武田一哉

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/20 12:07
 
アバター
研究者氏名
武田一哉
URL
https://scholar.google.com/citations?hl=en&user=O4epWMcAAAAJ
所属
名古屋大学 大学院情報学研究科
部署
知能システム学専攻
職名
教授
学位
博士(工学)
その他の所属
未来社会創造機構

プロフィール

昭和58年名古屋大学工学部卒●昭和60年名古屋大学 工学研究科 博士課程(前期課程)修了●同年国際電信電話(株)入社● 昭和61年(株)ATR自動翻訳電話研究所出向●昭和63年-平成元年 マサチューセッツ工科大滞在研究員●平成2年国際電信電話(株)復職●平成7年名古屋大学助教授●平成15年同教授

受賞

 
2016年11月
IEEE ITS Conference Best Paper Award Compressing Continuous Point Cloud Data using Image Compression Method
受賞者: Chenxi Tu, Eijiro Takeuchi, Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda
 
2013年9月
FAST-Zero '13, organizing committee Best Paper Award Analysis of driving behavior signals recorded from different types of vehicles using CAN and Smartphone
受賞者: Chiyomi Miyajima, Hiroaki Ishikawa, Masataka Kaneko, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda
 
2012年12月
Oriental COCOSDA, 2012 Best Student Paper Award CENSREC-2-AV: An Evaluation Framework for Bimodal Speech Recognition in Real Environments
受賞者: Naoya Ukai, Takuya Kawasaki, Satoshi Tamura, Satoru Hayamizu, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda
 
2009年12月
情報処理学会 ITS研究会 ITS研究会優秀論文 車線変更軌跡の確率的予測モデル
受賞者: 西脇由博, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉
 
2009年11月
IEEE International Conference on Vehicular Electronics and Safety (ICVES 200) Best Paper Award
受賞者: Atsumi Naito, Chiyomi Miyajima, Takanori Nishino, Hideaki Kitaoka, Kazuya Takeda
 

論文

 
P Ping, Y Sheng, W Qin, C Miyajima, K Takeda
IEEE Access   6 68850-68866   2018年   [査読有り]
Tomoki Hayashi,Masafumi Nishida,Norihide Kitaoka,Tomoki Toda,Kazuya Takeda
IEICE Transactions   101-A(1) 199-210   2018年   [査読有り]
Shogo Seki,Tomoki Toda,Kazuya Takeda
IEICE Transactions   101-A(7) 1057-1064   2018年   [査読有り]
Pujitha Gunaratne,Kazuya Takeda
IEEE Intell. Transport. Syst. Mag.   10(1) 167   2018年   [査読有り]
Ekim Yurtsever,Suguru Yamazaki,Chiyomi Miyajima,Kazuya Takeda,Masataka Mori,Kentarou Hitomi,Masumi Egawa
IEEE Trans. Intelligent Vehicles   3(3) 242-253   2018年   [査読有り]
Koichi Miyazaki,Tomoki Hayashi,Tomoki Toda,Kazuya Takeda
26th European Signal Processing Conference, EUSIPCO 2018, Roma, Italy, September 3-7, 2018   852-856   2018年   [査読有り]
Tomoki Hayashi,Tatsuya Komatsu,Reishi Kondo,Tomoki Toda,Kazuya Takeda
26th European Signal Processing Conference, EUSIPCO 2018, Roma, Italy, September 3-7, 2018   2494-2498   2018年   [査読有り]
Tomoki Hayashi,Shinji Watanabe,Tomoki Toda,Kazuya Takeda
Interspeech 2018, 19th Annual Conference of the International Speech Communication Association, Hyderabad, India, 2-6 September 2018.   801-805   2018年   [査読有り]
Kyle Sama,Yoichi Morales,Naoki Akai,Hailong Liu,Eijiro Takeuchi,Kazuya Takeda
IEEE ITSC 2018, 21st International Conference on Intelligent Transportation Systems, ITSC 2018, Maui, HI, USA, November 4-7, 2018   1337-1343   2018年   [査読有り]
Yusuke Sakai 0006,Hiromi Morita,Yoshio Ishiguro,Takanori Nishino,Kazuya Takeda
IEEE ITSC 2018, 21st International Conference on Intelligent Transportation Systems, ITSC 2018, Maui, HI, USA, November 4-7, 2018   3651-3656   2018年   [査読有り]

Misc

 
後藤 太一, 宮島 千代美, 李 亦楊, 武田 一哉, 廣池 真也, 坂本 忍, 本田 慎一朗, 塚原 俊哉, 伊藤 政義
電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ/NOLTAソサイエティ大会講演論文集   2016    2016年3月
市川 賢, 北岡 教英, 柘植 覚, 武田 一哉, 北 研二
情報処理学会論文誌   56(3) 1003-1012   2015年3月
テキスト検索に用いられてきた従来の3つの主な検索手法(ベクトル空間モデル,クエリ尤度モデル,適合モデルに基づく手法)に対し統一的な枠組みで改良を加えることで,音声ドキュメント検索における語彙外単語や音声認識誤りに対処する手法を提案し,比較検討を行った.各検索手法に対し,新たな検索質問拡張手法,および音節の3連鎖を単語と同様に扱う検索を単語単位の検索とスコアレベルで組み合わせる手法を提案する.提案手法の有効性をNTCIR-9のSpokenDocタスクで評価した結果,各手法でBaseline手...
森田 一輝, 宮島 千代美, 北岡 教英, 武田 一哉
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015(2)    2015年2月
陳 伯翰, 北岡 教英, 武田 一哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(365) 147-152   2014年12月
本稿では,対話者間の音声特徴類似度と対話の情報伝達効果の関係を調査する.そのためHCRCマップタスクのデータを利用する.韻律特徴については,GMMとbigramを用いて話者の韻律特徴をモデル化して類似度を測る.言語特徴について,bigramモデルとキーワードの相対頻度を用いて対話者間の言語類似度を測る.結果として,対話者間の韻律特徴類似度と対話の情報伝達の効果の間に,正の相関があった.対話者間の言語特徴類似度と対話の情報伝達の効果の間には相関が見られなかった.
陳 伯翰, 北岡 教英, 武田 一哉
研究報告音声言語情報処理(SLP)   2014(27) 1-6   2014年12月
本稿では,対話者間の音声特徴類似度と対話の情報伝達効果の関係を調査する.そのため HCRC マップタスクのデータを利用する.韻律特徴については,GMM と bigram を用いて話者の韻律特徴をモデル化して類似度を測る.言語特徴について,bigram モデルとキーワードの相対頻度を用いて対話者間の言語類似度を測る.結果として,対話者間の韻律特徴類似度と対話の情報伝達の効果の間に,正の相関があった.対話者間の言語特徴類似度と対話の情報伝達の効果の間には相関が見られなかった.We invest...

書籍等出版物

 
Vehicle Systems and Driver Modeling
Abut, Huseyin / Hansen, John / Schmidt, Gerhard / Takeda, Kazuya / Ko, Hanseok (担当:共編者)
De Gruyter   2017年9月   
Human Harmonized Information Technology, Volume 1 Vertical Impact
武田一哉 (担当:共著, 範囲:Chapter 3, Modeling and Detecting Exessive Trust from Behavior Signals: Overview of Research Project and Results)
Springer   2016年   
Principles and Applications of Spatial Hearing
T. Nishino, M. Ogasawara, K. Niwa and K. Takeda (担当:共著, 範囲:Selective Listening Point Audio based on Blind Signal Separation and 3D Audio Effect)
World Scientific Publishing   2011年3月   
Recent Advances in Robust Speech Recognition Technology
Weifeng Li, Kazuya Takeda and Fumitada Itakura (担当:共著, 範囲:Effective Multiple Regression for Robust Singleand Multi-channel Speech Recognition - Pp. 169-174)
Bentham Science Publishers   2011年   

競争的資金等の研究課題

 
人と知能機械との協奏メカニズム解明と協奏価値に基づく新しい社会システムを構築するための基盤技術の創出
JST: 産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA)
研究期間: 2016年6月 - 2021年3月    代表者: 武田一哉
行動モデルに基づく過信の抑止
JST: 戦略的創造研究推進事業(CREST)
研究期間: 2009年10月 - 2015年3月    代表者: 武田一哉
運転行動のセンシングと理解に基づく次世代ドライブレコーダの研究開発
総務省: 戦略的情報通信研究開発(SCOPE)
研究期間: 2008年8月 - 2011年3月    代表者: 武田一哉
実世界データベースに基づく自動車運転行動信号処理の先導的研究
NEDO: NEDO グラント
研究期間: 2005年10月 - 2008年9月    代表者: 武田一哉

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
名古屋大学 大学院・情報学研究科・知能システム学専攻 教授
 
2003年4月
   
 
名古屋大学 大学院・情報科学研究科・メディア科学専攻 教授
 
1995年4月
   
 
名古屋大学 工学部・工学研究科 助教授
 
1990年3月
 - 
1995年3月
KDD研究所
 
1986年7月
 - 
1990年2月
国際電気通信基礎技術研究所(ATR)
 

担当経験のある科目

 
 

委員歴

 
 
 - 
現在
IEEE ITS Society  Board of Governor (BoG)
 
 
 - 
現在
IEEE ITS Society  Board of Governor