星野 大輔

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/26 18:21
 
アバター
研究者氏名
星野 大輔
 
ホシノ ダイスケ
ハンドル
D Hoshino
eメール
dhoshinogancen.asahi.yokohama.jp
所属
地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター(臨床研究所)
部署
その他部局等
職名
副技幹・主任研究員
学位
医学博士(東京大学)
科研費研究者番号
30571434

研究分野

 
 

論文

 
Taniguchi H, Hoshino D, Moriya C, Zembutsu H, Nishiyama N, Yamamoto H, Kataoka K, Imai K
Oncotarget   8(29) 46856-46874   2017年7月   [査読有り]
Hara T, Nakaoka HJ, Hayashi T, Mimura K, Hoshino D, Inoue M, Nagamura F, Murakami Y, Seiki M, Sakamoto T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   114(22) E4416-E4424   2017年5月   [査読有り]
Siqueira AS, Pinto MP, Cruz MC, Smuczek B, Cruz KS, Barbuto JA, Hoshino D, Weaver AM, Freitas VM, Jaeger RG
Oncotarget   7(30) 47904-47917   2016年7月   [査読有り]
Sinha S, Hoshino D, Hong NH, Kirkbride KC, Grega-Larson NE, Seiki M, Tyska MJ, Weaver AM
The Journal of cell biology   214(2) 197-213   2016年7月   [査読有り]
McKenzie AJ, Hoshino D, Hong NH, Cha DJ, Franklin JL, Coffey RJ, Patton JG, Weaver AM
Cell reports   15(5) 978-987   2016年5月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
がん由来細胞外分泌顆粒による悪性化獲得機構の解明
日本学術振興会: 科研費 若手 B
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 星野 大輔
イメージング活用創薬の視点からの異分野技術融合によるシームレスな薬効評価システムの構築と実施
AMED: 次世代がん医療創生研究事業 研究領域 B チーム型
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 渡辺 恭良
がん細胞におけるMT1-MMPによるEphA2切断を介した抗がん剤耐性とその克服
日本学術振興会: 科研費 基盤C
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 菊池 慶次
難治がんの早期診断・治療法開発の分子基盤の構築
加藤バイオサイエンス振興財団: 研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 星野 大輔
エクソソームによるがん悪性化機構の分子メカニズムの解明
日本学術振興会: 科研費 若手 B
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 星野 大輔