川本佳苗

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/17 15:13
 
アバター
研究者氏名
川本佳苗
 
カワモト カナエ
URL
https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/organization/staff-2/kawamoto/
所属
京都大学
部署
東南アジア地域研究研究所
職名
連携研究員
学位
博士

プロフィール

音楽・アートの世界で国内外で働いた後、2008年から6年間、東南アジアで上座部仏教を学んだり出家したり瞑想修行したりして、2014年に帰国しました。自由に柔軟にオープンに研究して、世界中の面白い人たちとコラボしていきたいです。

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
龍谷大学 非常勤講師
 
2019年4月
 - 
現在
立命館大学 非常勤講師
 
2018年4月
 - 
現在
京都大学東南アジア地域研究研究所 連携研究員
 
2015年4月
 - 
現在
龍谷大学 ライティングサポートセンター チューターリーダー
 
2016年10月
 - 
2017年4月
日本-スイス若手研究者交流事業 ベルン大学宗教科学研究所 博士研究員
 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本学術振興会 特別研究員DC2
 

学歴

 
2014年4月
 - 
2017年3月
龍谷大学大学院 文学研究科 仏教学専攻博士後期課程
 
2011年6月
 - 
2014年5月
Mahachulalongkornrajavidyalaya University(タイ) International Master's Programme 仏教学
 
2008年6月
 - 
2011年5月
International Theravada Buddhist Missionary University (ミャンマー)  Buddha Dhamma Course
 
2009年10月
 - 
2010年1月
International Institute of Abhidhammā(ミャンマー) Abhidhamma in English Level 1
 

委員歴

 
2018年11月
 - 
現在
宗教倫理学会  評議員
 

受賞

 
2014年4月
龍谷大学大学院 博士課程入学試験成績優秀者 「大学院特別給付奨学生」
 
2005年
Meet The Composer Global Connection Award(アメリカ)
 

論文

 
川本佳苗
宗教と倫理   18 26-38   2018年12月   [査読有り]
川本佳苗
Contemporary Buddhism   18(Issue 2) 346-363   2017年9月   [査読有り]
「メー・ナーク・プラカノーン」はタイで映画やドラマとして親しまれている怪談である。本研究では、ソムタウ・スッチャリッタグン作オペラ戯曲『メー・ナーク』(2003年)が描く特徴を分析する。従来の物語で強調されてきた仏教と精霊信仰・女性性の優劣を指摘する先行研究や、論拠とされる仏教文献の調査に基づき、ソムタウが現代的・現実的なタイ女性像を描きながらもタイの仏教信仰を反映した作品を創造したことを明らかにする。
川本佳苗
佛教学研究   73 79-110   2017年3月   [査読有り]
本論文では、パーリ経典に描かれる比丘の自殺の物語に見られる、対話によって導かれる死の決断と受容、そして解脱への過程について検討する。近年、欧米を中心に「死ぬ権利」や「尊厳死」などの倫理思想が普及しつつあるなかで、行為者の積極性や倫理性と深く関連する死の決断は「自死」(voluntary death)として、現代社会で頻発する人生の悲観や逃避に起因する自殺とは区別される。本論文では、パーリ仏教文献において自殺したと記述される三比丘Channa、Godhika、Vakkaliを伝える経を中心に...
Novelizations of Nagamasa Yamada in Japan after the 1980s: His Life and Dream over the Maritime Silk Road (1980年代以降の日本における山田長政の小説化:海のシルクロードを超えた人生と夢)
川本佳苗
国際媽祖文化学会   145-155   2015年11月
川本佳苗
Prajna Vihara   15(1) 1-19   2014年1月   [査読有り]
http://www.assumptionjournal.au.edu/index.php/PrajnaVihara/article/view/1022
Pragmatic Benefits and Concentration through Ānāpānasati Meditation (アナパナ瞑想による実際的恩恵と集中力)
川本佳苗
Volume of The 2nd IABU (International Association of Buddhist Universities) Conference.   98-103   2012年6月   [査読有り]
川本佳苗
Volume of Lay Buddhism in the Modern World, The 6th International Lay Buddhist Forum   124-130   2012年11月   [査読有り]
川本佳苗
Buddhist Virtue in Socio-Economic Development, The 8th International Buddhist Conference on the United Nations   589-599   2011年5月   [査読有り]
川本佳苗
Buddhismo Theravada Hispano      2011年

Misc

 
岡田匠
朝日新聞      2019年1月
2019年1月19日 朝日新聞関西版夕刊
インタビュー掲載
川本佳苗
ウェブサンガ      2018年11月
川本佳苗こと元サヤレー・スナンダのウェブ連載
Raymond Lam
Buddhistdoor Global      2017年11月
Raymond Lam氏によるインタビュー記事
短報「第18 回国際仏教学連盟会議」
川本佳苗
東南アジア学会会報   (107) 32-33   2017年11月
清水洋平
SEALG (Southeast Asian Library Group) Newsletter    (45) 29-39   2013年12月
清水洋平氏の論文英訳

書籍等出版物

 
サンガジャパン Vol.32 特集「身体と瞑想」
川本佳苗 (担当:分担執筆, 範囲:輪廻流転という混沌を体現する:クィア仏教的『解放の神学』を目指して)
サンガ   2019年4月   
https://samgha.co.jp/shop/products/detail/1092
K. N. ジャヤティラカ (担当:単訳)
サンガ   2018年11月   ISBN:4865641378
宮崎哲弥, 南直哉, 望月海慧, 田口ランディ,釈徹宗, 川本佳苗他 (担当:共著, 範囲:パーリ経典に描かれる比丘の自殺と対話の意義―<生き様>の物語―)
サンガ   2018年4月   ISBN:486564122X
シリーズ現代の世界仏教①タイ・ミャンマー人物名鑑
サンガ出版   2015年2月   ISBN:4905425719

講演・口頭発表等

 
ミャンマーのパオ仏教瞑想を実践する日本人の体験と宗教的効果
川本佳苗
日本宗教学会第78回学術大会   2019年9月14日   
川本佳苗
International Convention of Asia Scholars (ICAS) 11   2019年7月17日   International Institute for Asian Studies
川本佳苗
東南アジア研究の国際共同研究拠点   2019年2月15日   京都大学東南アジア地域研究研究所
Justin Stein, 川本佳苗, Tim Graf
American Academy of Religion (AAR)   2018年11月19日   
Religion and Hospice Care: Case Studies Focusing on Buddhism [招待有り]
張凱, 川本佳苗
Buddhist Approaches to Hospice Care and Life Education   2018年11月3日   
川本佳苗
宗教倫理学会 第19回学術大会   2018年10月6日   
パーリ仏教文献における殺生と自殺に関する道徳観
川本佳苗
日本宗教学会第77 回学術大会   2018年9月9日   
川本佳苗
IPCR :「東南アジア研究の国際共同研究拠点」 年次研究成果発表会   2018年2月15日   
川本佳苗
Visual Documentary Project (VDP) 2017   2017年12月7日   東南アジア地域研究研究所、国際交流基金アジアセンター
川本佳苗
宗教倫理学会第18回学術大会   2017年10月7日   
小児往生をめぐる子との死別と自己の救済 [招待有り]
川本佳苗
龍谷大学仏教文化研究所研究談話会   2017年2月22日   
Dialogues regarding Monastic Suicides: The Acceptance and Observation of Death in the Pāli Sutta (パーリ経典に描かれる比丘の自死と対話の意味:死の受容と終焉の観察)
川本佳苗
ベルン大学宗教科学研究所コロキウム(スイス)   2016年12月1日   
川本佳苗
日本宗教学会第75 回学術大会   2016年9月11日   
多文化社会マレーシア と女性の進出
Nurul Izzah, ElizabethWong, Maria Reinarut Carlos, 松長昭, 川本佳苗
龍谷大学・笹川平和財団共同セミナー   2016年4月21日   
龍谷大学におけるライティング支援の事例検討―支援環境の特徴とチューター育成システムを中心に―
小林至道, 川本佳苗, 亀井久美子
The 8th Symposium of Writing Centers Association of Japan   2016年3月5日   
自殺と安楽死に関する仏教観―カルマの両義性を超えて―
川本佳苗
27 回日本生命倫理学会年次大会   2015年11月28日   
夭折者と遺族の救済―小児往生を中心とする救済観―
川本佳苗
日本宗教学会第74 回学術大会   2015年9月5日   
The Significance and Practical Benefits of the Concentration through Samatha Meditation (サマタ瞑想による実際的恩恵と集中力の意義)
川本佳苗
Mindfulness & Compassion: The Art and Science of Contemplative Practice、サンフランシスコ州立大学(アメリカ)   2015年6月5日   
アナパナ瞑想による集中力の意義と実際的恩恵
川本佳苗
パーリ学仏教文化学会第29 回学術大会   2015年5月30日   
川本佳苗
The Research Seminar of the Guna Chakra Research Center、アサンプション大学(タイ)   2014年1月29日   
川本佳苗
第6回国際在家仏教徒フォーラム、マラガ大学(スペイン)   2012年11月1日   
川本佳苗
The 8th International Buddhist Conference on the United Nations Day of Vesak Cerebrations   2011年5月13日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
ミャンマーのパオ仏教瞑想についての研究
日本学術振興会: 科学研究費養成事業 若手研究
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 川本佳苗
現代の自殺問題に対する仏教的アプローチの考察:ドキュメンタリー映画『ディパーチャー』を通して
松下幸之助記念財団: 2018年度研究助成
研究期間: 2018年10月 - 2019年9月    代表者: 川本佳苗
京都大学東南アジア地域研究研究所: IPCR(京都大学東南アジア地域研究研究所  共同利用・共同研究拠点「東南アジア研究の国際共同研究拠点」)
研究期間: 2018年6月 - 2019年3月    代表者: 川本佳苗
BARC Research Center for Buddhist Culture in Asia: 公募研究
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 川本佳苗
京都大学東南アジア地域研究研究所: IPCR (共同利用・共同研究拠点「東南アジア研究の国際共同 研究拠点」) 平成29 年度共同研究「タイプVI 若手個別型」
研究期間: 2017年6月 - 2018年3月    代表者: 川本佳苗
日本学術振興会・スイス政府: 平成28年度日本-スイス若手研究者交流事業
研究期間: 2016年10月 - 2017年4月    代表者: 川本佳苗
夭折に関する仏教的観点の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業: 特別研究員奨励費
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 川本佳苗

社会貢献活動

 
はらみつ法友会
【運営参加・支援, その他】  はらみつ法友会  ミャンマー人比丘・尼僧による瞑想指導の通訳  2014年 - 現在
龍谷エクステンションセンター(REC)
【講師】  龍谷大学エクステンションセンター  映画で観る世界の仏教  2019年5月14日 - 2019年7月9日
京都自死・自殺相談センターSOTTO
【その他】  2014年4月 - 2016年3月
ボランティアスタッフ

その他

 
2019年3月   根本一徹氏講演「仏教僧による自殺防止活動 ― 生と死の意味を共に考える ―」
2019年3月8日 宗教倫理学会公開講演会
●コメンテーター:
中村信博(同志社女子大学)、川本佳苗(京都大学東南アジア地域研究研究所) 
● 根本一徹(僧名:紹徹):
1972年東京にてサラリーマンの家庭に生まれる。98年に出家し、04年より自死防止活動を開始する。その活動は国内外で注目され、フジテレビ系列番組「ザ・ノンフィクション」(2010年)をはじめ、『いのちの深呼吸』』(2017年米)と『樹海の上、浮き漂うわが心」(2018年オランダ)のドキュメンタリー映画が製作された。
2018年6月   流転輪廻の面倒さをいかに体現するか―クイア仏教の「解放の神学」を目指して―
日時:2018年6月20日 水曜日(16:45〜18:15
会場:龍谷大学 大宮学舎
発表者:ビー・シェーラー(カンタベリー・クライストチャーチ大学教授)
INCISE(International Center for Inclusion and Social Justice)センター所長
司会: 那須英勝
講師紹介・通訳: 川本佳苗
2017年7月   越境する日本の女性仏教徒
龍谷大学 アジア仏教文化研究センター グループ2ユニットB 国際ワークショップ、2017年 7月 17 日
報告1 :ビクトリア・吉村(浄土真宗本願寺派玄武山正念寺坊守)
報告2 :パトリシア・宇宿(サンファナンドバレー本願寺仏教会開教使)
コメンテーター:川橋範子(名古屋工業大学教授)
通訳:川本佳苗