前田晋平

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/07 14:23
 
アバター
研究者氏名
前田晋平
所属
東北大学
部署
大学院医学系研究科
学位
Ph. D.(Tohoku University)

受賞

 
2015年6月
日本肝胆膵外科学会 理事長賞 Mass spectrometry-based proteomic analysis of formalin-fixed paraffin-embedded extrahepatic cholangiocarcinoma
 
2009年11月
American Pancreatic Association & Japan Pancreas Society Young Investigator Award Paclitaxel as a salvage chemotherapy in patients with gemcitabine-refractory pancreatic cancer
 

論文

 
Ariake K, Motoi F, Shimomura H, Mizuma M, Maeda S, Terao C, Tatewaki Y, Ohtsuka H, Fukase K, Masuda K, Hayashi H, Takadate T, Naitoh T, Taki Y, Unno M
Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract   22(2) 279-287   2018年2月   [査読有り]
Ariake K, Motoi F, Mizuma M, Murakami K, Takadate T, Ohtsuka H, Fukase K, Masuda K, Hayashi H, Nakagawa K, Sakata N, Morikawa T, Maeda S, Naitoh T, Egawa S, Unno M
Surgical case reports   3(1) 15   2017年12月   [査読有り]
Ariake K, Motoi F, Ohtsuka H, Fukase K, Masuda K, Mizuma M, Hayashi H, Nakagawa K, Morikawa T, Maeda S, Takadate T, Naitoh T, Egawa S, Unno M
Surgery today   47(12) 1434-1442   2017年12月   [査読有り]
Shimura M, Mizuma M, Hayashi H, Mori A, Tachibana T, Hata T, Iseki M, Takadate T, Ariake K, Maeda S, Ohtsuka H, Sakata N, Morikawa T, Nakagawa K, Naitoh T, Kamei T, Motoi F, Unno M
Surgical case reports   3(1) 132   2017年12月   [査読有り]
Maeda S, Motoi F, Oana S, Ariake K, Mizuma M, Morikawa T, Hayashi H, Nakagawa K, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Surgical case reports   3(1) 105   2017年9月   [査読有り]

Misc

 
術中内視鏡を併用し51個のpolyp切除を行ったPeutz-Jeghers syndromeの1例
二科 オリエ, 上野 達也, 高橋 道長, 佐藤 俊, 前田 晋平, 内藤 広郎
日本臨床外科学会雑誌   79(4) 792-796   2018年4月
35歳,女性.2歳時と17歳時に,腸重積にて小腸部分切除術の既往あり.1年前に多発大腸ポリープと診断されたが,通院自己中断していた.その後3ヵ月継続する腹痛と泥状便を主訴に再来した.精査にて,多発消化管ポリープと小腸に3箇所の腸重積を認め,同日入院,翌日手術となった.Peutz-Jeghers syndrome(PJS)が疑われ,可能な限り腸管温存すべく,重積した部位に小切開を置き外科的に整復施行後,内視鏡を挿入し,内視鏡的ポリープ切除を行った.大きく,内視鏡的切除困難なものは外科的に切除...
石田 晶玄, 元井 冬彦, 佐藤 英昭, 村上 恵, 前田 晋平, 工藤 克昌, 大沼 忍, 水間 正道, 中川 圭, 海野 倫明
日本静脈経腸栄養学会雑誌   33(1) 641-646   2018年3月
【目的】膵頭十二指腸切除術における術前の栄養状態が、手術部位感染、膵液瘻、術後合併症の発生に関係するかを明らかにする。【対象及び方法】当科にて膵頭十二指腸切除術を施行した症例に対し、術前のControlling nutritional status(CONUT)法による栄養評価と、手術部位感染、膵液瘻、Clavien-Dindo分類による術後合併症との関係について解析を行った。【結果】栄養評価を行った374例中、正常栄養群は133例、軽度障害群は192例、中等度障害群は49例認めた。手術部...
【Borderline resectable膵癌に対する集学的治療】 Borderline resectable膵癌に対する治療前PET SUVmax値を用いた層別化:術前治療の適応に関する考察
元井 冬彦, 高舘 達之, 前田 晋平, 有明 恭平, 益田 邦洋, 青木 豪, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 内藤 剛, 江川 新一, 海野 倫明
癌の臨床   63(5) 397-403   2018年1月
切除を企図して治療を開始したBorderline resectable(BR)膵癌163例を対象とし、術前治療(N群)86例(男性49例、女性37例、中央値66歳)、手術先行(S群)77例(男性39例、女性38例、中央値69歳)であった。術前治療は86例に施行され、Gemcitabine+S1併用(GS)療法による化学療法63例、S1併用化学放射線療法(CRT)15例、両者の逐次併用が7例であった。ITT解析でN群の5年生存率は26%で、S群の12%に比べ有意に良好であった。S群の全生存期...
竹浪 努, 前田 晋平, 唐澤 秀明, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
外科   79(13) 1400-1404   2017年12月
症例は83歳女性で、腹部膨満感が出現し、食思不振、下痢、全身浮腫が徐々に出現し、前医を受診し腹腔内に巨大腫瘍を認め紹介受診となった。腹部は平坦・軟でformance status 2であった。心窩部から左側腹部にかけ、小児頭大の腫瘤を触知し、四肢に浮腫を認めた。軽度貧血を認め、総蛋白、アルブミンが低下していたがその他の異常値は認めず、腫瘍マーカーも基準値内であった。上部消化管内視鏡で胃の粘膜面は正常で、delleや隆起性病変は認めなかった。胃が広範囲に壁外性に圧排されていた。下部消化管造影...
[A Case of Curatively Resected Ascending Colon Cancer with Ovarian Metastasis and Peritoneal Dissemination after Chemotherapy].
Mochizuki Y, Karasawa H, Shimodaira H, Ohnuma S, Watanabe K, Maeda S, Nagao M, Aoki T, Kudo K, Tanaka N, Musha H, Motoi F, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44(12) 1711-1713   2017年11月   [査読有り]