横田治夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 13:46
 
アバター
研究者氏名
横田治夫
 
ヨコタ ハルオ
eメール
yokotacs.titech.ac.jp
URL
http://yokota-www.cs.titech.ac.jp/~yokota/index-jp.html
所属
東京工業大学
部署
情報理工学院
職名
教授
学位
博士(工学)(東京工業大学)
ORCID ID
0000-0001-9788-0443

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
東京工業大学 情報理工学院 教授
 
2010年4月
 - 
2016年3月
東京工業大学 大学院・情報理工学研究科 教授
 
2001年
 - 
2010年
東京工業大学 学術国際情報センター 教授
 
1998年
 - 
2001年
東京工業大学 大学院・情報理工学研究科 助教授
 
1992年
 - 
1998年
北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助教授
 

受賞

 
2012年3月
iiWAS iiWAS2012 Best Paper Award
 
2009年3月
DEIM2009 DEIM2009優秀論文賞
 
2009年
情報処理学会 情報処理学会フェロー
 
2008年
電子情報通信学会 DEWS2008優秀論文賞
 
2007年
電子情報通信学会 電子情報通信学会フェロー
 

論文

 
Nesrine Berjab, Hieu Hanh Le, Chia-Mu Yu, Sy-Yen Kuo, Haruo Yokota
The 16th IEEE International Conference on Dependable, Autonomic and Secure Computing (DASC'2018)   568-575   2018年8月   [査読有り]
Hieu Hanh Le, Haruo Yokota
Proceedings of the 24th International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'18)   73-79   2019年7月   [査読有り]
Muneo Kushima, Yuichi Honda, Hieu Hanh Le, Tomoyoshi Yamazaki, Kenji Araki, Haruo Yokota
Proceeding of the 2018 IAENG International Conference on Data Mining and Applications (ICDMA 2018)   271-275   2018年3月   [査読有り]
I-Chen Tsai,Chia-Mu Yu,Haruo Yokota,Sy-Yen Kuo
IEEE INFOCOM 2018 - IEEE Conference on Computer Communications Workshops, INFOCOM Workshops 2018, Honolulu, HI, USA, April 15-19, 2018   160-165   2018年   [査読有り]
Tomohiro Yoshihara,Dai Kobayashi,Haruo Yokota
IEICE Transactions   101-D(1) 152-170   2018年   [査読有り]
Shoji Nishimura,Haruo Yokota
Proceedings of the 2017 ACM International Conference on Management of Data, SIGMOD Conference 2017, Chicago, IL, USA, May 14-19, 2017   1525-1537   2017年   [査読有り]
Yuichi Honda,Muneo Kushima,Tomoyoshi Yamazaki,Kenji Araki,Haruo Yokota
Data Management and Analytics for Medicine and Healthcare - Third International Workshop, DMAH 2017, Held at VLDB 2017, Munich, Germany, September 1, 2017, Proceedings   88-101   2017年   [査読有り]
Tomohiro Yoshihara,Haruo Yokota
Database and Expert Systems Applications - 28th International Conference, DEXA 2017, Lyon, France, August 28-31, 2017, Proceedings, Part II   172-189   2017年   [査読有り]
I-Chen Tsai,Chia-Mu Yu,Haruo Yokota,Sy-Yen Kuo
22nd IEEE Pacific Rim International Symposium on Dependable Computing, PRDC 2017, Christchurch, New Zealand, January 22-25, 2017   118-124   2017年   [査読有り]
Takamitsu Shioi,Kenji Hatano,Haruo Yokota
2017 IEEE International Congress on Big Data, BigData Congress 2017, Honolulu, HI, USA, June 25-30, 2017   313-320   2017年   [査読有り]
佐々木夢, 荒堀喜貴, 串間宗夫, 荒木賢二, 横田治夫
日本データベース学会和文論文誌   Vol. 14-J(Article No. 10)    2016年3月   [査読有り]
Keishiro Uragaki,Tomoyuki Hosaka,Yoshitaka Arahori,Muneo Kushima,Tomoyoshi Yamazaki,Kenji Araki,Array
IEEE Symposium on Computers and Communication, ISCC 2016, Messina, Italy, June 27-30, 2016   20-25   2016年   [査読有り]
Shreelekha Pandey, Pritee Khanna, Haruo Yokota
Journal of Visual Communication and Image Representation   38 704   2016年7月   [査読有り]
Shreelekha Pandey,Pritee Khanna,Array
J. Visual Communication and Image Representation   38 704-720   2016年   [査読有り]
Anjali Rajith,Shoji Nishimura,Array
Proceedings of the 20th International Database Engineering & Applications Symposium, IDEAS 2016, Montreal, QC, Canada, July 11-13, 2016   264-271   2016年   [査読有り]
Shreelekha Pandey,Pritee Khanna,Array
Inf. Process. Manage.   52(4) 571-591   2016年   [査読有り]
Fang Xi,Takeshi Mishima,Array
ICEIS 2015 - Proceedings of the 17th International Conference on Enterprise Information Systems, Volume 1, Barcelona, Spain, 27-30 April, 2015   128-138   2015年   [査読有り]
Hieu Hanh Le,Satoshi Hikida,Array
Database and Expert Systems Applications - 26th International Conference, DEXA 2015, Valencia, Spain, September 1-4, 2015, Proceedings, Part II   153-161   2015年   [査読有り]
Yousuke Watanabe,Array
10th International Conference on P2P, Parallel, Grid, Cloud and Internet Computing, 3PGCIC 2015, Krakow, Poland, November 4-6, 2015   754-759   2015年   [査読有り]
Hieu Hanh LE, Satoshi HIKIDA, Haruo YOKOTA
{IEICE} Transactions on Information and Systems   E98.D(5) 1013-1026   2015年   [査読有り]
Fang XI, Takeshi MISHIMA, Haruo YOKOTA
{IEICE} Transactions on Information and Systems   E98.D(5) 1001-1012   2015年   [査読有り]
Shreelekha Pandey,Pritee Khanna,Array
J. Visual Communication and Image Representation   30 136-152   2015年   [査読有り]
Shreelekha Pandey, Pritee Khanna, Haruo Yokota
Journal of Visual Communication and Image Representation   30 136   2015年7月   [査読有り]
Fang Xi, Takeshi Mishima, Haruo Yokota
   2014年10月   [査読有り]
Satoshi Hikida,Hiroki Oguri,Array
33rd IEEE International Symposium on Reliable Distributed Systems, SRDS 2014, Nara, Japan, October 6-9, 2014   339-340   2014年   [査読有り]
Satoshi Hikida, Hiroki Oguri, Haruo Yokota
   2014年10月   [査読有り]
Fang Xi, Takeshi Mishima, Haruo Yokota
Database Systems for Advanced Applications - 19th International Conference, DASFAA 2014, Bali, Indonesia, April 21-24, 2014. Proceedings, Part I   282-296   2014年   [査読有り]
Song Qiang, Kawabata Takayuki, Itoh Fumiaki, Watanabe Yousuke, Yokota Haruo
Ieice Transactions on Information and Systems   E97D(4) 634-643   2014年   [査読有り]
Hieu Hanh Le, Hikida Satoshi, Yokota Haruo
Ieice Transactions on Information and Systems   E97D(2) 213-222   2014年   [査読有り]
Fang Xi,Takeshi Mishima,Array
33rd IEEE International Symposium on Reliable Distributed Systems Workshops, SRDS Workshops 2014, Nara, Japan, October 6-9, 2014   125-130   2014年   [査読有り]
Min Luo, Nam Dang, Haruo Yokota
18th International Database Engineering & Applications Symposium, IDEAS 2014, Porto, Portugal, July 7-9, 2014   227-236   2014年   [査読有り]
Yousuke Watanabe, Hidetaka Kamigaito, Haruo Yokota
Int J of Web Info Systems   9(2) 100-116   2013年6月   [査読有り]
Yousuke Watanabe, Haruo Yokota
2013 Eighth International Conference on P2p, Parallel, Grid, Cloud and Internet Computing (3pgcic 2013)   635-640   2013年10月   [査読有り]
呉怡, 渡辺陽介, 横田治夫
電子情報通信学会論文誌 D   Vol. J96-D(No. 5) pp. 1166-1177   2013年5月   [査読有り]
近年,ファイルシステム内に格納されているデータ量の急速な増大に伴い,膨大な数のファイルの中から,必要な情報を探し出すことは困難である.これまで,全文検索によるデスクトップ検索は主なアプローチとして用いられてきたが,検索キーワードを含まないファイルが検索できない.そこで我々は全文検索によるファイル検索の結果を改善するために,個々のファイルがもつ情報に加え,関連ファイル群間の相関関係を利用する手法を提案する.ファイル間関係の抽出においては,ユーザの操作を記録したファイルアクセスログを使用してい...
引田 諭之, Hieu Hanh LE, 横田 治夫
電子情報通信学会論文誌 D   Vol. J96-D(No. 5) pp. 1105-1117   2013年5月   [査読有り]
Hieu Hanh Le, Satoshi Hikida, Haruo Yokota
Database Systems for Advanced Applications, 18th International Conference, DASFAA 2013, Wuhan, China, April 22-25, 2013. Proceedings, Part II   99-107   2013年   [査読有り]
呉 怡, 渡辺 陽介, 横田 治夫
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition)   96(5) 1166-1177   2013年5月
近年,ファイルシステム内に格納されているデータ量の急速な増大に伴い,膨大な数のファイルの中から,必要な情報を探し出すことは困難である.これまで,全文検索によるデスクトップ検索は主なアプローチとして用いられてきたが,検索キーワードを含まないファイルが検索できない.そこで我々は全文検索によるファイル検索の結果を改善するために,個々のファイルがもつ情報に加え,関連ファイル群間の相関関係を利用する手法を提案する.ファイル間関係の抽出においては,ユーザの操作を記録したファイルアクセスログを使用してい...
Pritee Khanna, Shreelekha Pandey, Haruo Yokota
Database and Expert Systems Applications - 24th International Conference, DEXA 2013, Prague, Czech Republic, August 26-29, 2013. Proceedings, Part I   103-117   2013年   [査読有り]
Hieu Hanh Le, Satoshi Hikida, Haruo Yokota
Proceedings of the 2013 IEEE International Conference on Big Data, 6-9 October 2013, Santa Clara, CA, USA   76-84   2013年10月   [査読有り]
Tetsutaro Watanabe, Takashi Kobayashi, Haruo Yokota
220   2013年   [査読有り]
Apichaya Auvattanasombat, Yousuke Watanabe, Haruo Yokota
The 15th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services, IIWAS '13, Vienna, Austria, December 2-4, 2013   518   2013年   [査読有り]
Qiang Song, Takayuki Kawabata, Fumiaki Itoh, Yousuke Watanabe, Haruo Yokota
Database and Expert Systems Applications - 24th International Conference, DEXA 2013, Prague, Czech Republic, August 26-29, 2013. Proceedings, Part II   410-417   2013年   [査読有り]
引田 諭之, レー ヒエウ ハン, 横田 治夫
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition)   96(5) 1105-1117   2013年5月
IT技術の発達により現在では膨大な量の情報が日々生成されている.今後も世界中で情報量は爆発的に増加していくことが予想され,ストレージシステムはますます大規模化し,その消費電力量が大きな問題となっている.このような状況から,我々はデータの冗長構成と個々のディスクの回転状況を考慮したストレージシステムの省電力化手法であるRAPoSDAを提案してきた.これまでの成果では,特定のシステム構成におけるRAPoSDAの省電力効果の有効性を検証してきた.本論文ではシステム構成を様々に変化させた場合に,R...
Yousuke Watanabe,Haruo Yokota
2012 Seventh International Conference on P2P, Parallel, Grid, Cloud and Internet Computing, 3PGCIC 2012, Victoria, BC, Canada, November 12-14, 2012   351-356   2012年11月   [査読有り]
Masaru Iritani, Haruo Yokota
Proceedings of the 2012 Joint EDBT/ICDT Workshops, Berlin, Germany, March 30, 2012   79-86   2012年   [査読有り]
Yousuke Watanabe, Hidetaka Kamigaito, Haruo Yokota
The 14th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services, IIWAS '12, Bali, Indonesia - December 3-5, 2012   138-146   2012年   [査読有り]
Manh Cuong Nguyen, Daichi Kato, Taiichi Hashimoto, Haruo Yokota
International Journal of Business Intelligence and Data Mining   7(3) 217-231   2012年   [査読有り]
Qiang Song, Yousuke Watanabe, Haruo Yokota
International Journal of Business Intelligence and Data Mining   7(3) 152-171   2012年   [査読有り]
Masaki Kan, Dai Kobayashl, Haruo Yokota
4th IEEE International Conference on Cloud Computing Technology and Science Proceedings, CloudCom 2012, Taipei, Taiwan, December 3-6, 2012   74-81   2012年   [査読有り]
Satoshi Hikida, Hieu Hanh Le, Haruo Yokota
Database Systems for Advanced Applications - 17th International Conference, DASFAA 2012, Busan, South Korea, April 15-19, 2012, Proceedings, Part II   138-149   2012年   [査読有り]
Yousuke Watanabe,Haruo Yokota
2011 International Conference on P2P, Parallel, Grid, Cloud and Internet Computing, 3PGCIC 2011, Barcelona, Catalonia, Spain, October 26-28, 2011   355-359   2011年10月   [査読有り]
Yi Wu, Kenichi Otagiri, Yousuke Watanabe, Haruo Yokota
364   2011年   [査読有り]
Jie Chen, Wenxin Liang, Haruo Yokota
Journal of Software   6(12) 2426-2433   2011年   [査読有り]
Min LUO, Akitsugu WATANABE, Haruo YOKOTA
{IEICE} Transactions on Information and Systems   E94-D(3) 587-601   2011年   [査読有り]
Yousuke Watanabe, Yi Wu, Haruo Yokota
   2010年11月   [査読有り]
Qiang Song, Yousuke Watanabe, Haruo Yokota
   2011年   [査読有り]
Xuehua Jiang, Yousuke Watanabe, Haruo Yokota
   2011年   [査読有り]
Hieu Hanh Le, Satoshi Hikida, Haruo Yokota
   2011年   [査読有り]
Manh Cuong Nguyen, Daichi Kato, Haruo Yokota, Taiichi Hashimoto
   2011年   [査読有り]
Yousuke Watanabe, Kenichi Otagiri, Haruo Yokota
386   2010年   [査読有り]
Min Luo, Akitsugu Watanabe, Haruo Yokota
49   2010年   [査読有り]
Min Luo, Haruo Yokota
182   2010年   [査読有り]
高橋 昭裕, 梁 文新, 横田 治夫
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   93(6) 795-804   2010年6月
近年,XMLデータベースの格納や検索処理のためにXML木の各ノードに構造ラベルを付ける研究が注目されている.XML文書の更新が起こる場合,単純なラベリング手法では更新コストが高くなる.そこで,文書更新時のコスト低減を目的としたDO-VLEIラベリング手法と,DO-VLEIラベルの格納容量削減を目的とした圧縮bit列DO-VLEIが提案されている.本論文では圧縮bit列DO-VLEIコードを用いたXML問合せを実現するために,ラベルから構造問合せ処理に必要となる情報を抽出する手法を提案する....
高橋 昭裕, 梁 文新, 横田 治夫
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition)   93(6) 795-804   2010年6月
近年,XMLデータベースの格納や検索処理のためにXML木の各ノードに構造ラベルを付ける研究が注目されている.XML文書の更新が起こる場合,単純なラベリング手法では更新コストが高くなる.そこで,文書更新時のコスト低減を目的としたDO-VLEIラベリング手法と,DO-VLEIラベルの格納容量削減を目的とした圧縮bit列DO-VLEIが提案されている.本論文では圧縮bit列DO-VLEIコードを用いたXML問合せを実現するために,ラベルから構造問合せ処理に必要となる情報を抽出する手法を提案する....
高山 一樹, 横田 治夫
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   93(3) 241-252   2010年3月
ネットワークストレージにおけるセキュリティと性能の両立は極めて重要な課題である.セキュリティを保つためにデータを暗号化して格納するネットワークストレージにおいて,一部利用者のアクセス権が失効した場合,再暗号化が必要となる.これまでの手法では,セキュリティを十分確保するために再暗号化の間アクセスができずサービスの質を確保できなかった.我々は複製をもつ暗号化データ格納ストレージにおける再暗号化手法としてBA-Revを提案している.BA-Revは複製データをあらかじめ異なる暗号鍵で暗号化し,失効...
Ben Lakhal Neila, Kobayashi Takashi, Yokota Haruo
Vldb Journal   18(1) 1-56   2009年   [査読有り]
Kazuki Takayama, Haruo Yokota
Ieee 15th Pacific Rim International Symposium on Dependable Computing, Proceedings   151-158   2009年11月   [査読有り]
高山 一樹, 横田 治夫
日本データベース学会論文誌   7(3) 43-48   2008年12月
武部 浩明, 小澤 憲秋, 勝山 裕, 横田 治夫, 直井 聡
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   91(9) 2280-2292   2008年9月
e-Learningが普及しつつあり,複数のメディアを有機的に統合したe-Learning向け教育コンテンツのニーズが大きくなってきた.講義動画とプレゼンテーション資料のスライドを同期させて再生する講義動画同期コンテンツを作成するためには,講義動画中のスライドが切り換わるタイミングを検出する作業が必要であり,大きなコストがかかっていた.そこで,この問題を解決するために,文字認識技術を用いて,講義動画の各フレームとプレゼンテーション資料の各スライドをオフラインで自動的に同期づける手法を提案す...
小林 大, 横田 治夫
情報処理学会論文誌   49(6) 2054-2069   2008年6月
スケーラブルで堅牢な大規模ストレージシステム構築のため,高機能並列ストレージシステムが注目されている.当該システムでは要求される様々な性能品質を維持するためのデータ管理が必要であるが,システムの大規模化,複雑化にともない管理コスト上昇が問題となる.時間的に変動する負荷に対する可用性維持のためのアクセス負荷均衡化は要求応答性能維持のための重要な管理項目である.動的負荷均衡化をデータマイグレーションによるデータ再配置によって行う手法は管理コスト低減に有用である.しかしながら,再配置がシステム処...
加藤 英之, 小林 隆志, 横田 治夫
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   91(4) 993-1003   2008年4月
ワークフロー管理システムでは,アクティビティを適切に割り当てることが処理効率の改善につながる.本研究では,近年注目されているWebサービスを用いたワークフローに着目し,その特徴を考慮したアクティビティの割当方法を提案する.Webサービスを前提とすると,一つのWebサービスが特定のワークフローエンジンのみから利用されるとは限らないため負荷状況を正確に把握できない.提案手法では,Webサービスの過去の処理履歴を利用して負荷状況を推定し,処理負荷サイズを考慮してアクティビティを効率良く割り当てる...
小林 大, 横田 治夫
情報処理学会論文誌. データベース   49(7) 29-43   2008年3月
並列ストレージシステムにおける性能維持では,アクセス負荷の時間的変化に対するストレージノード間のアクセス負荷均衡化を迅速に行うことが肝要である.しかし動的負荷均衡化をデータマイグレーションによるデータ再配置によって行う手法は,システム処理能力の一部を使用するため短期的に応答性能保証が困難となる.本論文では,データマイグレーションによる負荷均衡化と応答性能維持の両立を目指す.提案する手法では,他のノード中に格納される複製データを用いたデータ移動経路選択およびアクセス回送を,各ノードの許容最大...
仲野 亘, 小林 隆志, 直井 聡, 横田 治夫
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   91(3) 654-666   2008年3月
我々はこれまで,講義・講演における撮影動画と発表資料をメタデータにより疎結合した統合コンテンツとして蓄積し,その特性を利用した高度なシーン検索を提供するUPRISE (Unified Presentation slide Retrieval by Impression Search Engine)を提案してきた.更に講師が発話した音声情報を利用することで,シーン検索をより効果的に行う手法も提案してきた.本論文では,シーン検索精度を改善するために,講師が用いたレーザポインタの情報を活用し,レ...
渡部 徹太郎, 小林 隆志, 横田 治夫
日本データベース学会letters   6(2) 65-68   2007年9月
山元 理絵, 小林 大, 吉原 朋宏, 小林 隆志, 横田 治夫
情報処理学会論文誌. データベース   48(11) 38-48   2007年6月
近年,Webサイトによる情報発信の重要性から,ユーザのニーズに適したサイト構築や情報提供の要求が高まってきている.WebアクセスログをWebページ推薦に用いる方法は,クライアント側に手を加える必要がなく有用であるが,これまで提案されている手法では,頻出アクセスパターンとわずかでも外れると適切な推薦ができない,あるいは順序を考慮できないといった問題点があった.我々は,それらの問題を解決するために,WebアクセスログがらLCS (Longest Common Subsequences)を抽出し...
中野 真那, 小林 大, 渡邊 明嗣, 横田 治夫
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   90(2) 349-358   2007年2月
並列分散ストレージシステムを効率的に利用するためには,各ストレージ装置のアクセス負荷と記憶空間利用率が均衡化されることが望ましい.本論文では,並列分散ストレージ上でバージョン管理を行う場合に,新旧バージョンのアクセス頻度の差を利用することで,上記の均衡化を両立させるCOBALTを提案し,その評価結果を報告する.COBALTでは,アクセス頻度の高い最新バージョンのファイル移動でアクセス負荷の均衡化を行い,相対的にアクセス頻度の低い旧バージョンのファイル移動で記憶空間利用率の均衡化を行う.その...
岡本 拓明, 仲野 亘, 小林 隆志, 直井 聡, 横田 治夫, 岩野 公司, 古井 貞煕
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   90(2) 209-222   2007年2月
我々は,講義・講演のビデオとその中で使われたスライドをメタデータによりプレゼンテーションコンテンツとして蓄積するとともに,そのプレゼンテーションコンテンツの特性を考慮したシーン検索機能を有するUPRISE(Unified Presentation slide Retrieval by Impression Search Engine)を提案してきた.これまでUPRISEでは,スライド構造やスライドの提示時間,前後のシーンのコンテクストなどをその検索機能に利用してきた.本論文では,シーン検索...
小林 大, 田口 亮, 横田 治夫
日本データベース学会letters   5(2) 33-36   2006年9月
LIANG WENXIN, YOKOTA HARUO
情報処理学会論文誌. データベース   47(8) 47-57   2006年6月
XML is widely applied to represent and exchange data on the Internet. However, XML documents from different sources may convey nearly or exactly the same information but may be different on structures. In previous work, we have proposed LAX (Leaf-...
加藤 英之, 小林 隆志, 横田 治夫
日本データベース学会letters   5(1) 161-164   2006年6月
渡邊 明嗣, 横田 治夫
日本データベース学会letters   4(2) 69-72   2005年9月
   2009年   [査読有り]
Wenxin Liang, Akihiro Takahashi, Haruo Yokota
7   2009年   [査読有り]
Hieu Hanh Le, Thitiporn Lertrusdachakul, Tetsutaro Watanabe, Haruo Yokota
   2008年9月   [査読有り]
Wenxin Liang, Haruo Yokota
   2008年7月   [査読有り]
Wenxin Liang, Takeshi Miki, Haruo Yokota
508   2008年   [査読有り]
Do Ngoc HUNG, Yutaka Katsuyama, Haruo Yokota, Satoshi Naoi
   2008年   [査読有り]
Many scenes in recent TV programs display rich text information on the screen as Television Opaque Projectors or telops. Such telops are useful for obtaining information about the scene, or in searching for scenes using keywords. However, the qual...
Le Hieu Hanh, Lertrusdachakul Thitiporn, Watanabe Tetsutaro, Yokota Haruo, Tjoa AM, Wagner RR
590-594   2008年   [査読有り]
Tetsutaro Watanabe, Takashi Kobayashi, Haruo Yokota
14   2008年   [査読有り]
Dai Kobayashi, Ryo Taguchi, Haruo Yokota
   2007年4月   [査読有り]
Akihiro Takahashi, Wenxin Liang, Haruo Yokota
   2007年   [査読有り]
Yoshihara Tomohiro, Kobayashi Dai, Yokota Haruo
Ieice Transactions on Information and Systems   E90D(8) 1213-1224   2007年   [査読有り]
Yamazaki Hiroki, Iwano Koji, Shinoda Koichi, Furui Sadaoki, Yokota Haruo, ISCA
Interspeech 2007: 8th Annual Conference of the International Speech Communication Association, Vols 1-4   89-92   2007年   [査読有り]
Wu Yangyang, Lei Qing, Luo Wei, Yokota Harou, Perner P
4571 899-910   2007年   [査読有り]
Kazuki Takayama, Dai Kobayashi, Haruo Yokota
   2007年   [査読有り]
Kobayashi Dai, Taguchi Ryo, Yokota Haruo, IEEE
2007 IEEE International Workshop on Databases for Next Generation Researchers   55-60   2007年   [査読有り]
Wenxin Liang, Xiangyong Ouyang, Haruo Yokota
   2007年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
ファイルイベント監視とホワイトリストに基づく攻撃プロセス検知
山下 慧, Hieu Hanh Le, 横田 治夫
第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, I6-5   2018年3月   
システム規模を伸縮させるHDFSのQoS向上
中田 良祐, Hieu Hanh Le, 横田 治夫
第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集, H6-3   2018年3月   
SCMを想定した行単位更新の列指向DBへの反映手法
塩井 隆円, 横田 治夫
第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集, C6-1   2018年3月   
改竄への耐性と人の繋がりを表すグラフ更新の反映を可能とするアクセス権制御手法
宮沢 駿輔, 平田 拓三, Hieu Hanh Le, 横田 治夫
第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, F7-3   2018年3月   
プロキシ再暗号化と検索タグを用いた範囲クエリ可能な秘匿情報の耐結託共有手法
平田 拓三, 宮沢 駿輔, Hieu Hanh Le, 横田 治夫
第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, F7-4   2018年3月   
典型的医療指示シーケンスの共通部分検出とその可視化
本田 祐一, 串間宗夫, 山崎友義, 荒木賢二, 横田治夫
第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集   2017年3月   
デバイス性能モデルを用いた制御による階層型ハイブリッド・ストレージ・システムのアクセス性能向上
飯澤 健, 相坂 勇気, 横田 治夫, 小沢 年弘
第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集   2017年3月   
デバイスミックスストレージシステムにおけるアクセス情報を利用したファイルの再配置
相坂 勇気, 飯澤 健, 小沢 年弘, 横田 治夫
第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集   2017年3月   
システム規模を伸縮させるHDFSにおけるデータ移行中のリクエスト応答調整
杉山 翔一郎, Le Hieu Hanh, 横田 治夫
第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集   2017年3月   
コンパクトなトライ木表現を用いた多次元部分集約手法の提案
西村 祥治, 横田 治夫
第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集   2017年3月   
SCMの利用を想定したOLAP高速化のための列指向バッファ更新用インデックスの提案
塩井 隆円, 横田 治夫, 波多野 賢治
第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集   2017年3月   
QUILTS: クエリアウェアでスキュートレラントな空間充填曲線を用いた多次元データ分割フレームワーク
西村 祥治, 横田 治夫
第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集   2017年3月   
電子カルテの投薬履歴における薬効に着目した医療行為パターンの抽出
浦垣啓志郎, 保坂 智之, 荒堀 喜貴, 串間 宗夫, 山崎 友義, 荒木 賢二, 横田 治夫
第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集   2016年3月   
階層的なアクセスレベル制御を行うRDFデータに対する集約計算結果の推定
三上 英明, 杉原 弘祐, 横田 治夫
第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集   2016年3月   
医療履歴の時系列解析におけるシーケンス間類似度評価による時間間隔調整の導入
保坂 智之, 浦垣啓志郎, 荒堀 喜貴, 串間 宗夫, 山崎 友義, 荒木 賢二, 横田 治夫
第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集   2016年3月   
プロキシ暗号を用いた被災者情報アクセス制御手法の評価
杉原 弘祐, 三上 英明, 横田 治夫
第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集   2016年3月   
アクセス時間に基づいた次アクセス予想によるデバイスミックスストレージシステムの制御手法
新屋敷裕太, 飯澤健, 小沢 年弘, 荒堀 喜貴, 横田 治夫
第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集   2016年3月   
XML類似性に着目した抽象タスク間ワークフローに基づくファイル操作推薦手法
鈴木凌太郎, 横田治夫
第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集   2016年3月   
階層ストレージシステムに向けたワークロードのブロックアクセス分析に関する考察
新屋敷裕太, 飯澤 健, 小沢 年弘, 荒堀喜貴, 横田治夫
信学技報 DE2015-12   2015年8月   
メニーコア環境における関係表分割アルゴリズムを用いたハッシュ結合演算の評価
中澤 正和, 西 方, 荒堀 喜貴, 横田 治夫
第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集   2015年3月   
データやユーザの効率的な追加・削除が可能な秘匿情報アクセス手法
児玉 快, 横田 治夫
第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集   2015年3月   
電子カルテシステムのオーダログデータ解析による医療行為の支援
佐々木 夢, 荒堀 喜貴, 串間 宗夫, 荒木 賢二, 横田 治夫
第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集   2015年3月   
MapReduceによる大規模なRDFデータ復号化手法の評価
Vu Tuan Dat, 横田 治夫
第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集   2015年3月   
SIBM - 避難場所情報に対するRDFデータセットベンチマークツール
グエン ホアイ ナム, 荒堀 喜貴, 横田 治夫
第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集   2015年3月   
遠隔カメラ側でのフレーム選択を用いた時刻指定動画再生システム
奥村 開里, 荒堀 喜貴, 渡辺 陽介, 横田 治夫
2014年3月   
カメラの低価格化,ネットワークの整備,防犯意識の高まりなどの理由から定点カメラの設置が進んでいるが,多数の遠隔カメラから動画データを集約再生する場合には,最新の動画圧縮技術を用いても,転送・保存のコス
トが問題となる。一方,半導体不揮発メモリが安価に入手できるようになり,遠隔カメラ側で一時的に動画を保存することも可能となってきている。本研究では,遠隔カメラ側に小容量に動画データのキャッシュを用意し,集約サーバ側と協調させることで,動画データの転送・保存のコストを下げて指定した時刻の動画を品...
情報利得を用いたラベル選定に基づくマルチクラスタリング手法の評価
加藤 大智, 渡辺 陽介, 横田 治夫
2014年3月   
インターネットの普及などによるデータ量の増加から,大量のファイルを高精度で分類することが求められている.しかし教師なしのクラスタリングでは利用者の意図しない分類になることが多い.そこでファイル毎に付与されたキーワードを利用することを考える.本研究では,クラスタリング精度向上のため,キーワードの中から分類のラベルとして適するものを情報利得を指標として選定する.この結果を基にキーワードがないファイルをSVMに基づく半教師付きクラスタリング手法を用いて分類する.2 値クラスタリングの結果をマルチ...
電子カルテシステムの操作ログデータの時系列分析による頻出シーケンスの抽出
牧原 健太郎, 荒堀 喜貴, 渡辺 陽介, 串間宗夫, 荒木賢二, 横田 治夫
2014年3月   
近年の医療の現場では電子カルテの普及が進み、医療の効率化がなされている。しかし、電子カルテの活用という点においては未だ研究段階であり、蓄積された電子カルテに関するデータを分析して医療の補助とすることで、さらなる効率化を目指す事が考えられる。そこで本研究では、電子カルテの操作ログデータから医療行為の実施手順を分析し、その頻出シーケンスを抽出して医療の現場に役立てることを目標とする。ある病気に対して行われる処置・検査の典型的な流れはクリニカルパスと呼ばれる。電子カルテの操作ログ分析によって得ら...
データストリームに対する連続的問合せの動的変更機能の提案
渡辺 陽介, 横田 治夫
情報処理学会第76回全国大会講演論文集   2014年3月   
引田 諭之, 小栗 寛生, 横田 治夫
情報処理学会第76回全国大会講演論文集   2014年3月   
リアルタイム電力計測に基づくストレージの省電力化手法の実装と評価
小栗 寛生, 引田 諭之, 渡辺 陽介, 横田 治夫
2013年3月   
近年の爆発的な情報量の増加により,ハードディスクを含むストレージシステムが大規模化し,それに伴うストレージシステムの消費電力の増加が問題となっている.そこで消費電力を抑えるためにいくつかの省電力化手法が提案されているが,既存の手法はディスクの実際の消費電力の変動等は利用しておらず,実消費電力量に基づいてディスクの構成や動作を決めるといったアプローチは採られていない.そこで本研究では,複数のディスクの消費電力をリアルタイムに測定できる環境を構築し,実際に測定したリアルタイムなディスクの消費電...
分散インデックス手法の負荷分散処理比較のための共通フレームワークの構築
徳田聡介, 渡辺陽介, 横田治夫
2013年3月   
MapReduceによる大規模な並列XML類似検索手法の評価
ヴートゥアン ダット, 渡辺 陽介, 横田 治夫
2013年3月   
XML はデータ交換や蓄積のためのフォーマットとして,企業や組織においてOce Open XML,XHTMLなどで様々な形で多く利用されている.データの爆発的増加に伴い,複数のXML 木の中から類似したXML 木を探し出すことが重要になっている.既存の高速な類似度計算アルゴリズムとしてLAX があるが,それでも膨大なデータに対して処理時間がかかる.そこで本稿では,大量のXML 木に対応するため,MapRedue フレームワークを用いてLAX の並列化アルゴリズムを提案する.MapReduc...
大規模なXML類似検索のためのMapReduceによる並列化手法の提案
ヴートゥアン ダット, 渡辺陽介, 横田治夫
2013年3月   
宋強, 川端貴幸, 伊藤史朗, 渡辺陽介, 横田治夫
2013年3月   
情報の増加により,大量のファイル群から必要なものを探すコストが増大している.我々の研究グループでは,ファイルアクセスログを解析することで,頻繁に発生するファイル群へのアクセス系列をワークフローとして抽出し,利用者の必要なファイルをワークフローに基づいて推薦するシステムを研究・開発してきた.アクセスログ中には,同一の目的や手順で操作されたにも関わらず,個々のファイル名の一致しないアクセス系列が多く出力される.本稿では,そのような完全一致しないアクセス系列群を抽象化し,一つのワークフローとして...
ディスクの消費電力データストリームを用いたストレージの省電力化手法
小栗寛生, 引田諭之, 渡辺陽介, 横田治夫
2013年3月   
複数分散インデックス共通化フレームワーク上での負荷分散処理の比較
徳田 聡介, 渡辺 陽介, 横田 治夫
2013年3月   
近年データセンター等でのデータ量が爆発的に増え、大量のデータを複数の計算機で管理する分散インデックス手法が数多く提案されている。各手法を一から実装することは開発者にとって労力を要するため、これまで各分
散インデックス手法は共通環境での比較は十分にされてこなかった。そこで、我々は分散インデックス手法の実装を容易にする共通フレームワークを構築している。分散環境において、特定の計算機がボトルネックとならないようにするために負荷分散が重要であり、分散インデックス手法での対応が必要となる。本研究では...
引田諭之, re-han, 横田治夫
情報処理学会第75回全国大会   2013年   
情報量の爆発的増加に伴い大規模化するストレージにおいて,増大する消費電力量の抑制は重要な課題である.我々はこれまでにストレージ省電力化手法であるRAPoSDA(Replica Assisted Power Saving Disk Array) を提案してきた.RAPoSDA では可用性確保のためにプライマリ・バックアップ構成を採用してデータを二重化し,個々のディスクの回転状況を考慮したアクセスによって省電力化を実現している.本研究では可用性をより高めるためにデータを三重化以上にした場合に,...
引田諭之, Hieu Hanh Le, 横田治夫
2013年   
IT機器の発達やクラウドサービスの普及等で大量のデータを格納する大規模ストレージが要求されるようになり,ストレージ自身の消費電力量の増加を抑制することは重要な課題となっている.我々はこれまでにストレージ省電力化手法であるRAPoSDA を提案し,その有効性を検証してきた. RAPoSDA では可用性確保のためにデータをプライマリ・バックアップ構成で二重化しているが,可用性を向上させるためには更なる多重化の検討も必要である.本研究ではデータを三重化以上として構成する際に,データ配置方法やアク...
渡辺陽介, 横田治夫
研究報告情報基礎とアクセス技術(IFAT)   2012年7月25日   
ストリームデータの増加に共に伴い,ストリームデータに対する問合せ処理が重要となってきている.情報源の種類も多様化し,複数の情報源から到着するストリームデータ同士の統合処理は特に需要が高くなっている.ストリームの統合を実現する演算はウインドウ結合と呼ばれており,時間幅や列数で定義されたスライディングウインドウにより処理対象を最新のデータに限定した結合処理を行う.結合処理を高速に実行するための既存のアプローチとして,分散環境を用いた処理の並列化が提案されており,スループットの改善が行われている...
Nguyen ManhCuong, 橋本 泰一, 横田 治夫
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   2011年7月26日   
本研究の目的は,インターネットに公開された論文情報から研究者の研究履歴を自動的に生成することである.既存の研究では、関連する論文集合を発見するために,論文のメタ情報の類似性に注目するk平均法クラスタリングを利用していた.しかし,クラスタリングの精度が低いことが問題であった.本研究では、マージン最大化クラスタリング用いて論文をクラスタリングする手法を提案する.マージン最大化クラスタリングは,クラスタリングアルゴリズムとして比較的精度が高いことが近年の研究で報告されている.しかし,学習をはじめ...
近藤 直樹, 羅 敏, 渡辺 陽介, 横田 治夫
研究報告 情報基礎とアクセス技術(IFAT)   2011年7月26日   
データが爆発的に増加し、データを複数の計算機で管理するようになってきている。分散されたデータへのアクセスを効率化するためにインデックスを用いるが、インデックスを集中管理すると負荷が増大する。そこで分散インデックスという手法が提案されている。また、データアクセスにおいては属性値の範囲内に入るデータを検索する範囲問合せというデータアクセスがよく行われ、複数の計算機にデータが分散されても効率よく検索できることが要求されている。そのような範囲問合せ可能な分散インデックスが新たに提案されている。しか...
入谷 優, 横田 治夫
研究報告 情報基礎とアクセス技術(IFAT)   2011年7月26日   
データ量の増加に伴いストレージの省電力化が大きな課題となっている.この問題に対し,参照頻度の高いデータと低いデータで使用するディスクを変更し,参照頻度の低いデータを格納するディスクの回転を停止することで消費電力を削減する手法が幾つか提案されている.しかし,ディスクが多数存在する場合,直近でのアクセスが無かったデータを参照して作業を行う際に,多数のディスクがスピンアップし,アクセス遅延と消費電力が増大する可能性が有る.この問題に対し我々は,ファイルアクセスが近い時間で共起しているファイル同士...
渡辺 陽介, 勝山 裕, 直井 聡, 横田 治夫
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   2011年5月30日   
動画データの増加に伴い,動画データに対するシーン検索の要求が高まっている.我々の研究グループでは,動画内のテロップ情報に着目し,テロップ文字列や出現時間からメタデータを生成してシーン検索を行うシステムを開発してきた.本稿では文字列や出現時間以外に,色や位置の情報も特徴量として考慮し,さらにメタデータ生成に機械学習の手法を取り入れる.学習用動画のテロップに対して人手で会話字幕や見出し等のテロップ表示意図のクラス分けを行い,テロップ用のクラス分類器を生成する.未知の動画のテロップに分類器を適用...
宋強, 渡辺陽介, 横田治夫
全国大会講演論文集   2011年3月2日   
近年、Web上にある情報が大幅に増加しており、Web上の情報を閲覧しながら、ファイル編集を行うことは日常的になっている。しかし、ユーザが過去のある作業に対して、作業を行った間に参考にしたWebページ群を知りたい場合、ファイルとWebページの間の関係が分からなければ、その作業に関連するファイル群とWebページ群を一緒に探すことが困難である。本研究の目的は、同一作業で使用されたファイル群と参照したWebページ群を関連づけて、一つのセットとして、ユーザに提示することである。このために、ファイルの...
小林径, 横田治夫
全国大会講演論文集   2011年3月2日   
XML文書に対するキーワード検索は有用であるが,それを行う際には,全検索語を含む適切な部分木を抽出することが重要である.その方法の1つとして,VLCAを根とする部分木を抽出する方法が提案されているが,既存の抽出手法はその性能に問題がある.本稿では,ノードと索引付けされるノード間に出現するXMLタグ名の情報を格納する索引において,大きくなる索引サイズを削減する構成方法を検討する.同一ノードに対するシグネチャの重複配置を無くす方法,同一ノードの情報の重複配置を無くす方法,並びにXMLノードのシ...
呉怡, 渡辺陽介, 横田治夫
全国大会講演論文集   2011年3月2日   
近年、個人が扱うファイルの数が日々増加しており、ファイルの内容やファイル間の関係を把握することが困難である。また、ファイル内のテキスト情報をもとにファイルを探索するデスクトップサーチは、文書を含まないファイルには有効ではない。そこで、本研究ではユーザによる参照・書込などの基本操作に加え、改名・移動・コピー(RMC)操作を含むファイルアクセスログを考慮して関連ファイルを発見する。まずアクセスログに基づき、タスクごとに使用されたファイル群を抽出する。次にRMC操作を考慮したタスク間関連度を用い...
引田諭之, 横田治夫, HieuHanhLE
全国大会講演論文集   2011年3月2日   
ストレージシステムの省電力化への取り組みは,近年におけるデータセンター<br />の消費電力量増加の問題に対する重要な課題の一つとなっている.我々はこれ<br />までに,プライマリ・バックアップ構成を有効活用した省電力化手法として<br />RAPoSDAを提案し,概算式による消費電力量の見積もりによってその効果を確<br />認してきた.本研究ではワークロードを用いたシミュレーション実験によって,<br />概算式では検証しきれなかったアクセスが時間的に変化した場合における省電<br ...
入谷優, 横田治夫
全国大会講演論文集   2011年3月2日   
データベースに必要なディスク数の増大や環境意識の高まりによって,データベースを維持するストレージの消費電力が問題となっており,データベースの高速化と省電力化の両立は重要な課題である.これに対し,アクセス頻度の高いデータを高速なディスクに,低いデータを消費電力の小さいディスクに配置する手法が存在するが,データベースのインデックスと関連させた研究は十分になされていない.そこで本研究では,アクセス頻度に関する情報を付与したインデックスによる省電力化手法を提案する.提案手法では,インデックスから得...
HIEUHANHLE, 引田諭之, 横田治夫
全国大会講演論文集   2011年3月2日   
Recently, the concept of power-proportional has been gradually widely-recognized as one of important characteristics of storage system. In such systems, the power level of nodes can be managed to provide proportional power-performance ratio corres...
羅敏, 横田治夫
全国大会講演論文集   2011年3月2日   
In this paper, we introduce a parallel DBMS based on Fat-Btree and PostgreSQL. Because the high cash hit rates and low update synchronization cost in the Fat-Btree index, our DBMS has a good scalability and data accessing efficiency. In addition, ...
渡辺 陽介, 勝山 裕, 直井 聡, 横田 治夫
研究報告データベースシステム(DBS)   2010年11月5日   
動画データの録画・蓄積環境の進歩により,大量のビデオデータを扱うことが容易になってきた.我々の研究グループでは語学番組を対象に,録画した番組の中からキーワードに関連したシーンを検索するシステムを開発している.本システムの特徴として,番組中に出現するテロップ情報の活用が挙げられる.テロップの出現間隔からシーン間の区切りを検出し,テロップ文字列をシーンの索引語として用い,テロップの出現頻度・出現時間からシーンの役割を推定している.テレビ番組データにおいて利用可能なテロップ以外の情報として,話者...
小林 径, 横田 治夫
研究報告データベースシステム(DBS)   2010年7月28日   
XML 文書に対するキーワード検索は利点が多いが,適切な出力部分木を抽出することが重要である.XML タグに出現する語を考慮することで,精度,F 値の面で優れる部分木を抽出する VLCA を根とする手法が提案されている.しかし,これまで提案されている VLCA 探索手法ではキーワードが増えた場合の抽出手法の性能に問題があった.我々は効率的な VLCS 探索のための索引構築手法として BitMapKBSI 法を提案し,性能改善の効果を示している.ただ,これまでの実現方法では索引の容量の面で課...
引田 諭之, LEHieuHanh, KohKaiHung, 横田 治夫
研究報告データベースシステム(DBS)   2010年7月28日   
近年データセンター等の消費電力量の増加に伴い,ストレージシステムの省電力化が重要な課題となっている.我々はこれまでに RAPoSDA というストレージシステムの省電力化手法を提案しており,さらに消費電力量を見積もるための概算式を構築してその効果を検証してきた.概算式ではワークロードを与えた場合での省電力効果や性能に関しては評価が出来なかったため,今回我々はその問題点に対処するためにストレージシステムの省電力効果と性能を評価するシミュレータを作成した.本論文では RAPoSDA について簡単...
呉 怡, 渡辺 陽介, 横田 治夫
研究報告データベースシステム(DBS)   2010年7月28日   
ストレージの大容量化により,ファイルシステム内のファイル数が日々増加しており,膨大なデータに対して手軽に管理できる仕組みが必要になってきた.それに対して,パソコン内におけるデータ検索・ファイル整理を目的とした研究が多く提案されてきたが,全文検索をベースとしたアプローチが多く,検索語を含まないファイルの検索が困難で,再現率の低下が問題となっていた.そこで,本稿ではユーザのファイル操作履歴に加え,RMC 操作を考慮した関連ファイルの発見手法を提案する.提案手法はまず同一作業に使用されたファイル...
引田 諭之, 横田 治夫
全国大会講演論文集   2010年3月8日   
小田切 健一, 渡辺 陽介, 横田 治夫
全国大会講演論文集   2010年3月8日   
呉 怡, 渡辺 陽介, 横田 治夫
全国大会講演論文集   2010年3月8日   
周 清楠, 渡辺 陽介, 勝山 裕, 直井 聡, 横田 治夫
全国大会講演論文集   2010年3月8日   
近藤 直樹, 渡辺 陽介, 横田 治夫
全国大会講演論文集   2010年3月8日   
/ 渡辺 陽介, 横田 治夫, 横田 治夫
全国大会講演論文集   2010年3月8日   
小田切 健一, 渡辺 陽介, 横田 治夫
研究報告データベースシステム(DBS)   2009年7月21日   
近年、個人や企業の扱うファイル数が増加し、ディレクトリ構造だけでは適切に管理しきれなくなっている。そのため、ある作業に関するファイルが複数のディレクトリに分散してしまう事や、他のファイル群に埋もれてしまう事がある。本研究では、そのようなファイル群を発見し、集約して仮想的なディレクトリとして提示することを目的としている。我々の過去の研究ではファイル同士の使用時間の重複回数や時間を数値化し階層的クラスタリングを用いて同一作業のファイル群の発見を行った。しかし、関連ファイルが近い時間に使われてい...
小田切 健一, 渡辺 陽介, 横田 治夫
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   2008年11月24日   
高山 一樹, 横田 治夫
情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告   2008年9月14日   
情報セキュリティの重要性が増大する中で,並列ストレージにおける伝送中データを保護する手法として,データを暗号化して格納しておくencrypt-on-disk方式がある.この方式はデータ転送性能に優れる半面,暗号鍵の更新が必要な場合の処理コストが大きい.encrypt-on-disk方式の高機能ストレージにおいて,再暗号化処理をディスク上で行うことでクライアント側の負担を軽減することができるが,通常の再暗号化手法では一時的に平文が生成される為,情報漏洩の可能性がある.我々は分散ストレージの構...
林 直人, 宮下 英一, 北原 淑行, 小野 裕明, 立石 潔, 仲谷 文雄, 榊間 博, 横田 治夫, 板垣 浩
映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア   2008年8月1日   
フゥン ドウンゴ, 勝山 裕, 直井 聡, 横田 治夫
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   2008年6月12日   
テレビ番組をパーソナルコンピュータやデジタルビデオレコーダーのようなデジタル機器に一旦蓄えてから視聴することを考えると,シーンの検索,番組要約の作成,シーンに対応するWebの情報の提供といった機能が要求される.そのような機能を実現する上で,テロップ(Telops:Television Opaque Projectors)は,そのシーンを強調する内容を短い文字列で的確に表現していることが多いため有用である。しかし,テロップ中の文字は,形状,サイズ,色等のバラエティに富む上,背景が動的に変化す...
並木 悠太, 神戸 康多, 小林 大, 横田 治夫
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   2007年10月8日   
我々は,異なるPE間でデータの配置を動的に変更可能な並列B-tree構造であるFat-Btreeを用いて無共有型の並列データベースシステムを構築する方法を検討している.本稿では,各PEのDBMSとしてPostgreSQLを採用し,その同時実行制御手法であるMVCC (Multi-Version Concurrency Control)のページ内差分情報の扱いを考慮しながら,タプル挿入時のFat-Btreeにおけるページ分割手法について述べる.ページ満杯時に分割を行う方式と,ページ利用率が閾...
高橋 昭裕, 梁 文新, 横田 治夫
情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告   2007年7月2日   
RDBにXML文書を格納することにより,RDBMSの機能が利用可能になるため,XML木の各ノードにラベル付けを行い,RDBへ格納するための研究が注目されている.XML文書の更新が頻繁に起こる場合,単純なラベリング手法では大規模なラベルの付け替えが発生し,更新コストが高くなる.そこで,我々は更新時にラベルの付け替えを必要としないVLEIコードと,Dewey Orderとを組み合わせたラベル付け手法であるDO-VLEIを提案し,更新処理および問い合わせ処理の性能向上を図ってきた.ラベルの格納容...
高橋 昭裕, 梁 文新, 横田 治夫
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   2007年6月25日   
RDBにXML文書を格納することにより,RDBMSの機能が利用可能になるため,XML木の各ノードにラベル付けを行い,RDBへ格納するための研究が注目されている.XML文書の更新が頻繁に起こる場合,単純なラベリング手法では大規模なラベルの付け替えが発生し,更新コストが高くなる.そこで,我々は更新時にラベルの付け替えを必要としないVLEIコードと,Dewey Orderとを組み合わせたラベル付け手法であるDO-VLEIを提案し,更新処理および問い合わせ処理の性能向上を図ってきた.ラベルの格納容...
片居木 誠, 小林 大, 横田 治夫
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   2007年6月25日   
我々は,多様な性能・容量のディスクを含む混在型ストレージシステムにおいて,システム全体の帯域及び容量の利用率の向上を目指している.これまでに均一環境でのアクセス負荷とデータ容量を均衡化させる手法としてAOD法を提案してきたが,本稿では混在環境で帯域と容量の比率(BSR)を均衡化するようにAOD法を拡張する.その場合のデータ配置条件と性質の異なるディスクの配列方法に関して考察する.
並木 悠太, 神戸 康多, 小林 大, 横田 治夫
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   2007年6月25日   
データベースの規模が急激に増大する中で,処理性能を高める手段として並列データベースシステムが存在する.オープンソースDBMSとして広く用いられているPostgreSQLに対する分散化の試みとしては,データ配置を固定し,上位層を設けることで問い合わせを分割する方式等が提案されているが,データ配置を動的に変更可能な分散インデックスを用いたものはこれまでに無い.我々は分散インデックスとしてFat-Btreeを用いて複数のPEに分散したデータを検索する方法を検討し,部分的な試作を行った.実験の結果...
渡部 徹太郎, 小林 隆志, 横田 治夫
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   2007年6月25日   
近年,ファイルシステム内のファイルの数が爆発的に増加しており,既存のファイルシステムでは,利用者が望むファイルを容易に見つけられないという問題点がある.この問題点に対し,デスクトップサーチなどの全文検索による解決策が提案されているが,キーワードに関連していてもキーワードを含まない画像ファイル,データファイル等を探し出すことはできない.特に同一ディレクトリ下に無いような場合には,それらのファイルの検索は困難になる.本稿ではファイルサーバのアクセスログから予めファイル間の関連度を抽出し,キーワ...
横田 治夫
電気学会研究会資料. MAG, マグネティックス研究会   2007年3月9日   
横田 治夫
電子情報通信学会技術研究報告. MR, 磁気記録   2007年3月2日   
ストレージシステム中に格納されるデータ量が爆発的に増加するのに伴い、その管理コストを下げることが急務となっている。これまでサーバー上で管理者が行ってきた様々な管理処理をストレージ装置内で自律的に行うインテリジェントな機能を取り入れることで、管理者の労力を下げ、ストレージ装置の付加価値を高めることができる。本稿では、ネットワークストレージにおいてストレージ装置側で持つべき管理機能に関して検討を行う。分散データ配置制御、容量分散と負荷分散制御、トランザクション制御、サービス品質制御、セキュリテ...
横田 治夫
映像情報メディア学会技術報告   2007年3月   
山崎 裕紀, 岩野 公司, 篠田 浩一, 古井 貞熙, 横田 治夫
情報処理学会研究報告. SLP, 音声言語情報処理   2006年12月21日   
大学などで行なわれる講義に対する音声認識において,講義中に使用されたスライド資料を用い,言語モデルを動的に適応する手法を提案する.認識音声に対応するスライドから抽出した言語情報を適応データとして用いることで適応言語モデルを作成し,認識に用いる.大学で開講された講義を対象として認識性能の評価を行ない,手法の効果を確認した.講義1コース分のスライド全てをグローバルに適応に用いることで,単語誤り率が3.1%削減された.また,キーワード抽出においても性能の改善が見られ, recallにして21.5...
山崎 裕紀, 岩野 公司, 篠田 浩一, 古井 貞煕, 横田 治夫
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声   2006年12月15日   
大学などで行なわれる講義に対する音声認識において,講義中に使用されたスライド資料を用い,言語モデルを動的に適応する手法を提案する.認識音声に対応するスライドから抽出した言語情報を適応データとして用いることで適応言語モデルを作成し,認識に用いる.大学で開講された講義を対象として認識性能の評価を行ない,手法の効果を確認した.講義1コース分のスライド全てをグローバルに適応に用いることで,単語誤り率が3.1%削減された.また,キーワード抽出においても性能の改善が見られrecallにして21.5%の...
山崎 裕紀, 岩野 公司, 篠田 浩一, 古井 貞煕, 横田 治夫
電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション   2006年12月15日   
大学などで行なわれる講義に対する音声認識において,講義中に使用されたスライド資料を用い,言語モデルを動的に適応する手法を提案する.認識音声に対応するスライドから抽出した言語情報を適応データとして用いることで適応言語モデルを作成し,認識に用いる.大学で開講された講義を対象として認識性能の評価を行ない,手法の効果を確認した.講義1コース分のスライド全てをグローバルに適応に用いることで,単語誤り率が3.1%削減された.また,キーワード抽出においても性能の改善が見られrecallにして21.5%の...
江尻 革, 太田 光彦, 吉原 朋宏, 小林 大, OUYANG Xiangyong, 田口 亮, 横田 治夫
電子情報通信学会技術研究報告. DC, ディペンダブルコンピューティング   2006年10月11日   
映像のようなリアルタイム性,連続性を有するデータを扱うストレージシステムにおいては,処理のリアルタイム性および,サービスの継続性が重要な要件になる.本報では,自律分散型ストレージシステムである「自律ディスク」において,性能と特に障害発生時の可用性の向上について,改善設計・提案を行ったので報告する.
小林 大, 田口 亮, 横田 治夫
電子情報通信学会技術研究報告. DC, ディペンダブルコンピューティング   2006年10月11日   
データマイグレーションは分散ストレージにおけるアクセス負荷分散を行う技術として有用である.しかし,同時にデータマイグレーション自身の起こす負荷によって短期的にはシステムの性能が劣化する.本稿では,並列ストレージの挙動を模擬するシミュレーションプログラムを構築し,大規模なWEBサーバから採取されたアクセス履歴を元に構成された,より現実に近いワークロード下において,値域分割とデータマイグレーションを併用した際の性能に対する影響の調査結果を報告する.実験により,データマイグレーションによる負荷の...
奥田 治雄, 山田 洋, 岡本 好弘, 宮下 英一, 三田 英明, 宗片 比呂夫, 小野 裕明, 中川 活二, 山本 学, 仲谷 文雄, 齋藤 昇三, 横田 治夫
映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア   2006年8月1日   
吉原 朋宏, 小林 大, 田口 亮, 横田 治夫
情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告   2006年7月13日   
B-linkは単一Btree上で優れた並行性制御が実現できることが知られている.B-linkは,サイドポインタにより隣のインデックスノードにリンクをもっている.サイドポインタがあることにより,ラッチカップリングを用いず,単一ノードラッチによる並行性制御を行うことができる.しかし,並列Btree全体へB-linkを適用し,サイドポインタの一貫性保持することは難しい.本稿では,B-linkを用いた並列Btree構造Fat-Btreeにおける新たな並行性制御手法を提案する.B-linkを用いるこ...
小林 大, 田口 亮, 横田 治夫
情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告   2006年7月13日   
情報爆発時代の高度なデータ管理要求を実現するため,ストレージシステムは大規模化,複雑化しており,その管理コストの上昇が問題となっている.特にデータを扱う利用者,アプリケーション,システム管理者が,要求仕様を記述する際,システムの内部動作の記述を強制されるのは非常にコストが高い.一方で,ストレージシステムが自律動作を行う上で,利用履歴のみから性能要求を満たすための自律管理に必要な情報を推定・取得することは常に困難である.本稿では,近年注目されているデータのライフサイクル情報に着目し,ユーザあ...
仲野 亘, 小林 隆志, 勝山 裕, 直井 聡, 横田 治夫
情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告   2006年7月12日   
我々はこれまで,講義・講演における資料とその撮影動画をメタデータによる統合コンテンツとして蓄積し,その特性を利用して高度なシーン検索を提供するUPRISEを提案してきた.本稿では,UPRISEの検索機能の精度をより向上させるために,これまで検索に利用してきた講師が用いるレーザーポインタ情報から,スライド中の文字列を強調する目的以外で行われたレーザーポインタ照射を除去することを試みる.スライド中および音声中の検索語出現状況に基づいてレーザーポインタ情報をフィルタリングすることで,検索に有用な...
三木 健士, 横田 治夫
情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告   2006年7月12日   
XML文書の中から与えられた複数のキーワードを全て含む部分文書を高速に抽出する手法として、スーパーインポーアドコードを利用した手法を提案する。XML木の葉ノード毎に割り当てたbit列を階層構造でスーパーインポーズすることで、複数キーワードが全て含まれる部分木の親を判定する。さらに、木のノードにDewey Orderのラベルを付け、キーワードに対応する葉ノードのDewey Orderのラベル間の共通部分検出で共通親を探す方法、その手法とスーパーインポーズドコードを組み合わせた手法、スーパーイ...
山元 理絵, 小林 大, 小林 隆志, 横田 治夫
情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告   2006年7月12日   
近年,Webサイトによる情報発信の重要性から,WWWは拡大を続け,ユーザのニーズに適したサイト構築や情報提供の要求が高まってきている.そこで,本稿ではLCS(Longest Common Subsequences)を用いたアクセスログ解析を行い,そこから発見されるパターンからユーザのアクセス行動を予測し推薦する方法について検討する.ユーザの初期のアクセス情報から,以降にアクセスされるページを推薦するため,多種多様なユーザのアクセスパターンの中で共通する傾向を抜き出し,アクセスの全体的な順序...
越智 悠太, 小林 隆志, 横田 治夫
情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告   2006年7月12日   
近年,Web上や情報リポジトリ上で流通するデータの数の爆発的な増加にともない,各個人が扱わなければならないデータの数や,管理しなければならないデータの数が爆発的に増加している.このため,各個人が大量のデータから必要なデータを探しやすくするためのデータの整理方法が必要である.本研究の目的は,複数のデータ間の順序構造に着目して,大量のデータに対して多様な順序ビューを提供することでデータを探しやすくすることである.本稿では,複数のデータ間の順序構造を取り扱うためのデータモデルである順序型付き多重...
仲野 亘, 小林 隆志, 勝山 裕, 直井 聡, 横田 治夫
情報処理学会研究報告. DBS,データベースシステム研究会報告   2006年7月12日   
我々はこれまで,講義・講演における資料とその撮影動画をメタデータによる統合コンテンツとして蓄積し,その特性を利用して高度なシーン検索を提供するUPRISEを提案してきた.本稿では,UPRISEの検索機能の精度をより向上させるために,これまで検索に利用してきた講師が用いるレーザーポインタ情報から,スライド中の文字列を強調する目的以外で行われたレーザーポインタ照射を除去することを試みる.スライド中および音声中の検索語出現状況に基づいてレーザーポインタ情報をフィルタリングすることで,検索に有用な...
吉原 朋宏, 小林 大, 田口 亮, 横田 治夫
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   2006年7月7日   
B-linkは単一Btree上で優れた並行性制御が実現できることが知られている.B-linkは,サイドポインタにより隣のインデックスノードにリンクをもっている.サイドポインタがあることにより,ラッチカップリングを用いず,単一ノードラッチによる並行性制御を行うことができる.しかし,並列Btree全体へB-linkを適用し,サイドポインタの一貫性保持することは難しい.本稿では,B-linkを用いた並列Btree構造Fat-Btreeにおける新たな並行性制御手法を提案する.B-linkを用いるこ...
小林 大, 田口 亮, 横田 治夫
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   2006年7月6日   
情報爆発時代の高度なデータ管理要求を実現するため,ストレージシステムは大規模化,複雑化しており,その管理コストの上昇が問題となっている.特にデータを扱う利用者,アプリケーション,システム管理者が,要求仕様を記述する際,システムの内部動作の記述を強制されるのは非常にコストが高い.一方で,ストレージシステムが自律動作を行う上で,利用履歴のみから性能要求を満たすための自律管理に必要な情報を推定・取得することは常に困難である.本稿では,近年注目されているデータのライフサイクル情報に着目し,ユーザあ...
越智 悠太, 小林 隆志, 横田 治夫
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   2006年7月5日   
近年,Web上や情報リポジトリ上で流通するデータの数の爆発的な増加にともない,各個人が扱わなければならないデータの数や,管理しなければならないデータの数が爆発的に増加している.このため,各個人が大量のデータから必要なデータを探しやすくするためのデータの整理方法が必要である.本研究の目的は,複数のデータ間の順序構造に着目して,大量のデータに対して多様な順序ビューを提供することでデータを探しやすくすることである.本稿では,複数のデータ間の順序構造を取り扱うためのデータモデルである順序型付き多重...
三木 健士, 横田 治夫
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   2006年7月5日   
XML文書の中から与えられた複数のキーワードを全て含む部分文書を高速に抽出する手法として、スーパーインポーズドコードを利用した手法を提案する。XML木の葉ノード毎に割り当てたbit列を階層構造でスーパーインポーズすることで、複数キーワードが全て含まれる部分木の親を判定する。さらに、木のノードにDewey Orderのラベルを付け、キーワードに対応する葉ノードのDewey Orderのラベル間の共通部分検出で共通親を探す方法、その手法とスーパーインポーズドコードを組み合わせた手法、スーパーイ...
山元 理絵, 小林 大, 小林 隆志, 横田 治夫
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   2006年7月5日   
近年,Webサイトによる情報発信の重要性から,WWWは拡大を続け,ユーザのニーズに適したサイト構築や情報提供の要求が高まってきている.そこで,本稿ではLCS(Longest Common Subsequences)を用いたアクセスログ解析を行い,そこから発見されるパターンからユーザのアクセス行動を予測し推薦する方法について検討する.ユーザの初期のアクセス情報から,以降にアクセスされるページを推薦するため,多種多様なユーザのアクセスパターンの中で共通する傾向を抜き出し,アクセスの全体的な順序...
仲野 亘, 小林 隆志, 勝山 裕, 直井 聡, 横田 治夫
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   2006年7月5日   
我々はこれまで,講義・講演における資料とその撮影動画をメタデータによる統合コンテンツとして蓄積し,その特性を利用して高度なシーン検索を提供するUPRISEを提案してきた.本稿では,UPRISEの検索機能の精度をより向上させるために,これまで検索に利用してきた講師が用いるレーザーポインタ情報から,スライド中の文字列を強調する目的以外で行われたレーザーポインタ照射を除去することを試みる.スライド中および音声中の検索語出現状況に基づいてレーザーポインタ情報をフィルタリングすることで,検索に有用な...
越智 悠太, 小林 隆志, 横田 治夫
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   2006年7月5日   
近年,Web上や情報リポジトリ上で流通するデータの数の爆発的な増加にともない,各個人が扱わなければならないデータの数や,管理しなければならないデータの数が爆発的に増加している.このため,各個人が大量のデータから必要なデータを探しやすくするためのデータの整理方法が必要である.本研究の目的は,複数のデータ間の順序構造に着目して,大量のデータに対して多様な順序ビューを提供することでデータを探しやすくすることである.本稿では,複数のデータ間の順序構造を取り扱うためのデータモデルである順序型付き多重...
中野 真那, 小林 大, 渡邊 明嗣, 上原 年博, 田口 亮, 横田 治夫
電子情報通信学会技術研究報告. DC, ディペンダブルコンピューティング   2005年10月10日   
本稿では, 並列分散ストレージシステム上にファイルバージョン管理に用いるデータを配置する際に, 各ストレージ装置へのアクセス負荷と, データ格納量を同時に均衡化させる方法(COBALT)についての評価を行う.我々が提案しているCOBALTは, ファイルの最新のバージョンと, ファイル更新差分を用いたファイルバージョン管理法を前提とし, ファイルの各バージョンへのアクセス頻度が, 最新のバージョンが高く古いバージョンが低くなることから, アクセスパスとして, ファイルの最新バージョンを管理す...
岡本 拓明, 小林 隆志, 直井 聡, 横田 治夫, 古井 貞煕
情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS)   2005年7月15日   
我々はこれまで,講義講演のプレゼンテーションにおける資料とその撮影動画をメタデータによる統合コンテンツとして蓄積し,その特性を利用して高度なシーン検索を提供するUPRISEを提案してきた.本稿では,このUPRISEのシーン検索機能の性能を向上させるために,講義講演の動画から抽出した音声データを利用する手法を提案する.音声認識エンジンにより抽出を行った音声データと従来の適合度手法をシーン毎に比較することにより,シーン検索に音声データを利用することの有用性を示す.We have propose...

Misc

 
石川 博, 仲尾 由雄, 横田 治夫
情報処理学会論文誌. データベース   48(35) i-iii   2007年9月
喜連川 優, 横田 治夫
情報処理学会論文誌   52(12) 3238-3238   2011年12月
横田 治夫
電子情報通信学会論文誌. D-I, 情報・システム, I-情報処理   87(2) 77-78   2004年2月
石川博, 仲尾由雄, 横田治夫
情報処理学会論文誌データベース(TOD)   46(18) i-iii   2005年12月
石川博, 仲尾由雄, 横田治夫
情報処理学会論文誌データベース(TOD)   47(4) i-iii   2006年3月
石川博, 仲尾由雄, 横田治夫
情報処理学会論文誌データベース(TOD)   47(8) i-i   2006年6月
石川博, 仲尾由雄, 横田治夫
情報処理学会論文誌データベース(TOD)   48(7) i-iii   2007年3月
石川 博, 仲尾 由雄, 横田 治夫
情報処理学会論文誌. データベース   48(11) i-i   2007年6月
石川博, 仲尾由雄, 横田治夫
情報処理学会論文誌データベース(TOD)   48(11) i-iii   2007年6月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 横田治夫
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 横田治夫
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 横田治夫
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 横田治夫
情報技術の発展により、人類が創出する情報量が爆発的に増大している。そのような膨大な情報の中から、データベース化されていない非構造データで、単なるキーワード検索では絞り込むことができない情報を抽出してくることは容易ではない。本研究では、組織や個人のシステムが保持する膨大な量の非構造データに対するアクセス性を高めるため、非構造データ間の関係を考慮した論理的検索ビューを提供することを目的とする。本年度は、電子的プレゼンテーションスライドを用いた講義ビデオ集合、テロップを含むテレビ映像集合、および...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 横田治夫
情報システムやネットワーク技術の発達により、人類が創出する情報量が爆発的に増大している。これに伴い、個人や組織のシステムが保持する電子的なデータの数や容量も膨大なものとなっているが、その中から必要とする情報を効率よく探し出すことは容易ではない。個人の持つファイルに対するキーワード全文検索としては、Desktop Searchのようなシステムも存在するが、非構造データを柔軟に扱うことが困難で、さらに関連する情報を取り出せないなど、機能的に十分とは言いがたい。また、メタデータを用いた検索サポー...

学歴

 
1980年4月
 - 
1982年3月
東京工業大学 理工学研究科 情報工学専攻
 
1976年4月
 - 
1980年3月
東京工業大学 工学部 電子物理工学科
 

委員歴

 
2012年
 - 
2014年
情報処理学会  英文論文誌JIP 編集委員長
 
2010年
 - 
2012年
情報処理学会  理事
 
2012年
 - 
2016年
日本データベース学会  副会長
 
2007年
 - 
2011年
ACM SIGMOD 日本支部  支部長
 
2011年
 - 
現在
IEEE シニア会員