.shoyaku.ac.jp/research/laboratory/kanmen/top
所属
昭和薬科大学
部署
薬学部
職名
講師
学位
博士(理学)(総合研究大学院大学)
科研費研究者番号
00464389
ORCID ID
0000-0002-8259-0870

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
昭和薬科大学 薬学部 講師
 
2012年10月
 - 
2016年3月
昭和薬科大学 薬学部 助教
 
2009年4月
 - 
2012年9月
独立行政法人理化学研究所 免疫・アレルギー科学総合研究センター 研究員
 
2006年10月
 - 
2009年3月
九州大学 生体防御医学研究所 学術研究員
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2006年9月
総合研究大学院大学 先導科学研究科 生命体科学専攻
 
2001年4月
 - 
2003年3月
静岡大学 大学院 理工学研究科 生物地球環境科学専攻
 
1997年4月
 - 
2001年3月
静岡大学 理学部 生物地球環境科学科
 

論文

 
Fukuhara H, Ito Y, Sako M, Kajikawa M, Yoshida K, Seki F, Mwaba MH, Hashiguchi T, Higashibata MA, Ose T, Kuroki K, Takeda M, Maenaka K
Viruses   11(8)    2019年8月   [査読有り]
Ishido S, Kajikawa M
Immunogenetics   71(3) 197-201   2019年3月   [査読有り]
Kajikawa M, Ose T, Fukunaga Y, Okabe Y, Matsumoto N, Yonezawa K, Shimizu N, Kollnberger S, Kasahara M, Maenaka K
Nature communications   9(1) 4330   2018年10月   [査読有り]
Shima H, Masuda S, Date Y, Shino A, Tsuboi Y, Kajikawa M, Inoue Y, Kanamoto T, Kikuchi J
Nutrients   9(12)    2017年12月   [査読有り]
Kuroki K, Wang J, Ose T, Yamaguchi M, Tabata S, Maita N, Nakamura S, Kajikawa M, Kogure A, Satoh T, Arase H, Maenaka K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   111(24) 8877-8882   2014年6月   [査読有り]

Misc

 
梶川瑞穂, 笠原正典
医学のあゆみ   265(4) 253‐258   2018年4月
梶川瑞穂, 高橋勇人, 楠陽輔, 加藤功也, 嶋秀明, 井上能博, 石戸聡
日本生体防御学会学術総会講演抄録集   28th 44   2017年
小泉龍士, 嶋秀明, 梶川瑞穂, 井上能博, 石戸聡, 石戸聡
Pharmaco-Hematologyシンポジウム講演要旨集   17th 55   2016年9月
尾瀬農之, 黒木喜美子, 山口宗親, 田畑栄一, 真板宣夫, 梶川瑞穂, 中村聖子, WANG Jing, 佐藤毅史, 荒瀬尚, 前仲勝実
物構研サイエンスフェスタ要旨集   3rd 79   2015年
藏本彩, 梶川瑞穂, 木村美奈子, 嶋秀明, 井上能博, 石戸聡
BMB2015   1P0446 (WEB ONLY)-kjmz   2015年

書籍等出版物

 
南江堂   2018年1月   ISBN:4524403515
植田正, 前仲勝実 (担当:分担執筆)
南江堂   2012年9月   ISBN:4524402969
南江堂   2007年10月   ISBN:4524402462

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 梶川 瑞穂
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 梶川 瑞穂
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 梶川 瑞穂
平成25年度は「組換えMIRおよびMHC-Iの調製」および「人工脂質二重膜構造体:ナノディスクの調製」を行った。「組換えMIRおよびMHC-Iの調製」については、既に組換えMIR1タンパク質(膜貫通領域および細胞外領域)の作製方法が確立していることから、今年度はMIR1の基質となる免疫受容体MHC-Iの組換えタンパク質の調製を行った。MHC-Iの膜貫通領域およびその近傍をコードするcDNAを発現ベクターに組み込み、大腸菌株に遺伝子導入することで、MHC-Iを封入体として大量発現させ、Niア...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 梶川 瑞穂
カポジ肉腫関連ヘルペスウイルスの膜型ユビキチンリガーゼMIRは、免疫受容体をユビキチン化しリソソーム分解へと誘導する免疫回避分子である。本研究ではMIRによる免疫受容体認識の詳細な解明を試み、MIRが膜貫通領域および細胞外領域の二点で免疫受容体を認識することを発見した。分子基盤を解明するため、NMRによる構造決定を目的としたMIRの膜貫通領域および細胞外領域の大腸菌発現系構築と精製・可溶化法の開発を行った。