後藤純子(阪本純子)

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/25 00:41
 
アバター
研究者氏名
後藤純子(阪本純子)
 
ゴトウジュンコ(サカモトジュンコ)
ハンドル
Junko SG
URL
https://sakamotogotojunko.jimdo.com/
所属
宮城学院女子大学
部署
キリスト教文化研究所
職名
特別研究員
学位
Doctorat de 3eme sycle(Universite de Paris III)
科研費研究者番号
60275237

プロフィール

古・中期インドアーリヤ語文献における言語・韻律・思想の発展史を研究する。

京都大学・大学院(仏教・梵語梵文学)修了後,パリ第3大学にて博士号を取得し,エルランゲン大学ホフマン教授にインドイラン学・ヴェーダ学を,ミュンヘン大学メッテ教授にジャイナ教を学ぶ。

「言語と文献とが表裏一体をなし,その上に自ずと思想が現れ出る」という確信のもとに,ヴェーダから初期ヒンドゥー教・仏教・ジャイナ教に至る文献に基づき,言語・思想・社会の多元的かつ総合的な視点からの発展過程の解明をめざす。

履歴と業績(ダウンロード可)の詳細はホームページを参照ください:
「阪本(後藤)純子の書斎」https://sakamotogotojunko.jimdo.com/

研究分野

 
 

経歴

 
2006年7月
 - 
現在
宮城学院女子大学 キリスト教文化研究所 特別研究員
 
1995年4月
 - 
1999年9月
大阪市立大学 文学部 助教授
 
1997年4月
 - 
1999年3月
京都大學 文学部印度哲学 非常勤講師
 
1994年4月
 - 
1995年3月
大阪市立大学 文学部 非常勤講師
 
1991年4月
 - 
1994年3月
大阪大学 文学部 非常勤講師
 
1989年4月
 - 
1991年3月
岩手大学 人文社会学部 非常勤講師
 
1987年3月
 - 
1989年2月
西ドイツFreiburg大学 東洋学研究室 研究助手(wissenschaftliche Angestellte)
 

学歴

 
1981年10月
 - 
1986年3月
西ドイツErlangen大学 印欧語比較言語学 インド・イラン学  
 
1984年10月
 - 
1985年9月
西ドイツMünchen大学 インド学 
 
1979年10月
 - 
1981年7月
パリ第3大学 インド学 
 
1974年4月
 - 
1979年3月
京都大學大学院(修士課程・博士課程) 文学研究科 梵語学梵文学
 
1969年4月
 - 
1973年3月
京都大學 文学部 哲学科
 

委員歴

 
1987年
 - 
現在
Bulletin d'Études Indiennes (publié par l'Association Francaise pour les Études Sanskrites, Paris)  編集顧問
 

論文

 
音節とmatrā:インド韻律の基礎概念―韻律学.音韻学.文法学からの検証
阪本(後藤)純子
南アジア言語文化   9 1-55   2018年   [査読有り]
ヴェ−ダ祭式Upavasathaと仏教Uposatha『布薩』:梗概
阪本(後藤)純子
印度学仏教学研究   66(2) 968-974   2018年   [査読有り]
真実を信に献供する―古代インド祭式から念仏へ―(第48回光華講座)
阪本(後藤)純子
真宗文化(京都光華女子大学真宗文化研究所年報)   26 1-56   2017年   [査読有り]
新月祭(および祖霊祭)の原初形態
阪本(後藤)純子
印度学宗教学会『論集』   286 (37)-260 (64)   2016年   [査読有り]
出家と髪・鬚の除去―ジャイナ教と仏教との対比―
阪本(後藤)純子
奥田聖應先生頌寿記念 インド学仏教学論集   334-349   2014年   [査読有り]
The Naksatra System in the Vedic Calendar
Junko Sakamoto-Goto
印度学仏教学研究   59(3) 1075-1083   2011年3月   [査読有り]
The Vedic Calendar and the Rituals (1)
Junko Sakamoto-Goto
印度学仏教学研究   58(3) 1117-1125   2010年3月   [査読有り]
Zum praeteritalen Optativ im Alt- und Mittelindoarischen
Junko Sakamoto-Goto
E'tudes indo-iraniennes (Fs. J. Kellens)   255-273   2009年   [招待有り]
古代インドの暦と昴 (krttikās)
阪本(後藤)純子
天空の神話 ― 風と鳥と星   101-105   2009年   [査読有り]
『水たち』āpas と『信』sraddhā ―古代インド宗教における世界観―
阪本(後藤)純子
印度学宗教学会『論集』   35 89-110   2008年   [査読有り]
『究極のAgnihotra』を巡るJanaka 王とYajnavalkya の対話−S'B-M XI 3.1,S'B-K III 1.4,JB I 19f.,VadhAnv II 13−
阪本(後藤)純子
印度学宗教学会『論集』   34 427-484   2007年   [査読有り]
究極の agnihotra (1) − Vādhūla-Anvākhyāna II 13 −
阪本(後藤)純子
印度学仏教学研究   55(2) 796-804   2007年   [査読有り]
Pāli thīna-middha-,Amg. thīṇagiddhi-/thīṇaddhi- und Ved. mardh/mrdh
Junko Sakamoto-Goto
Indogermanica (Fs. G. Klingenschmitt)   167-192   2006年   [招待有り]
Pāli thīna-middha-『涽沈・睡眠』,Amg. thīṇagiddhi-/thīṇaddhi- と Vedic mardh/mrdh
阪本(後藤)純子
印度学仏教学研究   54(2) 895-901   2006年   [査読有り]
王族とAgnihotra
阪本(後藤)純子
印度学仏教学研究   53(2) 941-947   2005年   [査読有り]
Zur Entstehung der Fünf-Feuer-Lehre des Königs Janaka
Junko Sakamoto-Goto
Norm und Abweichung [Akten des 27. Deutschen Orientalitentages (Bonn 1998)]   157-167   2001年
Sāmaññaphalasutta(沙門果経)とVeda祭式
阪本(後藤)純子
印度学仏教学研究   49(2) 953-958   2001年   [査読有り]
katháṃ-katham agnihotráṃ juhutha ― Janakas Trickfrage in ŚB XI 6,2,1 ―
Junko Sakamoto-Goto
Anusantatyai [Festschrift fuer Prof. Narten]. Muenchener Studien zur Sprachwissenschaft   231-252   2000年   [招待有り]
Das Jenseits und iṣṭā-pūrtá- “Die Wirkung des Geopferten-und-Geschenkten” in der vedischen Religion
Junko Sakamoto-Goto
Indoarisch. Iranisch und die Indogermanistik [Arbeitstagung der Indogermanischen Gesellschaft   475-490   2000年   [招待有り]
(Larger) Sukhāvatīvyūha〔梵文無量寿経〕歎仏偈 ― 原典批判と訳 ― 〔1〕第1偈
阪本(後藤)純子
大阪市立大学文学部紀要『人文研究』   47(1) 55-79   1997年   [査読有り]
iṣṭā-pūrtá「祭式と布施の効力」と来世
阪本(後藤)純子
今西順吉教授還暦記念論文集 インド思想と仏教文化   862-882   1996年   [査読有り]
Uttarajjhayaṇa X 1-36d samayaṃ goyama mā pamāyae ― 使役法中動態に由来する中期インド語動詞―
阪本(後藤)純子
ジャイナ教研究   2 17-38   1996年   [査読有り]
髪と鬚
阪本(後藤)純子
日本仏教学会年報   59 77-90   1994年   [査読有り]
Sukhāvatīvyūha (梵文無量寿経)の韻律と言語:歎仏偈・重誓偈
阪本(後藤)純子
印度学仏教学研究   42 930-935   1994年   [査読有り]
Zu mittelindischen Verben aus medialen Kausativa
Junko Sakamoto-Goto
Jaina Studies in Honour of Jozef Deleu   261-394   1993年   [招待有り]
『梵天勧請』の原型
阪本(後藤)純子
印度学仏教学研究   41(1) 469-474   1992年   [査読有り]
Mittelindische Absolutivbildung auf -tvā/*-tvāna(ṃ) und verwandte Probleme der Lautentwicklung
Junko Sakamoto-Goto)
Panels of the VIIth World Sanskrit Conference. Leiden 1987. vol. VI Middle Indo-Aryan and Jaina Studies. Leiden   VI 10-19   1991年   [査読有り][招待有り]
dr̥ś et paś en Pāli
Junko Sakamoto-Goto
Dialectes dans les litteratures indo-aryennes [Actes du Colloque International…sous les auspices du C.N.R.S./College de France/l’Universite de Paris III …] (Publication de l'Institut de Civilisation Indienne)   393-411   1989年   [招待有り]
ū vor dem Wurzelanlaut h im Pali
Junko Sakamoto-Goto
Indologica Taurinensia [Prof. Caillat Felicitation Volume]   14 353-382   1988年   [招待有り]
Die mittelindische Lautentwicklung von v in Konsonantengruppen mit Verschlusslaut bzw. Zischlaut
Junko Sakamoto-Goto
Indo-Iranian Journal   31 87-109   1988年   [査読有り]
Das Verbaladjektiv von dhmā im Mittelindischen
Junko Sakamoto-Goto
Muenchener Studien zur Sprachwissenschaft [Festgabe fuer Karl Hoffmann 1.]   44 171-189   1985年   [招待有り]
Das Udayajātaka
Junko Sakamoto-Goto
Wiener Zeitschrift fuer die Kunde Suedasiens   28 45-66   1978年   [査読有り]
パーリ・ジャータカにおけるマートラー・チャンダスの形態
阪本(後藤)純子
印度学仏教学研究   26(2) 990-995   1978年   [査読有り]
パーリ・ジャータカにおけるマートラー・チャンダスの性格
阪本(後藤)純子
仏教研究   7 155-176   1978年   [査読有り]
Sur les "vers a mores" tels qu'attestes dans le Jataka pali: Preambule
Junko Sakamoto-Goto
仏教研究   6 45-48   1977年   [査読有り]

書籍等出版物

 
阪本 純子,
RINDAS伝統思想シリーズ24,龍谷大学現代インド研究センター   2015年3月   ISBN:9784904945575
https://rindas.ryukoku.ac.jp/research/workingpaper/ から伝統思想シリーズ24を選んでください。
または
https://drive.google.com/file/d/1mWolq506VBxfBIafpLeEYrVFpH3haC35/view?usp=sharing

講演・口頭発表等

 
Veda Upavasathaと仏教Uposathaにおける断食
後藤純子(阪本純子)
第68回日本印度学仏教学会   2017年   
真実を信に献供する―古代インド祭式から念仏へ― [招待有り]
後藤純子(阪本純子)
京都光華女子大学真宗文化研究所,第48回光華講座   2017年   
新月祭と祖霊祭の原初形態
後藤純子(阪本純子)
第67回日本印度学仏教学会,東京大学   2016年   
祭主のVrataとUpavasatha
後藤純子(阪本純子)
第66回日本印度学仏教学会,高野山大学   2015年   
Śatapatha-Brāhamaṇa XI 6,2とJaiminīya-Brāhmaṇa I (17-18, 22-25, 45-50)との関係:1.王族とバラモン,2.五火説の変容,3.火葬理論と一道説・二道説,4.来世におけるアートマン
後藤純子(阪本純子)
第4回ヴェーダ文献研究会,大阪大学   2015年3月   
「五火説」「一道説」「二道説」の系譜
後藤純子(阪本純子)
第3回ヴェーダ文献研究会,国際仏教学大学院大学   2014年   
27. Symbolism of Hair and Beard in the Vedic Rituals [招待有り]
Junko Sakamoto-Goto
第6回国際ヴェーダ学会, Kozhikode   2014年   
生命エネルギー循環の思想 ― 業と輪廻説の起源を求めて― [招待有り]
後藤純子(阪本純子)
龍谷大学,龍谷大学現代インド研究センター第8回伝統思想研究会   2012年   
A Dialog between Yājñavalkya and King Janaka on the ultimate Agnihotra -ŚB-M XI 3,1, ŚB-K III 1,4, JB I 19f., VādhAnv II 13- [招待有り]
Junko Sakamoto-Goto
The 5th International Vedic Workshop, Bucharest   2011年   
音節とmātrā—インド韻律の基礎概念―
後藤純子(阪本純子)
第62回日本印度学仏教学会,龍谷大学   2011年   
nákṣatra-「月宿」の起源と発展 -ヴェーダ暦と祭式(2)-
阪本(後藤)純子
第61回日本印度学仏教学会,立正大学   2010年   
古・中期インド・アーリヤ語文献の韻律の概観とマートラーチャンダス・ガナチャンダス [招待有り]
後藤純子(阪本純子)
2008~2010年度科研費基盤研究(B)『ヒンディー・ウルドゥー韻律のリズム構造の解明―ペルシア起源説の検証をとおして―』(代表者:長崎広子)第6回研究会   2010年   
ヴェーダ暦と祭式・儀礼 (1)
後藤純子(阪本純子)
第60回日本印度学仏教学会,大谷大学   2009年   
The Agnihotra and the Rājanya
Junko Sakamoto-Goto
第14回世界サンスクリット学会   2009年   
「水たち」ā́pas と「信」śraddhā́ ―古代インド宗教における世界観―
後藤純子(阪本純子)
第58回日本印度学仏教学会,愛知学院大学   2007年   
究極の agnihotra (1)-Vādhūla-Anvākhyāna II 13-
後藤純子(阪本純子)
第57回日本印度学仏教学会,大正大学   2006年   
「究極のAgnihotra」を巡るJanaka 王とYājñavalkya の対話-ŚB-M XI 3,1, ŚB-K III 1,4, JB I 19f., VādhAnv II 13-
後藤純子(阪本純子)
印度学宗教学会,仙台   2006年   
Pāli thīna-middha-「涽沈・睡眠」,Amg. thīṇagiddhi-/thīṇaddhi-とVedic mardh/mrdh
後藤純子(阪本純子)
第56回日本印度学仏教学会   2005年   
王族とAgnihotra
後藤純子(阪本純子)
第55回日本印度学仏教学会   2004年   
Sāmaññaphalasutta(沙門果経)とVeda祭式
後藤純子(阪本純子)
第51回日本印度学仏教学会   2000年   
On the Origin of the Five-Fire-Doctrin of the King Janaka
Junko Sakamoto-Goto
国際ヴェーダ学会   1999年   
Zur Entstehung der Fünf-Feuer-Lehre des Königs Janaka
Junko Sakamoto-Goto
ドイツ東洋学会   1998年   
Das Jenseits und iṣṭāpūrtá- “die Wirkung des Geopferten-und-Geschenkten” in der vedischen Religion [招待有り]
Junko Sakamoto-Goto
印欧語比較言語学会 [Arbeitstagung der Indogermanischen Gesellschaft]   1997年   
Uttarajjhayaṇa X 1-36d samayaṃ goyama mā pamāyae ― 使役法中動態に由来する中期インド語動詞 ― [招待有り]
後藤純子(阪本純子)
ジャイナ教研究会   1995年   
究極のAgnihotra (3) 原型と展開-ŚB-M XI 3,1, ŚB-K III 1,4, JB I 19f., VādhAnv II 13-
後藤純子(阪本純子)
インド思想史学会   1994年   
五火二道説の成立背景
後藤純子(阪本純子)
インド思想史学会   1994年   
āhara と āsrava - Brhad-Āraṇyaka-Upaniṣad IVと仏教・ジャイナ教の輪廻論
後藤純子(阪本純子)
第45回日本印度学仏教学会   1994年   
初期仏教における出家,入門(upasampadā)と頭髪・鬚
後藤純子(阪本純子)
日本仏教学会   1993年   
Sukhāvatīvyūha (梵文無量寿経)の韻律と言語:歎仏偈・重誓偈
後藤純子(阪本純子)
第44回日本印度学仏教学会   1993年   
「梵天勧請」の原型
後藤純子(阪本純子)
第43回日本印度学仏教学会   1992年   
Mittelindische Absolutivbildung auf -tvā/*-tvāna(ṃ) [招待有り]
Junko Sakamoto-Goto
世界サンスクリット学会パネル,Leiden大学   1987年   
drṣ et paś’ [招待有り]
Junko Sakamoto-Goto
国際シンポジウム「インド・アーリヤ語文献における諸方言」(フランス国立科学研究所, CNRS,コレージュ・ド・フランス,パリ第3大学共催)   1986年   
パーリ・ジャータカにおけるマートラー・チャンダス
後藤純子(阪本純子)
第27回日本印度学仏教学会   1976年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
古・中期インドアーリヤ語韻律の形成と発展
学術振興会: 科学研究費助成金
研究期間: 2013年4月 - 2019年3月    代表者: 後藤純子(阪本純子)
科学研究費助成金
古代インド宗教生活における「髪と鬚」の象徴性: 学術振興会
研究期間: 2010年10月 - 2013年3月    代表者: 後藤純子(阪本純子)
Das Verbum im Pali: die Aoriste (パーリ語動詞:アオリスト)
ドイツ学術振興会 Deutsche Forschungsgemeinschaft (DFG): 共同研究員(Drittmittelstelle)
研究期間: 1987年3月 - 1999年2月    代表者: Oskar von Hinüber