MISC

2009年11月

銀媒体電解酸化法と超音波攪拌を組合せた有機物の分解に関する基礎試験

JAEA-Technology 2009-056
  • 小林 冬実
  • ,
  • 石井 淳一
  • ,
  • 白橋 浩一
  • ,
  • 梅田 幹
  • ,
  • 桜庭 耕一

開始ページ
16
終了ページ
記述言語
日本語
掲載種別
機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
DOI
10.11484/jaea-technology-2009-056

核燃料再処理工程で発生する超ウラン元素(TRU)で汚染した有機廃液を分解・無機化することを目的として、超音波攪拌を組合せた銀媒体電解酸化法による有機物の分解試験を実施した。本法は低温・常圧下において2価の銀イオン(Ag$^{2+}$)の酸化力により有機物を分解する方法であり、超音波を併用することで、溶液の攪拌とともに有機物分解の促進効果が期待できるため、有機廃液を効率的に処理することができる。本法を用いて30\%リン酸トリブチル(TBP)/ノルマルドデカン({\it n}-DD)を対象に、電解電流,電解液温度,硝酸濃度及び超音波出力について分解基礎試験を実施し、今回の試験範囲における最適な分解条件を示した。また、選定した最適条件においてケロシン及びN,N,N',N'-テトラオクチル-3-オキサペンタン-1,5-ジアミド(TODGA)の分解試験を実施し、これらの有機物に対しても本法が有効であることを確認した。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11484/jaea-technology-2009-056
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5021370
ID情報
  • DOI : 10.11484/jaea-technology-2009-056

エクスポート
BibTeX RIS