永島広紀

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/20 15:08
 
アバター
研究者氏名
永島広紀
 
ナガシマ ヒロキ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/50315181
所属
九州大学
部署
韓国研究センター
職名
教授
学位
学士(人文学)(筑波大学), 修士(文学)(九州大学), 博士(文学)(九州大学)
その他の所属
大学院地球社会統合科学府大学院比較社会文化学府大学文書館附属図書館研究開発室共創学部
科研費研究者番号
50315181

プロフィール

筑波大学第一学群人文学類 卒業
九州大学大学院人文科学府博士後期課程 単位修得満期退学
外務省専門調査員(在釜山日本国総領事館)
佐賀大学講師・助教授・准教授(文化教育学部)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
九州大学 韓国研究センター 教授
 
2007年4月
 - 
2016年3月
佐賀大学 文化教育学部 准教授
 
2005年9月
 - 
2007年3月
佐賀大学 文化教育学部 助教授
 
2006年3月
 - 
2006年8月
(韓国)釜慶大学校人文社会科学大学 招聘教員
 
1998年11月
 - 
2005年8月
佐賀大学 文化教育学部 講師
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1993年3月
筑波大学 第一学群 人文学類(史学主専攻・東洋史コース)
 
1993年4月
 - 
1994年3月
九州大学 文学部 研究生
 
1994年4月
 - 
1996年3月
九州大学大学院 文学研究科修士課程 史学(朝鮮史学)専攻
 
1996年4月
 - 
1998年10月
九州大学大学院 文学研究科博士後期課程 史学専攻
 
2001年4月
 - 
2004年3月
九州大学大学院 人文科学府博士後期課程 歴史空間論(朝鮮史学)専攻
 

委員歴

 
2007年4月
 - 
2010年3月
第2期日韓歴史共同研究委員会  研究委員(教科書小グループ)
 
2007年4月
 - 
現在
福岡市史編集委員会  専門委員(近現代史)
 

論文

 
箱崎に学んだ留学生の戦前・戦中・戦後─林学者・玄信圭の足跡を辿る
永島広紀
アジア游学   (224)    2018年10月   [査読有り][招待有り]
The Compilation of the Annals of the Korean Emperors Kojong and Sunjong by the Japanese Imperial Household Library and the Yi Royal Household
ACTA ASIATICA   (114) 43-65   2018年   [招待有り]
朝鮮人の帝国大学進学と「学徒出陣」
永島広紀
須川英徳編『韓国・朝鮮史への新たな視座』   233-271   2017年5月   [招待有り]
2개의 고종실록 편찬을 둘러싼 궁내성-이왕직의 갈등
永島広紀
한국사학보   (64) 51-67   2016年8月   [査読有り]
帝国大学「法文学部」の比較史的検討
永島広紀
九州史学   (167) 6-30   2014年3月   [査読有り]
旧宮内省図書寮の朝鮮本蒐集と日韓の文化財問題
永島広紀
年報 朝鮮學   (16) 77-108   2013年12月   [査読有り]
永島 広紀
佐賀大学文化教育学部研究論文集   12(2) 374-348   2008年1月
永島 広紀
七隈史学   0(5) 47-63   2004年3月
永島 広紀
アジア遊学   0(50) 108-118   2003年4月
永島 広紀
アジア遊学   0(26) 162-174   2001年4月
永島 広紀
朝鮮学報   178(0) 141-180,*3-4   2001年
永島 広紀
外務省調査月報   1999(1) 53-73   1999年6月

Misc

 
永島広紀
韓国研究センター年報   (17) 65-74   2017年3月
永島 広紀
九州史学   (167) 100-105   2014年3月
永島 広紀
東アジア近代史   (17) 203-206   2014年3月
永島 広紀
東京大学コリア・コロキュアム講演記録   1-11   2012年
永島 広紀
東アジア近代史   0(14) 1-4   2011年3月
日韓歴史共同研究と「歴史教科書問題」
永島広紀
西日本文化   (448) 48-52   2010年12月   [依頼有り]
永島 広紀
東アジア近代史   0(12) 241-245   2009年3月
永島 広紀
史學雜誌   114(5) 七六二-七六六   2005年5月
永島 広紀
史學雜誌   109(5) 912-916   2000年5月
濱中 昇, 桑野 栄治, 永島 広紀
史学雑誌   109(5) 907-916   2000年5月

書籍等出版物

 
일제의 식민지배와 재조일본인 엘리트
永島広紀/최혜주/이형식/이승엽/박찬승/이규수/홍양희 (担当:共著, 範囲:일본의 한국통치와 구마모토 출신자 인맥)
어문학사   2018年5月   
  (担当:分担執筆)
勉誠出版   2017年5月   ISBN:4585221719
簑原 俊洋, 奈良岡 聰智 (担当:分担執筆, 範囲:「8 江華島事件」/「9 壬午軍乱、甲申政変、天津条約」/「11 日清戦争」/「20 韓国の保護と併合」)
ミネルヴァ書房   2016年1月   ISBN:9784623074204
勉誠出版   2015年7月   ISBN:4585221212
季武 嘉也 (担当:分担執筆, 範囲:第11章「外地から見た昭和の戦争」)
放送大学教育振興会   2015年3月   ISBN:4595315481
谷ヶ城秀吉・永島広紀・ゆまに書房編集部 (担当:共著, 範囲:朝鮮編)
ゆまに書房   2014年2月   ISBN:9784843336816
思文閣出版   2013年3月   ISBN:4784216820
東京大学出版会   2013年2月   ISBN:4130362461
増田 弘 (担当:分担執筆, 範囲:永島広紀「朝鮮半島からの引揚と『日本人世話会』の救護活動―朝鮮総督府・京城帝国大学関係者を中心に―」)
慶應義塾大学出版会   2012年11月   ISBN:4766419758
小倉紀蔵編
有斐閣   2012年3月   ISBN:4641281289
第4章 韓国の歴史 ―『大韓民国』史へのまなざし―(82~113頁)
谷ケ城 秀吉, 永島 広紀, 加藤 聖文 (担当:編者)
ゆまに書房   2010年   ISBN:9784843329405
NHK取材班
NHK出版   2011年10月   ISBN:4140814969
「『朝鮮王朝儀軌』とは果たして何か?」(117~146頁)/「宮内庁書陵部所蔵『儀軌』リスト」(212~232頁)/「有賀啓太郎と朝鮮総督府『参事官室』の図書整理」(234~238頁)
古田 博司, 小倉 紀藏, 磯崎 典世, 大西 裕, 株本 千鶴, 木村 幹, 桑野 栄治, 小針 進, 鄭 大均, 永島 広紀, 野崎 充彦, 真鍋 祐子, 室岡 鉄夫, 柳町 功, 六反田 豊 (担当:分担執筆)
新書館   2002年4月   ISBN:4403250580
永島 広紀
ゆまに書房   2011年8月   ISBN:4843334693
宇垣 一成, 橋本 文吉, 御手洗 辰雄, 永島 広紀
ゆまに書房   2010年   ISBN:9784843333853
永島 広紀, 藤村 徳一, 今村 鞆, 大垣 丈夫
ゆまに書房   2010年   ISBN:9784843334010
永島 広紀, 和田 八千穂, 藤原 喜蔵
ゆまに書房   2010年   ISBN:9784843334034
池原 鹿之助, 永島 広紀
ゆまに書房   2010年   ISBN:9784843333860
馬場 恒吾, 永島 広紀
ゆまに書房   2010年   ISBN:9784843333877
永島 広紀, 幣原 坦
ゆまに書房   2010年   ISBN:9784843333884
丸山 鶴吉, 永島 広紀
ゆまに書房   2010年   ISBN:9784843333891
永島 広紀, 穂積 真六郎
ゆまに書房   2010年   ISBN:9784843333914
故宇佐美勝夫氏記念会, 永島 広紀
ゆまに書房   2010年   ISBN:9784843333921
松井 茂, 永島 広紀
ゆまに書房   2010年   ISBN:9784843333938
永島 広紀, 朴 榮喆
ゆまに書房   2010年   ISBN:9784843333969
永島 広紀, 阿部 薫(記者)
ゆまに書房   2010年   ISBN:9784843334003
永島 広紀, 石森 久彌, 中村 健太郎
ゆまに書房   2010年   ISBN:9784843333846
永島 広紀, 林繁蔵回顧録編集委員会
ゆまに書房   2010年   ISBN:9784843333907
永島 広紀, 韓 翼教
ゆまに書房   2010年   ISBN:9784843333952
永島 広紀, 「有賀さんの事蹟と思い出」編纂会
ゆまに書房   2010年   ISBN:9784843333983
永島 広紀
ゆまに書房   2010年   ISBN:9784843333990
永島 広紀, 「朝鮮行政」編輯總局
ゆまに書房   2010年   ISBN:9784843334027
李 榮薫 (担当:単訳)
文藝春秋   2009年2月   ISBN:4163703101
吉川弘文館   2009年1月   ISBN:464203790X
李 榮薫, 永島 広紀
文藝春秋   2009年   ISBN:9784163703107
九州史学研究会, 中野 等, 坂上 康俊, 岩崎 奈緒子, 福田 千鶴, 服部 英雄, 佐伯 弘次, 荒木 和憲, 上原 兼善, 永島 広紀, 藤岡 健太郎, 有馬 学, 橋本 雄, 藤田 明良, 岩崎 義則
岩田書院   2008年   ISBN:9784872945348

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 吉田 光男
明治期から第二次世界大戦終了までの時期において日本人研究者が行った、人文社会学的朝鮮研究を、朝鮮に開設された京城帝国大学などの学術機関との関係を重視しつつ分析した。古代史・中世史・近世史・人類学の諸分野における代表的な研究者を個別事例としてとりあげ、学的基盤、経歴、研究成果などを総合的に把握して分析し、彼らの研究の意味と、戦後の学界に対する影響を探究した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 波田野 節子
本共同研究は、朝鮮近代文学における日本語創作についての新たな知見を得ることを目的に、朝鮮近代作家の個別研究、近代朝鮮語形成期の朝鮮半島における日本語の諸様相、日本留学した朝鮮人学生たちがおかれた言語環境、植民地朝鮮のメディアや映画における日本語使用状況など、多様な領域を専門とする連携研究者たちが各自の蓄積をもちよっての意見交換をおこなうものである。共同研究1年目である本年度は、以下のような活動をおこなった。(1)2013年6月20日に連携研究者であるYale大学のJohnTreat教授を武...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 森山茂徳
本研究は、日露戦後の大韓帝国の国際的地位が何ゆえ如何に変化したのかを、日韓両国間の研究者ネットワークに基づき、日本、韓国、および関係各国の史料の収集による実証的かつ斬新な視角による総合的研究である。成果は、(1)包括的史料収集によって新たな決定的史料集完成への展望を開き、(2)2010年8月29日に「韓国併合に関する国際的シンポジウム」(非公開)を開催し、(3)この成果を2011年度中に論文集として、史料集と併せて刊行する予定である。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 安藤 正人
20 世紀という激動の時代の記憶と記録を収集・保存し後世に伝えることが、平和な未来を築くために極めて大切であるという認識から、本研究では、(1)アジア太平洋戦争を中心とした日本の戦争及び占領地関係記録の伝存過程を国内外の調査によって明らかにするとともに、(2)朝鮮を中心とした日本の植民地支配に関わる記録の所在調査とオーラルヒストリーの収集を実施し、さらに、(3)米国を中心とした広島・長崎原爆被害関係資料の調査と収集を行った。研究成果の多くは、論文・学会報告などで公表している。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 中見 立夫
前近代時期の中国、朝鮮、ヴェトナムの王朝、そして近代日本において編纂された皇帝ないしは国王の記録、「実録」は、ヨーロッパ諸国やイスラーム圏では類例のない、特異な歴史記録である。「実録」は、いかなる歴史意識にもとづき編纂されたのか。東アジアにおける「実録」編纂の問題を、帝王権と国家、国家史叙述と王朝史叙述との関係に焦点を置きながら、比較史、史料学の視点から検証した。中国、朝鮮、ヴェトナム、およびロシア、スペイン、沖縄などで、研究課題に関連する「実録」および帝王記録関係の史料調査をおこなうと同...