濱田 彰

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/03 10:44
 
アバター
研究者氏名
濱田 彰
 
ハマダ アキラ
URL
https://sites.google.com/site/298hamada/
所属
日本大学
部署
生産工学部教養・基礎科学系
職名
助教
科研費研究者番号
50779626
Twitter ID
AkiraHMD

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
2016年3月
日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
 
2013年4月
 - 
2016年3月
帝京科学大学 総合教育センター 非常勤講師
 
2015年4月
 - 
2016年3月
東京家政大学 人文学部 非常勤講師
 
2016年4月
 - 
現在
日本大学 生産工学部 助教
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2011年3月
筑波大学 人文・文化学群 人文学類
 
2011年4月
 - 
2013年3月
筑波大学大学院 人文社会科学研究科 現代語・現代文化専攻博士前期課程
 
2013年4月
 - 
2016年3月
筑波大学大学院 人文社会科学研究科 現代語・現代文化専攻博士後期課程
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本言語テスト学会  編集委員
 
2016年4月
 - 
現在
全国英語教育学会  事務局・広報/通信部
 
2015年4月
 - 
現在
大学英語教育学会関東支部  紀要編集委員
 
2012年4月
 - 
2016年3月
関東甲信越英語教育学会  編集委員
 

受賞

 
2015年11月
日本言語テスト学会 日本言語テスト学会最優秀論文賞 日本言語テスト学会
 
2015年8月
全国英語教育学会 全国英語教育学会学会賞・学術奨励賞 全国英語教育学会
 
2012年6月
公益財団法人日本英語検定協会 英検研究助成研究部門入選 公益財団法人日本英語検定協会
 

論文

 
Goal-oriented L2 reading processes in maintaining the coherence of narrative comprehension
卯城祐司, 濱田彰, 森好伸, 細田雅也, 多田豪, 神村幸蔵, 大河原にじ香
JACET Journal   62    2018年2月   [査読有り]
Estimating input quantity for L2 vocabulary acquisition: A preliminary study of statistical language analysis
濱田彰
JACET Journal   61 109-129   2017年2月   [査読有り]
ICTポートフォリオによる「ふり返り」で 文字―音の感覚を育てる試み
岡田信一, 濱田彰
小学校英語教育学会誌   16 18-33   2016年3月   [査読有り]
Maintaining the coherence of situation models in EFL reading: Evidence from eye movements
卯城祐司, 名畑目真吾, 長谷川佑介, 木村雪乃, 濱田彰, 田中菜採, 細田雅也, 森好伸
JACET Journal   60 37-55   2016年1月   [査読有り]
第二言語語彙習得における未知語推論,記憶表象,および付随的学習
濱田彰
博士論文(筑波大学)   1-266   2016年1月
卯城祐司, 濱田彰, 長谷川佑介, Dowse Eleanor, 田中菜採, 鈴木健太郎, 細田雅也, 森好伸
JLTA Journal   18 92-114   2015年11月   [査読有り]
濱田彰
JLTA Journal   18 57-77   2015年11月   [査読有り]
濱田彰
Reading in a Foreign Language   27(1) 1-21   2015年4月   [査読有り]
濱田彰
ARELE: annual review of English language education in Japan   26 61-76   2015年3月   [査読有り]
卯城祐司, 木村雪乃, 濱田彰, 長谷川佑介, 鈴木健太郎, 森好伸, 田中菜採
ARELE: annual review of English language education in Japan   26 29-44   2015年3月   [査読有り]

Misc

 
教育用例文コーパスSCoRE第三次開発とSCoREを利用したDDL文法学習
中條清美・若松弘子・濱田彰・内山将夫・赤瀬川史朗・Michelle JOHNSON・西垣知佳子
日本大学生産工学部研究報告B(文系)   50 13-28   2017年6月   [査読有り]
携帯端末で利用するWebSCoREの英語授業におけるユーザビリティ
中條清美・濱田彰・Laurence ANTHONY
日本大学生産工学部研究報告B(文系)   50 1-12   2017年6月   [査読有り]
卯城祐司・濱田彰
TOEIC Research Report   6 1-33   2017年2月   [依頼有り]
Effects of task on attention to unknown word processing in second language reading
濱田彰
Opening new lines of communication in applied linguistics: Proceedings of the 46th annual meeting of the British Association for Applied Linguistics   183-193   2014年
Detection of text coherence break in EFL reading: A pilot study of eye-tracking
卯城祐司, 名畑目真吾, 木村雪乃, 濱田彰
Proceedings of the 12th Annual Hawaii International Conference on Education   849-854   2014年

書籍等出版物

 
小学生のための英語教育研究グループ
誠文堂新光社   2016年12月   ISBN:978-4-4167-1631-1
卯城祐司・名畑目真吾・長谷川佑介・木村雪乃・濱田彰 (担当:共著)
金星堂   2015年12月   ISBN:978-4-7647-4024-2

講演・口頭発表等

 
より良いテストを考える: 小テスト,定期テスト,実力テストの役割 [招待有り]
濱田彰
つくば市指導法研修   2015年8月24日   
An ERP study on implicit learning of words from context by second language readers
濱田彰
The 22nd Annual Meeting Society for the Scientific Study of Reading   2015年7月16日   
入門期からのインタラクション: Show&Tellによるミニ・ミニトーク [招待有り]
濱田彰
つくば市指導法研修   2015年5月28日   
Focus on Formを取り入れた新出文型の習熟を図るワークシート等の開発 [招待有り]
濱田彰
つくば市指導法研修   2014年   
文脈から推論された未知語の記憶表象: 文章理解が新出語の習得につながるか [招待有り]
濱田彰
関東甲信越英語教育学会月例研究会   2014年9月27日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
言語統計解析モデルに基づく英語語彙指導の最適化
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 濱田 彰
多言語パラレルコーパスに基づくDDLオープンプラットフォームの高度化と教育応用
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 中條清美
英文理解における5つの状況的次元の更新プロセス:視線計測を用いたアプローチ
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 卯城祐司
推論による未知語処理プロセスを通した語彙ネットワーク構築過程の検証
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 濱田彰
Coh-Metrixによるテキスト理解に必要な語彙熟達度の数値化:語彙知識の広さ・深さ・アクセス速度を中心に
公益財団法人日本英語検定協会: 英検研究助成
研究期間: 2012年6月 - 2013年5月    代表者: 濱田彰