基本情報

所属
国立国語研究所 日本語教育研究領域 研究員
学位
博士(早稲田大学)
Master of Arts(Universtiy ofWisconsin -Madison)

研究者番号
40311146
J-GLOBAL ID
201101096597390290

これまで様々なタイプの外国人の方々にお会いし,限られた時間のなかで貴重なお話,心を揺さぶるようなエピソードを伺う機会を得てきました。その一方で,自分たちはデータとして扱われたくない,いったい研究がなんの役に立つのか,といった厳しい声も伺ってきました。このような経験を重ねるにつれ,日本語教育は単なる言語スキルの教育ではなく外国人の自己実現や日本社会の共生という社会的な要請に深く結びついた分野であること,そして,研究者は常に生身の人間に対していることを忘れるべきではないと考えるようになりました。この経験を決して忘れることなく,研究者として真摯に研究活動に取り組んでまいります。

【現在の研究テーマ】
在日外国人の多言語使用―在日パキスタン人の事例を中心に―:
現代社会は,ヒト,資本,情報が地域や国境といった境界を越えて行き来し,社会のさまざまな局面において多様性や流動性が生み出されているグローバリゼーションの時代です。しかし,日本では社会の多言語性が意識されたのはそれほど古いことでなく,移民が多い欧米,アメリカ,オーストラリアに比べると,多言語使用に関する研究はまだまだ歴史が浅いと言われています。そのなかで,自営業者として,イスラーム教徒として活発な社会活動を展開しているパキスタンの人たちに着目し,多言語話者である彼らはどのような生活を営み,言語を使用しているのかを社会言語学,経済学,文化人類学等の他領域の研究者と協働しそれぞれの領域の知見を活用しつつ明らかにしてきます。そして,最終的にはグローバル時代における日本語教育と日本語の役割について新たな知見を提供することを目指します。

書籍等出版物

  4

論文

  29

Works(作品等)

  6

MISC

  10

共同研究・競争的資金等の研究課題

  11

講演・口頭発表等

  72

その他

  1
  • 教歴 
    跡見女子学園大学非常勤講師 東京女子大学非常勤講師 定住外国人親子に対する日本語指導者養成講座(玉川大学) 国際協力機構「ウクライナ日本語コース運営管理」 国立国語研究所日本語教育上級研修・プロジェクト研修 政策研究大学院大学連携准教授 島根大学非常勤講師(集中講義) 金沢工業大学特別研究員・非常勤講師 金沢学院大学非常勤講師 金沢大学非常勤講師