高橋 秀俊

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/29 05:15
 
アバター
研究者氏名
高橋 秀俊
 
タカハシ ヒデトシ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/40423222.ja.html
所属
国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター
部署
精神保健研究所 児童・予防精神医学研究部
職名
室長(児童・青年期精神保健研究室)
学位
医学博士(大阪大学)
その他の所属
国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター
科研費研究者番号
40423222

プロフィール

医師免許
精神保健指定医
日本医師会認定産業医
日本精神神経学会 精神科専門医
日本精神神経学会 精神科専門医制度指導医
日本総合病院精神医学会・一般病院連携精神医学専門医
日本総合病院精神医学会・一般病院連携精神医学指導医
日本臨床神経生理学会認定医
日本臨床神経生理学会認定指導医
日本老年精神医学会認定専門医
日本老年精神医学会指導医
日本児童青年精神医学会 認定医
臨床精神神経薬理学会 臨床精神神経薬理学専門医
日本移植学会移植認定医(精神科)
子どものこころ専門医機構 子どものこころ専門医
精神腫瘍学の基本教育に関する指導者研修会 修了

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 児童・予防精神医学研究部 室長(児童・青年期精神保健研究室)
 
2014年4月
 - 
現在
国立精神・神経医療研究センター 脳病態統合イメージングセンター 先進脳画像研究部 室長(併任:神経生理研究室)
 
2011年2月
 - 
2018年3月
国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 児童・思春期精神保健研究部 室長(児童期精神保健研究室)
 
2010年4月
 - 
2011年1月
アメリカ合衆国カリフォルニア大学サンディエゴ校 精神医学教室 客員研究員
 
2008年6月
 - 
2010年3月
大阪教育大学 学校危機メンタルサポートセンター 共同研究員
 
2006年6月
 - 
2010年3月
大阪大学 医学部附属病院 医員
 
2006年9月
 - 
2007年3月
大阪教育大学 学校危機メンタルサポートセンター 共同研究員
 
2005年7月
 - 
2006年9月
大阪外国語大学 外国語学科寄附講座精神疲労解析学 非常勤教員
 
2005年4月
 - 
2006年5月
大阪第二警察病院(2006年4月北大阪警察病院に改称)  神経科 医員
 
2000年6月
 - 
2001年3月
大阪大学医学部附属病院 神経科精神科 医員(研修医)
 
2000年4月
 - 
2000年5月
大阪大学医学部附属病院 神経科精神科 臨床補助
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2005年5月
大阪大学 大学院博士課程  医学系研究科  未来医療開発専攻  ポストゲノム疾患解析学講座・プロセシング異常疾患分野(精神医学)
 
1994年4月
 - 
2000年3月
大阪大学 医学部 医学科
 
1992年4月
 - 
1993年4月
東京大学 大学院修士課程  工学系研究科  土木工学専攻
 
1988年4月
 - 
1992年3月
東京大学 工学部 土木工学科
 

委員歴

 
2017年10月
 - 
現在
日本臨床神経生理学会  認定医・認定技術師認定試験試験問題作成委員
 
2015年2月
 - 
現在
日本総合病院精神医学会  災害対策委員会
 
2014年11月
 - 
現在
日本総合病院精神医学会  児童・青年期委員会
 
2013年12月
 - 
現在
日本精神神経学会  編集委員
 
2013年7月
 - 
現在
日本精神神経学会  小児精神医療委員会
 
2013年7月
 - 
現在
日本精神神経学会  災害支援委員
 
2013年7月
 - 
現在
日本精神神経学会  災害支援連絡会委員
 
2013年7月
 - 
現在
日本精神神経学会  国際委員
 
2013年6月
 - 
現在
日本生物学的精神医学会  評議員
 
2011年8月
 - 
現在
日本総合病院精神医学会  評議員
 
2011年11月
 - 
2015年2月
日本総合病院精神医学会  診療報酬問題委員
 
2011年11月
 - 
2015年2月
日本総合病院精神医学会  編集委員
 
2011年11月
 - 
2015年2月
日本総合病院精神医学会  医療政策委員
 
2011年11月
 - 
2015年2月
日本総合病院精神医学会  広報委員
 

受賞

 
2018年8月
日本パーソナリティ心理学会 優秀大会発表賞 就学前の自閉症的行動特性は10歳児の情緒・行動の問題を予測するか―地域コホート研究による縦断的検討―
受賞者: 齊藤彩, 原口英之, 高橋秀俊, 住吉太幹, 神尾陽子
 
2017年11月
日本臨床精神神経薬理学会 優秀プレゼンテーション賞 自閉スペクトラム症児の身体活動動態と聴覚性驚愕反射との関連
 
2006年11月
大阪大学大学院医学系研究科・精神医学教室 第七回西村精神医学賞
 

論文

 
Ken Ebishima, Hidetoshi Takahashi, Andrew Stickley, Takayuki Nakahachi, Tomiki Sumiyoshi, Yoko Kamio
Frontiers in Humen Neuroscience      2019年1月   [査読有り]
Haraguchi H, Stickley A, Saito A, Takahashi H, Kamio Y
Journal of autism and developmental disorders      2018年10月   [査読有り]
Takahashi H, Nakamura T, Kim J, Kikuchi H, Nakahachi T, Ishitobi M, Ebishima K, Yoshiuchi K, Ando T, Stickley A, Yamamoto Y, Kamio Y
Frontiers in psychiatry   9 355   2018年8月   [査読有り]
Takahashi H, Kamio Y
Schizophrenia research   198 16-20   2018年8月   [査読有り]
Stickley A, Koyanagi A, Takahashi H, Ruchkin V, Inoue Y, Yazawa A, Kamio Y
Psychiatry research   265 317-323   2018年7月   [査読有り]
Takahashi H, Nakahachi T, Stickley A, Ishitobi M, Kamio Y
Autism : the international journal of research and practice   22(3) 291-298   2018年4月   [査読有り]
Ogino K, Takahashi H, Nakamura T, Kim J, Kikuchi H, Nakahachi T, Ebishima K, Yoshiuchi K, Ando T, Sumiyoshi T, Stickley A, Yamamoto Y, Kamio Y
Frontiers in human neuroscience   12 518   2018年12月   [査読有り]
Akimoto Y, Takahashi H, Gunji A, Kaneko Y, Asano M, Matsuo J, Ota M, Kunugi H, Hanakawa T, Mazuka R, Kamio Y
Brain and language   175 42-46   2017年12月   [査読有り]
Saito A, Stickley A, Haraguchi H, Takahashi H, Ishitobi M, Kamio Y
Journal of autism and developmental disorders   47(11) 3333-3346   2017年11月   [査読有り]
Stickley A, Koyanagi A, Takahashi H, Ruchkin V, Inoue Y, Kamio Y.
European Psychiatry   45 227-234   2017年8月   [査読有り]
Stickley A, Tachibana Y, Hashimoto K, Haraguchi H, Miyake A, Morokuma S, Nitta H, Oda M, Ohya Y, Senju A, Takahashi H, Yamagata T, Kamio Y
Autism research : official journal of the International Society for Autism Research   10(5) 852-865   2017年5月   [査読有り]
Takahashi H, Nakahachi T, Stickley A, Ishitobi M, Kamio Y
Autism research : official journal of the International Society for Autism Research   10(4) 673-679   2017年4月   [査読有り]
Stickley A, Koyanagi A, Takahashi H, Ruchkin V, Kamio Y
Research in developmental disabilities   62 115-123   2017年3月   [査読有り]
Stickley A, Koyanagi A, Takahashi H, Kamio Y
Psychiatry research   246 326-331   2016年12月   [査読有り]
Ohki T, Gunji A, Takei Y, Takahashi H, Kaneko Y, Kita Y, Hironaga N, Tobimatsu S, Kamio Y, Hanakawa T, Inagaki M, Hiraki K
Scientific reports   6 37973   2016年11月   [査読有り]
Takahashi H, Komatsu S, Nakahachi T, Ogino K, Kamio Y
Journal of autism and developmental disorders   46(2) 534-543   2016年2月   [査読有り]
Nakahachi T, Ishii R, Canouet L, Takahashi H, Ishitobi M, Kamio Y, Iwase M.
Neuropsychiatric electrophysiology   2 2   2016年1月   [査読有り]
Kamio Y, Haraguchi H, Stickley A, Ogino K, Ishitobi M, Takahashi H
Journal of autism and developmental disorders   45(12) 4147-4153   2015年12月   [査読有り]
Matsuo J, Kamio Y, Takahashi H, Ota M, Teraishi T, Hori H, Nagashima A, Takei R, Higuchi T, Motohashi N, Kunugi H
PloS one   10(4) e0122711   2015年4月   [査読有り]
Takei R, Matsuo J, Takahashi H, Uchiyama T, Kunugi H, Kamio Y
BMC psychiatry   14 302   2014年11月   [査読有り]
Ishii R, Canuet L, Ishihara T, Aoki Y, Ikeda S, Hata M, Katsimichas T, Gunji A, Takahashi H, Nakahachi T, Iwase M, Takeda M
Frontiers in human neuroscience   8 406   2014年6月   [査読有り]
Takahashi H, Nakahachi T, Komatsu S, Ogino K, Iida Y, Kamio Y
Molecular autism   5(1) 23   2014年3月   [査読有り]
Ishii R, Canuet L, Aoki Y, Ikeda S, Hata M, Takahashi H, Nakahachi T, Gunji A, Iwase M, Takeda M
Journal of integrative neuroscience   12(3) 343-353   2013年9月   [査読有り]
Ohi K, Hashimoto R, Yasuda Y, Fukumoto M, Nemoto K, Ohnishi T, Yamamori H, Takahashi H, Iike N, Kamino K, Yoshida T, Azechi M, Ikezawa K, Tanimukai H, Tagami S, Morihara T, Okochi M, Tanaka T, Kudo T, Iwase M, Kazui H, Takeda M
The world journal of biological psychiatry : the official journal of the World Federation of Societies of Biological Psychiatry   14(2) 100-113   2013年3月   [査読有り]
Hidetoshi Takahashi,Anthony J. Rissling,Roberto Pascual-Marqui,Kenji Kirihara,Marlena Pela,Joyce Sprock,David L. Braff,Gregory A. Light
NeuroImage   66 594-603   2013年   [査読有り]
Kurimoto R, Ishii R, Canuet L, Ikezawa K, Iwase M, Azechi M, Aoki Y, Ikeda S, Yoshida T, Takahashi H, Nakahachi T, Kazui H, Takeda M
NeuroImage   59(4) 4132-4140   2012年2月   [査読有り]
Takahashi H, Iwase M, Yasuda Y, Ohi K, Fukumoto M, Iike N, Yamamori H, Nakahachi T, Ikezawa K, Azechi M, Canuet L, Ishii R, Kazui H, Hashimoto R, Takeda M
Neuroscience research   72(2) 187-193   2012年2月   [査読有り]
Takahashi H, Hashimoto R, Iwase M, Ishii R, Kamio Y, Takeda M
Clinical psychopharmacology and neuroscience : the official scientific journal of the Korean College of Neuropsychopharmacology   9(3) 102-110   2011年12月   [査読有り]
Canuet L, Ishii R, Pascual-Marqui RD, Iwase M, Kurimoto R, Aoki Y, Ikeda S, Takahashi H, Nakahachi T, Takeda M
PloS one   6(11) e27863   2011年11月   [査読有り]
Ikezawa K, Ishii R, Iwase M, Kurimoto R, Canuet L, Takahashi H, Nakahachi T, Azechi M, Ohi K, Fukumoto M, Yasuda Y, Iike N, Takaya M, Yamamori H, Kazui H, Hashimoto R, Yoshimine T, Takeda M
Neuroscience research   71(3) 235-243   2011年11月   [査読有り]
Hashimoto R, Ohi K, Yasuda Y, Fukumoto M, Yamamori H, Takahashi H, Iwase M, Okochi T, Kazui H, Saitoh O, Tatsumi M, Iwata N, Ozaki N, Kamijima K, Kunugi H, Takeda M
Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology   36(9) 1921-1931   2011年8月   [査読有り]
Canuet L, Ishii R, Iwase M, Ikezawa K, Kurimoto R, Takahashi H, Currais A, Azechi M, Aoki Y, Nakahachi T, Soriano S, Takeda M
Psychiatry and clinical neurosciences   65(2) 183-190   2011年3月   [査読有り]
Nakahachi T, Ishii R, Iwase M, Canuet L, Takahashi H, Kurimoto R, Ikezawa K, Azechi M, Kajimoto O, Takeda M
Behavioural brain research   215(1) 21-27   2010年12月   [査読有り]
Hashimoto R, Ohi K, Yasuda Y, Fukumoto M, Iwase M, Iike N, Azechi M, Ikezawa K, Takaya M, Takahashi H, Yamamori H, Okochi T, Tanimukai H, Tagami S, Morihara T, Okochi M, Tanaka T, Kudo T, Kazui H, Iwata N, Takeda M
American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics   153B(8) 1459-1464   2010年12月   [査読有り]
Yasuda Y, Hashimoto R, Ohi K, Fukumoto M, Takamura H, Iike N, Yoshida T, Hayashi N, Takahashi H, Yamamori H, Morihara T, Tagami S, Okochi M, Tanaka T, Kudo T, Kamino K, Ishii R, Iwase M, Kazui H, Takeda M
The world journal of biological psychiatry : the official journal of the World Federation of Societies of Biological Psychiatry   11(7) 852-857   2010年10月   [査読有り]
Ishii R, Canuet L, Kurimoto R, Ikezawa K, Aoki Y, Azechi M, Takahashi H, Nakahachi T, Iwase M, Kazui H, Takeda M
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   10(3) 138-143   2010年9月   [査読有り]
Takahashi H, Iwase M, Canuet L, Yasuda Y, Ohi K, Fukumoto M, Iike N, Nakahachi T, Ikezawa K, Azechi M, Kurimoto R, Ishii R, Yoshida T, Kazui H, Hashimoto R, Takeda M
Psychophysiology   47(5) 831-837   2010年9月   [査読有り]
Honaga E, Ishii R, Kurimoto R, Canuet L, Ikezawa K, Takahashi H, Nakahachi T, Iwase M, Mizuta I, Yoshimine T, Takeda M
Neuroscience letters   478(3) 141-145   2010年7月   [査読有り]
Azechi M, Iwase M, Ikezawa K, Takahashi H, Canuet L, Kurimoto R, Nakahachi T, Ishii R, Fukumoto M, Ohi K, Yasuda Y, Kazui H, Hashimoto R, Takeda M
Schizophrenia research   117(1) 52-60   2010年3月   [査読有り]
Ohi K, Hashimoto R, Yasuda Y, Yoshida T, Takahashi H, Iike N, Iwase M, Kamino K, Ishii R, Kazui H, Fukumoto M, Takamura H, Yamamori H, Azechi M, Ikezawa K, Tanimukai H, Tagami S, Morihara T, Okochi M, Yamada K, Numata S, Ikeda M, Tanaka T, Kudo T, Ueno S, Yoshikawa T, Ohmori T, Iwata N, Ozaki N, Takeda M
Schizophrenia research   116(2-3) 126-132   2010年2月   [査読有り]
Canuet L, Ishii R, Iwase M, Ikezawa K, Kurimoto R, Takahashi H, Currais A, Azechi M, Nakahachi T, Hashimoto R, Takeda M
Epilepsy & behavior : E&B   17(1) 109-119   2010年1月   [査読有り]
Moriwaki M, Kishi T, Takahashi H, Hashimoto R, Kawashima K, Okochi T, Kitajima T, Furukawa O, Fujita K, Takeda M, Iwata N
Neuroscience research   65(3) 259-262   2009年11月   [査読有り]
Ohi K, Hashimoto R, Yasuda Y, Kiribayashi M, Iike N, Yoshida T, Azechi M, Ikezawa K, Takahashi H, Morihara T, Ishii R, Tagami S, Iwase M, Okochi M, Kamino K, Kazui H, Tanaka T, Kudo T, Takeda M.
Genes, Brain, and Behavior   8(4) 473-480   2009年6月   [査読有り]
Ohi K, Hashimoto R, Yasuda Y, Yoshida T, Takahashi H, Iike N, Fukumoto M, Takamura H, Iwase M, Kamino K, Ishii R, Kazui H, Sekiyama R, Kitamura Y, Azechi M, Ikezawa K, Kurimoto R, Kamagata E, Tanimukai H, Tagami S, Morihara T, Ogasawara M, Okochi M, Tokunaga H, Numata S, Ikeda M, Ohnuma T, Ueno S, Fukunaga T, Tanaka T, Kudo T, Arai H, Ohmori T, Iwata N, Ozaki N, Takeda M
Schizophrenia research   109(1-3) 80-85   2009年4月   [査読有り]
Ikezawa K, Iwase M, Ishii R, Azechi M, Canuet L, Ohi K, Yasuda Y, Iike N, Kurimoto R, Takahashi H, Nakahachi T, Sekiyama R, Yoshida T, Kazui H, Hashimoto R, Takeda M
Schizophrenia research   108(1-3) 93-103   2009年3月   [査読有り]
Ishii R, Canuet L, Herdman A, Gunji A, Iwase M, Takahashi H, Nakahachi T, Hirata M, Robinson SE, Pantev C, Takeda M
Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology   120(3) 497-504   2009年3月   [査読有り]
Canuet L, Ishii R, Iwase M, Ikezawa K, Kurimoto R, Azechi M, Takahashi H, Nakahachi T, Teshima Y, Takeda M
Epilepsy research   83(1) 58-65   2009年1月   [査読有り]
Takahashi H, Iwase M, Ishii R, Ohi K, Fukumoto M, Azechi M, Ikezawa K, Kurimoto R, Canuet L, Nakahachi T, Iike N, Tagami S, Morihara T, Okochi M, Tanaka T, Kazui H, Yoshida T, Tanimukai H, Yasuda Y, Kudo T, Hashimoto R, Takeda M
Neuroscience research   62(3) 187-194   2008年11月   [査読有り]
Canuet L, Ishii R, Iwase M, Kurimoto R, Ikezawa K, Azechi M, Takahashi H, Nakahachi T, Takeda M
Epilepsy & behavior : E&B   13(3) 570-574   2008年10月   [査読有り]
Nakahachi T, Ishii R, Iwase M, Canuet L, Takahashi H, Kurimoto R, Ikezawa K, Azechi M, Sekiyama R, Honaga E, Uchiumi C, Iwakiri M, Motomura N, Takeda M
Neuropsychobiology   57(4) 151-158   2008年   [査読有り]
Nakahachi T, Iwase M, Takahashi H, Honaga E, Sekiyama R, Ukai S, Ishii R, Ishigami W, Kajimoto O, Yamashita K, Hashimoto R, Tanii H, Shimizu A, Takeda M
Psychiatry and clinical neurosciences   60(3) 312-318   2006年6月   [査読有り]
Takahashi H, Iwase M, Nakahachi T, Sekiyama R, Tabushi K, Kajimoto O, Shimizu A, Takeda M
Psychiatry and clinical neurosciences   59(4) 453-460   2005年8月   [査読有り]
Yamamoto S, Ouchi Y, Onoe H, Yoshikawa E, Tsukada H, Takahashi H, Iwase M, Yamaguti K, Kuratsune H, Watanabe Y
Neuroreport   15(17) 2571-2574   2004年12月   [査読有り]

Misc

 
自閉スペクトラム特性を有する患者へのリワーク支援の手引きの作成と有用性調査
秋山 剛, 神尾 陽子, 吉田 友子, 福田 真也, 田川 杏那, 増田 紗弓, 高橋 秀俊, ピーター・バーニック, 尾崎 紀夫
精神神経学雑誌   120(6) 469-487   2018年6月
自閉スペクトラム症の診断を受けていない成人の自閉スペクトラム特性についての評価や支援が,臨床的に重要な課題として提起されている.自閉スペクトラム症の行動特徴である,(1)対人的相互作用の障害,(2)コミュニケーションの障害,(3)想像力の障害と変化抵抗および反復的活動がみられるリワークプログラムの対象者への支援の手引きを作成し,有用性調査を行った.作成にあたりリワークプログラムのスタッフ,発達障害の専門家から情報収集を行った.手引きではリワークプログラムのスタッフによる診断を戒め,自閉スペ...
自閉スペクトラム症の感覚の特徴
高橋 秀俊, 神尾 陽子
精神神経学雑誌   120(5) 369-383   2018年5月
本総説では,自閉スペクトラム症(ASD)の感覚の特徴について,臨床での影響や評価法,支援法などに関する既往の文献を概観し,今後の研究の方向性について論じる.ASDの方の多くは非定型的な感覚の特徴を有すると考えられ,ASDの最初期の報告ですでに記述されていた.ASDの感覚の特徴に対する認識は近年高まっており,最近はASDの中核的な徴候の1つに含まれている.非定型的な感覚の特徴は患者や支援者を悩ませ,ASDで問題となる他の症状や行動にも影響する.年齢や自閉症の重症度は非定型的な感覚の特徴の重症...
【診断と治療のABC[130]発達障害】 (第5章)治療・療育 ASDの問題行動および精神医学的併存症の治療
海老島 健, 石飛 信, 高橋 秀俊, 神尾 陽子
最新医学   別冊(発達障害) 158-164   2018年1月
自閉スペクトラム症(ASD)は、しばしば問題行動や精神医学的併存症を伴い、併存症の存在が社会参加を妨げる要因となっている。ASDに併存するこれらの問題は、家族や学校、保育所・幼稚園、職場などでかかわる人々から得た情報を統合して、包括的な評価を行うことで、治療可能な症状やその対応法が明らかになる。本稿では、ASDに併存する諸問題の診療の原則とよくある併存症について述べ、薬物治療を行う際の留意点など、現在の課題を整理する。(著者抄録)
【診断と治療のABC[130]発達障害】 ASDの感覚特性と生活の中の音環境
高橋 秀俊
最新医学   別冊(発達障害) 76-77   2018年1月
自閉スペクトラム症児童の不安に対する集団認知行動療法プログラムの開発 実施可能性に関する予備的検討
野中 俊介, 岡島 純子, 三宅 篤子, 小原 由香, 荻野 和雄, 原口 英之, 山口 穂菜美, 石飛 信, 高橋 秀俊, 石川 信一, 神尾 陽子
児童青年精神医学とその近接領域   58(2) 261-277   2017年4月
【背景】自閉スペクトラム症(Autism Spectrum Disorder:ASD)児の不安症状に対する認知行動療法の有効性はこれまで示されているが、教師が学校で実施できるプログラムはまだ確立されていない。【目的】ASD児向けの小学校で実施可能な不安軽減プログラムを開発し、まず小集団での実施可能性を検討し(研究1)、次に学校で教師が実施可能かどうかを検討する(研究2)。【方法】ASDの認知特性を考慮して認知的および行動的介入を含むプログラム10回分を開発し、ASDを有する男児3名(8〜1...
【メンタルヘルス研究と社会との接点】 離島・過疎地域における児童・思春期精神保健と災害 東京都大島町での学校精神保健の取組
高橋 秀俊, 神尾 陽子
精神保健研究   (30) 31-36   2017年3月
【臓器移植をめぐるリエゾン精神医学の臨床】 一般精神科臨床において移植患者に配慮すべきこと
高橋 秀俊, 萩原 邦子, 桂川 修一, 西村 勝治
精神科治療学   32(2) 203-209   2017年2月
本稿では、一般精神科臨床において移植患者に配慮すべきこととして、移植医療における多職種連携において重要な役割を果たすレシピエント移植コーディネーターを介した移植実施施設との精神科地域医療連携、そして、精神医学的マネジメントにおいて重要となる、せん妄および精神科薬物療法を中心に概説した。術後は、せん妄が最も大きな問題となるが、術後使用される免疫抑制剤や感染症・抗生剤もせん妄を起こしうることなどに注意すべきである。レシピエントに対して適切な精神科薬物療法を行うためには、臓器移植の精神科薬物療法...
地域特性を考慮した精神科領域における医療-教育連携 離島における取組を中心に
高橋 秀俊, 神尾 陽子
東京精神医学会誌   32 5-10   2017年1月
【DSM-5の新機軸と課題(1)-新たに登場した病名-】 自閉スペクトラム症
石飛 信, 荻野 和雄, 高橋 秀俊, 原口 英之, 神尾 陽子
臨床精神医学   45(2) 129-133   2016年2月
高橋 秀俊, 石飛 信, 原口 英之, 野中 俊介, 浅野 路子, 小原 由香, 山口 穂菜美, 押山 千秋, 荻野 和雄, 望月 由紀子, 三宅 篤子, 神尾 陽子
日本生物学的精神医学会誌   26(2) 103-108   2015年6月
聴覚性驚愕反射(ASR)は、精神医学領域におけるトランスレーショナル・リサーチにおいて、国内外で広く研究されており、特にプレパルス・インヒビション(PPI)は、精神障害の有力なエンドフェノタイプ候補と考えられている。自閉症スペクトラム障害(ASD)では、知覚処理の非定型性についてよく知られているが、ASDのPPIに関しては一貫した結論は得られていない。最近我々は、ASD児ではASRの潜時が延長しており、微弱な刺激に対するASRが亢進していることを報告した。そして、いくつか異なる音圧のプレパ...
【精神科疫学入門】 発達障害の疫学
神尾 陽子, 荻野 和雄, 石飛 信, 高橋 秀俊
精神科   26(1) 33-37   2015年1月
【今日の自閉スペクトラム症、子どもから大人まで】 自閉スペクトラム症と精神科的併存症
石飛 信, 荻野 和雄, 高橋 秀俊, 原口 英之, 神尾 陽子
臨床精神医学   44(1) 37-43   2015年1月
【自閉症】 自閉症の症候
石飛 信, 荻野 和雄, 高橋 秀俊, 神尾 陽子
神経内科   81(4) 375-380   2014年10月
高橋秀俊, 神尾陽子
精神保健研究   (27) 27-33   2014年3月
神尾陽子, 飯田悠佳子, 小松沙穂子, 荻野和雄, 遠藤明代, 立森久照, 平本絵里子, 中鉢貴之, 高橋秀俊, 三宅篤子
就学前後の児童における発達障害の有病率とその発達的変化:地域ベースの横断的および縦断的研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   11-20   2014年
神尾陽子, 岡島純子, 三宅篤子, 荻野和雄, 飯田悠佳子, 小松佐穂子, 武井麗子, 櫻井由香, 高橋秀俊
精神医学的障害の早期発見と早期介入:児童期から成人期への連続性・不連続性の解明研究 平成23-25年度 総括研究報告書   13-23   2014年
高橋秀俊, 神尾陽子, 中鉢貴行, 望月由紀子, 荻野和雄, 飯田悠佳子, 小松佐穂子, 飛松省三, 萩原綱一, 廣永成人
精神医学的障害の早期発見と早期介入:児童期から成人期への連続性・不連続性の解明研究 平成23-25年度 総括研究報告書   24-32   2014年
高橋秀俊, 中鉢貴行, 森脇愛子, 武井麗子, 飯田悠佳子, 荻野和雄, 神尾陽子
日本生物学的精神医学会誌   24(4) 229-234   2013年12月
神尾陽子, 荻野和雄, 高橋秀俊
最新医学   68 2080-2087   2013年9月
高橋秀俊
Clin Neurosci   31(8) 922-923   2013年8月
神尾陽子, 森脇愛子, 武井麗子, 稲田尚子, 井口英子, 高橋秀俊, 中鉢貴行
精神神経学雑誌   115(6) 601-606   2013年6月   [査読有り]
高橋秀俊, 鈴木友理子
児童心理学の進歩   52 157-174   2013年6月
神尾陽子, 森脇愛子, 飯田悠佳子, 稲田尚子, 荻野和雄, 遠藤明代, 立森久照, 平本絵里子, 武井麗子, 中鉢貴之, 高橋秀俊, 三宅篤子
就学前後の児童における発達障害の有病率とその発達的変化:地域ベースの横断的および縦断的研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   11-23   2013年
神尾陽子, 高橋秀俊, 黒田美保, 金生由紀子, 功刀浩, 株田智弘, 坂田増弘, 小林庸子, 中鉢貴行, 川久保友紀, 石井礼花, 松田なつみ, 野中舞子, 濱田純子, 蔦森絵美, 森田健太郎, 松尾淳子, 山本宣子, 篠山大明, 堀弘明, 紺谷千穂, 畑中悠佑, 岡田知子, 飛松省三, 萩原綱一, 廣永成人, 六反一仁, 桑野由紀
精神・神経疾患研究開発費による研究報告集(2年度班・初年度班) 平成24年度   1-11,407   2013年
岩瀬 真生, 石井 良平, 高橋 秀俊
精神科   21(6) 672-679   2012年12月
高橋 秀俊, 深津 玲子, 神尾 陽子
精神科   21(6) 687-691   2012年12月
高橋秀俊, 豊永公司, 高橋雄一, 荒井宏, 船曳康子, 宮川真一, 廣常秀人, 本田教一, 齊藤卓弥, 築島健, 吉田佳郎
総合病院精神医学   24(4) 349-360   2012年10月
日本総合病院精神医学会の学会員を対象に、総合病院における児童青年期精神科診療の実態について調査を行った。平成24年7月学会誌にアンケート用紙を同封した。更に、学会のメーリングリストでアンケート用紙のファイルを添付した。140名から回答を得た。同一施設内複数回答は3施設(各施設2名ずつ)のみと少数であった。約半数が精神科病床を有しており、精神科病床を有する施設は大学病院や精神科病院に多かった。半数が一般病院、1/4が大学病院に勤務しており、合計で8割近くが総合病院に勤務していた。所属施設の精...
石井良平, 高橋秀俊, 栗本龍, 青木保典, 池田俊一郎, 畑真弘, 池澤浩二, CANUET Leonides, 中鉢貴行, 岩瀬真生, 武田雅俊
精神神経学雑誌   114(6) 629-646   2012年6月   [査読有り]
統合失調症には客観的な診断法がなく、幻聴や幻覚など言語的で主観的な精神症状の組合せにより診断されている。エンドフェノタイプとは、疾患であるか否かという従来の表現型ではなく、疾患と関連して種々の検査によって初めて観察できる客観的で定量可能な表現型を指す。エンドフェノタイプの基準、エンドフェノタイプとしての神経生理指標、エンドフェノタイプ概念の現状と問題点、エンドフェノタイプの今後の展望、について述べた。
高橋秀俊, 長尾圭造, 神尾陽子
精神保健研究   (25) 43-48   2012年3月
岩瀬真生, 石井良平, 栗本龍, 高橋秀俊, 中鉢貴行, 武田雅俊
臨床精神医学   41(2) 135-141   2012年2月
神尾陽子, 高橋秀俊, 黒田美保, 金生由紀子, 功刀浩, 株田智弘, 稲田尚子, 中鉢貴行, 森脇愛子, 井口英子, 坂田増弘, 小林庸子, 川久保友紀, 菊池なつみ, 野中舞子, 石井礼花, 濱田順子, 蔦森絵美, 森田健太郎, 松尾淳子, 篠山大明, 堀弘明, 紺谷千穂, 畑中悠佑, 向野佳奈子, 和田圭司
精神・神経疾患研究開発費による研究報告集(2年度班・初年度班) 平成23年度   169-183   2012年
神尾陽子, 森脇愛子, 遠藤明代, 稲田尚子, 立森久照, 鈴木友理子, 平本絵里子, 武井麗子, 中鉢貴之, 高橋秀俊, 三宅篤子
就学前後の児童における発達障害の有病率とその発達的変化:地域ベースの横断的および縦断的研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   13-17   2012年
高橋秀俊
総合病院精神医学   23(3) 306-312   2011年7月
保坂 隆, 高橋 秀俊, 伊藤 文晃, 黒澤 美枝, 大澤 智子, 鈴木 友理子, 重村 淳, 前田 正治, 加茂 登志子
総合病院精神医学 = Japanese journal of general hospital psychiatry   23(2) 129-142   2011年4月
高橋秀俊, 橋本亮太, 岩瀬真生, 石井良平, 武田雅俊
月刊精神科   18(1) 14-18   2011年1月
石井良平, 池澤浩二, CANUET Leonides, 栗本龍, 高橋秀俊, 中鉢貴行, 疇地道代, 岩瀬真生, 数井裕光, 吉峰俊樹, 武田雅俊
大阪てんかん研究会雑誌   21(1) 17-20   2010年10月
慢性てんかん精神病はてんかんにおける重篤な合併症の1つである。なかでも脳腫瘍などに対する脳神経外科手術後に発生したてんかん患者に精神症状を併発する例として、主に海馬や扁桃体などの側頭葉内側部に発生する腫瘍(神経節膠腫、胚芽異形成性神経上皮腫瘍など)の切除に関連したてんかん精神病の報告は、過去にいくつか散見される。今回我々は、側頭葉ではなく、右前頭頭頂領域の傍矢状洞部に再発した髄膜腫切除後に出現した症候性局在関連性てんかん症例について報告する。症例は65歳女性。35歳時に全般性強直間代発作が...
石井良平, CANUET Leonides, 池澤浩二, 高橋秀俊, 中鉢貴行, 疇地道代, 岩瀬真生, 武田雅俊
てんかん治療研究振興財団研究年報   21 71-75   2010年8月
石井良平, 池澤浩二, CANUET Leonides, 高橋秀俊, 中鉢貴行, 疇地道代, 岩瀬真生, 武田雅俊
最新精神医学   15(2) 125-131   2010年3月
大井一高, 橋本亮太, 安田由華, 吉田哲彦, 高橋秀俊, 井池直美, 岩瀬真生, 紙野晃人, 石井良平, 数井裕光, 福本素由己, 疇地道代, 池澤浩二, 谷向仁, 田上真次, 森原剛史, 大河内正康, 沼田周助, 池田匡志, 上野修一, 田中稔久, 工藤喬, 大森哲郎, 岩田仲生, 尾崎紀夫, 武田雅俊
精神薬療研究年報   (42) 17-18   2010年3月
石井良平, 栗本龍, 池澤浩二, CANUET Leonides, 疇地道代, 岩瀬真生, 高橋秀俊, 中鉢貴行, 数井裕光, 武田雅俊
Cogn Dement   8(4) 361-364   2009年11月
石井 良平, 池澤 浩二, カヌエト レオニデス, 高橋 秀俊, 中鉢 貴行, 疇地 道代, 栗本 龍, 岩瀬 真生, 武田 雅俊
脳と精神の医学 = Brain science and mental disorders   20(3) 199-206   2009年9月
石井良平, 栗本龍, 池澤浩二, CANUET Leonides, 高橋秀俊, 中鉢貴行, 疇地道代, 岩瀬真生, 武田雅俊
臨床検査   53(9) 1003-1009   2009年9月
現在,臨床検査としての自発脳磁図の測定は,主に脳神経外科領域における術前・術後の評価として実地臨床において有効に用いられている.器質的脳病変を有する患者の徐波活動や,難治性てんかん患者の発作間歇期の棘波や鋭波などの突発性異常波について,脳磁図を用いてその波形の観察や脳内での発生源推定を行うことで,脳外科手術の成績向上に大きく寄与している.また,最近では統合失調症や認知症などの精神神経疾患において脳の局在異常を同定し,その病態解明に役立てる研究が相次いで報告されている.器質的脳病変に関する内...
高橋秀俊, 武田雅俊
総合病院精神医学   21(3) 270-276   2009年7月
石井良平, 栗本龍, 池澤浩二, CANUET Leonides, 疇地道代, 岩瀬真生, 高橋秀俊, 中鉢貴行, 数井裕光, 吉峰俊樹, 武田雅俊
臨床脳波   50(10) 588-594   2008年10月
先進各国における高齢化社会の本格化に伴い、認知症の発症率は上昇の一途をたどっている。なかでもADはもっとも頻度の高い認知症疾患であり、2050年までには全世界でその有病率が4倍に増加すると推測されている。そのため、ADの効果的な治療法の開発のみならず早期診断法の確立は緊急の課題である。脳磁図は高額な装置や維持費の問題のため、脳波ほどには普及しておらず、認知症への応用を試みた研究も限定的なものにとどまっている。今日までに発表されたADの脳磁図研究では、基本的には脳波と同様の変化が観察されるが...
石井 良平, 高橋 秀俊, 池澤 浩二
臨床精神医学   37(10) 1305-1314   2008年10月
高橋 秀俊, 岩瀬 真生, 武田 雅俊
精神神經學雜誌 = Psychiatria et neurologia Japonica   110(5) 355-361   2008年5月
関山 隆史, 岩瀬 真生, 高橋 秀俊
精神医学   50(4) 337-344   2008年4月
統合失調症患者43名と健常被験者31名に対し,情動顔の表情カテゴリーを答える課題(Facial Emotion Labeling Test;FELT)と,情動的に中性な顔に対しその明暗を答える課題(Neutral Face Rating Test;NFRT)の2種の表情認知課題を作成,施行した。FELTでは患者群が有意に低成績を示し,これは対人関係機能を中心とした社会機能の低下と関連した。NFRTでは中性顔をpositiveに認知する傾向は社会的活動性やセルフケアスキルの低評価と関連した。...
高橋 秀俊, 工藤 喬, 岩瀬 真生
精神医学   50(2) 187-196   2008年2月
Brain oscillatory activity in depressed epilepsy patients
Canuet L, Ishii R, Iwase M, Azechi M, Kurimoto R, Ikezawa K, Nakahachi T, Takahashi H, Takeda M.
大阪てんかん研究会雑誌   18 25-30   2008年
高橋秀俊, 岩瀬真生, 石井良平, 梶本修身, 武田雅俊
Schizophrenia Front   7(4) 247-251   2006年12月
近年、非定型抗精神病薬の登場による薬物療法の進歩や統合失調症のリハビリテーション技法の進展に伴い、統合失調症における社会機能障害の改善の可能性が拡大しており、社会生活機能の客観的な評価の重要性もますます高まってきている。しかし、現状の社会機能評価法には、一定の評価期間を要することや評価者間一致率、評価方法の問題など、簡便性、客観性あるいは定量性の点で問題があることが多い。本症の社会機能障害は、精神症状よりもむしろ認知機能の障害との関連が強いことが指摘されている。本稿では、統合失調症の社会生...
高橋 清武, 岩瀬 真生, 高橋 秀俊
臨床精神医学   33(12) 1599-1607   2004年12月
笑いのNK細胞活性化を実証するため,21名の男子学生にコミックビデオとドキュメンタリービデオを視聴させ,前後で,末梢血NK活性を比較した.左大頬骨筋電図を笑いの量の指標とし,愉悦感情体験の指標として,visual analogue scale (VAS)による自己評価とProfile of Mood States(POMS)による気分の測定を行った.その結果,コミックビデオ視聴によりNK活性は有意に上昇したが,ドキュメンタリーでは上昇は認められなかった.NK活性の上昇度はPOMSの抑うつや...
岩瀬真生, 高橋秀俊, 中鉢貴行, 梶本修身, 志水彰, 武田雅俊
精神医学   45(12) 1291-1296   2003年12月
統合失調症患者30名(平均38.4歳,男性16例,女性14例)と健常被験者17名を対象にATMTを実施した.健常者のB・C課題の平均反応時間,VWM利用率の平均は2081.1±555.7,30805.5±611.1msec,42.9±11.5%であり,統合失調症患者では各々4481.8±1726.7,5531.9±1711.2msec,24.1±8.9%と反応時間は健常者よりも有意に延長し,VWM利用率も有意に低下していた

書籍等出版物

 
子どものこころの診療ハンドブック (再再掲)
荒井宏, 宮川真一編 (担当:共著, 範囲:子どもに特有の反応と対応を理解しよう―災害後の子どものこころのケア)
星和書店   2016年   
子どものこころの診療ハンドブック(再掲)
荒井宏, 宮川真一編 (担当:分担執筆, 範囲:大人との相違点を理解しよう― 子どものこころの診療における薬物療法)
星和書店   2016年   
子どものこころの診療ハンドブック
荒井宏, 宮川真一編 (担当:分担執筆, 範囲:からだの病気を見落とさない― 身体的診察・検査)
星和書店   2016年   
Clinical Applications of Magnetoencephalography
Tobimatsu S, Kakigi R eds (担当:分担執筆, 範囲:Autism spectrum disorders)
Springer Japan KK   2016年   
新・発達心理学ハンドブック
田島信元, 岩立志津夫, 長崎勤編 (担当:共著, 範囲:71章 精神障害)
福村出版   2016年   
成人期の自閉症スペクトラム 診療実践マニュアル(再掲)
神尾陽子編 (担当:分担執筆, 範囲:Q&A 統合失調症か自閉症スペクトラムか判断に迷う患者にはどのように対応したらよいのでしょうか?)
医学書院   2012年   
成人期の自閉症スペクトラム 診療実践マニュアル
神尾陽子編 (担当:分担執筆, 範囲:自閉症スペクトラム障害の診断アルゴリズム)
医学書院   2012年   
心のサイエンス ―精神医学の進む道―
武田雅俊, 工藤喬編 (担当:分担執筆, 範囲:統合失調症の視空間作業記憶と精神症状および社会機能との関連)
メディカルレビュー社   2015年   
現代精神医学事典 (再掲)
加藤敏, 神庭重信, 中谷陽二, 武田雅俊, 鹿島晴雄, 狩野力八郎, 市川宏伸編 (担当:分担執筆, 範囲:人工透析)
弘文堂   2011年   
現代精神医学事典
加藤敏, 神庭重信, 中谷陽二, 武田雅俊, 鹿島晴雄, 狩野力八郎, 市川宏伸編 (担当:分担執筆, 範囲:腎移植)
弘文堂   2011年   
Comprehensive Guide to Autism
Patel VB, Preedy VR, Martin CR eds (担当:共著, 範囲:Electrophysiology of Visual and Auditory Perception in Autism Spectrum Disorders)
Springer Science+Business Media   2014年   
藤森 和美, 前田 正治 編 (担当:分担執筆, 範囲:思春期の子どもの災害反応)
誠信書房   2011年   ISBN:9784414400687
看護学テキスト疾病と治療III
松田暉, 荻原俊男, 難波光義, 鈴木久美, 林直子編 (担当:分担執筆, 範囲:不安)
南江堂   2010年   
絵でみる心の保健室
武田雅俊, 田中稔久監, 大阪大学大学院医学系研究科・精神医学教室編 (担当:分担執筆, 範囲:知的障害)
アルタ出版   2006年   

講演・口頭発表等

 
発達障害の子どもの成育環境:自閉スペクトラム症の感覚過敏の問題と音環境に対する多領域からの支援を中心に [招待有り]
高橋 秀俊
日本学術会議 心理学・教育学委員会・臨床医学委員会・健康・生活科学委員会・環境学委員会・土木工学・建築学委員会合同子どもの成育環境分科会(第24期・第6回)   2019年1月16日   日本学術会議 心理学・教育学委員会・臨床医学委員会・健康・生活科学委員会・環境学委員会・土木工学・建築学委員会合同子どもの成育環境分科会
クワイエットアワーについて [招待有り]
高橋 秀俊
内閣府 平成30年度障害者週間「連続セミナー」   2018年12月7日   内閣府
自閉スペクトラム症の感覚処理特性の生理学的基盤とsensory friendlyな取組について. [招待有り]
高橋 秀俊
日本LD学会第27回大会   2018年11月24日   
教室内音環境が子どものメンタルヘルスに与える影響
高橋秀俊, 上野 佳奈子, 中村 亨, 山本 義春
第49回全国学校保健・学校医大会/東京都医師会学校医連絡会   2018年10月27日   日本医師会
自閉スペクトラム児における ヒト粘膜常在細菌と臨床指標との関連
高橋 秀俊、海老島 健、原口 英之、住吉 太幹
日本児童青年精神医学会第59回総会   2018年10月12日   日本児童青年精神医学会
保育室・教室内の音環境が子どものメンタルヘルスに与える影響
高橋 秀俊、海老島 健、原口 英之、住吉 太幹
第59回日本児童青年精神医学会   2018年10月11日   日本児童青年精神医学会
室内音環境が子どものメンタルヘルスに与える影響
高橋 秀俊, 上野 佳奈子, 渡邊 真之佑, 中村 亨, 山本 義春, 神尾 陽子
こども環境学会2018年大会   2018年5月20日   こども環境学会
自閉スペクトラム症の感覚の特徴:早期発見から就労支援まで [招待有り]
高橋 秀俊
高知医療再生機構講演会~DCセミナー~   2018年5月16日   高知大学
地域特性を考慮した精神科領域における医療-教育連携 離島における取組みを中心に
高橋 秀俊, 神尾 陽子
精神神経学雑誌   2017年12月   
学校への精神科医アウトリーチ事業の立ち上げと実践 高校を舞台とした医療・教育の連携
岡田 謙, 金田 渉, 高橋 秀俊
精神神経学雑誌   2017年12月   
被災地と精神医療-これまでとこれから-平成29年日本総合病院精神医学会福島県浜通り地域(沿岸部)支援報告 [招待有り]
高橋 秀俊
第30回日本総合病院精神医学会総会   2017年11月17日   
Auditory steady-state responses of MEG in children with autism spectrum disorder.
Takahashi H, Gunji A, Kaneko Y, Hironaga N, Hagiwara K, Inagaki M, Tobimatsu S, Hanakawa T, Kamio Y
International Autism Conference Tokyo 2017   2017年10月15日   
The relation between locomotor dynamics and the acoustic startle response in children with typical development and those with autism spectrum disorder.
Takahashi H, Nakamura T, Kim J, Kikuchi H, Nakahachi T, Yoshiuchi K, Ando T, Yamamoto Y, Kamio Y
International Autism Conference Tokyo 2017   2017年10月15日   
自閉スペクトラム症児および定型発達児における身体活動動態と聴覚性驚愕反射およびその制御機構との関連
高橋 秀俊, 中村 亨, 金 鎭赫, 菊地 裕絵, 中鉢 貴行, 石飛 信, 吉内 一浩, 安藤 哲也, Stickley Andrew, 山本 義春, 神尾 陽子
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   2017年10月   
自閉症スペクトラム障害の聴覚誘発脳磁界反応の高周波振動について. [招待有り]
高橋秀俊, 軍司敦子, 金子裕, 廣永成人, 萩原綱一, 稲垣真澄, 飛松省三, 花川隆, 神尾陽子
第59回日本小児神経学会学術集会   2017年6月17日   
障害者職業能力開発校における精神科医の役割 地域・他職種との連携を中心に
高橋 秀俊, 神尾 陽子
精神神経学雑誌   2017年6月   
不安障害の診断と治療の新しい流れ 児童期の内在化障害の予測要因
神尾 陽子, 荻野 和雄, 石飛 信, 原口 英之, 齊藤 彩, 高橋 秀俊
精神神経学雑誌   2017年6月   
Atypical auditory steady-state gamma responses of MEG in children with autism spectrum disorders. [招待有り]
Takahashi H, Gunji A, Kaneko Y, Hironaga N, Hagiwara K, Inagaki M, Tobimatsu S, Hanakawa T, Kamio Y
Biomagnetic Sendai 2017   2017年5月22日   
The relation between locomotor dynamics and the acoustic startle response and its modulation in children with typical development and those with autism spectrum disorders.
Takahashi H, Nakamura T, Kim J, Kikuchi H, Nakahachi T, Ishitobi M, Yoshiuchi K, Ando T, Stickley A, Yamamoto Y, Kamio Y
International Meeting for Autism Research (IMFAR) Annual Meeting of the International Society for Autism Resarch (IMSAR)   2017年5月12日   
高周波脳活動の臨床的意義と新たな展開 自閉症スペクトラム障害の聴覚誘発脳磁界反応の高周波振動について
高橋 秀俊, 軍司 敦子, 金子 裕, 廣永 成人, 萩原 綱一, 稲垣 真澄, 飛松 省三, 花川 隆, 神尾 陽子
脳と発達   2017年5月   
青年, 成人の発達障害の診療. [招待有り]
高橋 秀俊
第29回日本総合病院精神医学会総会   2016年11月25日   
自閉スペクトラム症の感覚処理の社会機能への影響 音環境を中心とした多領域からの支援にむけて. [招待有り]
高橋 秀俊
日本LD学会第25回大会   2016年11月20日   
Auditory steady-state gamma responses of MEG in children with typical development and those with autism spectrum disorders.
Takahashi H, Gunji A, Kaneko Y, Hironaga N, Hagiwara K, Inagaki M, Tobimatsu S, Hanakawa T, Kamio Y
BIOMAG2016   2016年10月5日   
Neural oscillations in the temporal pole for an audio-visual speech matching task reflect late neuronal maturation in adolescence.
Ohki T, Gunji A, Takei Y, Sakuma R, Takahashi H, Kaneko Y, Inagaki M, Hanakawa T, Hiraki K
BIOMAG2016   2016年10月3日   
地域の一般児童集団における自閉症症状・特性の安定性 5歳から8歳までの追跡研究
原口 英之, 山口 穂菜美, 石飛 信, 高橋 秀俊, 神尾 陽子
日本児童青年精神医学会総会抄録集   2016年10月   
自閉スペクトラム症児および定型発達児における聴覚性前注意的弁別処理の電位源推定に関する研究 1年追跡調査
高橋 秀俊, 青木 保典, 中鉢 貴行, 小松 佐穂子, 岩瀬 真生, 石井 良平, 神尾 陽子
臨床神経生理学   2016年10月   
自閉スペクトラム症を有する児童対象の認知行動療法的不安軽減プログラム 治療指標に関する検討
野中 俊介, 岡島 純子, 横山 典子, 三宅 篤子, 荻野 和雄, 原口 英之, 山口 穂菜美, 石飛 信, 高橋 秀俊, 石川 信一, 神尾 陽子
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   2016年10月   
自閉スペクトラム症児における聴覚過敏性の神経生理学的エンドフェノタイプと感覚処理特性の表現型との関連について
高橋 秀俊, 中鉢 貴行, 石飛 信, 原口 英之, 浅野 路子, 山口 穂菜美, 荻野 和雄, 神尾 陽子
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   2016年10月   
ヒト声聴取時の感覚運動野における脳磁場反応. [招待有り]
軍司敦子, 竹市 博臣, 廣永 成人, 高橋秀俊, 金子裕,飛松省三,稲垣真澄
第31回日本生体磁気学会大会   2016年6月10日   
自閉症スペクトラム児の聴覚誘発脳磁界反応について. [招待有り]
高橋秀俊,軍司敦子,金子裕,廣永成人,萩原綱,稲垣真澄,飛松省三,花川隆,神尾陽子
第31回日本生体磁気学会大会   2016年6月10日   
診療所を中心とした児童精神科領域における医療-教育連携について. [招待有り]
高橋秀俊,長尾圭造
第112 回日本精神神経学会学術総会   2016年6月4日   
発達障害への治療. [招待有り]
高橋 秀俊
第112 回日本精神神経学会学術総会   2016年6月3日   
脳磁図の小児への応用 自閉症スペクトラム児の聴覚誘発脳磁界反応について
高橋 秀俊, 軍司 敦子, 金子 裕, 廣永 成人, 萩原 綱一, 稲垣 真澄, 飛松 省三, 花川 隆, 神尾 陽子
日本生体磁気学会誌   2016年6月   
脳磁図の小児への応用 ヒト声聴取時の感覚運動野における脳磁場反応
軍司 敦子, 竹市 博臣, 廣永 成人, 高橋 秀俊, 金子 裕, 飛松 省三, 稲垣 真澄
日本生体磁気学会誌   2016年6月   
児童青年精神科領域における地域連携 診療所での取り組みについて 診療所を中心とした児童精神科領域における医療 教育連携について
高橋 秀俊, 長尾 圭造
精神神経学雑誌   2016年6月   
Eyes open/closed resting state EEG source analysis of children with autism spectrum disorders and those with typical development: a one-year follow-up.
Takahashi H, Aoki Y, Nakahachi T, Stickley A, Komatsu S, Ogino K, Ishitobi M, Iwase M, Ishii R, Kamio Y
2016 APA (American Psychiatric Association) Annual Meeting   2016年5月15日   
Relationship of atypical prosodic features to acoustic startle measures in children with autism spectrum disorders and those with typical development.
Takahashi H, Kondo A, Konishi T, Nishikawa K, Nakahachi T, Komatsu S, Mazuka R, Kamio Y
IMFAR (International Meeting for Autism Research) 2016   2016年5月13日   
Relationship of the acoustic startle response and its modulation to parent-reported sensory profile in children with typical development and those with autism spectrum disorders.
Takahashi H, Nakahachi T, Stickley A, Ishitobi M, Kamio Y
Asia Pacific Regional IMFAR (International Meeting for Autism Research)   2015年11月7日   
Stability of the acoustic startle response and its modulation in children with typical development and those with autism spectrum disorders: a one-year follow-up.
Takahashi H, Nakahachi T, Stickley A, Ishitobi M, Kamio Y
Asia Pacific Regional IMFAR (International Meeting for Autism Research)   2015年11月7日   
Short autism screening questionnaire at 18 months. [招待有り]
Kamio Y, Haraguchi H, Stickely A, Ogino K, Ishitobi M, Takahashi H
Asia Pacific Regional IMFAR (International Meeting for Autism Research)   2015年11月7日   
不安症状のある自閉スペクトラム症児に対する集団認知行動療法プログラムの開発と実施可能性の検討
野中 俊介, 岡島 純子, 三宅 篤子, 小原 由香, 荻野 和雄, 原口 英之, 山口 穂菜美, 石飛 信, 高橋 秀俊, 石川 信一, 神尾 陽子
日本児童青年精神医学会総会抄録集   2015年9月   
自閉症特性と併存症の関連性に関する研究 地域コホートにおける予備的検討
石飛 信, 小原 由香, 原口 英之, 荻野 和雄, 高橋 秀俊, 野中 俊介, 神尾 陽子
日本児童青年精神医学会総会抄録集   2015年9月   
1歳半健診における自閉スペクトラム症スクリーニングのためのM-CHAT主要項目の抽出
荻野 和雄, 石飛 信, 原口 英之, 高橋 秀俊, 神尾 陽子
日本児童青年精神医学会総会抄録集   2015年9月   
児童・思春期精神保健研究部 我が国における、自閉症児に対する「応用行動分析による療育」の検証に関する研究
原口 英之, 三宅 篤子, 石飛 信, 高橋 秀俊, 神尾 陽子
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   2015年8月   
児童・思春期精神保健研究部 自閉症スペクトラム障害の併存症スクリーニングツール開発に関する予備的検討
石飛 信, 原口 英之, 浅野 路子, 野中 俊介, 荻野 和雄, 高橋 秀俊, 神尾 陽子
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   2015年8月   
How is stress related to onset, treatment and prognosis in major depressive and anxiety disorders? Developmental trajectories of anxiety symptoms in childhood: Relationship to autistic symptoms/traits. [招待有り]
Kamio Y, Ogino K, Ishitobi M, Takahashi H
World Psychiatric Association (WPA) Regional Congress Osaka Japan 2015   2015年6月4日   
Does early autistic symptoms predict later mental health problems?
Kamio Yoko, Ogino Kazuo, Iida Yukako, Endo Akiyo, Komatsu Sahoko, Takahashi Hidetoshi, Ishitobi Makoto, Miyake Atsuko
EARLY INTERVENTION IN PSYCHIATRY   2014年11月   
通級指導教室に在籍するASD児の不安症状に対する集団認知行動療法の予備的検討(第一報)
野中 俊介, 三宅 篤子, 小原 由香, 原口 英之, 小松 佐穂子, 山口 穂菜美, 荻野 和雄, 岡島 純子, 石飛 信, 高橋 秀俊, 神尾 陽子
日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集   2014年11月   
自閉症スペクトラム障害児における聴覚性驚愕反射の特性とエンドフェノタイプ候補可能性の検討. [招待有り]
高橋秀俊,神尾陽子
第36回日本生物学的精神医学会 第57回日本神経化学会大会 合同年会   2014年9月29日   
自閉症スペクトラム障害における表情及び人物認知メカニズムの発達的変化に関する研究 中間報告
小松 佐穂子, 高橋 秀俊, 神長 伸幸, 岡島 純子, 荻野 和雄, 中鉢 貴行, 飯田 悠佳子, 近藤 綾子, 柴田 奈津美, 馬塚 れい子, 神尾 陽子
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   2014年8月   
自閉症スペクトラム児における聴覚性前注意的弁別処理の電位源推定に関する研究
高橋 秀俊, 中鉢 貴行, 小松 佐穂子, 岡島 純子, 飯田 悠佳子, 荻野 和雄, 神尾 陽子
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   2014年8月   
神経症とその併存症の診断と治療. [招待有り]
神尾陽子,高橋秀俊, 荻野和雄
第110回日本精神神経学会学術総会   2014年6月26日   
神経症とその併存症の診断と治療 神経症と発達障害の診断と治療
神尾 陽子, 高橋 秀俊, 荻野 和雄
精神神経学雑誌   2014年6月   
Source localization analyses of preattentive auditory discrimination processing in Japanese children with autism spectrum disorders.
Takahashi H, Nakahachi T, Komatsu S, Iida Y, Okajima J, Ogino K, Kamio Y
International Meeting for Autism Research 13rd Annual Meeting   2014年5月16日   
Acoustic startle modulation and its relationship to quantitative autistic traits in Japanese children with and without autism spectrum disorders.
Takahashi H, Nakahachi T, Moriwaki A, Iida Y, Endo A, Ogino K, Takei R, Komatsu S, Kamio Y
The 43rd annual meeting of society for neuroscience   2013年11月9日   
石井良平, 高橋秀俊, 青木保典, 池田俊一郎, 畑真弘, 中鉢貴行, 岩瀬真生, 武田雅俊
臨床神経生理学   2013年10月1日   
岩瀬真生, 疇地道代, 池澤浩二, 石井良平, 高橋秀俊, 中鉢貴行, レオニデス カヌエト, 青木保典, 池田俊一郎, 畑真弘, 数井裕光, 福本素由己, 大井一高, 藤本美智子, 山森英長, 安田由華, 橋本亮太, 武田雅俊
臨床神経生理学   2013年10月1日   
高橋秀俊, 中鉢貴行, 小松佐穂子, 森脇愛子, 飯田悠佳子, 荻野和雄, 神尾陽子
臨床神経生理学   2013年10月1日   
日本人自閉症スペクトラム児における聴覚性驚愕反射の制御機構に関する研究
高橋 秀俊, 中鉢 貴行, 小松 佐穂子, 森脇 愛子, 岡島 純子, 飯田 悠佳子, 荻野 和雄, 神尾 陽子
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   2013年10月   
高橋秀俊, 中鉢貴行, 森脇愛子, 荻野和雄, 武井麗子, 遠藤明代, 小松佐穂子, 飯田悠佳子, 神尾陽子
日本児童青年精神医学会総会抄録集   2013年10月   
精神障害の病態解明への神経生理学の貢献 精神障害の神経生理学的エンドフェノタイプ
石井 良平, 高橋 秀俊, 青木 保典, 池田 俊一郎, 畑 真弘, 中鉢 貴行, 岩瀬 真生, 武田 雅俊
臨床神経生理学   2013年10月   
高橋秀俊, 中鉢貴行, 森脇愛子, 飯田悠佳子, 遠藤明代, 荻野和雄, 武井麗子, 稲田尚子, 神尾陽子
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   2013年9月30日   
Steady-state gamma responses of MEG in children with and without autism spectrum disorders: a preliminary study.
Takahashi H, Gunji A, Kaneko Y, Nakahachi T, Hironaga N, Hagiwara K, Moriwaki A, Inagaki M, Tobimatsu S, Kamio Y
International Society for the Advancement of Clinical Magnetoencephalography meeting 2013   2013年8月27日   
Acoustic startle modulation and its relationship to clinical characteristics in Japanese children with autism spectrum disorders.
Takahashi H, Nakahachi T, Moriwaki A, Takei R, Ogino K, Iida Y, Inada N, Kamio Y
The 11th World Congress of Biological Psychiatry   2013年6月23日   
脳磁図の精神科領域への臨床応用の新展開 自閉症スペクトラムの聴覚誘発脳磁界反応について. [招待有り]
高橋秀俊, 軍司敦子, 金子裕,中鉢貴行, 廣永成人,萩原綱一,森脇愛子,稲垣真澄, 飛松省三,神尾陽子
第28回日本生体磁気学会   2013年6月7日   
高橋秀俊
日本小児精神神経学会プログラム・抄録集   2013年6月   
Neurophysiological Evaluation of Acoustic Startle Response in Japanese Children with Autism Spectrum Disorders.
Takahashi H, Nakahachi T, Moriwaki A, Takei R, Ogino K, Iida Y, Inada N, Kamio Y
International Meeting for Autism Research 2013   2013年5月2日   
高橋秀俊, 森脇愛子, 中鉢貴行, 荻野和雄, 飯田悠佳子, 遠藤明代, 武井麗子, 稲田尚子, 神尾陽子
日本精神神経学会総会プログラム・抄録集   2013年5月   
遠藤明代, 小保内俊雅, 高橋秀俊, 稲田尚子, 神尾陽子
小児の精神と神経   2013年4月1日   
飯田悠佳子, 小川景子, 鳥居俊, 神尾陽子, 高橋秀俊, 内田直
体力科学   2012年12月1日   
総合病院における児童精神科医療の現状:アンケート調査結果報告を中心に. [招待有り]
高橋秀俊, 豊永公司
第25回日本総合病院精神医学会   2012年11月30日   
高橋秀俊, 豊永公司
総合病院精神医学   2012年11月10日   
遠藤明代, 神尾陽子, 高橋秀俊, 稲田尚子, 小保内俊雅
日本小児精神神経学会プログラム・抄録集   2012年11月   
高橋秀俊, 中鉢貴行, 森脇愛子, 武井麗子, 飯田悠佳子, 荻野和雄, 稲田尚子, 神尾陽子
臨床神経生理学   2012年10月1日   
武井麗子, 稲田尚子, 黒田美保, 中鉢貴行, 高橋秀俊, 内山登紀夫, 神尾陽子
日本児童青年精神医学会総会抄録集   2012年10月   
荻野和雄, 稲田尚子, 高橋秀俊, 神尾陽子
日本児童青年精神医学会総会抄録集   2012年10月   
高橋秀俊, 武井麗子, 森脇愛子, 井口英子, 中鉢貴行, 荻野和雄, 飯田悠佳子, 稲田尚子, 神尾陽子
日本児童青年精神医学会総会抄録集   2012年10月   
遠藤明代, 神尾陽子, 高橋秀俊, 稲田尚子, 武井麗子, 中鉢貴行
日本児童青年精神医学会総会抄録集   2012年10月   
高橋秀俊, 稲田尚子, 神尾陽子
日本生物学的精神医学会   2012年9月27日   
高橋秀俊, 稲田尚子, 神尾陽子
日本生物学的精神医学会   2012年9月28日   
石井良平, 補永栄子, 栗本龍, 青木正典, 池田俊一郎, 畑真弘, 高橋秀俊, 中鉢貴行, 岩瀬真生, 水田一郎, 武田雅俊
日本生物学的精神医学会   2012年9月28日   
自閉症スペクトラム障害の聴覚誘発脳磁界反応に関する予備的検討
高橋 秀俊, 軍司 敦子, 金子 裕, 中鉢 貴行, 森脇 愛子, 稲田 尚子, 武井 麗子, 遠藤 明代, 黒田 美保, 稲垣 真澄, 神尾 陽子
日本生体磁気学会誌   2012年6月   
発達障害再考 診断閾値の臨床的意義を問い直す 未診断自閉症スペクトラム児者の精神医学的問題
神尾 陽子, 森脇 愛子, 武井 麗子, 稲田 尚子, 井口 英子, 高橋 秀俊, 中鉢 貴行
精神神経学雑誌   2012年5月   
高橋秀俊, 中鉢貴行, 井口英子, 森脇愛子, 稲田尚子, 武井麗子, 神尾陽子
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   2012年3月31日   
岩瀬真生, 疇地道代, 池澤浩二, 石井良平, 高橋秀俊, 中鉢貴行, レオニデスカヌエト, 栗本龍, 青木保典, 池田俊一郎, 数井裕光, 福本素由己, 大井一高, 山森英長, 安田由華, 橋本亮太, 武田雅俊
統合失調症研究   2012年3月   
神尾陽子, 森脇愛子, 武井麗子, 稲田尚子, 井口英子, 高橋秀俊, 中鉢貴行
日本精神神経学会総会プログラム・抄録集   2012年   
中鉢貴行, 石井良平, 岩瀬真生, LEONIDES Canuet, 高橋秀俊, 栗本龍, 池澤浩二, 疇地道代, 梶本修身, 武田雅俊
日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集   2012年   
石井良平, 栗本龍, 青木保典, 池田俊一郎, 畑真弘, 高橋秀俊, 中鉢貴行, 岩瀬真生, 武田雅俊
日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集   2012年   
栗本龍, 石井良平, 岩瀬真生, 池澤浩二, 青木保典, 池田俊一郎, 畑真弘, 高橋秀俊, 中鉢貴行, 木藤友美子, 吉田哲彦, 数井裕光, 武田雅俊
日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集   2012年   
MEG によるワーキングメモリ解析の精神科領域への臨床応用. [招待有り]
石井良平、栗本龍、青木保典、池田俊一郎、カヌエト・レオニデス、池澤浩二、補永栄子、高橋秀俊、中鉢貴行、岩瀬真生、武田雅俊
第41回日本臨床神経生理学会学術大会   2011年11月10日   
岩瀬真生, 疇地道代, 池澤浩二, 石井良平, 高橋秀俊, 中鉢貴行, レオニデスカヌエト, 栗本龍, 青木保典, 池田俊一郎, 数井裕光, 福本素由己, 大井一高, 山森英長, 安田由華, 橋本亮太, 武田雅俊
臨床神経生理学   2011年10月1日   
栗本龍, 石井良平, 岩瀬真生, 池澤浩二, カヌエトレオニデス, 疇地道代, 青木保典, 池田俊一郎, 高橋秀俊, 中鉢貴行, 木藤友美子, 吉田哲彦, 数井裕光, 武田雅俊
臨床神経生理学   2011年10月1日   
石井良平, 栗本龍, 青木保典, 池田俊一郎, レオニデス カヌエト, 池澤浩二, 補永栄子, 高橋秀俊, 中鉢貴行, 岩瀬真生, 武田雅俊
臨床神経生理学   2011年10月1日   
精神神経疾患における認知障害と神経生理 MEGによるワーキングメモリ解析の精神科領域への臨床応用
石井 良平, 栗本 龍, 青木 保典, 池田 俊一郎, カヌエト・レオニデス, 池澤 浩二, 補永 栄子, 高橋 秀俊, 中鉢 貴行, 岩瀬 真生, 武田 雅俊
臨床神経生理学   2011年10月   
レヴィー小体型認知症における開閉眼に伴う脳磁場活動 アルツハイマー病との比較検討
栗本 龍, 石井 良平, 岩瀬 真生, 池澤 浩二, カヌエト・レオニデス, 疇地 道代, 青木 保典, 池田 俊一郎, 高橋 秀俊, 中鉢 貴行, 木藤 友美子, 吉田 哲彦, 数井 裕光, 武田 雅俊
臨床神経生理学   2011年10月   

競争的資金等の研究課題

 
発達障害の治療法の確立をめざすトランスレーショナルリサーチ
国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター: 精神・神経疾患研究開発費
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 一戸 紀孝
社会機能/QOL改善と出口戦略を見据えた睡眠障害のクリニカルパスの開発
国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター: 精神・神経疾患研究開発費
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 三島 和夫
人間力活性化によるスーパー日本人の育成と産業競争力の増進/豊かな社会の構築
大阪大学COI拠点
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 上野山 雄
自閉症スペクトラム障害の最適予後のための早期介入に関する研究
厚生労働省: 精神・神経疾患研究開発費
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 神尾 陽子
精神医学的障害の早期発見と早期介入:児童期から成人期への連続性・不連続性の解明研究
昭和大学発達障害医療研究所: 共同利用・共同研究
研究期間: 2014年10月 - 2016年9月    代表者: 神尾 陽子
発達障害者の就労定着を支援する多次元スマートセンシングシステムの開発
厚生労働科学研究委託費: 障害者対策総合研究事業(障害者対策総合研究開発事業(精神障害分野))
研究期間: 2014年12月 - 2015年3月    代表者: 神尾 陽子
精神医学的障害の早期発見と早期介入:児童期から成人期への連続性・不連続性の解明研究
厚生労働省: 精神・神経疾患研究開発費
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 神尾 陽子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 高橋 秀俊
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2012年    代表者: 岩瀬 真生
統合失調症を初めとする精神疾患に対して経頭蓋磁気刺激治療を行い、近赤外分光法を用いて治療中の血流同時測定を行ったところ、治療中に血流変化がみられることが観察されたが、何人かの被験者では磁気刺激による刺激のアーチファクトが測定に混入することが判明した。近赤外分光法により課題施行中の血流変化により、健常者と疾患群の判別解析が可能なことが明らかになり、磁気刺激治療への反応性予測に応用できる可能性がある。
プレパルス・インヒビションによる統合失調症の分子・生理学的病態解明に関する研究
先進医薬研究振興財団: 精神薬療分野研究助成 海外留学助成
研究期間: 2009年11月 - 2011年1月    代表者: 高橋 秀俊
文部科学省: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 高橋 秀俊
日本人児童の自閉症スペクトラム障害(ASD)群ならびに定型発達群を対象に、聴覚性驚愕反射検査を行った。ASD児の驚愕反射は、潜時が延長し、また閾値は低下している可能性が示唆された。延長された潜時は、社会認知機能の障害と、微弱な刺激に対する反応の大きさは、向社会的行動の減少と関連した。今後は、本研究課題で得られた結果をもとに、ASD児において、プレパルス・インヒビションも含めた聴覚性驚愕反射の制御機構について検討を進めていく。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 高橋 秀俊
近年、聴覚性驚愕反射のプレパルス・インヒビション(prepulse inhibition : PPI)は統合失調症の病態解明のための中間表現形として、遺伝子多型との関連が注目されているが、アジア系人種におけるPPIに関しては、よく知られていない。最近、研究代表者は、日本人においても統合失調症のPPIの減弱を認めることを報告した。本研究課題では、さらに発展させるべく、統合失調症患者をはじめとする精神疾患患者及び健常者を対象にPPIを測定し、統合失調症患者のPPIの障害について調べた。日本人の...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 高橋 秀俊
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 高橋 秀俊