MISC

2016年11月

STACYにおけるMOX溶解試験残液の安定化処理

JAEA-Technology 2016-025
  • 小林 冬実
  • ,
  • 住谷 正人
  • ,
  • 木田 孝
  • ,
  • 石仙 順也
  • ,
  • 内田 昇二
  • ,
  • 神永 城太
  • ,
  • 大木 恵一
  • ,
  • 深谷 洋行
  • ,
  • 曽野 浩樹

開始ページ
42
終了ページ
記述言語
日本語
掲載種別
機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
DOI
10.11484/jaea-technology-2016-025

日本原子力研究開発機構原子力科学研究所のSTACY施設では、平成12年から15年にかけて、プルトニウム溶液臨界実験に向けたMOX粉末燃料の溶解に関する基礎試験を実施した。溶解試験で生じた硝酸ウラニル溶液と硝酸プルトニウム溶液からなるMOX溶解試験残液を貯蔵設備にて貯蔵するにあたり、溶液の状態から酸化物へ転換する安定化処理が必要である。さらに、臨界安全の観点から、安定化処理後の酸化物に含まれる水分量を管理する必要がある。MOX溶解試験残液を安定化する方法として、溶液中のウランをアンモニアにより、プルトニウムをシュウ酸により沈殿させ、焙焼して酸化物とする方法を選定した。本報告書は、MOX溶解試験残液に含まれるウラン及びプルトニウムの安定化処理に係る検討及び作業の結果をまとめたものである。本報告書で示した手順に基づく実規模での安定化処理の結果、ウランの回収率は95.6\%、プルトニウムの回収率は95.0\%であった。また、安定化処理後の酸化物を窒素雰囲気下で再焙焼し、速やかにビニールバッグで溶封することで、酸化物の含水率を低く保つとともに水分の再付着を防止した。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11484/jaea-technology-2016-025
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5056893
ID情報
  • DOI : 10.11484/jaea-technology-2016-025

エクスポート
BibTeX RIS