神田 英輝

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/07 18:06
 
アバター
研究者氏名
神田 英輝
URL
http://profs.provost.nagoya-u.ac.jp/view/html/100006607_ja.html
所属
名古屋大学
部署
大学院工学研究科 物質プロセス工学専攻
職名
助教
学位
博士(工学)(京都大学)
科研費研究者番号
90371624

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
名古屋大学 大学院工学研究科 物質プロセス工学専攻 助教
 
2015年6月
 - 
現在
科学技術振興機構(JST) 国際協力機構(JICA) SATREPS地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム 研究代表
 
2012年12月
 - 
2017年3月
名古屋大学 大学院工学研究科 化学・生物工学専攻 分子化学工学分野 助教
 
2011年4月
 - 
2016年3月
科学技術振興機構 藻類バイオエネルギー さきがけ研究者
 
2004年4月
 - 
2012年11月
電力中央研究所 エネルギー技術研究所 主任研究員
 

学歴

 
1995年4月
 - 
2000年3月
京都大学大学院 工学研究科 化学工学専攻 修士課程、博士後期課程
 
1991年4月
 - 
1995年3月
京都大学 工学部 化学工学科
 

委員歴

 
2019年4月
 - 
現在
化学工学会  東海支部P&D委員会幹事
 
2018年11月
 - 
2019年11月
日本吸着学会  第33回日本吸着学会研究発表会実行委員
 
2018年11月
 - 
2019年5月
分離技術会  分離技術会年会2019実行委員
 
2017年4月
 - 
2018年6月
プラスチックリサイクル化学研究会  幹事・事務局
 
2017年4月
 - 
2017年12月
The 10th international conference on supercritical fluids  Local organizing committee
 
2016年6月
 - 
2017年2月
TICADVIフォローアップ・国際シンポジウム “アフリカの持続可能な開発に向けた産業人材育成”  企画・代表
 
2015年7月
 - 
2016年8月
第20回国際乾燥シンポジウム(IDS2016)  実行委員会 Organizing Committee Members
 
2014年2月
 - 
2014年3月
岐阜県  研究課題外部評価委員
 
2012年12月
 - 
現在
化学工学会  東海支部P&D委員会委員
 
2012年4月
 - 
2012年8月
日本吸着学会  第21回吸着シンポジウム実行委員長
 

受賞

 
2018年8月
日本食品工学会 マイクロ波を用いたリコピンの高効率cis異性化 優秀ポスター発表賞
受賞者: 佐藤はるか, 本田真己, 竹村諒太, 深谷哲也, Wahyudiono, 神田英輝, 後藤元信
 
2017年12月
Supergreen 2017, the 10th International Conference on Supercritical Fluids Best Poster award Production of b-carotene emulsion under supercritical CO2 improved by thermal Z-isomerization treatment
受賞者: Maiko Ono, Masaki Honda, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto
 
2017年10月
The 11th International Conference on Separation Science and Technology Best Poster award Classification of lipid extracted from microalgae Nannochloropsis oceania by liquefied dimethyl ether
受賞者: Naomasa Yamamoto, Kazuya Murakami, Masaki Honda, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto
 
2016年11月
The 3rd International Seminar on Fundamental And Application of Chemical Engineering 2016 The Best Article in Separation and Transport Phenomena Topic Extraction of curucmin from turmeric using ultrasonic assisted carbon dioxide with ethanol
受賞者: Chhouk Kimthet, Wahyudino, Hideki Kanda, Motonobu Goto
 
2015年10月
e-AISA functional materials and biomass utilization 2015e-AISA functional materials and biomass utilization 2015 Excellent award Production of acetaminophen microparticles by using supercritical carbon dioxide
受賞者: Nadezhda Tsareva, Hazuki Nerome, Hideki Kanda, Motonobu Goto
 

論文

 
Sorption Efficiency in Dye Removal and Thermal Stability of Sorghum Stem Aerogel
Eka Lutfi Septiani, Okky Putri Prastuti, Yuni Kurniati, Mar'atul Fauziyah, Widiyastuti, Heru Setyawan, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto
Materials Science Forum   966 175-180   2019年8月   [査読有り]
Electrospraying technique under pressurized carbon dioxide for hollow particle production
Wahyudiono, Hiroyuki Ozawa, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Motonobu Goto
Reactive and Functional Polymers   142 44-52   2019年9月   [査読有り]
Improved Carotenoid Processing with Sustainable Solvents Utilizing Z-Isomerization-Induced Alteration in Physicochemical Properties: A Review and Future Directions
Masaki Honda, Hakuto Kageyama, Takashi Hibino, Yelin Zhang, Wahyudiono, Hideki Kanda, Ryusei Yamaguchi, Ryota Takemura, Tetsuya Fukaya, Motonobu Goto
Molecules   24(11) 2149(1)-2149(19)   2019年6月   [査読有り]
Optimization of rubber seed oil extraction using liquefied dimethyl ether
Panatpong Boonnoun, Artiwan Shotipruk, Hideki Kanda, Motonobu Goto
Chemical Engineering Communications   206(6) 746-753   2019年6月   [査読有り]
Hydrothermal and solvothermal synthesis of cerium-zirconium oxide for catalyst application
Siti Machmudah, Muhamad Risky Ceaser, Muhammad Fareid Alwajdy, Widiyastuti, Sugeng Winardi, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto
International Journal of Technology   10(3) 582-592   2019年5月   [査読有り]
Particle Micronization of Curcuma mangga Rhizomes Ethanolic Extract/Biopolymer PVP using Supercritical Antisolvent Process
Sarah Duta Lestari, Siti Machmudah, Sugeng Winardi, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto
The Journal of Supercritical Fluids   146 226-239   2019年4月   [査読有り]
Atmospheric-pressure pulsed discharge plasma in capillary slug flow system for dye decomposition
Wahyudiono, Kakeru Mano, Yui Hayashi, Motoki Yamada, Shigenori Takahashi, Noriharu Takada, Hideki Kanda, Motonobu Goto
Chemical Engineering & Processing: Process Intensification   135 133-140   2019年1月   [査読有り]
Synthesis of Silver Nanoparticles by Atmospheric-Pressure Pulsed Discharge Plasma in Slug Flow System
Motoki Yamada, Shigenori Takahashi, Wahyudiono, Noriharu Takada, Hideki Kanda, Motonobu Goto
Japanese Journal of Applied Physics   58(1) 016001(1)-016001(8)   2019年1月   [査読有り]
Micronization for Enhancement of Curcumin Dissolution via Electrospraying Technique
Kimthet Chhouk, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto
ChemEngineering   2(4) 60(1)-60(11)   2018年12月   [査読有り]
Enhanced solubility and reduced crystallinity of carotenoids, β- carotene and astaxanthin, by Z-isomerization
Masaki Honda, Tomohiko Kodama, Hakuto Kageyama, Takashi Hibino, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto
European Journal of Lipid Science and Technology   120(11) 1800191(1)-1800191(8)   2018年11月   [査読有り]

Misc

 
化学工学年鑑9.5超臨界流体 エネルギー
神田 英輝
化学工学   83(10)    2019年10月   [依頼有り]
液化ジメチルエーテルによる湿潤微細藻類からの油脂の直接抽出
神田 英輝、後藤 元信
BIO INDUSTRY   36(8) 64-77   2019年8月   [依頼有り]
先生に一問一答
神田 英輝
名大トピックス   313 4-5   2019年6月   [依頼有り]
亜臨界レーザーアブレーションによる機能性ナノ金属微粒子の合成
神田英輝、後藤元信
電子光学研究のあゆみ   30 73   2019年4月
カロテノイドのcis異性化による物性変化を利用した超臨界流体急速膨張法によるカロテノイドナノ粒子の調製
神田 英輝
Report of Toyo Institute of Foof Technology 2017 and 2018   32    2019年   [依頼有り]
微細藻類の燃料化の課題と液化ジメチルエーテルによる油脂抽出
神田英輝,後藤元信
環境管理   54(11) 43-48   2018年11月   [依頼有り]
プラズマ反応場におけるナノ粒子の合成
神田英輝,後藤元信
電子光学研究のあゆみ   29 137-138   2018年5月
超音波を用いた超臨界逆相蒸発法及びジメチルエーテルを溶媒としたリポソームの調製法の開発
神田英輝、後藤元信
電子光学研究のあゆみ   29 68-69   2018年5月
液化ジメチルエーテルによる微細藻類からの油脂抽出
神田英輝、後藤元信
分離技術   47(2) 43-48   2017年3月   [依頼有り]
化学工学年鑑9.4超臨界流体 バイオマス・天然化合物(抽出・分離)
神田 英輝
化学工学   79(10) 778-779   2015年10月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
高圧力の科学・技術事典
神田英輝など (担当:分担執筆)
朝倉書店   2020年   
バイオリファイナリーと分離技術
神田 英輝 (担当:分担執筆)
日本液体清澄化技術工業会   2019年   
Green Electrospinning
Siti Machmudah, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 5 'Supercritical Fluid–Assisted Electrospinning')
De Gruyter   2019年6月   ISBN:978-3-11-058139-3
化学工学の進歩シリーズ52物質循環とマテリアル開発
神田英輝、後藤元信 (担当:分担執筆, 範囲:超臨界・亜臨界流体を用いた有機マテリアルの抽出分離)
三恵社   2018年11月   ISBN:978-4-86487-968-2
Encyclopedia of Sustainability Science and Technology
Siti Machmudah, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto (担当:分担執筆, 範囲:Supercritical Fluid Extraction and Fractionation)
Springer   2018年8月   
Water Extraction of Bioactive Compound
Siti Machmudah, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto (担当:分担執筆, 範囲:P.69-107 Chapter 3: Hydrolysis of Biopolymers in Near Critical and Subcritical Water)
Elsevier   2017年9月   ISBN:978-0-12-809380-1
藻類由来バイオ燃料と有用物質
神田 英輝 (担当:分担執筆, 範囲:第12章 低沸点溶媒による高含水微細藻類からの油脂抽出技術)
シーエムシー出版   2016年10月   ISBN:978-4-7813-1184-5
躍進する超臨界流体技術-新しいプロセスの原理とその実用化-
神田 英輝 (担当:分担執筆, 範囲:第2章亜臨界ジメチルエーテル抽出技術)
コロナ社   2014年11月   ISBN:978-4-339-06635-7
分離技術のシーズとライセンス技術の実用化
神田 英輝、後藤 元信 (担当:分担執筆, 範囲:乾燥や細胞破壊が不要な微細藻類からの油脂抽出技術)
分離技術会   2014年10月   ISBN:978-4-9908079-7
藻類オイル開発研究の最前線
神田 英輝 (担当:分担執筆)
2013年11月   ISBN:978-4-86469-085-0

講演・口頭発表等

 
南アフリカでバイオ燃料をつくる話
神田 英輝
名古屋大学オープンレクチャー2018   2019年3月21日   
超臨界・亜臨界流体を用いた有機マテリアルの抽出分離 [招待有り]
神田英輝、後藤元信
化学工学の進歩シリーズ・講習会   2018年11月29日   
液化ジメチルエーテル抽出法による微細藻類の燃料化におけるエネルギー収支の改善 [招待有り]
神田 英輝
化学工学会第50回秋季大会   2018年9月20日   
液化ジメチルエーテルを用いるブタ大動脈からのスキャフォールド作成 [招待有り]
神田 英輝
化学工学会第50回秋季大会   2018年9月18日   
亜臨界流体中の抽出分離とプラズマ反応 [招待有り]
神田 英輝
化学工学会東海支部 未来の化学工学を考える会   2018年9月3日   

Works

 
TokyoMX TV・ガリレオチャンネル (2010/8/21,29) NHK WORLD TV NEWSLINE (2010/7/2-3) NHK総合・関西ニュース(2007/11/12)が報道
新聞・市販雑誌での研究紹介やインタビュー記事121件

競争的資金等の研究課題

 
リチウムイオン電池完全循環システム
科学技術振興機構: 未来社会創造事業
研究期間: 2018年11月 - 2020年3月    代表者: 渡邉 賢
カロテノイドのcis異性化による物性変化を利用した超臨界流体急速膨張法によるカロテノイドナノ粒子の調製
東洋食品研究所: 研究助成事業
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 神田 英輝
界面活性剤フリーなスキャフォールド作成手法の開発
日本学術振興会: 科研費補助金・基盤C
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 神田 英輝
自動活性炭再生技術とフェントン水熱酸化法技術を複合化した省エネルギー先進排水・排 ガス処理技術の開発に関する調査
新エネルギー・産業技術総合開発機構: 戦略的省エネルギー技術革新プログラム/省エネルギー技術開発事業の重要技術に係る周辺技術・関連課題の検討企画提案
研究期間: 2016年11月 - 2017年9月    代表者: 仲喜治一
界面活性剤フリーなスキャフォールド作成手法の開発
立松財団: 研究助成金
研究期間: 2016年7月 - 2017年3月    代表者: 神田 英輝
アフリカにおける持続可能な開発に向けた産業人材育成ネットワークの構築
科学技術振興機構: SATREPS企画
研究期間: 2016年7月 - 2017年3月    代表者: 神田 英輝、山田 肖子
ASEANにおけるコンパクトモビリティモデルの研究拠点
日本学術振興会: 研究拠点形成事業(B.アジア・アフリカ学術基盤形成型)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 市野 良一
水処理システムと湿式抽出法による藻類の高効率燃料化の融合と実用化
科学技術振興機構(JST) 国際協力機構(JICA): 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム SATREPS
研究期間: 2015年6月 - 2021年3月    代表者: 神田 英輝
窒素回収とグリーン燃料原料としてのアオコと人間との共存技術への挑戦
日本学術振興会: 科研費補助金・挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 神田 英輝
同軸二重ノズル噴射型超臨界CO2貧溶媒によるサブマイクロ・カルテノイド粒子の調製
公益財団法人粉体工学情報センター: 研究助成金
研究期間: 2013年4月 - 2014年9月    代表者: 神田 英輝

特許

 
特願2018-047362 : 動植物組織、動植物組織の細胞破壊方法及び動植物組織の細胞破壊装置
篠原悟史、鈴木章吾、神田英輝
特願2016-210791 : イオン交換樹脂の乾燥方法、乾燥装置および強塩基性陰イオン交換樹脂
神田英輝、後藤元信、橋本浩一郎、寺師 亮輔
特願2016-149046 : 有機顔料の精製方法
安井健悟、関根均、國吉浩平、神田英輝、後藤元信
特願2016-149045 : 有機顔料の精製方法
安井健悟、関根均、國吉浩平、神田英輝、後藤元信
特願2015-021811 : アミノ酸水溶液の濃縮方法とアミノ酸の分離方法
神田 英輝、岸野 光広
PCT/JP2015/059895 : 脂質の分画方法
神田 英輝、後藤 元信、沖田 裕司、大橋 英治
特願2014-071748 : 脂質の分画方法
神田 英輝、後藤 元信、沖田 裕司、大橋 英治
特願2014-069588 : アシル化ステロール配糖体を含有する粉末状叉は固形状組成物及び製造方法
本城 政稔、奥原 康英、足立 知基、後藤 元信、神田 英輝
特願2012-194450 : 廃熱回収システム
神田 英輝
特願2010-178741 : 底質の処理方法及び抽出装置
神田 英輝、牧野 尚夫、大下 和徹、高岡 昌輝、水野 忠雄