論文

査読有り
2014年4月15日

テーブルトップインタフェースを用いた対面食卓コミュニケーションシステムの提案と適用

情報処理学会論文誌
  • 伊藤 淳子
  • ,
  • 高尾 静日
  • ,
  • 宗森 純

55
4
開始ページ
1287
終了ページ
1302
記述言語
日本語
掲載種別

若者の対面コミュニケーション能力の低下が指摘される中,その原因として対面コミュニケーションの機会の減少があげられている.本研究では日常生活に欠かせない食事の場に着目し,対面コミュニケーションのきっかけ作りを支援する.負担を増やさずに直感的に操作することが可能なテーブルトップインタフェースを食卓として利用し,テーブルや皿,料理を電子的に飾り付けられるようにする.また,テーブルの状態に応じて偶発的なイベントを発生させる.これらの視覚要素を利用することにより,話題やコミュニケーションのきっかけを与える.提案システムを構築し適用実験を行った結果,特に初対面者を含む場合において,食事の楽しさを向上させ,コミュニケーションを活性化させられることが確かめられた.In this research, we aim to develop a system to support communication during mealtimes. It is said that the communication skills of young people have declined because of decrease of opportunity to speak face to face. We focus on the meal that is essential for everyday life as a place for face-to-face communication. The proposed system uses tabletop interface as a dining table to provide intuitive control without additional burden. Users can decorate the table and dishes with several digital items by only touching the surface of the table. Furthermore the system displays various visual events randomly on the table according to the condition of the items. By using visual effects, we realize the support to provide improving communication and enhancing the enjoyment of a meal. From the result of the experiments, we presented that users can take a cue of conversation through use of the system.

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/110009752441
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN00116647
URL
http://id.nii.ac.jp/1001/00100822/

エクスポート
BibTeX RIS