講演・口頭発表等

次世代高速炉の核設計における燃焼核特性評価の解析条件の検討,2; 集合体出力分布及び最大線出力密度評価における解析条件

日本原子力学会2017年秋の大会
  • 滝野 一夫
  • ,
  • 杉野 和輝
  • ,
  • 大木 繁夫

開催年月日
2017年9月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
札幌
国・地域
日本

高い燃焼度を設計目標とする次世代高速炉の核設計高度化のために、集合体出力分布及び最大線出力密度に着目して、燃焼核特性評価における計算コスト(時間)と計算精度の関係を整理した。解析には汎用炉心解析システムMARBLE2を用いて、集合体出力分布及び最大線出力密度への補正係数を検討しつつ、群縮約効果や輸送効果をはじめ、種々の解析条件による影響を確認した。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5060075