講演・口頭発表等

2018年3月3日

助産外来における現任教育のニーズの実態

第32回日本助産学会学術集会
  • 渡邉幸恵
  • ,
  • 齋藤益子
  • ,
  • 松永佳子
  • ,
  • 石川紀子
  • ,
  • 遠藤俊子
  • ,
  • 得松奈月
  • ,
  • 小松佐紀

記述言語
日本語
会議種別
ポスター発表

全国分娩取扱い施設2427か所のうち、ホームページで助産外来を実施していると標榜している646施設の中堅助産師各3名(1932部配布)を対象に、助産外来担当者の教育について調査した。回収は、666部(34.5%)であり、教育のニーズは、超音波、診断技術、コミュニケーション、カウンセリングなどであった。