基本情報

所属
東京大学 大学院総合文化研究科 超域文化科学専攻 博士課程
独立行政法人日本学術振興会 特別研究員DC1
学位
修士(2019年3月 東京大学)

連絡先
hiroki.yamano1021gmail.com
J-GLOBAL ID
201901012293822917

 

はじめまして。山野 弘樹と申します。

東京大学で哲学の研究をしております。

 

研究内容、および研究活動に関して、自己紹介をさせていただきます。

 

 

 

1. 現代フランス哲学の研究――「物語」の哲学

 

私は現代フランス哲学を代表する哲学者ポール・リクール(Paul Ricœur, 1913-2005)の研究を行っております。

 

リクールとは、特に「解釈学」と呼ばれるヨーロッパの思想潮流を発展させた哲学者として有名ですが、リクールの哲学自体は、メーヌ・ド・ビランに端を発する「反省哲学」の系譜の中で、「現象学」や「解釈学」の着想を導入した思想体系であると言えます。

私はこうした哲学史的位置づけを踏まえつつ、リクールにおける「物語の哲学」の研究を行っております。

 

とりわけ、リクールの主著『時間と物語』(1983-85年)『他としての自己自身』(1990年)『記憶・歴史・忘却』(2000年)の研究に取り組んでおります。

また、リクール研究を通して得た知見を基にエマニュエル・レヴィナスやジャック・デリダの哲学を検討することで、「現代フランス哲学」全体を視野に含めた研究計画を推進する予定です。

 

 

 

 

2. リクール「物語論」の実践的応用――「教育論」および「組織論」への展開

 

リクールの「物語論」において特に有名なのは、〈妥当な仕方で過去の出来事を認識する〉という「歴史」の議論や、〈新たな価値や世界の可能性を創造する〉という「フィクション」の議論であります。

 

ですが、こうしたリクールの物語論は、〈そもそも人はいかにして他者と共生することができるのか〉という問題を考える上で、非常に有用なものです。

こうしたリクール哲学の洞察は、例えば「教育論」「組織論」といった分野で応用することが可能です。

教員(ないし保護者)が子どもに教育を行際や、「対話」を基調とした組織文化を構築する際に、リクールの物語論は強力な指針を提供してくれます。

 

さらに、最近はリクール哲学のエッセンスを導入することを通して、(「VUCA時代」において確かな判断を下すための)「対話的思考」の開発や、「哲学対話」の実施にも取り組んでおります。

 

 

 

 

3. 研究成果のアウトリーチ活動――"Philosophy for Everyone"という理念

 

また、私は〈わかりやすい言葉〉・〈身近なテーマ〉を用いて、哲学の意義と魅力を一般の方々に伝えていくための活動を積極的に行っております。

具体的には、東京大学のUTCP(共生のための国際哲学研究センター)にて、一般の方々を対象としたシンポジウムを企画・立案しております。

 

さらに、アウトリーチ活動の一環として、一般企業個人事業主の方々と様々なコラボレーション企画を展開しております。(詳しくは「社会貢献活動」の欄をご参照ください。)

 

今後も、創意工夫に富んだアウトリーチ活動を展開していくことを通して、哲学の意義と魅力を、より多くの方々にお伝えしていきたいと思います。

その結果として、多くの方々にとって「哲学」というものがより身近なものに感じていただければ幸いです。

 

 

 

 

お仕事のご依頼・ご質問に関しましては、下記の「メールアドレス」にてお気軽にご連絡ください

hiroki.yamano1021@gmail.com 

 

 

【実務経験のある仕事】

 

  • 一般の方を対象にしたオンライン講演
  • 高校における特別授業(「哲学」)
  • 古典講読サービス("The Five Books")の講師
  • HP・雑誌における記事の執筆
  • 幅広い年齢層を対象とした「哲学対話」の実施
  • 哲学系イベント(ワークショップ)の企画および実施
  • (その他多数)

 

(noteも書いています https://note.com/ricoeur1913

 

 

よろしくお願いいたします。


主要な書籍等出版物

  1
  • 山野弘樹(担当:分担執筆, 範囲:『生きた隠喩』(リクール) La métaphore vive, 1975. (※原稿は出版社に提出済み))
    ミネルヴァ書房  

主要な論文

  21

主要なMISC

  4

主要な学術貢献活動

  8

主要な社会貢献活動

  20

主要な講演・口頭発表等

  24

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1

所属学協会

  5