基本情報

所属
京都府立大学 生命環境科学研究科 応用生命科学専攻 教授
学位
薬学博士(京都大学)

研究者番号
50303897
J-GLOBAL ID
200901072536844014

外部リンク

有機合成化学は、文字通り有機化学を使って化合物を合成する研究領域です。合成化学者は今までに世界で誰も作った事がない化合物を合成することができます。誰も作った事がない化合物を合成する、そのための反応の開発、または今までは、何工程もかかって合成していた化合物を短工程でより効率的に合成する反応の開発も、研究の対象です。また出来た化合物の性質が変わっている、特異である場合には、なぜその特異な性質が備わっているのか?化合物の構造がどのように関係しているのか?特異な性質を増強するにはどのようにすればよいのか?という、機能に焦点を充てた研究も、ターゲットのひとつです。何かの役に立つことを狙ったターゲット指向の研究と、純粋に科学的興味に特化した研究のバランスをうまくとりながら研究を進めています。面白かったらなんでもOK。何かヒントを思い付いたら、直ぐに実験で確かめる。論より証拠。
この辺りのフレーズが私の研究スタイルを表しています。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/faruawpsj/51/9/51_885_1/_article/-char/ja/

・1987年 京都大学工学部合成化学科卒業
・1996年 京都大学大学院・薬学研究科博士後期課程薬品作用制御システム専攻編入学
・1998年 同上中退
・1999年 博士(薬学)(京都大学)取得

・1987年~1998年 藤沢薬品工業・新薬研究所・研究員
・1998年~2005年 京都大学・化学研究所・助手
・2005年~2008年 京都大学・化学研究所・助教授/准教授
・2008年~現在 京都府立大学大学院・生命環境科学研究科・応用生命科学専攻・教授

論文

  108

MISC

  31

講演・口頭発表等

  8

共同研究・競争的資金等の研究課題

  9