小磯 花絵

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/06 18:44
 
アバター
研究者氏名
小磯 花絵
所属
国立国語研究所
部署
音声言語研究領域
職名
准教授
学位
博士(理学)
科研費研究者番号
30312200

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
同 音声言語研究領域 領域代表 准教授
 
2009年10月
 - 
2016年3月
大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立国語研究所理論・構造研究系 准教授
 
2009年4月
 - 
2009年9月
同 研究開発部門言語資源グループ 主任研究員
 
2005年4月
 - 
2009年2月
同 研究開発部門言語資源グループ 研究員
 
2001年4月
 - 
2005年3月
独立行政法人国立国語研究所研究開発部門第二領域 研究員
 

受賞

 
2002年
情報処理学会 山下賞
 
1996年6月
人工知能学会 大会論文賞
 
1996年4月
人工知能学会 研究奨励賞
 

論文

 
『日本語日常会話コーパス』データ公開方針 ―法的・倫理的な観点からの検討を踏まえて―
小磯花絵, 伝康晴
国立国語研究所論集   15 75-89   2018年7月   [査読有り]
『日本語日常会話コーパス』における転記の基準と作成手法
臼田泰如, 川端良子, 西川賢哉, 石本祐一, 小磯花絵
国立国語研究所論集   15 177-193   2018年7月   [査読有り]
Construction of the Corpus of Everyday Japanese Conversation: An Interim Report
Hanae Koiso, Yasuharu Den, Yuriko Iseki, Wakako Kashino, Yoshiko Kawabata, Ken’ya Nishikawa, Yayoi Tanaka, and Yasuyuki Usuda
Proceedings of the 11th edition of the Language Resources and Evaluation Conference   4259-4264   2018年5月   [査読有り]
Design and Preliminary Analysis of the Corpus of Everyday Japanese Conversation
Hanae Koiso, Yasuyuki Usuda, Haruka Amatani, Yoshiko Kawabata, and Yasuharu Den
Proceedings of LREC2018 Workshop: LB-ILR2018 and MMC2018 Joint Workshop   1-5   2018年5月   [査読有り]
『日本語日常会話コーパス』の構築 : 会話収録法に着目して
田中弥生, 柏野和佳子, 角田ゆかり, 伝康晴, 小磯花絵"
国立国語研究所論集   14 275-292   2018年1月   [査読有り]
Survey of Conversational Behavior: Towards the Design of a Balanced Corpus of Everyday Japanese Conversation
Hanae Koiso, Tomoyuki Tsuchiya, Ryoko Watanabe, Daisuke Yokomori, Masao Aizawa, and Yasuharu Den
Proceedings of the 10th edition of the Language Resources and Evaluation Conference   4434-4439   2016年5月   [査読有り]
A Large-Scale Corpus of Everyday Japanese Conversation: On Methodology for Recording Naturally Occurring Conversations
Hanae Koiso, Yayoi Tanaka, Ryoko Watanabe, and Yasuharu Den
Proceedings of LREC 2016 Workshop: Just talking - Casual talk among humans and machines   9-12   2016年5月   [査読有り]
均衡会話コーパス設計のための一日の会話行動に関する基礎調査
小磯花絵, 土屋智行, 渡部涼子, 横森大輔, 相澤正夫, 伝康晴
国立国語研究所論集   (10) 85-106   2016年1月   [査読有り]
『日本語話し言葉コーパス』に見る句末境界音調の特徴
小磯花絵
日本語学   34(13) 62-67   2015年11月
Factors affecting utterance-final vowel devoicing in spontaneous Japanese
Yasuharu Den and Hanae Koiso
Proceedings of the 18th International Congress of Phonetic Sciences (ICPhS 2015)      2015年8月   [査読有り]

Misc

 
日本語日常会話コーパス』の構築ー 個人密着法に基づく会話の収録 ー
田中弥生, 柏野和佳子, 角田ゆかり, 伝康晴, 小磯花絵
国立国語研究所「日常会話コーパス」プロジェクト報告書 2      2018年3月
会話から日本語を見る
小磯 花絵
ことばの波止場   3 10   2018年3月   [依頼有り]
対話分析
小磯 花絵
人工知能学大事典    656-658   2017年9月   [依頼有り]
一日の会話行動に関する調査報告
小磯花絵, 渡部涼子, 土屋智行, 横森大輔, 相澤正夫, 伝康晴
国立国語研究所「日常会話コーパス」プロジェクト報告書 1      2017年3月
場つなぎ表現に見られる男女差, 年代差
小磯花絵
情報通信ジャーナル   24(4) 28   2006年4月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
話し言葉コーパス-設計と構築-
小磯花絵 編著 (担当:編者)
朝倉書店   2015年2月   
コーパスとテキストマイニング
小磯 花絵 (担当:分担執筆, 範囲:テキストの多様性をとらえる分類指標-体系化の試み-)
共立出版   2012年12月   
文と発話「単位」としての文と発話
小磯 花絵 (担当:分担執筆, 範囲:音声談話における発話の終了性を備えた単位に関する一考察 文の長さと発話の長さの比較を通して)
ひつじ書房   2008年9月   
講座社会言語科学6 方法
小磯 花絵 (担当:分担執筆, 範囲:会話データの構築法-収録と書き起こし)
ひつじ書房   2006年8月   
「日本語話し言葉コーパス」の構築における計算機利用
前川喜久雄, 菊池英明, 籠宮隆之, 山口雅也, 小磯花絵, 小椋秀樹
明治書院   2005年6月   

講演・口頭発表等

 
Construction of the Corpus of Everyday Japanese Conversation: An Interim Report [招待有り]
Hanae Koiso, Yasuharu Den, Yuriko Iseki, Wakako Kashino, Yoshiko Kawabata, Ken’ya Nishikawa, Yayoi Tanaka, and Yasuyuki Usuda
LREC 2018 Special Speech SEssions: Speech Resources Collection in Real-World Situations   2018年5月9日   
『日本語日常会話コーパス』構築状況と予備的分析
小磯花絵, 天谷晴香, 居關友里子, 臼田泰如, 柏野和佳子, 川端良子, 田中弥生, 伝康晴
言語処理学会台24回年次大会   2018年3月14日   
『日本語日常会話コーパス』のデータ公開方針-法的・倫理的な観点から-
小磯花絵, 伝康晴
言語資源活用ワークショップ2017   2018年3月6日   
『日本語日常会話コーパス』 の設計と構築 [招待有り]
小磯 花絵
第8回対話システムシンポジウム(SLUD-81)   2017年10月12日   
話し言葉コーパスに見る言葉の年齢差
小磯 花絵
コ―パス合同シンポジウム コーパスに見る日本語のバリエーション―話者の属性―   2017年9月8日   

競争的資金等の研究課題

 
コーパス言語学的手法に基づく会話音声の韻律特徴の体系化 研究課題
科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 小磯 花絵
発話連鎖アノテーションに基づく対話過程のモデル化
科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 伝康晴
自発音声における発話の継続・終了の予測に関わる韻律情報の解明
科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 小磯花絵
インタラクティブ性の有無を考慮した話し言葉・書き言葉間の変換のための基礎的研究
科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 高松亮
発話単位アノテーションに基づく対話の認知・伝達融合モデルの構築
科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 伝康晴