基本情報

所属
国立国語研究所 言語変異研究領域 教授 (特任教授)
学位
1998年10月 博士(文学)(九州大学)

J-GLOBAL ID
200901060531307802

万葉集を勉強したいと思って大学の文学部に入りました。しかし,定まった読み方がない歌がまだたくさんあることや,奈良時代の発音が現代の我々の発音とは大きく違っていたことなどを知り,文学よりも言語学に興味を持つようになりました。小学生のころから合唱をやっていたので,それがきっかけで発音やアクセントやリズムに興味を持ったのかもしれません。
◆研究のテーマ
日本語は方言のバリエーションが豊富です。これらのバリエーションがどのようにして形成されたのかに興味があって方言の調査を行っています。中でも,アクセントや音韻に特色のある西南部九州の方言を中心に研究を行っています。最近は,奄美・沖縄・八丈などの消滅の危機にあることばの調査・記録・継承の仕事をしています。これらのことばは2009年,ユネスコによって消滅の危機の度合いが高い言語に指定されました。しかし,消滅の危機にあるのはこれらのことばだけではありません。日本中の方言が今、消滅の危機にあります。方言の保存活動を全国に広めることが,これからの課題です。

研究分野

  1

受賞

  1

書籍等出版物

  34
  • 小池淳一, 丹羽謙治, 桑原季雄, 木部暢子, 添田仁, 中静透, 日髙真吾, 渡辺浩一, 著, 麻生玲子(担当:共編者(共編著者), 範囲:第4章 ことばは文化の源)
    人間文化研究機構広領域連携型基幹研究プロジェクト「日本列島における地域社会変貌・災害からの地域文化の再構築」  2020年3月 
  • 青井隼人, 木部暢子(担当:共編者(共編著者))
    大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立国語研究所  2020年3月 (ISBN: 9784910257037) 
  • 木部暢子(担当:編者(編著者), 範囲:インフォームドコンセント、親族名称、フェイスシート、方言のアクセント、四つ仮名)
    三省堂  2019年4月 (ISBN: 9784385135793) 
  • 小池 淳一, 木部 暢子, 寺村 裕史, 西村 慎太郎, 窪田 順平, 奥村 弘, 葉山 茂, 麻生 玲子(担当:共著, 範囲:方言のある暮らしー言葉は文化の源ー)
    人間文化研究機構広領域連携型基幹研究プロジェクト「日本列島における地域社会変貌・災害からの地域文化の再構築」  2019年3月 
  • 窪薗 晴夫, 木部 暢子, 高木 千恵編(担当:共編者(共編著者), 範囲:編集)
    くろしお出版  2019年2月 (ISBN: 9784874247860) 

論文

  105

MISC

  70

共同研究・競争的資金等の研究課題

  20

講演・口頭発表等

  141

委員歴

  14