Koichi HOSOMI

J-GLOBAL         Last updated: Mar 27, 2019 at 08:48
 
Avatar
Name
Koichi HOSOMI
Affiliation
Osaka University
Section
Department of Neuromodulation and Neurosurgery, Department of Neurosurgery
Job title
Specially Appointed Associate Professor
Degree
M.D., Ph.D.(Osaka University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
2015
 - 
Today
Specially Appointed Associate Professor, Department of Neuromodulation and Neurosurgery, Department of Neurosurgery, Osaka University Graduate School of Medicine
 
2014
 - 
2015
Specially Appointed Assistant Professor, Department of Neuromodulation and Neurosurgery, Department of Neurosurgery, Osaka University Graduate School of Medicine
 
2012
 - 
2014
Post-doctral fellow / Resident, Department of Neurosurgery, Henri Mondor Hospital, France
 
2011
 - 
2012
Specially Appointed Assistant Professor, Department of Neuromodulation and Neurosurgery, Osaka University, Office for University-Industry Collaboration
 
2010
 - 
2012
Specially Appointed Assistant Professor, Department of Neurosurgery, Osaka University Graduate School of Medicine
 

Education

 
Apr 2006
 - 
Mar 2010
Graduate School of Medicine, Osaka University
 
Apr 1996
 - 
Mar 2002
Medical School, Faculty of Medicine, Osaka University
 

Committee Memberships

 
2017
 - 
Today
Pain Medical Research Information Center  Councilor
 
2017
 - 
Today
Japan Association for Study of Pain  Delegate
 
2014
 - 
Today
Japan Neuromodulation Society  Councilor
 

Awards & Honors

 
2017
Best Paper Award, Japan Association for Study of Pain
Winner: Koichi Hosomi
 
2017
Research Award, The 56th Annual Meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery
Winner: Koichi Hosomi
 

Published Papers

 
Fukuma R, Yanagisawa T, Tanaka M, Yoshida F, Hosomi K, Oshino S, Tani N, Kishima H
eNeuro   5(6)    Nov 2018   [Refereed]
Yanagisawa T, Fukuma R, Seymour B, Hosomi K, Kishima H, Shimizu T, Yokoi H, Hirata M, Yoshimine T, Kamitani Y, Saitoh Y
Neurologia medico-chirurgica   58(8) 327-333   Aug 2018   [Refereed]
Shimizu T, Hosomi K, Maruo T, Goto Y, Shimokawa T, Haruhiko K, Saitoh Y
Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia   53 100-105   Jul 2018   [Refereed]
Tanaka M, Tani N, Maruo T, Oshino S, Hosomi K, Saitoh Y, Kishima H
World neurosurgery      Mar 2018   [Refereed]
Senova S, Poupon C, Dauguet J, Stewart HJ, Dugué GP, Jan C, Hosomi K, Ralph GS, Barnes L, Drouot X, Pouzat C, Mangin JF, Pain F, Doignon I, Aron-Badin R, Brouillet E, Boyden ES, Mitrophanous KA, Hantraye P, Palfi S
Scientific reports   8(1) 3362   Feb 2018   [Refereed]
Yokoe M, Mano T, Maruo T, Hosomi K, Shimokawa T, Kishima H, Oshino S, Morris S, Kageyama Y, Goto Y, Shimizu T, Mochizuki H, Yoshimine T, Saitoh Y
Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia   47 72-78   Jan 2018   [Refereed]
Shimizu T, Hosomi K, Maruo T, Goto Y, Yokoe M, Kageyama Y, Shimokawa T, Yoshimine T, Saitoh Y
Journal of neurosurgery   127(5) 1172-1180   Nov 2017   [Refereed]
Kishima H, Kato A, Oshino S, Tani N, Maruo T, Khoo HM, Yanagisawa T, Edakawa K, Kobayashi M, Tanaka M, Hosomi K, Hirata M, Yoshimine T
Neurological research   39(3) 223-230   Mar 2017   [Refereed]
Tani N, Kishima H, Khoo HM, Yanagisawa T, Oshino S, Maruo T, Hosomi K, Hirata M, Kazui H, Nomura KT, Aly MM, Kato A, Yoshimine T
Journal of neurosurgery   125(5) 1053-1060   Nov 2016   [Refereed]
Fukuma R, Yanagisawa T, Saitoh Y, Hosomi K, Kishima H, Shimizu T, Sugata H, Yokoi H, Hirata M, Kamitani Y, Yoshimine T
Scientific reports   6 34970   Oct 2016   [Refereed]
Yanagisawa T, Fukuma R, Seymour B, Hosomi K, Kishima H, Shimizu T, Yokoi H, Hirata M, Yoshimine T, Kamitani Y, Saitoh Y
Nature communications   7 13209   Oct 2016   [Refereed]
Senova S, Hosomi K, Gurruchaga JM, Gouello G, Ouerchefani N, Beaugendre Y, Lepetit H, Lefaucheur JP, Badin RA, Dauguet J, Jan C, Hantraye P, Brugières P, Palfi S
Journal of neurosurgery   125(2) 472-480   Aug 2016   [Refereed]
Kishima H, Yanagisawa T, Goto Y, Oshino S, Maruo T, Tani N, Khoo HM, Hosomi K, Hirata M, Yoshimine T
Neuromodulation : journal of the International Neuromodulation Society   19(6) 650-654   Aug 2016   [Refereed]
Hosomi K, Morris S, Sakamoto T, Taguchi J, Maruo T, Kageyama Y, Kinoshita Y, Goto Y, Shimokawa T, Koyama T, Saitoh Y
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   25(7) 1655-1664   Jul 2016   [Refereed]
Iwatsuki K, Tajima F, Ohnishi Y, Nakamura T, Ishihara M, Hosomi K, Ninomiya K, Moriwaki T, Yoshimine T
Neurologia medico-chirurgica   56(6) 285-292   Jun 2016   [Refereed]
Khoo HM, Kishima H, Tani N, Oshino S, Maruo T, Hosomi K, Yanagisawa T, Kazui H, Watanabe Y, Shimokawa T, Aso T, Kawaguchi A, Yamashita F, Saitoh Y, Yoshimine T
Journal of neurosurgery   124(2) 350-358   Feb 2016   [Refereed]
Fukuma R, Yanagisawa T, Saitoh Y, Hosomi K, Kishima H, Shimizu T, Sugata H, Yokoi H, Hirata M, Kamitani Y, Yoshimine T
Scientific reports   6 21781   Feb 2016   [Refereed]
Iwatsuki K, Tajima F, Sankai Y, Ohnishi YI, Nakamura T, Ishihara M, Hosomi K, Ninomiya K, Moriwaki T, Yoshimine T
Spinal cord series and cases   2 15018   2016   [Refereed]
Hosomi K, Seymour B, Saitoh Y
Nature reviews. Neurology   11(5) 290-299   May 2015   [Refereed]
Bridoux A, Drouot X, Sangare A, Al-Ani T, Brignol A, Charles-Nelson A, Brugières P, Gouello G, Hosomi K, Lepetit H, Palfi S
Sleep   38(3) 473-478   Mar 2015   [Refereed]
Sekino M, Ohsaki H, Takiyama Y, Yamamoto K, Matsuzaki T, Yasumuro Y, Nishikawa A, Maruo T, Hosomi K, Saitoh Y
Bioelectromagnetics   36(1) 55-65   Jan 2015   [Refereed]
Maruo T, Nakae A, Maeda L, Shi K, Takahashi K, Morris S, Hosomi K, Kanatani H, Matsuzaki T, Saitoh Y
Pain medicine (Malden, Mass.)   15(11) 1930-1937   Nov 2014   [Refereed]
Khoo HM, Kishima H, Hosomi K, Maruo T, Tani N, Oshino S, Shimokawa T, Yokoe M, Mochizuki H, Saitoh Y, Yoshimine T
Movement disorders : official journal of the Movement Disorder Society   29(2) 270-274   Feb 2014   [Refereed]
Maruo T, Hosomi K, Shimokawa T, Kishima H, Oshino S, Morris S, Kageyama Y, Yokoe M, Yoshimine T, Saitoh Y
Brain stimulation   6(6) 884-891   Nov 2013   [Refereed]
Hosomi K, Kishima H, Oshino S, Hirata M, Tani N, Maruo T, Yorifuji S, Yoshimine T, Saitoh Y
Pain   154(8) 1352-1357   Aug 2013   [Refereed]
Hosomi K, Shimokawa T, Ikoma K, Nakamura Y, Sugiyama K, Ugawa Y, Uozumi T, Yamamoto T, Saitoh Y
Pain   154(7) 1065-1072   Jul 2013   [Refereed]
Hosomi K, Kishima H, Oshino S, Hirata M, Tani N, Maruo T, Khoo HM, Shimosegawa E, Hatazawa J, Kato A, Yoshimine T
Epilepsy research   103(2-3) 195-204   Feb 2013   [Refereed]
Saitoh Y, Hosomi K, Maruo T
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   52(11) 1182-1184   2012   [Refereed]
Ali M, Saitoh Y, Oshino S, Hosomi K, Kishima H, Morris S, Shibata M, Yoshimine T
Neurosurgery   68(5) 1252-7; discussion 1257   May 2011   [Refereed]
Maruo T, Saitoh Y, Hosomi K, Kishima H, Shimokawa T, Hirata M, Goto T, Morris S, Harada Y, Yanagisawa T, Aly MM, Yoshimine T
Pain   152(4) 860-865   Apr 2011   [Refereed]
Aly MM, Saitoh Y, Kishima H, Hosomi K, Yoshimine T
Acta neurochirurgica   153(2) 437-8; author reply 439   Feb 2011   [Refereed]
Tani N, Hirata M, Motoki Y, Saitoh Y, Yanagisawa T, Goto T, Hosomi K, Kozu A, Kishima H, Yorifuji S, Yoshimine T
Brain stimulation   4(1) 28-37   Jan 2011   [Refereed]
Aly MM, Saitoh Y, Hosomi K, Oshino S, Kishima H, Yoshimine T
Neurosurgery   67(3 Suppl Operative) ons206-12; discussion ons212   Sep 2010   [Refereed]
Kishima H, Saitoh Y, Oshino S, Hosomi K, Ali M, Maruo T, Hirata M, Goto T, Yanagisawa T, Sumitani M, Osaki Y, Hatazawa J, Yoshimine T
NeuroImage   49(3) 2564-2569   Feb 2010   [Refereed]
Yanagisawa T, Hirata M, Kishima H, Goto T, Saitoh Y, Oshino S, Hosomi K, Kato A, Yoshimine T
Epilepsy research   87(1) 12-17   Nov 2009   [Refereed]
Goto T, Saitoh Y, Hashimoto N, Hirata M, Kishima H, Oshino S, Tani N, Hosomi K, Kakigi R, Yoshimine T
Pain   140(3) 509-518   Dec 2008   [Refereed]
Hosomi K, Saitoh Y, Kishima H, Oshino S, Hirata M, Tani N, Shimokawa T, Yoshimine T
Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology   119(5) 993-1001   May 2008   [Refereed]

Misc

 
中枢性脳卒中後疼痛の神経画像研究と非侵襲脳刺激療法
細見晃一、清水豪士、眞野智生、森信彦、渡邉嘉之、柴田政彦、貴島晴彦、齋藤洋一
Pain Research   33(4) 282-293   2018   [Refereed][Invited]
第40回日本疼痛学会 印象記(臨床部門)
細見晃一
Pain Research   33(4) 325-326   2018   [Invited]
脳卒中後疼痛:経頭蓋磁気刺激の効果と除痛機序
細見晃一、齋藤洋一
ペインクリニック   39(7) 889-896   2018   [Invited]
難治性疼痛に対する非侵襲脳刺激療法
細見晃一、齋藤洋一
運動器疼痛学会誌   10(1) 26-31   2018   [Invited]
中枢性脳卒中後疼痛に対するニューロモデュレーション療法
細見晃一、清水豪士、後藤雄子、眞野智生、押野悟、貴島晴彦、齋藤洋一
Pain Research   33(1) 18-25   2018   [Refereed][Invited]
脊髄神経根引き抜き損傷後疼痛に対する脳神経外科的治療の治療成績
細見 晃一, 押野 悟, 貴島 晴彦, Ali Mohamed, 大西 諭一郎, 岩月 幸一, 柳澤 琢史, 吉峰 俊樹, 齋藤 洋一
機能的脳神経外科   56 36-40   Dec 2017
脊髄神経根引き抜き損傷後の疼痛は、多くの症例で持続痛のみならず、激烈な電撃痛が併存しており、特に後者に悩まされている患者が多い。薬物治療で十分な除痛が得られていない患者に対して、脊髄後根侵入帯破壊術(DREZ lesioning)または一次運動野電気刺激術(EMCS)を28症例の脊髄神経根引き抜き損傷後疼痛患者に行ってきたので、治療効果について後方視的に検討した。術前後の電撃痛と持続痛の強さをvisual analogue scale(VAS)で、電撃痛は頻度と持続時間について評価し、50...
BMIによる幻肢痛の病態解明と新たな治療法開発
柳澤 琢史, 福間 良平, Seymour Ben, 細見 晃一, 清水 豪士, 貴島 晴彦, 平田 雅之, 横井 浩史, 吉峰 俊樹, 神谷 之康, 齋藤 洋一
機能的脳神経外科   56 41-45   Dec 2017
【はじめに】腕神経叢引き抜き損傷や四肢切断後の幻肢痛は、障害部位に起因する痛みだけでなく、脊髄や中枢での異常活動が痛みの原因となっている。特に、感覚運動野では、求心路遮断後の大脳皮質再構築が痛みを生じていると考えられている。しかし大脳皮質での異常な活動に起因する疼痛は制御が難しく、有効な治療法に乏しい。我々はbrain-machine interface(BMI)を用いて皮質活動に可塑的変化を誘導し、難治性疼痛の病態を解明し、新たな治療法につながる成果を得た(Nature Communic...
FUS VIM-thalamotomyによる振戦治療に伴う脳内ネットワーク変化の解析
谷 直樹, 押野 悟, 細見 晃一, 柳澤 琢史, 小林 真紀, 田中 将貴, 貴島 晴彦
機能的脳神経外科   56 74-78   Dec 2017
【目的】脳深部刺激術・破壊術はパーキンソン病、本態性振戦等の不随意運動を著明に改善することが知られている。しかしながら様々な制約により効果発現機序の理解は局所的なものにとどまっている。Resting state fMRI(rs-fMRI)は安静状態でのMRIを解析するため、特定のタスクを必要とせず、全脳のネットワークを網羅的に探索することができる。我々は本態性振戦に対する集束超音波治療(Focused Ultrasound Surgery;FUS)を利用した視床凝固による振戦治療を行ってい...
発達障害の診断と治療評価 MEGによる皮質可塑性障害の評価と制御
柳澤 琢史, 福間 良平, べん・しーもあ, 細見 晃一, 貴島 晴彦, 吉峰 俊樹, 神谷 之康, 齋藤 洋一
臨床神経生理学   45(5) 384-384   Oct 2017
中枢性脳卒中後疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激による機能的結合の変化
細見 晃一, 清水 豪士, 圓尾 知之, 渡邉 嘉之, 寒 重之, 小山 哲男, 眞野 智生, Ming Khoo Hui, 谷 直樹, 貴島 晴彦, 齋藤 洋一
臨床神経生理学   45(5) 480-480   Oct 2017
前頭葉てんかんに対する外科治療の工夫
貴島 晴彦, 押野 悟, 柳澤 琢史, 枝川 光太朗, 小林 真紀, 田中 將貴, 橋本 洋章, 山本 祥太, 平田 雅之, 細見 晃一
てんかん研究   35(2) 487-487   Sep 2017
楔前部海馬機能的結合と側頭葉てんかんの言語性記憶機能の解析
谷 直樹, 押野 悟, 細見 晃一, 柳澤 琢史, 田中 將貴, 貴島 晴彦
てんかん研究   35(2) 553-553   Sep 2017
「痛みと脳」研究の最前線 中枢性脳卒中後疼痛に対するニューロモデュレーション療法
細見 晃一, 清水 豪士, 眞野 智生, 押野 悟, 貴島 晴彦, 齋藤 洋一
PAIN RESEARCH   32(2) 103-103   Jun 2017
「痛みと脳」研究の最前線 皮質可塑性の制御による幻肢痛の病態解明と治療
柳澤 琢史, 福間 良平, ベン・シーモア, 細見 晃一, 貴島 晴彦, 平田 雅之, 横井 浩史, 吉峰 俊樹, 神谷 之康, 齋藤 洋一
PAIN RESEARCH   32(2) 104-104   Jun 2017
中枢性脳卒中後疼痛の治療戦略 神経刺激療法を中心に
細見 晃一, 貴島 晴彦, 押野 悟, 平田 雅之, 吉田 史章, 柳澤 琢史, 眞野 智生, 枝川 光太朗, 後藤 雄子, 小林 真紀, 田中 將貴, 清水 豪士, 橋本 洋章, 吉峰 俊樹, 齋藤 洋一
機能的脳神経外科   55 9-16   Dec 2016
中枢性脳卒中後疼痛(CPSP)は、神経障害性疼痛の中でも特に治療が難しく、薬物治療の効果も限定的であることから、脳深部刺激療法(DBS)、一次運動野電気刺激療法(EMCS)、反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)、脊髄刺激療法(SCS)などの神経刺激療法が行われてきた。本稿では、CPSPに対する各種神経刺激療法の自験例および過去の報告を概説し、CPSPの治療戦略について考察する。CPSPに対するDBSは、主に視床感覚中継核または中脳水道周囲灰白質などを対象としており、合計92例の報告からは長期有効...
神経変性疾患に対するバクロフェン髄腔内持続投与治療
押野 悟, 貴島 晴彦, 細見 晃一, 枝川 光太朗, 後藤 雄子, 小林 真紀, 田中 將貴, 清水 豪士, Khoo Hui Ming, 柳澤 琢史, 谷 直樹, 圓尾 知之, 平田 雅之, 齋藤 洋一, 吉峰 俊樹
機能的脳神経外科   55 55-61   Dec 2016
【目的と方法】痙縮・痙性に対する外科治療には末梢神経縮小術、機能的脊髄後根切断術等があるが、我々の施設ではその調節性と低侵襲性からバクロフェン髄腔内持続投与療法(ITB)が選択されることが多い。2006年12月から2015年12月までに48例のITBを経験したが、対象疾患は神経変性疾患が18例、脊髄損傷10、脳性麻痺10、その他10と神経変性疾患が多かった。神経変性疾患の大多数は孤発性/遺伝性痙性対麻痺(SP)で、下肢の運動機能の改善がITBの主目的であった。神経変性疾患に対するITBの臨...
細見 晃一, 清水 豪士, 後藤 雄子, 眞野 智生, 角野 喜則, 押野 悟, 貴島 晴彦, 吉峰 俊樹, 齋藤 洋一
PAIN RESEARCH   31(4) 228-237   Dec 2016
1998年以降に当科受診した中枢性脳卒中後疼痛(CPSP)患者のうち3D-T1強調像を撮影された98例を対象とし、病変部位と痛みの部位・程度・性状との関係について検討した。また、病変部位をvoxel-baseにマッピングすることで、CPSP発症に関わる脳領域について検討した。結果、病変部位の違いによって痛みの部位・程度も異なっていた。マッピングの結果、CPSPの発生には視床および被殻の特定の領域が関与していることが示唆された。
特発性正常圧水頭症でのDefault Mode Networkの変化
貴島 晴彦, Khoo Hui Ming, 押野 悟, 谷 直樹, 圓尾 知之, 細見 晃一, 柳澤 琢史, 吉峰 俊樹
脳循環代謝   28(1) 198-198   Nov 2016
【ペインクリニックにおける画像診断】 痛みに関する脳神経外科領域の画像診断 機能的画像診断 拡散テンソル画像(Tractography)
細見 晃一, 齋藤 洋一, 後藤 哲, 吉峰 俊樹
ペインクリニック   37(別冊秋) S429-S436   Oct 2016
拡散テンソル画像により、水分子の拡散の程度と方向(異方性)が画像化され、tractographyにより推定された白質神経線維を三次元的に描出できるようになった。各種神経疾患の臨床研究や、脳神経外科手術に応用され、ある程度、普及、定着してきた手法であるが、疼痛分野での応用は極めて報告が少ない。われわれは、中枢性脳卒中後疼痛患者における皮質下神経線維と反復経頭蓋磁気刺激法の除痛効果の関係について報告してきた。Tractographyについて概説するとともに、われわれの知見について述べる。(著者抄録)
MEG MEGを用いたネットワーク診断とDecodingによる治療
柳澤 琢史, 福間 良平, 貴島 晴彦, 押野 悟, 細見 晃一, 平田 雅之, 田中 将貴, 小林 真紀, 清水 豪志, 吉峰 俊樹, 齋藤 洋一
臨床神経生理学   44(5) 342-342   Oct 2016
治療としての磁気刺激 難治性疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激療法
細見 晃一, 清水 豪士, 後藤 雄子, 眞野 智生, 押野 悟, 貴島 晴彦, 齋藤 洋一
臨床神経生理学   44(5) 345-345   Oct 2016
幻肢痛に対するMEG-DecNef
柳澤 琢史, 福間 良平, べん せいもあ, 細見 晃一, 清水 豪士, 貴島 晴彦, 平田 雅之, 吉峰 俊樹, 齋藤 洋一
臨床神経生理学   44(5) 371-371   Oct 2016
磁気刺激の実際の治療効果 難治性神経障害性疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激
細見 晃一, 齋藤 洋一
臨床神経生理学   44(5) 390-390   Oct 2016
Voxel-based lesion mappingを用いた中枢性脳卒中後疼痛の病態解析
細見 晃一, 清水 豪士, 後藤 雄子, 眞野 智生, 角野 喜則, 押野 悟, 貴島 晴彦, 吉峰 俊樹, 齋藤 洋一
PAIN RESEARCH   31(2) 74-74   Jun 2016
神経障害性疼痛に対するSCSとrTMSの臨床効果の相関について
清水 豪士, 細見 晃一, 後藤 雄子, 齋藤 洋一
PAIN RESEARCH   31(2) 75-75   Jun 2016
【痛みと情動-基礎研究の最前線研究と臨床への応用-】 痛みと情動 臨床医学 反復経頭蓋磁気刺激による痛み情動への影響
齋藤 洋一, 細見 晃一
ペインクリニック   37(6) 748-756   Jun 2016
高頻度の反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)による一次運動野刺激による慢性疼痛治療は、欧州ガイドラインではレベルAと評価されている。rTMS治療の多くは一次運動野の高頻度刺激であるが、一部には左背側前頭前野刺激の報告もある。全身に痛みがある線維筋痛症において、片側の一次運動野、左前頭前野刺激で、両側の除痛効果が得られることより、rTMSによる除痛効果のメカニズムとしては、痛みの情動コンポーネント(affective component)にも変化を起こしていると考えられる。一次運動野または左前頭前...
難治性振戦に対するMRガイド下集束超音波治療
押野 悟, 貴島 晴彦, 三原 雅史, 鐘本 学, 谷 直樹, 細見 晃一, 平山 龍一, 木下 学, 望月 秀樹, 吉峰 俊樹
Neurosonology   29(増刊) 80-80   Jun 2016
脳神経外科医からみた痛み治療 最新DecNefまで
齋藤 洋一, 細見 晃一, 柳澤 琢史
日本ペインクリニック学会誌   23(3) 262-262   Jun 2016
【脳刺激療法で治療できる症状・疾患】 難治性疼痛に対する脳刺激療法
細見 晃一, 齋藤 洋一
日本医事新報   (4798) 36-42   Apr 2016
<Point>▼難治性疼痛に対する脳刺激療法には、手術によって刺激装置・電極を植え込むものとして脳深部刺激療法(DBS)と一次運動野電気刺激療法(EMCS)があり、非侵襲法として反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)や経頭蓋直流電気刺激(tDCS)などがある▼脳刺激療法の主な対象疾患は、通常の薬物治療などで十分な除痛が得られていない神経障害性疼痛である▼難治性疼痛に対するrTMSなどの非侵襲的脳刺激療法は、薬事承認はまだ得られておらず、実臨床への応用にはさらなる臨床試験や治験が必要である(著者抄録)
てんかんのネットワーク診断 imaginary coherenceの描出が有用であった1例
柳澤 琢史, 貴島 晴彦, 谷 直樹, 枝川 光太朗, 押野 悟, Khoo Hui Ming, 平田 雅之, 圓尾 知之, 井上 洋, 菅田 陽怜, 影山 悠, 細見 晃一, 清水 豪士, 吉峰 俊樹
CI研究   37(3-4) 125-128   Mar 2016
右前頭葉の皮質形成異常(FCD)による難治性てんかん患者(10歳女)を対象に、imaginary coherenceを用いた脳磁図によるてんかんのネットワーク解析を試みた。安静時脳磁界計測を行い、epileptic spikeの時刻を0msとして前後2000msのデータを解析した。脳磁図信号については、beamformerを用いて脳表上に257点の信号源を推定し、θ(4-8Hz)、α(8-13Hz)、β(13-25Hz)、low-γ(25-50Hz)、high-γ(80-150Hz)の5つ...
脳卒中後運動機能回復を目指した反復経頭蓋磁気刺激を用いた一次運動野刺激
細見 晃一, Morris Shayne, 坂本 知三郎, 田口 潤智, 圓尾 知之, 影山 悠, 木下 雄介, 後藤 雄子, 清水 豪士, 押野 悟, 貴島 晴彦, 吉峰 俊樹, 齋藤 洋一
機能的脳神経外科   54 6-11   Dec 2015
【はじめに】難治性慢性疼痛に対して一次運動野の電気刺激や反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)を行ってきたが、刺激により運動障害が軽快する症例を経験してきた。このような経験から、近年、脳卒中後リハビリテーションに対するニューロモデュレーションが注目されている。我々は、慢性期および回復期の脳卒中後運動障害患者を対象に手指の運動を定量測定し、rTMSの運動機能回復効果について検討した。【対象と方法】上肢の運動障害を伴う8症例の慢性期の中枢性脳卒中後疼痛患者と、39症例の回復期脳卒中後患者を対象として、...
Decoded Neurofeedbackによる幻肢痛に対する新たなニューロモジュレーション
柳澤 琢史, 福間 良平, 清水 豪士, 細見 晃一, 貴島 晴彦, 押野 悟, 平田 雅之, 神谷 之康, 吉峰 俊樹, 齋藤 洋一
機能的脳神経外科   54 12-16   Dec 2015
【はじめに】脳情報処理は複雑な神経活動からなるため、その制御は難しく、幻肢痛など情報処理に異常がある病態に対する治療法は未だ確立していない。一方、BMIなど脳情報解読技術は大きく進歩し、複雑な脳活動から情報を読み取ることが可能になった。そこで、幻肢痛などの病態を特徴づける脳情報を読み解き、患者に提示し、これを患者が制御することで病態の修飾を目指す治療方法が開発された(Decoded Neurofeedback、DecNef)。我々は脳磁図を使って、幻肢痛患者にDecNefを適用し、痛みの制...
難治性振戦に対しPSA-DBSを実施した後Vim-DBSを追加したパーキンソン病の1症例
枝川 光太朗, 押野 悟, 貴島 晴彦, 細見 晃一, 圓尾 知之, Ming Khoo Hui, 吉峰 俊樹
機能的脳神経外科   54 74-77   Dec 2015
症例は77歳の男性。70歳で左手の進行性・薬剤抵抗性の振戦を発症し、74歳時に当科へ紹介された。表面筋電図では左上肢に4.3Hzの律動的な筋収縮を認めた。心筋MIBGの取り込み低下なし、L-Dopaテスト陰性、振戦の家族歴より本態性振戦と診断した。術前Fahn-Tolosa-Marin Tremor Rating Scale(FTM-TRS)は29点だった。近位筋にも振戦があり、右Posterior Subthalamic Area(PSA)-DBSを実施した。PSAはMRI画像より決定し...
痛みと末梢神経麻痺 難治性末梢神経障害性疼痛に対する脳神経外科治療
齋藤 洋一, 細見 晃一, 清水 豪士, 後藤 雄子, 柳澤 琢史, 押野 悟, 貴島 晴彦
末梢神経   26(2) 151-153   Dec 2015
脳卒中後運動機能回復を目指した反復経頭蓋磁気刺激を用いた一次運動野刺激
細見 晃一, 井間 博之, モリス・シェイン, 坂本 知三郎, 田口 潤智, 圓尾 知之, 影山 悠, 木下 雄介, 後藤 雄子, 清水 豪士, 押野 悟, 貴島 晴彦, 吉峰 俊樹, 齋藤 洋一
臨床神経生理学   43(5) 417-417   Oct 2015
難治性神経障害性疼痛に対するHコイルによる経頭蓋磁気刺激(rTMS)8の字コイルの除痛効果との比較およびSCSの除痛効果との相関
清水 豪士, 細見 晃一, 圓尾 知之, 後藤 雄子, 横江 勝, 影山 悠, 柳澤 琢史, 押野 悟, 貴島 晴彦, 下川 敏雄, 吉峰 俊樹, 齋藤 洋一
臨床神経生理学   43(5) 451-451   Oct 2015
【各種疼痛に対する脊髄刺激療法】 中枢性脳卒中後疼痛に対する脊髄刺激療法
細見 晃一, 齋藤 洋一
ペインクリニック   36(9) 1163-1172   Sep 2015
従来、脊髄刺激療法(SCS)は中枢性脳卒中後疼痛(CPSP)に対して無効と考えられてきたが、実際は有効な症例も存在する。CPSPは難治であることと、SCSでは低侵襲な試験刺激が行えることを考えると、SCSは十分考慮に値する治療法と考えられる。一次運動野刺激では脳内疼痛ネットワークへの作用が示唆されているが、SCSでは脊髄を含めた中枢神経系内の疼痛ネットワークに作用しているのかもしれない。本稿では、CPSPに対するSCSについて、過去の報告と自験例を紹介し、他の神経刺激療法との比較やSCSの...
側頭葉てんかん患者の言語性記憶障害に伴うresting state networkの変化
谷 直樹, 貴島 晴彦, クー・ウイミン, 押野 悟, 圓尾 知之, 細見 晃一, 吉峰 俊樹
てんかん研究   33(2) 469-469   Sep 2015
細見 晃一, 清水 豪士, 圓尾 知之, 渡邉 嘉之, Khoo Hui Ming, 谷 直樹, 後藤 雄子, 貴島 晴彦, 吉峰 俊樹, 齋藤 洋一
PAIN RESEARCH   30(3) 173-176   Aug 2015
一次運動野(M1)刺激による中枢性脳卒中後疼痛(CPSP)患者の機能的結合について検討した。CPSP患者14例、健常者14例を対象として、安静時のfMRI撮影を行った。反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)を受けたCPSP患者の平均VAS低下率は15.3±15.2%であった。健側、M1を関心領域とした場合、健側側頭葉、内側前頭前野(MPFC)を関心領域とした場合、両側後頭・頭頂連合野、患側下頭頂小葉(IPL)を関心領域とした場合、健側頭頂連合野との機能結合(FC)がCPSP患者群で増加した。患側I...
脳卒中後疼痛の機能的結合と反復磁気刺激に伴う機能的結合の変化 複数の解析ソフトによる画像解析
清水 豪士, 細見 晃一, 圓尾 知之, 後藤 雄子, クウ・ウイミン, 柳澤 琢史, 押野 悟, 平田 雅之, 貴島 晴彦, 渡邊 嘉之, 吉峰 俊樹, 齋藤 洋一
PAIN RESEARCH   30(2) 101-101   Jul 2015
神経障害性疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激の実臨床へ向けての取り組み
細見 晃一, 清水 豪士, 後藤 雄子, 圓尾 知之, 中村 仁志, 押野 悟, 貴島 晴彦, 吉峰 俊樹, 齋藤 洋一
PAIN RESEARCH   30(2) 101-101   Jul 2015
Decoded Neurofeedbackによる幻肢痛メカニズムの解明
柳澤 琢史, 福間 良平, 細見 晃一, 清水 豪士, 貴島 晴彦, 神谷 之康, 吉峰 俊樹, 齋藤 洋一
PAIN RESEARCH   30(2) 109-109   Jul 2015
Real-time MEGを用いたDecoded Neurofeedbackによる幻肢痛の病態解明
柳澤 琢史, 齋藤 洋一, 福間 良平, 細見 晃一, 清水 豪士, 貴島 晴彦, 平田 雅之, 神谷 之康, 吉峰 俊樹
日本生体磁気学会誌   28(1) 84-85   Jun 2015
【脳卒中リハビリテーションの新たな展開】 一次運動野刺激と大脳皮質再構築
齋藤 洋一, 細見 晃一, 圓尾 知之
神経内科   82(5) 492-498   May 2015
清水 豪士, 圓尾 知之, 細見 晃一, 後藤 雄子, 横江 勝, 影山 悠, 柳澤 琢史, 押野 悟, 貴島 晴彦, 吉峰 俊樹, 齋藤 洋一
PAIN RESEARCH   30(1) 46-50   Mar 2015
難治性神経障害性疼痛を下肢に有する患者を対象に、Hコイル式反復経頭蓋磁気刺激法(Hコイル式rTMS)を導入し、これを用いたrTMSの研究を行った。Hコイル式rTMSと8の字コイル式rTMS、シャム刺激の全てを施行するクロスオーバー試験とした。いずれの刺激も連続して5日間ずつ施行し、各刺激の間には少なくとも2週間のウオッシュアウト期間を設け、刺激の順番はランダムに割り付けた。rTMSでは疼痛のある下肢の一次運動野に、安静時運動閾値の90%の強さで、5Hzの刺激頻度で、1セクション当たり500...
【磁気刺激による神経・精神疾患治療】 脳卒中後運動麻痺に対するrTMS
細見 晃一, 吉峰 俊樹, 齋藤 洋一
脳21   18(1) 53-59   Jan 2015
脳卒中後に生じてくる半球間の機能不均衡の理論から、非侵襲的に大脳皮質を刺激する反復経頭蓋磁気刺激が、脳卒中後運動麻痺に応用されている。無作為化比較試験の結果も多数報告されており、メタアナリシスも行われている。健側一次運動野に対する低頻度刺激と病変側一次運動野に対する高頻度刺激が共に上肢の運動機能回復に効果があることが示唆されているが、さらに効果の高い方法の開発、エビデンスの蓄積が必要と思われる。本稿では、脳卒中後運動麻痺の改善を目的とした反復経頭蓋磁気刺激の臨床試験の現況について紹介する。...
頭痛とてんかん・うつの脳循環代謝 てんかん焦点診断における核医学検査
細見 晃一, 貴島 晴彦, 押野 悟, 齋藤 洋一, 吉峰 俊樹
脳循環代謝   26(1) 144-144   Nov 2014
【ニューロモデュレーション技術の新たな展開】 経頭蓋磁気刺激療法
細見 晃一, 齋藤 洋一
ペインクリニック   35(10) 1343-1350   Oct 2014
非侵襲的に大脳皮質を刺激する反復経頭蓋磁気刺激が慢性疼痛の治療に応用されているが、その無作為化比較試験の結果が蓄積され、メタアナリシスでも一次運動野を対象とした高頻度刺激の一時的な除痛効果が示されている。本稿では、現在使用されている経頭蓋磁気刺激装置や周辺機器と、最新のメタアナリシスや治療ガイドランを含めた慢性疼痛に対する臨床効果、安全性について紹介する。(著者抄録)
小児てんかん外科領域における臨床神経生理学 小児難治性てんかんに対する外科手術と機能予後
押野 悟, 貴島 晴彦, 平田 雅之, 細見 晃一, 柳澤 琢史, 枝川 光太朗, 下野 九理子, 青天目 信, 沖永 剛志, 加藤 天美, 吉峰 俊樹
臨床神経生理学   42(5) 245-245   Oct 2014
ニューロモデユレーション技術の新展開 一次運動野刺激による難治性神経疾患治療の可能性
齋藤 洋一, 細見 晃一, 清水 豪士, 圓尾 知之, 横江 勝, 後藤 雄子, 松崎 大河, 増村 成嗣, 貴島 晴彦, 押野 悟, 平田 雅之
臨床神経生理学   42(5) 254-254   Oct 2014

Research Grants & Projects

 
Investigation of the functional and structural changes of central nervous system on the pathogenesis of neuropathic pain after spinal cord injury
Japan Agency for Medical Research and Development (AMED): Research Project on Elucidation of Chronic Pain
Project Year: Apr 2018 - Mar 2021    Investigator(s): Haruhiko Kishima
Elucidation of pain perception inhibitory mechanisms by non-invasive motor cortex stimulation
Japan Society for the Promotion of Science (JSPS): Grants-in-Aid for Scientific Research (C)
Project Year: Apr 2018 - Mar 2021    Investigator(s): Koichi Hosomi
Neuroimaging study investigating objective indicators of central poststroke pain and development of a non-invasive brain stimulation therapy
Japan Agency for Medical Research and Development (AMED): Research Project on Elucidation of Chronic Pain
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): Koichi Hosomi
Investigator initiated clinical trial of the home use repetitive transcranial magnetic stimulation device for intractable neuropathic pain
Japan Agency for Medical Research and Development (AMED): Research on Development of New Medical Devices
Project Year: Nov 2015 - Mar 2018    Investigator(s): Youichi Saitoh
Animal model study for mechanisms of central poststroke pain and pain relieving effect with neurostimulation
Japan Society for the Promotion of Science (JSPS): Grants-in-Aid for Young Scientists (B)
Project Year: Apr 2015 - Mar 2018    Investigator(s): Koichi Hosomi
Development of new neurostimuation therapies using model animals of central poststroke pain
Japan Society for the Promotion of Science (JSPS): Grants-in-Aid for Young Scientists (B)
Project Year: Apr 2011 - Apr 2012    Investigator(s): Koichi Hosomi