椿 広計

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/18 14:55
 
アバター
研究者氏名
椿 広計
 
ツバキ ヒロエ
所属
独立行政法人統計センター
職名
理事長
学位
工学博士(東京大学)
その他の所属
筑波大学統計数理研究所

プロフィール

応用統計家
公的統計の実務に携わっています。公的統計ミクロデータとアカデミアとを繋ぐ事にも関心があります。
品質管理、医薬品許認可、環境計測、ビジネス科学などの諸領域で科学の文法としての統計的方法の普及啓発に努めています。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
総合研究大学院大学 名誉教授
 
2015年11月
 - 
現在
統計数理研究所 名誉教授
 
2015年4月
 - 
現在
独立行政法人統計センター 理事長
 
2013年4月
 - 
現在
筑波大学 名誉教授
 
2013年4月
 - 
2015年3月
名古屋大学 医学部 客員教授
 
2012年12月
 - 
2015年3月
筑波大学 ビジネス科学研究科 客員教授
 
2010年4月
 - 
2015年3月
統計数理研究所 副所長
 
2007年12月
 - 
2015年3月
統計数理研究所 データ科学研究系 教授
 
2005年4月
 - 
2013年3月
統計数理研究所 リスク解析戦略研究センター センター長
 
2005年4月
 - 
2012年11月
筑波大学大学院 ビジネス科学研究科国際経営プロフェッショナル専攻 教授
 
2005年4月
 - 
2007年11月
統計数理研究所 リスク解析戦略研究センター 特任教授
 
2006年9月
 - 
2007年7月
筑波大学大学院 ビジネス科学研究科 国際経営プロフェッショナル専攻長
 
2004年4月
 - 
2005年3月
筑波大学大学院ビジネス科学研究科・経営システム科学専攻 教授
 
2004年4月
 - 
2005年3月
筑波大学大学院 ビジネス科学研究科 経営システム科学専攻長,専門職大学院設立準備室長
 
2000年9月
 - 
2004年3月
筑波大学 社会工学系 教授
 
1997年4月
 - 
2000年9月
筑波大学社会工学系 助教授
 
1987年4月
 - 
1997年3月
慶応義塾大学理工学部数理科学科 講師
 
1993年8月
 - 
1995年3月
慶応義塾大学臨時施設MEGA Studyデータセンター 所長
 
1982年4月
 - 
1987年3月
東京大学工学部 助手
 

受賞

 
2012年11月
経営情報学会 AIS関連国際発表奨励賞 PACIFIC ASIA CONFERENCE ON INFORMATION SYSTEMS 2012での発表論文
受賞者: 角埜恭央、椿広計
 
受賞形態: 個人、国内外区分: 国内の賞、専門分野: 経営情報学
2010年8月
日本統計学会 日本統計学会統計活動賞 リスクNOE形成と工業標準化国際規格開発
 
受賞形態: 個人、国内外区分: 国内の賞、専門分野: 統計科学
2009年11月
日本経済新聞社 日経品質管理文献賞 設計科学におけるタグチメソッド(日科技連出版),2008が受賞
受賞者: 椿 広計、河村敏彦
 
受賞形態: 個人、国内外区分: 国内の賞、専門分野: 品質管理
2008年10月
経済産業省 工業標準化事業表彰経済産業大臣表彰 統計、品質管理、環境管理分野での標準化事業に対する貢献
 
受賞形態: 個人、国内外区分: 国内の賞、専門分野: 標準化
1995年7月
社団法人計測自動制御学会 論文賞・蓮沼賞
受賞者: 花泉弘、藤村貞夫、椿 広計
 
1990年4月
社団法人日本リモートセンシング学会 奨励賞
 
1989年10月
社団法人日本品質管理学会 論文奨励賞
受賞者: 宮川雅巳 椿 広計
 

論文

 
岡檀, 山内慶太, 椿広計
日本社会精神医学会雑誌   26(3) 246‐247   2017年8月
椿広計, 椿広計
標準化と品質管理   70(6) 2‐5   2017年6月
岡 檀, 久保田 貴文, 椿 広計, 山内 慶太, 有田 幹雄
日本公衆衛生雑誌   64(1) 36-41   2017年
<p>目的 筆者らは先行研究において,日本全体における地形および気候と自殺率との関係を分析した。自殺希少地域は,海沿いの平坦な土地で,人口密度が高く,気候の温暖な地域に多いという傾向が示された。これに対し自殺多発地域は,傾斜の強い山間部で,過疎状態にあり,気温が低く,冬季には積雪のある市区町村に多いという傾向が示された。</p><p> 本研究では和歌山県市町村の地理的特性と自殺率との関係を,筆者らの先行研究により得た知見に照らし検証する。また,旧市町村と現市町村の分析結果をそ...
椿 広計
統計   67(9) 38-43   2016年9月
椿 広計
科学教育研究   40(2) 119-126   2016年6月
After mathematical modelling processes along "the Grammar of Science" by Karl Pearson and its extensions as PDCA cycle and PPDAC cycle for general problem solution are explained to clarify the significance and role of mathematical sciences, some i...
打矢隆司、椿 広計、木野泰伸
品質   46(2) 195-207   2016年4月   [査読有り]
椿 広計, 堀 芳樹
行動計量学 = The Japanese journal of behaviormetrics   43(1) 13-20   2016年3月
椿 広計
応用統計学   44(1) 17-30   2015年10月
本フォーラムは,ビジネスのアウトプットを 幾つかの入力変数で説明する入出力システムモデル,すなわち支配法則を 形成する際に必要な基本的視点を議論する.このために, 日本の財務多変量データ解析を事例として用いる.先ず, 労働生産性のような単純な比例関係に誤差が含まれる形で ビジネスの静的法則が記述されることを紹介する. 次に,その法則は適切な分類を通じて正当化されることに注意する. 更に,動的法則の記述のためには,入出力の適切な差分に対して構造を 計量するのが簡便な接近であることを示す.一方...
佐藤 彰洋, 椿 広計
統計   66(9) 32-38   2015年9月
BENTON Caroline, 永井 裕久, 椿 広計
横幹   9(1) 5-13   2015年4月
關真美, 椿広計
医療情報学   34(6) 293-304   2015年2月   [査読有り]
打矢 隆司, 椿 広計, 木野 泰伸
品質   45(1) 98-115   2015年1月   [査読有り]
ソフトウェア開発を成功させる上で,工数・工期・欠陥率(以降QCDと略す)の計量的な管理は最も重要なこととされている.しかしQCDは多様な要因に左右され,測定が容易な数少ない要因だけで推定することは難しい.先行研究では開発規模に加えてプログラム言語,アーキテクチャ等の層別因子や,開発の複雑度要因を説明変数とした,単一方程式モデルで表現される重回帰モデルでQCDの各々を推定してきた.本論文では連立方程式モデルの適用により,従来の重回帰モデルでは明らかにできなかった,QCD相互間のトレードオフ構...
Takashi Hasuike,Hideki Katagiri,Hiroe Tsubaki,Hiroshi Tsuda
2015 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, Kowloon Tong, Hong Kong, October 9-12, 2015   2672-2677   2015年   [査読有り]
Takashi Hasuike,Hideki Katagiri,Hiroe Tsubaki
19th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems, KES 2015, Singapore, 7-9 September 2015   994-1003   2015年   [査読有り]
Takashi Hasuike,Hideki Katagiri,Hiroe Tsubaki
Proceedings of the Complex Adaptive Systems 2015 Conference, San Jose, CA, USA, November 2-4, 2015   32-37   2015年   [査読有り]
Oka, Mayumi Wakayama Medical Univ., Kubota, Takafumi Tama Univ., TSubaki, Hiroe ISM, Yamauchi, Keita Keio Univ.
Psychiatry and Clinical Neurosciences   69(2)    2014年12月   [査読有り]
Hasike, Takashi Osaka Univ., Katagiri, Hideki Hiroshima Univ., Tsubaki, Hiroe ISM, Tsuda, Hiroshi Doshisya Univ.
International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2014   169-179   2014年12月   [査読有り]
Sightseeing route planning problem by electric vehicle on the Time-Expanded Network
Hasuike, Takashi Osaka Univ., Katagiri, Hideki Hiroshima Univ., Tsubaki, Hiroe ISM, Tsuda, Hiroshi Dohisya Univ.
2014 IEEE 7th International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IWCIA)   147-152   2014年11月   [査読有り]
Hasuike, Takashi Osaka Univ., Katagiri, Hideki Hiroshima Univ., Tsubaki, Hiroe ISM, Tsuda, Hiroshi Doshisya Univ.
2014 IEEE International Conference onSystems, Man and Cybernetics (SMC),   188-193   2014年10月   [査読有り]
佐藤恵子, 岩崎学, 菅波秀規, 佐藤俊哉, 椿広計
計量生物学   35(1) 37-53   2014年8月   [査読有り]
岡檀, 久保田貴文, 椿広計, 山内慶大
厚生の指標   61(8) 8-13   2014年8月   [査読有り]
椿 広計
システム/制御/情報 : システム制御情報学会誌   58(7) 282-287   2014年7月   [招待有り]
椿 広計
横幹   8(1) 32-35   2014年
The author clarifies the position of mathematical sciences in trans-disciplinary sciencesand technologies after he reviews typical roles of classical mathematical sciences as the method offluxions by Newton and historical efforts to explain mathem...
川崎 茂, 椿 広計
横幹   8(1) 22-27   2014年
The authors review the historical and current perspectives of development, applicationand its supporting communities of statistics particularly in the field of official statistics, biometrics,psychometrics and technometrics to clarify their simila...
Hideki Katagiri,Takeshi Uno,Kosuke Kato,Hiroshi Tsuda,Hiroe Tsubaki
Int. J. Machine Learning & Cybernetics   5(2) 211-224   2014年   [査読有り]
Takashi Hasuike,Hideki Katagiri,Hiroe Tsubaki,Hiroshi Tsuda
JACIII   18(2) 190-196   2014年   [査読有り]
椿 広計
統計   64(10) 40-44   2013年10月
Takeshita Jun-ichi, Gamo Masashi, Kanefuji Koji, Tsubaki Hiroe
Journal of Math-for-Industry (JMI)   5 151-159   2013年10月
Here we prove the usefulness of the quantitative activity-activity relationship (QAAR) approach by giving an example of its practical application. To assess and manage chemical substances, experiments are often done on animals. However, in terms o...
使用済食用油のバイオ燃料化とリユースの地球温暖化へのライフサイクル影響評価:インドネシア国ボゴール市におけるケーススタディ
中野 勝行 産業環境管理協会, 藤田 晴啓 新潟国際大学, Susanto, Joko BPPT, Supriatna, Dadang BPPT, 奥原 浩之 大阪大学, 椿 広計 統計数理研究所
日本LCA学会誌   9(4) 315-323   2013年10月   [査読有り]
Tour Planning for Sightseeing with Time-Dependent Satisfactions of Activities and Traveling Times
Hasuike, Takashi Osaka Univ., Katagiri, Hideki Hiroshima Univ, Tsubaki, Hiroe ISM, Tsuda, Hiroshi Dohsisha Univ.
American Journal of Operations Research   3(3) 369-379   2013年5月   [査読有り]
椿 広計
統計   64(1) 53-57   2013年1月
椿 広計
日本リスク研究学会誌   23(1) 1-2   2013年
津田 博史, 多田 舞, 山本 俊樹, 一藤 裕, 曽根原 登, 椿 広計
情報知識学会誌   23(4) 442-451   2013年
 本研究の目的は,地域観光の政策実行主体である自治体やホテルなどの宿泊施設事業者が,データに基づいた合理的な観光政策,事業経営を実施するための情報収集・データ解析理論,方法を研究することである.本研究では,Webサイトから収集したホテル空室データや観光情報を用いて,日次で宿泊施設の稼働率を推定し,また,宿泊施設であるホテルの人気の要因を分析した.今回の研究目的の1つ目として,京都市の観光政策の経済波及効果を捉えるために,京都市内のホテルの客室稼働率を推定することとした.2つ目の目的として,...
Hideki Katagiri,Takeshi Uno,Kosuke Kato,Hiroshi Tsuda,Hiroe Tsubaki
Expert Syst. Appl.   40(2) 563-574   2013年   [査読有り]
蓮池 隆, 片桐 英樹, 椿 広計
オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学   57(10) 551-556   2012年10月   [招待有り]
近年広く一般的に使われるようになったソフトコンピューティングの中でも,その根幹をなすファジィ理論において,特に,ベイズ確率も含めた確率論では取り扱うことのできない局所的・限定的情報下での不確かさの存在を,3囚人問題を中心に議論し,不確かさを取り扱えるファジィ理論の必要性を示す.またファジィ理論で最も重要なメンバシップ関数の数理的保証を与えたモデリングについて,さまざまな側面から考察することでその妥当性と今後の理論的発展性について議論する.
椿広計
日本医療・病院管理学会誌   49 57-58   2012年9月
Structural relationships among software engineering capabilities in Japan
Kadono, Yasuo Tokyo Univ. of Technology, Hiroe, Tsubaki ISM
International Journal of Innovation and Learning   12 217-227   2012年8月   [査読有り]
情報・システム研究機構における公的統計二次利用の取組み
岡本 基 新領域融合研究センター, 椿 広計 統計数理研究所
ESTRELA(2012年1月号)   No.214 42-43   2012年1月
Hideki Katagiri,Takeshi Uno,Kosuke Kato,Hiroshi Tsuda,Hiroe Tsubaki
Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, SMC 2012, Seoul, Korea (South), October 14-17, 2012   727-732   2012年   [査読有り]
Takashi Hasuike,Hideki Katagiri,Hiroe Tsubaki,Hiroshi Tsuda
Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, SMC 2012, Seoul, Korea (South), October 14-17, 2012   715-720   2012年   [査読有り]
Yasuo Kadono,Hiroe Tsubaki
16th Pacific Asia Conference on Information Systems, PACIS 2012, Ho Chi Minh City, Vietnam, 11-15 July 2012   73   2012年   [査読有り]
Takashi Hasuike,Hideki Katagiri,Hiroe Tsubaki,Hiroshi Tsuda
FUZZ-IEEE 2012, IEEE International Conference on Fuzzy Systems, Brisbane, Australia, June 10-15, 2012, Proceedings.   1-6   2012年   [査読有り]
椿 広計
横幹   6(2) 87-89   2012年
Under so unique research and education environment in Japanese universities withoutdepartments of statistics, Japanese Society of Applied Statistics has been promoting and developingseveral types of application of advanced statistical methodology ...
An Extension of Risk Measures Using Non-Precise a-Priori Densities,
Kageyama, M. ISM, Fujii, T. Osaka Univ., Kanefuji, J. ISM, Tsubaki, H. ISM
Journal of Uncertain Systems,   5(4) 314-320   2011年8月   [査読有り]
Novel Mixture Model for Mixed Pixel Classification of Multispectral Image Data
Tomosada, M. Central research Institue of Electric Power Industry, Tsubaki, H. ISM
INTERNATIONAL JOURNAL OF MATHEMATICAL MODELS AND METHODS IN APPLIED SCIENCES,   5(1) 175-183   2011年5月   [査読有り]
石田 実, 西尾 チヅル, 椿 広計
行動計量学   38(1) 65-81   2011年3月
影山 正幸, 藤井 孝之, 金藤 浩司, 椿 広計
数理解析研究所講究録   1734 133-139   2011年3月
Masayuki Kageyama,Takayuki Fujii,Koji Kanefuji,Hiroe Tsubaki
American J. Computational Mathematics   1(3) 183-188   2011年   [査読有り]
Anton Romanov, Hiroe Tsubaki, Eiji Okamoto
情報処理学会論文誌   51(9) 1736-1749   2010年9月
The purpose of this paper is to propose a quantitative approach for the effective and efficient assessment of risks related to information security. Though there are already several other approaches proposed to measure information security (IS) re...
臨床評価と統計的方法
椿 広計 統計数理研究所
臨床評価   38(2) 261-268   2010年9月
椿広計
横幹   4(1) 6-13   2010年4月
A series of forums were held for discussing approaches to scientificmanagement from differentscientific viewpoints as accounting, risk management, strategic cost manegement and administrationengineering by TRAFST. The author summarizes issues of t...
松井 正之, 鈴木 久敏, 椿 広計, 大場 允晶, 伊呂原 隆
横幹   4(1) 2-5   2010年4月
This paper attempts to address our project toward higher management by the integrationof intelligence. There are a few pilot plans for our "Oukan" project beginning at 2010. This industryuniversitycooperation would produce the innovative/effective...
Estimation of the Error in Carbon Dioxide Column Abundances Retrieved from GOSAT Data
Tomosada, Mitsuhiro CRIEPI, Kanefuji, Koji ISM, Tsubaki, Hiroe ISM, Matsumoto, Yukio AIRIES, Yokota, Tatsuya NIES
Coping with Uncertainty, Lecture Notes in Economics and Mathematical Systems   633 259-277   2010年1月   [査読有り]
藤井 陽介 統計数理研究所, 柴山 和弘 武田バイオ開発センター株式会社, 藤田 利治 統計数理研究所, 椿 広計 統計数理研究所
薬剤疫学   14(2) 79-88   2009年12月   [査読有り]
角埜恭央, 椿広計, 鶴保征城
芝浦工業大学研究報告 人文系編(CD-ROM)   43(1) 155-159   2009年3月
椿広計
品質   39(1) 18-24   2009年1月
A series of educational quality assurance activities is introduced to develop management professionals in newly established Japanese professional graduate schools. The graduates should not get merely technical knowledge on management sciences but ...
椿 広計, 大野 忠士
計量生物学   29 S133-S141   2008年12月
The paper clarifies the importance of pre-analysis to identify the specific populations with extraordinary high or low risk before usual quantitative risk assessment model fitting. An illustrative example is shown to explain our idea and proposed ...
椿 広計, 森川 敏彦
計量生物学   29 S131-S132   2008年12月
Company Needs for Management Education in Japan
Tsubaki Hiroe ISM, Nagai Hirohisa Univ. Tsukuba, Benton Caroline Univ. Tsukuba, Shirta Yoshiko Univ. Tsukuba
Improving Quality of Management Education   37-59   2008年11月
寺嶋 正尚, 椿 広計
日本物流学会誌   (16) 185-192   2008年5月
椿 広計
エストレ-ラ   (169) 2-9   2008年4月
浅野 美代子, ユー K.W.マーコ, バッタチャリア ピィジュウシュ, 椿 広計
大東文化大学紀要. 社会科学・自然科学   46(0) A1-A11   2008年3月
This paper demonstrates the process of using the Web-Based Approach to Neural Networks and Liner Regression by working through the British TPI model. The Hybrid Approach to Neural networks and Linear Regression was proposed in 2003 as a solution t...
Kobari Tsuyoshi, Takeuchi Hisako, Iwaki Kazuo, Ishii Fumiyoshi, Tsubaki Hiroe, Matsuda Rieko, Hayashi Yuzuru, Yajima Takehiko
Journal of health science   54(1) 107-111   2008年2月   [査読有り]
The stochastic properties of the daily variations in drug sales at a community pharmacy in the season of 2004/2005 are studied by a factor analysis. The four factors which can closely be related to chronic diseases, common cold, influenza and alle...
天坂 格郎, 椿 広計, 山田 秀, 陶 広志
品質   38(1) 45-51   2008年1月
本報告では,開発設計における数値シミュレーション技術(CAE)の新たな課題"試作/実験による実機評価重視型"から"高信頼性CAE解析による予測評価重視型"を志向する開発設計プロセスの刷新に必要な"統計科学"の有効性について考究した.具体的には,"統計科学の横断性と設計科学への寄与"に視座し,自動車メーカーにおけるCAE解析に貢献した統計科学の研究事例の有様を考察し,開発設計のプロセス刷新に寄与する"高信頼性CAE解析システムアプローチ法"を提案し,その有効性を検証した.
椿広計
品質   38(1) 6-11   2008年1月   [招待有り]
Since the JSQC Research WGs "Simulation and SQC" were organized in 2003 under the leader-ship by late Mr. Akira Takahashi, the four WGs have been making systematic research activities to clarify the new statistical methodology and management activ...
The Grammar of Technology Development-Needs for a New Paradigm of Statistical Thinking
Tsubaki, Hiroe ISM
The Grammar of Techonolgy Development   15-22   2007年12月   [査読有り]
津本周作, 鷲尾隆, 宮本定明, 椿広計, 北川源四郎
人工知能学会誌   22(5) 630-632   2007年9月
椿広計
人工知能学会誌   22(5) 640-647   2007年9月   [招待有り]
統計科学の横断性と設計科学への寄与
椿 広計
横幹   1(1) 22-28   2007年4月   [査読有り]
Hiroe Tsubaki,Andrzej P. Wierzbicki
Creative Environments: Issues of Creativity Support for the Knowledge Civilization Age   217-231   2007年   [査読有り]
石橋 貞人, 椿 広計
日本経営工学会論文誌   57(4) 334-342   2006年10月   [査読有り]
人事制度において人事評定制度は,その重要性を増しているが人事評定において問題となるのが寛大化傾向などの評定誤差であり,その低減の方法の一つとして評定者訓練がある.本研究では,のべ116人の社会人が参加した評定者訓練の際に,(1)構造測定方程式モデルにより推定された評定誤差の定量的な分析結果,(2)評定者に評定誤差がみられるかどうかの判定,の2つについてフィードバックを行い,評定者訓練による評定誤差の改善効果と,評定者の評定誤差の改善効果についての実験的検証を行った.その結果,評定誤差がみら...
庄野 宏, 椿 広計
計量生物学   27(1) 35-53   2006年6月   [査読有り]
In the field of fish population dynamics, CPUE (catch per unit effort), defined as catch in number (or in weight) per fishing effort, is an important concept which is proportional to stock size. Because there are many areas without any operation i...
山田雄二, 飯田愛実, 椿広計
統計数理   54(1) 57-78   2006年6月   [査読有り]
角埜 恭央, 椿 広計
経営情報学会誌   14(4) 69-83   2006年3月   [査読有り]
椿 広計
三田評論   0(1087) 22-30   2006年2月   [招待有り]
寺嶋 正尚, 椿 広計
日本物流学会誌   2006(14) 93-100   2006年
本研究の目的は、スーパーマーケットにおける欠品率を推定することである。中規模食品スーパーにおける実際のデータ (販売データ、コーザルデータなど) を用いて売上予測を行うと同時に、同予測値と在庫データを照合することで、商品レベルの欠品率 (=販売機会ロス) を推定した。なお需要予測の精度を改善するために、正規の線形回帰モデルではなく、売上数量にボアソン分布を想定した対数加法モデル (GAM) の当てはめを用いた。
戸谷 圭子, 西尾 チヅル, 椿 広計
マーケティングサイエンス   14(2) 21-38   2006年   [査読有り]
椿 広計
統計   56(10) 46-50   2005年10月
角埜 恭央, 椿 広計
経営情報学会誌   13(4) 69-86   2005年3月
永井 裕久, 椿 広計
経営行動科学   18(2) 145-153   2005年3月   [招待有り]
椿 広計
標準化ジャ-ナル   34(10) 3-7   2004年10月
牧 雅康, 沖 一雄, 椿 広計, 安岡 善文
日本リモートセンシング学会誌 = Journal of the Remote Sensing Society of Japan   24(2) 153-162   2004年6月   [査読有り]
安川 武彦, 椿 広計
計算機統計学   16(2) 133-156   2004年5月
格付けデータの隣接カテゴリーロジットモデルによる分析を報告するとともに,このモデルを使って比例性と線形性の仮定を検証した.格付けデータの分析には,これまで順序ロジットモデルや順序プロビットモデルが利用されることが多い.しかしながら,これらのモデルが前提とする比例性と線形性の仮定は検証されてこなかった.本論では,格付けの実務的論理に即した隣接カテゴリーロジットモデルの適用を試みるとともに,比例性の仮定と線形性の仮定の検証を行った.分析は,まず隣接カテゴリーロジットモデルを比例性と線形性を仮定...
椿 広計
計量生物学   24(0)    2004年1月

Misc

 
椿 広計
品質   16(3) 91-96   1986年7月
志村 健一, 椿 広計
品質   18(2) -HiroeTsubaki   1988年4月
椿 広計
品質   24(3)    1994年7月
荒川規矩男, 板倉弘重, 衣非おさむ, 北畠顕, 後藤由夫, 斎藤康, 沢田純一, 椿広計, 中村治雄
薬剤疫学的手法検討事業 平成6年度研究報告書 平成5-6年度総合研究報告書   5-46   1995年
茂木 浩介, 椿 広計, 栗原 雅直
臨床薬理 = JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS   27(1) 201-202   1996年3月
椿 美智子, 高井 勉, 牛田 一雄, 椿 広計
品質   28(3) 66-67   1998年7月
椿 広計
応用統計学   29(3) 157-164   2000年
椿 広計, 中山 健, 安田 誠之助
調査研究報告   0(107) 1-186   2002年3月
椿 広計
応用科学学会誌 = Journal of the Japanese Society of Applied Science   16(1) 48-49   2002年6月
椿 広計, 岩崎 正和
日本統計学会誌   32(3)    2002年12月
椿広計
統計数理研究所研究報告会報告集   2005 111-112   2006年3月
椹木 哲夫, 椿 広計
横幹   2(1) 54-56   2008年
椿 広計
横幹   4(1) 46-46   2010年
椿 広計
品質   40(2)    2010年4月
特集「臨床試験におけるベイズ流統計学の利用」巻頭言
椿 広計 統計数理研究所
臨床評価   38(2) 260   2010年9月
椿広計, 大西俊郎
冷凍食品の安全性確保のための微生物規格基準設定に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書   63-72   2011年
椿 広計
統計   62(2) 43-45   2011年2月
椿広計
レセプト等を利用した薬剤疫学データベース作成に関する研究 平成21-23年度 総合研究報告書   113P   2012年
椿広計, 大西俊郎
冷凍食品の安全性確保のための微生物規格基準設定に関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   53-71   2012年
椿広計
レセプト等を利用した薬剤疫学データベース作成に関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   1-7   2012年
椿 広計
標準化と品質管理   65(6) 44-48   2012年6月
解説 臨床試験に関する報告の不完全性
椿 広計 統計数理研究所
MMJ(毎日医学ジャーナル)   8(3) 1-6   2012年9月   [査読有り]
椿 広計
横幹   6(2) 87-89   2012年10月
椿 広計
標準化と品質管理   65(12) 83-87   2012年12月
椿広計
冷凍食品の安全性確保のための微生物規格基準設定に関する研究 平成22-24年度 総合研究報告書   89-92   2013年
椿広計
冷凍食品の安全性確保のための微生物規格基準設定に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   29-31   2013年
椿 広計
標準化と品質管理   66(6) 59-64   2013年6月
橋本 廸生, 井部 俊子, 椿 広計
日本医療・病院管理学会誌   50(3) 241-245   2013年7月
椿 広計
標準化と品質管理   66(12) 85-90   2013年12月
統計家のあるべき行動に関する日本計量生物学会の活動
椿 広計 統計数理研究所
臨床評価   41(4) 723-725   2014年2月
椿 広計
標準化と品質管理   67(6) 53-58   2014年6月
須江 雅彦, 丸山 優二, 椿 広計
三田評論   (1183) 10-25   2014年11月
新藤 久和, 椿 広計
標準化と品質管理   68(4) 39-49   2015年4月
椿 広計
品質   45(2)    2015年4月

書籍等出版物

 
本橋 豊
ぎょうせい   2015年4月   ISBN:4324099367
永井 裕久, キャロライン ベントン, 筑波大学グローバル人材開発リサーチユニット
白桃書房   2015年3月   ISBN:4561236430
石黒 真木夫, 椿 広計, 宮本 道子, 柳本 武美, 弥永 真生, 岡本 基 (担当:共著)
近代科学社   2014年8月   ISBN:4764904632
椿 広計, 岩崎 正和 (担当:共著)
朝倉書店   2013年1月   ISBN:4254128185
渡辺 美智子, 椿 広計 (担当:共著)
日科技連出版社   2012年12月   ISBN:4817194499
第2版現代数理科学事典 
椿 広計 統計数理研究所 (担当:分担執筆, 範囲:2.3一般化線形モデル)
2009年12月   
椿 広計, 河村 敏彦 (担当:共著)
日科技連出版社   2008年10月   ISBN:4817192852
Tsubaki Hiroe, Nishina Takeshi, Yamada Shu (担当:共編者)
シュプリンガージャパン   2008年1月   ISBN:4431752315
Creative Environments
Tsubaki, Hiroe, Wierzbicki, A.P. (担当:分担執筆, 範囲:Capter 9 Statistics for Creative Support)
2007年9月   
リスク学入門1
椿 広計 (担当:分担執筆, 範囲:第4章リスク解析とは何か)
岩波書店   2007年7月   
椿 広計
朝倉書店   2006年7月   ISBN:4254295642
ビジネス数理への誘い シリーズ ビジネスの数理第1巻
椿 広計 (担当:分担執筆, 範囲:第2章 「数理的方法の機能」,第3章 「ビジネスへのモデルアプローチ-ビジネスを科学にする手続き」,第6章1節 「さまざまな数理モデル」,第7章1節 「数理技術とその狙い」)
朝倉書店   2003年10月   
家計のミクロ統計分析
椿 広計,浅野美代子 (担当:分担執筆, 範囲:第2章「回帰分析の諸問題」)
統計情報センター   2002年4月   
生産管理用語辞典
椿 広計 (担当:分担執筆, 範囲:「クラスター分析」,「主成分分析」,「数量化1,2,3類」,「正準分析」,「多次元尺度構成」,「多変量解析」,「統計」,「統計解析」,「統計的方法」,「パス解析」)
日本規格協会   2002年3月   
地球環境データ-衛星リモートセンシング,データサイエンスシリーズ8
横田達也,椿広計 (担当:分担執筆, 範囲:第3章ADEOS/ILASデータ)
共立出版   2002年2月   
角埜恭央, 椿広計
筑波大学大学院経営システム科学   2002年   
P.Armitage, G.Berry (担当:共訳)
サイエンティスト社   2001年10月   ISBN:4914903806
ミクロ統計の集計解析と技法、講座ミクロ統計分析②
椿 広計 (担当:分担執筆, 範囲:5章3節「欠測値とその補完」,6章2節3項「S-plus」)
日本評論社   2000年9月   
ISO14000環境マネジメント便覧
椿 広計 (担当:分担執筆, 範囲:製品規格の環境配慮,環境マネジメント規格における用語と定義)
日本規格協会   1999年10月   
椿広計,藤田利治,佐藤俊哉 (担当:共編者)
朝倉書店   1999年10月   ISBN:4254321856
椿 広計 (担当:編者)
日本規格協会   1996年11月   ISBN:4542401618
中堅・中小企業のためのやさしい環境マネジメント-  正面から環境問題に取り組もう-,品質月間テキスト  265
椿 広計,山田雄一郎,中里興一 (担当:共著)
品質月間委員会   1996年10月   
計測の信頼性評価-トレー サビリティと不確かさ解析
椿 広計 (担当:分担執筆, 範囲:2.3 B タイプの不確 かさとは)
1996年1月   
アルゴリズム辞典
椿 広計 (担当:分担執筆, 範囲:統計量の計算)
共立出版   1994年9月   
SBAと薬効評価
椿 広計 (担当:分担執筆, 範囲:第2章臨床統計解析に求められる課題)
薬事日報社   1994年7月   
QSセミナーテキスト「統計的方法」第3分冊
椿 広計 (担当:分担執筆, 範囲:第8章計数値データの解析)
日本規格協会   1994年7月   
藤村貞夫, 花泉弘, 喜安千弥, 奥村浩, 椿広計
藤村貞夫   1993年   
多変量解析事例集第1集
椿 広計 (担当:分担執筆, 範囲:数量化Ⅳ類と主座標分析)
日科技連出版社   1992年11月   
新薬臨床評価ガイドライン  1992
:内藤周幸、佐久間昭、佐藤登志郎、清水直容、砂川慶介、椿 広計、早川弘一、広津千尋、福富和夫、藤田利治、宮原英夫 (担当:分担執筆, 範囲:臨床試験の統計解 析に関するガイドライン)
薬事日報社   1992年11月   
Biometry Clinical trials and related topics
Ojima Yoshikazu,Tsubaki Hiroe and Fujita Toshiharu (担当:分担執筆, 範囲:Inter-clinical consistency of drug evaluations in multi-center trials)
1988年8月   
TQC用語辞典
椿 広計 (担当:分担執筆, 範囲:割引係数)
1985年1月   

講演・口頭発表等

 
佐藤彰洋, 西村正貴, 椿広計
情報科学技術フォーラム講演論文集   2017年9月5日   
佐藤彰洋, 西村正貴, 椿広計
統計関連学会連合大会講演報告集   2017年9月   
鈴木知道, 椿広計
統計関連学会連合大会講演報告集   2017年9月   
椿広計, 椿広計, 高橋克行, 田邊潔
日本品質管理学会研究発表会研究発表要旨集   2017年5月27日   
佐藤彰洋, 椿広計
情報処理学会全国大会講演論文集   2017年3月16日   
久保田貴文, 竹林由武, 椿広計
統計関連学会連合大会講演報告集   2016年9月   
佐藤彰洋, 椿広計
統計関連学会連合大会講演報告集   2016年9月   
石山一雄, 椿広計
統計関連学会連合大会講演報告集   2016年9月   
岡檀, 久保田貴文, 椿広計, 山内慶太, 有田幹雄
日本精神神経学会総会プログラム・抄録集   2016年   
佐藤彰洋, 佐藤彰洋, 椿広計
横幹連合コンファレンス(CD-ROM)   2015年12月5日   
林利弘, 椿広計, 大藤正
横幹連合コンファレンス(CD-ROM)   2015年12月5日   
椿広計
日本計算機統計学会シンポジウム論文集   2015年11月27日   
蓮池 隆, 片桐 英樹, 椿 広計, 津田 博史
日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集   2015年9月10日   
椿 広計
日本教育社会学会大会発表要旨集録   2015年9月6日   
竹林由武, 久保田貴文, 椿広計
統計関連学会連合大会講演報告集   2015年9月   
産業界における統計の利用
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
第4回科学技術フォーラム   2015年3月28日   
ビッグデータの世界観とSQCの世界観
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
日本品質管理学会ビッグデータシンポジウム   2015年3月26日   
堀芳樹, 椿広計
知能システムシンポジウム講演資料(CD-ROM)   2015年3月17日   
堀芳樹, 椿広計
ファジィ・ワークショップ講演論文集   2015年3月6日   
人間・社会データ基盤整備
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
ISSI2015   2015年2月16日   
Statistical PredictionandUncertainty Management
Tsubaki, Hiroe (実講演者) ISM
APEC-Tsukuba International Conference IX: Innovation og Mathematics Teaching and Learning through Lesson Study   2015年2月11日   
計数値データの品質管理-食品安全分野での関わりー
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
科研費研究集会   2015年2月7日   
総合的な自殺対策の実現に向けて -知と行動の統合-
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
厚生労働科研本橋班シンポジウム   2015年1月31日   
多様なステークホルダーが存在する社会のリスクに基づく意思決定について
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
第100回行動計量シンポジウム   2015年1月25日   
椿広計, 久保田貴文, 竹林由武
学際的・国際的アプローチによる自殺総合対策の新たな政策展開に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書   2015年   
椿広計
日本医学会総会総会会誌   2015年   
堀芳樹, 椿広計
応用統計学会年会講演予稿集   2015年   
堀芳樹, 椿広計
ソフトサイエンス・ワークショップ講演論文集(CD-ROM)   2015年   
第8回企業の品質経営度調査の特徴について
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
日本科学技術連盟品質経営度調査フォーラム   2014年12月19日   
岡本基, 椿広計
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2014年11月21日   
本多啓介, 田村義保, 椿広計, 中野純司
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2014年11月21日   
ビジネスへのデータ科学的 接近と知の共有
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
人工知能学会ビジネスインフォマティックス研究会第1回研究会   2014年11月20日   
公的統計調査とICT活用:その論点
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
全国統計大会   2014年11月19日   
堀 芳樹, 椿 広計
バイオメディカル・ファジィ・システム学会大会講演論文集 : BMFSA   2014年11月11日   
Tanka and Ishibuchi proposed the possibility measure of fuzzy events as max-product. Uemura apply this max-product into Bayes Decision rule, where we constructed the normal possibility decision rule and showed this decision rule is the normal dist...
堀 芳樹, 椿 広計
バイオメディカル・ファジィ・システム学会大会講演論文集 : BMFSA   2014年11月11日   
Tanaka et. al. proposed a fuzzy-Bayes decision rule by introducing a fuzzy event into a state of nature. The authors explained this model under a risk-neutral decision maker setting a normal possibility membership function on a fuzzy event. Furthe...
蓮池 隆, 片桐 英樹, 椿 広計, 津田 博史
自動制御連合講演会講演論文集   2014年11月10日   
観光はサービス産業の中核を担い,地域活性化の起爆剤として年々重要度が増してきており,外国からの観光客の数も増加傾向にある.その中で,特にバスを利用したツアー観光において,バス停車場での混雑により,交通渋滞を引き起こす問題が各地で起こっている.本研究では,不要な混雑を避けるために,観光ツアールートとバス配車量を適切に配分可能な観光経路割当問題を提案する.
各俯瞰報告区分からの報告「モデリング」
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
JSTシステム科学技術俯瞰シンポジウム   2014年10月24日   
データの量と質-古典統計家はビッグデータブームをどう診ているのかー
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
日本鉄鋼協会計測制御システム工学部会システム技術フォーラム第1回公開フォーラム「データからのモデル構築・知識獲得」   2014年10月2日   
不確実性下の意思決定
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
2014年と統計関連学会連合大会企画セッション法・裁判と統計   2014年9月15日   
データ中心政策科学−我が国の取組みと情報・システム研究機構プロジェクト
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
2014年度統計関連学会連合大会企画セッション   2014年9月14日   
情報・システム研究機構における「国際ミクロ統計データベース」提供と秘匿情報保護に対する取り組み
岡本 基 (実講演者) 情報・システム研究機構, 椿 広計 統計数理研究所, 馬場 康維 統計数理研究所
統計関連学会連合大会   2014年9月14日   
漱石の目指した統計科学
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
2014年度統計関連学会連合大会市民講演会   2014年9月13日   
自殺対策における統計学の役割
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
日本自殺総合対策学会設立総会   2014年9月7日   
堀芳樹, 椿広計
統計関連学会連合大会講演報告集   2014年9月   
新薬許認可のための統計:そこから学んだこと
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
医学統計研究会創立10周年記念講演会   2014年8月30日   
記述多変量解析とSN比
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
日本規格協会品質工学研究グループ   2014年8月7日   
Mobile application development for environmental informatics and feedback on cooking oil use and disposal in Indonesia
Fujita, Haruhisa Nigata Univ. for Int. Studies, Iijima, W Nigata Univ. for Int. Studies, Dhani, Satria BPPT, Santoso, A.D. BPPT, Susanto, J.P. BPPT, Tsubaki, Hiroe ISM, Kitagawa, G. ROIS, Koide, N. Osaka Univ,
2014 2nd International Conference on Technology, Informatics, Management, Engineering, and Environment (TIME-E)   2014年8月   
数理的意思決定とそのプロセス教育
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
日本数学教育学会第2回春期研究大会   2014年6月29日   
SNS-VCP-NETの発足に当たってー全体構想とアーキテクチャー
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
科研費研究集会   2014年6月20日   
倫理綱領改定に至る背景
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
日本計量生物学会年会   2014年5月24日   
津田 博史, 多田 舞, 山本 俊樹, 一藤 裕, 曽根原 登, 椿 広計
日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集   2014年3月6日   
Risk-based Quality Management [招待有り]
Tsubaki, Hiroe (実講演者) ISM
The 2nd DIA Clinical Operation and Monitoring Workshop   2014年2月27日   
ビッグデータ時代をどうとらえるか-品質工学的視点の今でこその再確認- [招待有り]
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
(財)日本規格協会技術開発フォーラム   2014年2月7日   
問題を発見し解決する力量とQCストーリー-QC検定を有効に活用しよう- [招待有り]
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
中部標準化談話会   2014年2月4日   
ISM support for the Experimental Laboratory for Research Purpose Statistical Use of Micro Data and Forest Resource Management in Vietnam, Myanmar, and Laos
Tsubaki, Hiroe (実講演者) ISM, Baba, Yasumasa ISM, Yoshimoto, Atsushi ISM, Okamoto, Motoi ISM, Ito, Akihiko Sinfonica
AJCCST(日本ASEAN科学技術協力委員会)   2014年1月27日   
精密累積法の意義 [招待有り]
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
(財)日本規格協会品質工学研究グループ例会   2014年1月9日   
佐藤恵子, 椿広計, 菅波秀規
日本計量生物学会年会講演予稿集   2014年   
堀芳樹, 椿広計
応用統計学会年会講演予稿集   2014年   
蓮池 隆, 片桐 英樹, 椿 広計
IEEE SMC Hiroshima Chapter Young Researchers' Workshop proceedings = IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会講演論文集   2014年   
Tsubaki, Hiroe (実講演者) ISM
2013 IEEE 13th International Conference on Data Mining Workshops   2013年12月7日   
統計科学の生誕から今日まで
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
日本鉄鋼協会制御技術部会併設シンポジウム   2013年11月29日   
蓮池隆, 片桐英樹, 椿広計, 津田博史
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2013年11月18日   
関真美, 椿広計
日本公衆衛生学会総会抄録集   2013年10月15日   
Hasuike, Takashi (実講演者) Oska Univ., Tsubaki, Hiroe ISM, Katagiri, Hideki Hiroshima Univ., Tsuda, Hiroshi Doshisya Univ.
2013 IEEE International Conference onSystems, Man, and Cybernetics (SMC),   2013年10月14日   
蓮池 隆, 片桐 英樹, 椿 広計, 津田 博史
日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集   2013年9月11日   
蓮池 隆, 片桐 英樹, 椿 広計, 津田 博史
日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集   2013年9月11日   
フィナンシャルストレス予測モデル
大野 忠士 (実講演者) 筑波大学, 椿 広計 統計数理研究所
統計関連学会連合大会   2013年9月8日   
The Grammar of Technology Development for Value Creation
Tsubaki, Hiroe (実講演者) ISM
第9回TRIZシンポジウム2013   2013年9月5日   
久保田 貴文, 椿 広計
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   2013年9月3日   
石岡 文生, 冨田 誠, 久保田 貴文, 椿 広計
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   2013年9月3日   
椿広計, 大西俊郎, 春日文子, 逸見昌之
統計関連学会連合大会講演報告集   2013年9月   
堀芳樹, 椿広計
統計関連学会連合大会講演報告集   2013年9月   
Takashi Hasuike,Hideki Katagiri,Hiroe Tsubaki,Hiroshi Tsuda
17th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems, KES 2013, Kitakyushu, Japan, 9-11 September 2013   2013年9月   
統計的検定に基づく意思決定の問題
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
(財)日本規格協会品質工学研究グループ例会   2013年8月1日   
Katagiri, Hideki (実講演者) Hiroshima Univ., Uno, Tkeshi TokushimaUniv., Kato, Kosuke Hiroshima Inst. Tec., Tsuda, Hiroshi Doshisya Univ., Tsubaki, Hiroe ISM
2013 IEEE Sixth International Workshop on Computational Intelligence & Applications (IWCIA),   2013年7月13日   
Hasuike, Takashi (実講演者) Osaka Univ., Katagiri, Hideki Hiroshima Univ,, Tsubaki, Hiroe ISM, Tsuda, Hiroshi Doshisya Univ.
2013 IEEE Sixth International Workshop on Computational Intelligence & Applications (IWCIA),   2013年7月13日   
橋本 廸生, 池上 直己, 井部 俊子, 前田 正一, 椿 広計
日本医療・病院管理学会誌 = Journal of the Japan Society for Healthcare administration   2013年7月1日   
橋本 廸生, 井部 俊子, 椿 広計
日本医療・病院管理学会誌   2013年7月   
Hasuike, Takashi (実講演者) Osaka Univ., Katagiri, Hideki Hiroshima Univ., Tsubaki, Hiroe ISM, Tsuda, Hiroshi Doshisya Univ.
IFSA World Congress and NAFIPS Annual Meeting (IFSA/NAFIPS)   2013年6月25日   
Environmental analyses of waste cooking oil recycling and complete use practices in Bogor, Indonesia
Fujita, Haruhisa (実講演者) Niigata Univ. for Int. Studies, Okuhara, Hiroyuki Osaka Univ., Nakano, Katsuyuki JEMAI, Tsubaki, Hiroe ISM
IEEE2013 International Conference on Technology, Informatics, Management, Engineering, and Environment (TIME-E),   2013年6月24日   
Design of interaction in environmental load chain as connected directed network
Okuhara, Hiroyuki (実講演者) Osaka Univ., Koide, Noriaki Osaka Univ., Fujita, Haruhisa Nigata Univ. for Int. Studies, Tsubaki, Hiroe ISM
IEEE2013 International Conference on Technology, Informatics, Management, Engineering, and Environment (TIME-E),   2013年6月24日   
Environmental credit social system for good practices
Fujita, Haruhisa (実講演者) Niigata Univ. for Int. Studies, Koide, Noriaki Osaka Univ., Sonehara, Noboru NII, Okuhara, Hiroyuki Osaka Univ, Tsubaki, Hiroe ISM
IEEE 2013 International Conference on Technology, Informatics, Management, Engineering, and Environment (TIME-E),   2013年6月24日   
植村 芳樹 元三重大学, 椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
応用統計学会年次大会   2013年5月24日   
久保田 貴文, 椿 広計
日本計算機統計学会大会論文集   2013年5月16日   
精密累積データのセミパラメトリックポアソンモデル
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
田口玄一博士一周忌追悼シンポジウム   2013年5月13日   
椿広計
日本品質管理学会シンポジウム講演要旨集   2013年4月9日   
本シンポジウムの企画と統計・データの質マネジメント計画研究会
椿 広計 (実講演者) 統計数理研究所
日本品質管理学会第144回シンポジウム「統計・データの質マネジメント―ビッグデータ時代に問われる情報収集の質とマネジメント―」   2013年4月9日   
Karl Pearsonの日本への影響
椿 広計 (実講演者) ISM
応用統計学会シンポジウム   2013年3月18日   
日本自殺データの時空間集積性の検出について
石岡 文生 (実講演者) 岡山大学, 冨田 誠 東京医科歯科大学, 久保田 貴文 統計数理研究所, 椿 広計 統計数理研究所
岡山地域部会第46回研究会   2013年3月16日   
自殺死亡の地域統計の可視化
久保田 貴文 (実講演者) 統計数理研究所, 冨田 誠 東京医科歯科大学, 石岡 文生 岡山大学, 椿 広計 統計数理研究所
岡山地域部会第46回研究会   2013年3月16日   
3クラス抜取検査の設計と圧縮限界
椿 広計 (実講演者) ISM
共同研究集会食品安全に関するWS   2013年3月14日   
統計数理に支えられた政策科学とは
椿 広計 (実講演者) ISM
数学・数理科学と諸科学・産業との連携研究ワークショップ「数理科学の政策・経営の意思決定への応用」   2013年3月12日   
蓮池 隆, 片桐 英樹, 椿 広計, 津田 博史
日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集   2013年3月5日   
鈴木 和幸 (実講演者) 電気通信大, 椿 広計 ISM
電気通信大学大学院情報システム学研究科第17回シンポジウム「信頼性とシステム安全学」   2013年2月28日   
自殺データの可視化―自殺の減少の要因を探る―
久保田 貴文 (実講演者) 統計数理研究所, 冨田 誠 東京医科歯科大学, 石岡 文生 岡山大学, 椿 広計 統計数理研究所
The 5th International Workshop on Information Systems for Social Innovation ISSI2012   2013年2月26日   
Risk Management for X-Events
椿 広計 (実講演者) ISM
融合研究シンポジウム想定外を科学する   2013年2月26日   
データ中心政策科学
椿 広計 (実講演者) ISM
5th ISSI 2012   2013年2月25日   
ビジネスの統計科学的側面
椿 広計 (実講演者) ISM
北川源四郎氏大内賞受賞記念シンポジウム「社会科学分野における時系列解析:これまでの発展と今後の展望」   2013年2月12日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
学際的・国際的アプローチによる自殺総合対策の新たな政策展開に関する研究
厚生労働科研費
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 本橋 豊 京都府立医科大学
自然な歪みをもつ非対称分布の開発と金融工学への応用
科研費基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 藤澤 洋徳 統計数理研究所
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 椿 広計
科学的政策決定のための統計数理基盤整備とその有効性実証
科研費基盤研究(A)
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月    代表者: 北川 源四郎 情報・システム研究機構
次世代品質・信頼性情報システムの研究と開発
科研費基盤研究(A)
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月    代表者: 鈴木 和幸 電気通信大学
ソーシャル・ビッグデータ利活用・基盤技術の研究開発
NICT委託研究
研究期間: 2014年9月 - 2015年3月    代表者: 曽根原 登 国立情報学研究所
自殺総合対策大綱の見直しを踏まえた自殺対策発展のための国際的・学際的検討
厚生労働科学特別研究事業
研究期間: 2013年10月 - 2014年3月    代表者: 椿 広計
冷凍食品の安全性確保のための微生物規格基準設定に関する研究
厚生労働科学研究費
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 春日 文子 国立医薬品食品衛生研究所
低経済成長下での産業・企業構造の変容の測定:産業格付けの変動と中小企業問題
科研費基盤研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 松田 芳郎 青森公立大学
レセプトなどを利用した薬剤疫学データベース作成に関する研究
厚生労働科学研究費
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 椿 広計
次世代品質・信頼性情報システムの研究開発
科研費基盤研究(A)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 鈴木 和幸 電気通信大学
政府統計の信頼性に関する研究
科研費基盤研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 竹内 啓 統計研究会
公的統計の提供方法に関する理論的・実際的研究
科研費基盤研究(B)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 美添 泰人 青山学院大学
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 大野忠士
1.はじめに本研究の目的は、倒産事象の背後にある「企業の倒産し易さ」という潜在変量が極値分布の一つである二重指数分布に従うのではないかという仮説を示唆することにある。2.サンプル・データと倒産予測モデル2003年に米国で破産・会社更生を申請した企業40社を倒産企業群としS&P100社のうちから金融を除く企業85社を非倒産企業群とした企業データ(検証データ)を用いて倒産判別モデルを構築した。リンク関数としては二重指数分布(対数補対数)を用いた。モデル式は倒産確率P=1-exp(-expZ)、...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 角埜恭央
日本のエンタプライズ系ソフトウェアのベンダー企業におけるソフトウェア・エンジニアリング能力、経営力、経営環境の関係性について、人材育成力、プロジェクト管理力、品質管理力が起点となり、顧客接点力、開発技術力、プロセス改善力、アウトプット力を向上させ、収益性や安定性等の経営力のレベルや成長に影響を与える因果構造が統計的に実証された。また、日本のIT産業構造の課題が国際比較やシミュレーションによって示唆された。
サービス研究のプラットフォームとしての情報循環設計科学
JST課題解決型サービス科学
研究期間: 2009年11月 - 2009年12月    代表者: 椿 広計
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 浅野美代子
ノンパラメトリック回帰の応用研究を行い,その有効性と利用領域の拡大を行った.金融・経営分野のデータ解析に「ニューラルネットワークと線形回帰分析のハイブリット解析法」を適用して、この解析法の有効性を示した.科学研究費の交付期間(平成19 年度)に,「ニューラルネットワークと線形回帰分析のハイブリッド解析Webシステム」を構築して開発を行った.システム完成後に、研究代表者浅野美代子のホームページより、誰でも利用できるようになった.
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2008年    代表者: 美添泰人
新統計法と経済統計の視点から,統計作成機関の抱える問題を検討し,今後の総合的な利用に関わる論点を整理した.特に地方統計組織・地域データ作成の現状と問題点,国の統計機構の問題点と今後の展望,政府統計の二次的利用の問題を検討した.国民経済計算に関しては,工業統計・生産動態統計の適切な活用方法,家計調査との貯蓄率の比較を行った.また,各省が作成する統計の高度な利用例,複雑な推定法の精度に関する理論的検討を実施した.
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2004年 - 2007年    代表者: 椿 広計
技術開発加速を目指した統計科学体系整備については、これまでの3年間の組織的研究活動で明確になった課題に対する理念的・統計数理的・情報技術的研究成果を国内外で発表する活動が行われた。平成19年8月には、椿、天坂、山田がアゾレス大学で開催された国際統計協会のサテライトシンポジウム「ビジネス・産業における統計」に招待され、それぞれ本研究班理念班、開発グループの研究成果を報告した。平成19年11月には、京都大学で開催された横断型基幹科学技術研究団体連合主催の第2回横幹コンファレンスを、科研費成果の...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 北川源四郎
特定領域研究の申請をターゲットにして調査研究を行った.主に統計数理研究所リスク解析戦略研究センターの研究者およびリスク研究ネットワークの会員組織(39研究組織)に対するヒアリングを中心に調査研究を実施し,個別リスク関連分野における重要な問題解決のために限界突破が必要な方法的課題の抽出を行った.その過程で,リスクの発見やコミュニケーションの問題も重要であり,それまで想定してきた統計科学とリスク工学の視点に加えて情報科学の視点も導入することが必要であることが明らかとなった.そこで,発見科学の領...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2004年    代表者: 出口光一郎
本企画調査研究の目的は、広い科学技術の連携と集積を担う横断型基幹科学技術のあり方を具体化するものであった。サイズと複雑度がますます増してくる、人間や社会に絡む問題を解くためには、分野を横断した規範が理念として確固たる存在をしなくてはならない一方で、その横断型基幹科学技術が各分野を横に貫く共通プラットフォーム、共通ツールとして、実体的に整備されていなくてはならない。すなわち、科学的な論理と普遍性とで大規模複雑系に対応する、センシングと制御科学の横断的な展開、そして、複雑な対象のモデリングとそ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 美添泰人
統計的照合(Statistical Matching)とは、異なる調査で得られた情報を統合することによって、単一の調査からは得ることのできない詳細なデータを擬似的に作成する方法であり、基本的な考え方は似通った属性を持つ個体を照合することにある。最近の欧州諸国ではData Fusionとも呼ばれている。この研究では、統計法の目的外用申請によって1980年から2000年までの家計調査及び貯蓄動向調査(いずれも総務省)のミクロデータを入手し、それから作成したさまざまな加工データを利用した分析を実...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 椿 広計
企業のIT投資効果の発現プロセスを明らかにすることを企図した第2回IT経営度調査は,本研究班と(株)経営科学研究所(以下,MSI)との共同プロジェクトとして,従業員500人以上の企業3200社の経営企画担当を対象に2002年9月から11月にかけて発送し、有効回答415社(2003年2月末現在)を得た。第2回IT経営度調査調査票は、フェイス情報などを加えれば470項目で構成されている。一方,MSIとの共同調査とは独立に,2002年11月中小企業調査を実施し、中小企業調査は有効回答76社を得た...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 美添泰人
ミクロデータを分析する際、異なった統計調査ないし業務記録の持つ情報を結合することにより、有効な分析が可能となる。複数のファイルに含まれる類似の個体同士を結合する方法は統計的照合と呼ばれ、これまでにもアメリカを中心としていくつかの例があるが、その理論的根拠に関しては必ずしも共通の理解があるわけではない。今回の研究では、どのような状況であれば統計的照合によるファイルの結合によって有効な分析が可能となるかを理論的に論じ、実際のデータを照合する方法について検討した。さらに、このようにして作成された...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 永田靖
グラフィカルモデリングを中心として、統計的多変量解析について理論的な側面からと応用的な側面から研究を行った。理論的な観点からの研究成果としては、次の点をあげることができる。(1)モデル選択を繰り返し行う際に考慮しなければならない検定の多重性の問題についての整理とその解決(2)逸脱度の尺度となる統計量の性質の研究(3)パス図に基づく変数選択の新しい考え方の研究(4)有向モデルを因果モデルとして利用して原因系の変数へ介入したときの効果の研究(5)条件付き介入効果の理論的研究(6)共分散構造分析...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究, 特定領域研究(A), 重点領域研究)
研究期間: 1996年 - 1999年    代表者: 美添泰人
経済統計を扱う際の問題は,データの収集・加工段階と,分析段階とに分けられる。特にミクロデータを分析する場合には、最終的データ解析に先立って観測値に関する信頼性を検討しなければならない。その代表的なものは個票における欠測値ないし外れ値の発生に代表されるデータの不完全性と、それに対処するための補完ないし外部情報の利用である。本研究においては、現実の経済統計調査における不完全な計数値の処理方法の検討、欠測値補完方法としての統計的マッチング、補完を前提としたデータを解析するための手法を主要なテーマ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1996年 - 1997年    代表者: 宮川雅巳
研究課題にあるグラフィカルモデリングとは、多変量データの関連構造を表す統計モデリングをグラフによって表現する比較的最近開発された多変量解析法手法であり、複雑な現象のメカニズムの解明に役立つことが期待されている。しかし、その理論体系がようやく整備された段階で、実際問題への適用は行動科学、教育学等の社会科学の領域でなされているにすぎない。工業の分野、特に品質問題への適用は、国内外を通して見当たらない。本研究の目的は、品質管理活動でなされる調査・観察で得られる他変量データに対して、このグラフィカ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 1996年 - 1997年    代表者: 田栗正章
本研究では、数理統計学における各種の情報抽出の方法についての理論とその実際問題への応用に関して、様々な観点から総合的に研究を行った。11のテーマを設定し、研究集会を開催する形式で研究を遂行した。その結果、特に以下のような項目に関して、新しい理論や方法論の発見、実用上有益な知見の獲得、統計ソフトウェアの構築等が行われたと共に、各研究集会における討論や研究打ち合わせ等を通して新たな問題提起も行われた。(1)非局所的・複雑非線形データ解析のための理論と方法論の開発とその適用限界の研究。(2)多変...
文部科学省: 科学研究費補助金(総合研究(A), 基盤研究(A))
研究期間: 1995年 - 1996年    代表者: 美添泰人
研究期間をつうじて,月1回ないし2回の間隔で定期的な研究会を開催した.研究会には研究代表者,研究分担者の他,数名の大学院生,各官庁の統計作成担当者も参加した.この研究会における活動を通じて,以下のような成果をあげることができた.1.標本抽出に関する理論的研究の最近の話題に関しては,各研究分担者および部外協力者で分担して,これまでの海外における研究のサーベイを行い,主要な結果の紹介と,本研究との関連についての議論を行なった.このような研究の成果の一部分は,実際の官庁統計の設計に対する有効な指...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1994年 - 1995年    代表者: 柴田里程
本研究は,米国ベル研究所を中心に本代表者も参加して10年以上の歳月をかけて開発されたデータ解析用の計算言語1環境Sの更なる高度化をめざした研究である.Sはオブジェクト指向型の関数型言語を基本とした対話型の解析環境であり,きわめて先進的であるが,その前段階であるデータの収集,組織化,加工,モデルの探索に関してはまだ未成熟な段階にとどまっている.そこで,本研究では本代表者らが開発したデータ記述とデータの一体化のための準言語であるD&D(Data and Description)をS上に導入して...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B))
研究期間: 1993年 - 1993年    代表者: 鷲尾泰俊
本研究班は、実験計画法の構成から推論、データ解析に至るまでの広範な分野に対して以下のような組織的検討を進めた。鷲尾は、田口のパラメータ設計で用いられている直積実験をレゾリューション4の割り付けを利用すれば、一つの直交表実験で代替できる可能性を示唆した。渋谷は、神戸商科大学の高橋と共同で、金属疲労実験の背後にある確率論的機構を洞察しビクセル変換を伴う極値理論を展開した。篠崎は、直交表実験で懸案となっている誤差分散の推定量のプーリングによる改善問題に、部分積分を利用した接近を試み、幾つかの一様...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1992年 - 1992年    代表者: 柴田里程
金融データ解析に必要な高度の環境を、探索的データ解析用のS言語。システム上に構築し、その有効性を確かめた。まず、いわゆる国定長のレコードから必要な部分をとり出し、Sのオブジェクトとして組識化する関数 土、日、祭日の欠損位を補間し、各月の日数をそろえる関数など、データの浄化、細識化に必要な諸関数を整備した。 解析用には、多変量時系列として、変量問の信相のずれを検出する関数、さまざまな属性を処理する関数などを整備した。 これらの道見を用いて、その有効性をチェックした。 本研究では特に、1986...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1992年 - 1992年    代表者: 椿 広計
椿は、鎌倉(中央大)、中野(一橋大)と共に、ワークステーション、マッキントッシュ、IBM-PC環境で欧米を中心に用いられている品質管理・統計ソフトウエアのマンマシンインタフェース及び解析機能の総合調査を行い、有用な実験計画支援ソフトの要求品質を明らかにした。この調査結果は、日本品質管理学会誌に報告した。椿は、またアメリカにおける近年のパラメータ設計応用の動向をAmerican Supplien Institute主催のシンポジウムのブロシーディングを過去十年にわたって検索することにより調べ...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1990年 - 1990年    代表者: 渋谷政昭
1.株価收益率を多変量時系列として,周波数領域で解析した。(1) ある企業の株価收益率が他の企業の株価收益率と比べ,時系列としてどの程度遅れているかを最大法で推定した。鉄鋼業界では,新日本製鉄を中心として,1社の例外を除いてほぼ同じ動きをし,遅れの構造もサンプリング問隔によらず安定であることが分かった。名油業界では2週間程度の時間遅れが認められることがある上に,遅れの構造も不安定である。業界による差の意味については,さらに検討を続ける。(2) 一部上場企業のうち8業界各30社,合計240社...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1989年 - 1989年    代表者: 渋谷政昭
1.基礎、安定分布の確率密度関数の陽な表現を数値的に求めれば、母数の推測が可能となる。高速フ-リエ変換を用いて特性関数の逆変換を行い、その精度を検討した。密度関数が陽に表されるα=2;α=1、β=0;α=1/2、β=±1の場合の精度を手掛りに、一般の場合の評価を進めている。確率密度関数の積分表示(Zolotarev)を利用した、安定分布乱数の生成法がJ.M.Chambers et al.により提唱され、プログラムも流布している。もっぱらパラメ-タの値の狭い範囲で利用されているようであり、α...

委員歴

 
1980年12月
 - 
1982年11月
社団法人日本品質管理学会統計手法研究会  委員
 
1982年4月
 - 
1984年12月
東京国際計量生物学会議1984運営委員会  運営委員
 
1982年4月
 - 
現在
国際標準化機構ISO/TC69(統計的方法の応用)国内対策委員会  委員
 
1982年10月
 - 
1987年9月
社団法人日本品質管理学会学会誌編集委員会  編集委員
 
1984年4月
 - 
1987年4月
応用統計学会学会誌編集委員会  編集委員
 
1984年4月
 - 
1989年12月
財団法人日本科学技術連盟「品質管理」誌文献小委員会  委員
 
1984年4月
 - 
1999年3月
財団法人日本規格協会管理技術センターデータ解析研究委員会  委員
 
1985年8月
 - 
1987年3月
財団法人日本規格協会管理技術センターポケットコンピュータによる品質管理研究委員会  委員
 
1985年10月
 - 
2010年3月
財団法人日本科学技術連盟多変量解析研究会同セミナー運営委員会  委員
 
1985年12月
 - 
1988年11月
社団法人日本品質管理学会統計手法研究会  委員
 
1986年10月
 - 
1990年3月
厚生省薬務局臨床試験の統計解析に関するガイドライン作成委員会  委員
 
1987年1月
 - 
1989年12月
財団法人日本科学技術連盟「品質管理」誌編集委員会  委員
 
1987年5月
 - 
1994年4月
社団法人計測自動制御学会リモートセンシング部会  運営委員
 
1988年3月
 - 
1989年3月
医薬品のリスクアセスメントに関する国際研究委員会  委員
 
1988年10月
 - 
1990年10月
社団法人日本品質管理学会学会誌編集委員会  委員
 
1988年10月
 - 
1990年10月
社団法人日本品質管理学会パラメータ設計研究会  委員
 
1989年
 - 
現在
国際標準化機構第69専門委員会  委員
 
1989年4月
 - 
1991年4月
日本工業規格JIS-Z8402(分析試験の許容差通則)原案作成委員会  委員
 
1989年4月
 - 
現在
応用統計学会  評議員
 
1989年10月
 - 
1991年10月
社団法人日本品質管理学会  評議員
 
1990年4月
 - 
1991年3月
社団法人日本私立大学連盟学生部  委員
 
1990年9月
 - 
1994年10月
厚生省中央薬事審議会新薬第2調査会  専門委員
 
1991年1月
 - 
1992年10月
社団法人日本品質管理学会フラインQC研究会  幹事
 
1991年1月
 - 
2003年11月
日本計量生物学会  理事
 
1992年8月
 - 
2001年12月
統計審議会調査技術開発部会  専門委員
 
1992年10月
 - 
1995年10月
社団法人日本品質管理学会  理事
 
1993年4月
 - 
1995年3月
社団法人日本数学会統計数学分科会  運営委員
 
1993年4月
 - 
1995年3月
日本工業規格JIS-Z8101「品質管理用語」原案作成委員会  委員
 
1993年4月
 - 
2005年3月
国際標準化機構第207技術委員会(環境マネジメント)  専門委員
 
1993年4月
 - 
2005年3月
財団法人日本規格協会環境管理規格審議委員会  委員
 
1993年10月
 - 
1995年10月
社団法人日本品質管理学会研究開発委員会  委員長
 
1993年12月
 - 
1994年3月
財団法人全国統計協会調査技術研究委員会  委員
 
1993年12月
 - 
1994年10月
社団法人日本品質管理学会非営利団体のTQM研究会  委員
 
1993年12月
 - 
1997年3月
財団法人日本気象協会ILAS計画専門委員会  委員
 
1993年12月
 - 
1999年3月
財団法人日本規格協会管理技術センター21世紀の管理技術研究会  委員
 
1994年4月
 - 
1995年3月
財団法人計量管理協会「計測法のトレーサビリティーに関する研究会」  委員
 
1994年4月
 - 
1995年3月
厚生省薬務局抗高脂血症薬市販後調査ガイドライン作成委員会  委員
 
1994年4月
 - 
2015年11月
社団法人日本品質管理学会計画研究会「テクノメトリックス研究会」  委員
 
1995年
 - 
2000年
通産省工業技術院品質管理規格国際整合化委員会  委員
 
1995年4月
 - 
1996年3月
厚生省薬務局抗菌剤臨床評価ガイドライン作成委員会  委員
 
1995年4月
 - 
1996年3月
社団法人中小企業研究センター中小企業のための環境管理研究会  主査
 
1995年4月
 - 
2000年3月
通産省工業技術院品質管理規格国際整合化委員会委員WG2(データの統計的解釈)  主査
 
1995年8月
 - 
2000年7月
社団法人日本リモートセンシング学会評価・標準化部会  委員
 
1995年11月
 - 
1998年10月
社団法人日本品質管理学会  評議員
 
1995年12月
 - 
1996年3月
財団法人統計研究会・統計データの質に関する研究会  委員
 
1996年4月
 - 
1998年3月
厚生省薬務局ICH統計解析ガイドライン国内検討委員会  委員
 
1996年4月
 - 
2000年3月
応用統計学会学会誌編集委員会  委員
 
1996年8月
 - 
2004年3月
社団法人産業環境管理協会環境審査員審査登録センター環境審査員審査判定委員会  委員長
 
1996年12月
 - 
1999年5月
財団法人統計研究会統計的マッチングに関する研究会  委員
 
1997年1月
 - 
1999年12月
財団法人日本科学技術連盟「品質管理」誌編集委員会  委員
 
1997年1月
 - 
1999年12月
財団法人日本科学技術連盟「品質管理」誌文献小委員会  委員長
 
1997年5月
 - 
2004年3月
財団法人日本気象協会ILAS等衛星データ検証・データ利用検討委員会  委員
 
1998年1月
 - 
現在
(財)日本科学技術連盟  デミング賞委員会委員
 
1998年4月
 - 
2004年3月
厚生省委託研究OFスタディ倫理モニタリング委員会  委員長
 
1999年4月
 - 
2000年12月
日中統計シンポジウム組織委員会  委員
 
1999年4月
 - 
2004年3月
医薬品副作用被害救済機構研究振興調査機構  治験相談臨時顧問
 
1999年4月
 - 
2005年4月
応用統計学会  理事
 
1999年12月
 - 
2000年5月
日本計量生物学会・応用統計学会2000年度合同年次大会プログラム編成委員会  委員長
 
2000年4月
 - 
2001年9月
第2回工業・ビジネスへの統計的方法の応用国際シンポジウム組織委員会  委員
 
2000年4月
 - 
2005年3月
財団法人日本規格協会電気電子機器分野の環境規格国際整合化委員会  委員長
 
2001年4月
 - 
2004年3月
社団法人日本機械工業連合会標準化推進特別委員会  委員,環境適合設計分科会主査
 
2002年4月
 - 
2003年3月
社団法人中小企業研究センター・中小企業のための環境管理研究会  主査
 
2002年5月
 - 
2002年10月
総務省統計審議会国民生活部会  専門委員
 
2002年8月
 - 
2014年3月
経済産業省日本工業標準調査会  臨時委員
 
2002年10月
 - 
2006年10月
社団法人日本品質管理学会  理事・標準委員会委員長・長期計画委員会委員・論文誌編集委員
 
2002年12月
 - 
2005年11月
財団法人日本適合性認定協会環境技術委員会  委員長
 
2003年2月
 - 
2013年3月
総務省独立行政法人評価委員会  専門委員
 
2003年3月
 - 
2009年
財団法人日本適合性認定協会  評議員
 
2003年8月
 - 
2004年3月
総務省統計審議会国民生活部会  専門委員
 
2005年
 - 
2008年
総務省統計審議会  委員、鉱工業建設統計部会長、農林水産統計部会長
 
2005年2月
 - 
2013年
厚生労働省薬事食品衛生審議会  臨時委員
 
2005年11月
 - 
2013年3月
リスク研究ネットワーク  運営委員、事務局長
 
2006年
 - 
2014年
内閣府官民調達管理委員会統計分科会  専門委員
 
2006年
 - 
2014年
資源エネルギー庁エネルギー消費統計のための分析手法に関する検討会  委員長
 
2007年
 - 
2008年
内閣府統計委員会  専門委員
 
2007年
 - 
2008年
産業環境管理協会  環境経営スキル育成教材開発委員会委員長
 
2007年
 - 
2015年3月
一般社団法人産業環境管理協会  参与
 
2007年4月
 - 
2010年3月
財団法人日本適合性認定協会  監理パネル
 
2007年4月
 - 
2011年3月
NPO法人横断型基幹科学技術研究団体連合  理事
 
2007年4月
 - 
2013年3月
総務省独立行政法人評価委員会  委員
 
2007年5月
 - 
2010年4月
応用統計学会  理事
 
2008年
 - 
2010年
日本計量生物学会  評議員
 
2008年
 - 
2010年
環境省中央環境審議会  専門委員
 
2008年
 - 
2010年
厚生労働省薬害肝炎検証対応委員会  委員、第三者監視機構WGメンバー
 
2008年
 - 
2011年
日本統計学会  評議員
 
2008年
 - 
2011年
横断型基幹科学技術推進協議会  副会長
 
2008年
 - 
2009年
日本品質管理学会  学会誌編集委員
 
2008年
 - 
2009年
内閣府統計委員会  臨時委員
 
2008年
 - 
2009年
財団法人日本規格協会  品質管理検定技術小委員会委員長
 
2008年
 - 
2009年
国際標準化機構  第69技術委員会「統計的方法の適用」WG9「乱数規格原案作成」主査
 
2009年
 - 
2010年
社団法人日本品質管理学会  副会長
 
2009年
 - 
2010年
統計関連学会連合  連合大会プログラム委員会委員長
 
2009年
 - 
2011年
総務省統計局  サービス産業統計研究会委員
 
2009年
 - 
2015年
日本計算機統計学会  学会誌編集委員
 
2009年
 - 
現在
国際標準化機構 第69技術委員会 統計的方法の適用  第8小委員会「技術・製品開発加速のための統計関連技法」委員長
 
2009年4月
 - 
2013年4月
独立行政法人科学技術振興機構  研究開発戦略研究センターシステム科学ユニット特任フェロウ
 
2009年9月
 - 
2010年9月
統計関連学会連合大会2010プログラム委員会  委員長
 
2009年10月
 - 
2013年10月
内閣府統計委員会  委員、匿名データ部会長
 
2009年11月
 - 
現在
日本品質管理学会信頼性・安全性計画研究会  委員
 
2010年
 - 
2011年
(独)科学技術振興機構研究戦略研究センター  システム科学推進委員会委員,モデリング分科会主査