基本情報

所属
マサチューセッツ工科大学 (MIT) 化学工学科 (Department of Chemical Engineering) 博士研究員
学位
学士(理学)(2015年3月 関西学院大学)
修士(理学)(2017年3月 関西学院大学)
博士(工学)(2020年7月 関西学院大学)

研究者番号
00898950
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0003-0682-453X
J-GLOBAL ID
202001020422895890
researchmap会員ID
R000007068

計算科学的手法を用いた触媒反応機構に関する研究や自動反応予測システムなどに興味があります。また、実験科学的手法を用いて、二次電池や燃料電池のための新規電極材料の開発にも興味があります。

兵庫県川西市出身です。関西学院大学の小倉鉄平教授のもとで2015年3月に学士(理学)、2017年3月に修士号(理学)、2020年7月に博士(工学)を取得しました。学部・修士課程では、数値流体力学(CFD)と分子動力学(MD)を用いてバイオガスを燃料とする直接内部改質型固体酸化物燃料電池(SOFC)の3次元熱分布解析を行っていました。また、博士課程では、電場印加環境下における触媒表面活性の変化を量子化学計算と速度論シミュレーションを用いて理論的に解析を行っていました。

博士課程修了後は、2021年10月まで関西学院大学の小倉鉄平教授および吉川浩史教授の研究室に博士研究員として在籍しました。小倉教授のグループでは、SOFCに使われる金属酸化物の表面や界面における特性評価を量子化学計算を用いて従事していました。また、吉川教授のグループでは、電気化学的測定やX線吸収微細構造(XAFS)分析などの実験的アプローチを用いて二次電池の新規電極材料開発に取り組みました。

2021年11月から、関西学院大学のランバス留学基金の支援のもと、MITのWilliam H. Green教授の研究グループに博士研究員として在籍しています。このグループでの私の研究は、溶質/溶媒系におけるイオン化種の自動反応予測システム(Reaction Mechanism Generator, RMG)の改良及びガスクロマトグラフィー(GC)や核磁気共鳴(NMR)を用いたケロゲンの熱分解の実験的測定に焦点を当てています。


論文

  6

MISC

  3

講演・口頭発表等

  34

所属学協会

  4

その他

  7