Takao Gunji

J-GLOBAL         Last updated: Mar 18, 2019 at 13:36
 
Avatar
Name
Takao Gunji
E-mail
gunjishoin.ac.jp
Research funding number
10158892

Academic & Professional Experience

 
2008
 - 
Today
President, Kobe Shoin Women's University
 
1999
 - 
Today
Professor of Linguistics, Kobe Shoin Women's University
 
Apr 1997
 - 
Mar 1999
Professor, Faculty of Language and Culture, Osaka University
 
Apr 1989
 - 
Mar 1997
Associate Professor, Graduate School of Language and Culture, Osaka University
 
Apr 1984
 - 
Mar 1989
Associate Professor, Faculty of Language and Culture, Osaka University
 

Published Papers

 
Semantics of hanbun (`half')
Takao Gunji
TheorTheoretical and Applied Linguistics at Kobe Shoin   (22) 15-23   Mar 2019
Does otagai kataomoi (`(lit.) love each other unilaterally') mean ryoomoi (`love each other mutually)?
GUNJI Takao
(21) 11-22   Mar 2018
郡司 隆男
トークス = Theoretical and applied linguistics at Kobe Shoin : 神戸松蔭女子学院大学研究紀要言語科学研究所篇   (20) 13-34   Mar 2017
「知りたくなかった」のような表現の解釈には、「知りたい」を直接否定する解釈と、「知っている」の否定を好む解釈の2 通りがあり、あたかも否定辞のスコープに曖昧性があるかのように見える。本稿の目的は、このような現象について、それはあくまでも見かけ上の曖昧性であり、構成的意味論によって、そのような解釈は説明可能であることを明らかにすることである。疑問文埋め込み文をとる「知っている」のような動詞の意味論と埋め込み疑問文の意味論を形式的に記述し、それと「~たい」の意味論との相互作用で、上記の見かけ上...
郡司 隆男
トークス = Theoretical and applied linguistics at Kobe Shoin : 神戸松蔭女子学院大学研究紀要言語科学研究所篇   (18) 13-24   Mar 2015
本稿は、日本語のコピュラ「だ」を含む文の性質について論じる。この構文についてはすでに先行研究が多くあるが、従来の措定文と指定文との区別を踏まえて、それぞれの構文に対して、Montague による英語のbe 動詞の分析を応用した、形式意味論的表示を与える。コピュラと日本語の助詞「が」と「は」の意味論の相互作用により、「だ」を含む文の区別が適切につけられることを論じる。In this article, I will discuss the property of Japanese senten...
郡司 隆男
Theoretical and applied linguistics at Kobe Shoin : トークス   12 1-12   Mar 2009
必ずしも言語に関係する分野を専門に勉強するわけではない大学の1、2 年生に生成文法を教える場合に気をつけることをまとめた。科学が共通にもつ特質である、論理的な物の考え方、経験的根拠に基づいた論証の重要性を具体的に解説する必要がある。また、言語は、規則性、再現性、普遍性などの自然界に共通に見られる性質をもつことを強調し、人間の言語としての共通性を認識してもらうようにする。最後に、「生成文法」という考え方が、言語のもつこれらの性質の研究法の一つとして、今のところ成功をおさめていることを示す必要...
郡司 隆男
GENGO KENKYU (Journal of the Linguistic Society of Japan)   1986(90) 202-217   1986

Misc

 
GUNJI Takao
Kirisutokyo Ronso : bulletin of the Institute for Research of Christian Culture   40 1-2   Mar 2009
GUNJI Takao
Cognitive Studies   1(1) 1_31-1_42   1994
In this overview, we will review the past paths of development of linguistic theories, particularly those in the so-called generative tradition of grammar, and attempt to foresee the natural consequences of these in the near future.<br>After more ...
GUNJI TAKAO
IPSJ Magazine   32(10) 1059-1069   Oct 1991
Gunji Takao
The bulletin of the International Institute for Linguistic Sciences Kyoto Sangyo University   12 111-119   Mar 1991
GUNJI TAKAO
IPSJ Magazine   30(10) 1176-1181   Oct 1989
GUNJI Takao
IPSJ Magazine   27(8) 868-875   Aug 1986
GUNJI TAKAO
IPSJ Magazine   26(10) 1148-1156   Oct 1985
Takao Gunji
コンピュータソフトウェア = Computer software   1(2) 122-130   Jul 1984