小久保 康昌

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/02 11:01
 
アバター
研究者氏名
小久保 康昌
 
コクボ ヤスマサ
URL
http://kii-als-pdc-project.com
所属
三重大学大学院
部署
地域イノベーション学研究科
職名
招聘教授
学位
医学博士(三重大学)

プロフィール

神経内科医。紀伊半島に多発する神経難病 (筋萎縮性側索硬化症/パーキンソン認知症複合: 紀伊 ALS/PDC) の研究に従事。

研究分野

 
 

経歴

 
 
 - 
現在
三重大学地域イノベーション学研究科
 

学歴

 
 
 - 
1990年
三重大学 医学部 
 

論文

 
Morimoto S, Hatsuta H, Motoyama R, Kokubo Y, Ishiura H, Tsuji S, Kuzuhara S, Murayama S
Brain pathology (Zurich, Switzerland)   28(3) 422-426   2018年5月   [査読有り]
Morimoto S, Hatsuta H, Kokubo Y, Nakano Y, Hasegawa M, Yoneda M, Hirokawa Y, Kuzuhara S, Shiraishi T, Murayama S
Brain pathology (Zurich, Switzerland)   28(2) 287-291   2018年3月   [査読有り]
Mimuro M, Yoshida M, Kuzuhara S, Kokubo Y
Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology   38(1) 98-107   2018年2月   [査読有り]
Kokubo Y, Banack SA, Morimoto S, Murayama S, Togashi T, Metcalf JS, Cox PA, Kuzuhara S
Neurology   89(10) 1091-1092   2017年9月   [査読有り]
Hata Y, Ma N, Yoneda M, Morimoto S, Okano H, Murayama S, Kawanishi S, Kuzuhara S, Kokubo Y
Frontiers in neuroscience   11 751   2017年   [査読有り]

Misc

 
小久保康昌
日本臨床   76 355‐360   2018年5月
小久保康昌
三重大学地域イノベーション推進機構研究報告   (24) 39‐42   2017年3月
篠遠仁, 島田斉, 小久保康昌, 佐々木良元, 森本悟, 平野成樹, 葛原茂樹, 樋口真人, 須原哲也
Dementia Japan   30(4) 584   2016年10月
三室マヤ, 小久保康昌, 佐々木良元, 森本悟, 村山繁雄, 岩崎靖, 吉田眞理, 葛原茂樹
Dementia Japan   30(4) 584   2016年10月

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
紀伊 ALS/PDC における新規血液バイオマーカーの開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 小久保 康昌
紀伊ALS/PDC 診療ガイドラインの作製と臨床研究の推進
厚生労働省: 日本医療研究開発機構研究費(難治性疾患実用化研究事業)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 小久保 康昌
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 小久保 康昌
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 小久保 康昌
紀伊半島南部に多発する ALS/PDC (筋萎縮性側索硬化症/パーキンソン認知症複合)患者の皮膚線維芽細胞からiPS細胞を作成し、運動神経やドパミン産生細胞へ分化させる。得られた細胞を用いて、病態解明や新規薬剤の薬効評価を行うための準備を行う。平成23年度は、皮膚線維芽細胞の採取とiPS細胞の作成について研究をおこなった。(1) 三重大学倫理委員会に患者からのiPS細胞作成と神経細胞への分化に関する研究計画の申請をおこない承認を得た。(2) 十分なインフォームドコンセントを得た上で紀伊AL...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 小久保 康昌
紀伊半島に多発する筋萎縮性側索硬化症/パーキンソン認知症複合(紀伊ALS/PDC)における発症要因と病態解明を目的に、下記の点について検討を行った。1)遺伝子検索(1)候補遺伝子解析:パーキンソン病関連遺伝子(alpha-synuclein, LRRK2, parkin, DJ-1, PINK1, ATP13A2)、認知症関連遺伝子(APOE4, MAPT, PGRN, TARDBP, GSK3β)、運動ニューロン疾患関連遺伝子(SOD1, SOD2, SOD3,ALS2 alsin, S...