共同研究・競争的資金等の研究課題

2015年4月 - 2017年3月

グローバル人材養成につながるICTを活用した国際連携交流型教育モデルの検証

日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
  • BYSOUTH DON
  • ,
  • 池田 佳子

課題番号
15K12908
配分額
(総額)
2,210,000円
(直接経費)
1,700,000円
(間接経費)
510,000円

本研究はCOIL(Collaborative Online International Learning)を日本の高等教育機関でも試行的に実践し、その効果を検証した。本研究の研究分担者の所属大学では、KU-COIL(関西大学COIL)として、2014年から試行的に遠隔会議ツールなどを用いた活動を展開してきた(ホームページを参照のこと)。本研究では、定期的に開講されるCOIL科目の履修学生らの成果検証に取組み、どのような検証の手法が最も適応性があるのかを考察した。これらの検証により、日本国内の高等教育機関におけるCOILの正規カリキュラム化の現実性と課題を明らかにすることができた。

リンク情報
MISC
Transformative Learning and Critical Thinking in Japanese Higher Education
MISC
Cross-cultural epistemic displays in technologically mediated interactions.
Kaken Url
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-15K12908/15K12908seika.pdf
ID情報
  • 課題番号 : 15K12908
  • MISCの業績ID : 24511325
  • MISCの業績ID : 24511326