論文

査読有り
2005年10月

超音波攪拌下での廃溶媒の電解酸化

Proceedings of International Conference on Nuclear Energy System for Future Generation and Global Sustainability (GLOBAL 2005) (CD-ROM)
  • 杉川 進
  • ,
  • 梅田 幹
  • ,
  • 小林 冬実
  • ,
  • 長田 正信*
  • ,
  • 土尻 滋
  • ,
  • 天野 昌江*

開始ページ
4
終了ページ
記述言語
英語
掲載種別

銀電解酸化法による$\alpha$汚染された有機液体廃棄物の分解・無機化処理技術は、高温熱分解法などに比べて、低温及び常圧下で無機化が図れる安全性及び経済性に優れた方法である。このため、1996年からTBP-ドデカン溶媒での分解・無機化試験を行い、溶媒が完全にリン酸,二酸化炭素及び水に分解されることが確認されたが、電流効率が低いことが難点であった。このため、超音波による溶媒と銀2価イオン水溶液の強力な混合下で酸化分解を行い、電流効率の大幅な改善を図った。その結果、電流効率はTBP,ドデカン及びTBPの中間生成物の分解では、いずれも機械的攪拌に比べて2倍以上となった。これらの結果に基づいて、少量溶媒のための分解プロセスと多量溶媒のためのアルカリ過水分解とを組合せた分解プロセスを提案した。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?31516

エクスポート
BibTeX RIS