勝村啓史

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/25 22:08
 
アバター
研究者氏名
勝村啓史
 
カツムラ タカフミ
所属
岡山大学
部署
大学院自然科学研究科
職名
日本学術振興会特別研究員PD
学位
博士(生命科学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
岡山大学 自然科学研究科 日本学術振興会特別研究員PD
 
2015年10月
 - 
2016年3月
北里大学 医学部 特任助教
 
2012年7月
 - 
2015年9月
北里大学 医学部 博士研究員
 
2012年4月
 - 
2012年6月
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 特任研究員
 
2010年4月
 - 
2012年3月
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 日本学術振興会特別研究員(DC2)
 

受賞

 
2018年10月
日本人類学会 ポスター発表 優秀賞 ヒト拡散に関する“冒険遺伝子仮説”のメダカを用いた検証
 
2013年9月
Japanese Medaka and Zebrafish Meeting Best Oral Award Naturally occurring variation of CYP xenobiotic enzyme alleles in medaka sheds a new light on sexual dimorphism variation among human populations
 
2012年3月
東京大学 博士論文特別奨励賞 Establishing an Experimental System for the Functional Analysis of Human Genetic Polymorphisms Using Wild Medaka (Oryzias latipes) Populations
 
2011年7月
日本進化学会 優秀ポスター賞 Allelic Variations of Cytochrome P450 Genes in Wild Medaka Populations: a Parallelism to Human Alleles
 

論文

 
Katsumura T, Oda S, Mitani H, Oota H
G3 (Bethesda, Md.)   9(1) 217-228   2019年1月   [査読有り]
Tonoyama Y, Shinya M, Toyoda A, Kitano T, Oga A, Nishimaki T, Katsumura T, Oota H, Wan MT, Yip BWP, Helen MOL, Chisada S, Deguchi T, Au DWT, Naruse K, Kamei Y, Taniguchi Y
Comparative biochemistry and physiology. Toxicology & pharmacology : CBP      2018年3月   [査読有り]
Nishimura T#, Katsumura T#, Motoi M, Oota H, Watanuki S (# These authors contributed equally to this work.)
Scientific reports   7(1) 5570   2017年7月   [査読有り]
Akiyama T, Katsumura T, Nakagome S, Lee SI, Joh K, Soejima H, Fujimoto K, Kimura R, Ishida H, Hanihara T, Yasukouchi A, Satta Y, Higuchi S, Oota H
PloS one   12(6) e0178373   2017年   [査読有り]
Igarashi K, Kobayashi J, Katsumura T, Urushihara Y, Hida K, Watanabe-Asaka T, Oota H, Oda S, Mitani H
PloS one   12(1) e0170006   2017年1月   [査読有り]
Takafumi Katsumura, Yukiko Fukuyo, Shoji, Kawamura, Hiroki Oota
Journal of Physiological Anthropology   (1) 21   2016年9月   [査読有り][招待有り]
Nagata K, Hashimoto C, Watanabe-Asaka T, Itoh K, Yasuda T, Ohta K, Oonishi H, Igarashi K, Suzuki M, Funayama T, Kobayashi Y, Nishimaki T, Katsumura T, Oota H, Ogawa M, Oga A, Ikemoto K, Itoh H, Kutsuna N, Oda S, Mitani H
Scientific reports   6 28691   2016年6月   [査読有り]
Shuuji Mawaribuchi, Michihiko Ito, Mitsuki Ogata, Hiroki Oota, Takafumi Katsumura, Nobuhiko Takamatsu, Ikuo Miura
Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences   (1823)    2016年1月   [査読有り]
西槇 俊之, 勝村 啓史, 尾田 正二, 小賀 厚徳, 小川 元之, 太田 博樹
魚病研究   51(1) 8-14   2016年
 ヒトにおいてみられる疾患と同様もしくは類似の疾患をモデル生物において探索し,その発症メカニズムを明らかにすることによってヒト疾患治療のための基礎研究となす試みが広く行われている。メダカはそのような疾患研究に活用されるモデル生物の一つであるが,メダカ自体の疾患に関する組織学的な報告例が限られているのが現状である。本研究では,ヒトにおいて頻繁にみられる嚢胞がメダカにおいても広くみられる疾患であるか検討した。メダカの体躯が小型であることを活かしてメダカ成魚の全身組織連続切片を作製し,全組織にお...
Ayaka Kikuta, Eri Furukara, Ryota Ogawa, Natsuki Suganuma, Mai Saitoh,Toshiyuki Nishimaki, Takafumi Katsumura, Hiroki Oota, Tadafumi Kawamoto, Hideki Tatsukawa, Hisashi Hashimoto and Kiyotaka Hitomi
PLOS ONE   10(12)    2015年   [査読有り]
ミトコンドリアDNA解析から推定する香川県メダカの集団史
山下佳那#,勝村啓史#*,尾田正二,今井正,吉浦康寿,太田博樹(#Equally contributing authors,*Corresponding author)
地域自然史と保全   38(1) 41-50   2016年6月   [査読有り]
Katsumura T, Oda S, Nakagome S, Hanihara T, Kataoka H, Mitani H, Kawamura S, Oota H
Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences   281    2014年12月   [査読有り]
連続全身組織切片と24時間トラッキングによるメダカの組織形態と活動性の網羅的な解析
尾田正二、西槇俊之、勝村啓史、片田吉彦、小賀厚徳、池本健三、谷口善仁、太田博樹
Cytometry Research   24(2) 9-14   2014年   [査読有り][招待有り]
Suzuki N, Nawa D, Tateno H, Yasuda T, Oda S, Mitani H, Nishimaki T, Katsumura T, Oota H, Hanihara T, Oga A, Hirabayashi J, Yamamoto K
Glycobiology   23 91-105   2013年1月   [査読有り]
Koganebuchi K#, Katsumura T#, Nakagome S, Ishida H, Kawamura S, Oota H, The Asian Archival DNA Repository Consortium (# These authors contributed equally to this work.)
Anthropological Science   120(3) 199-208   2012年12月   [査読有り]
Katsumura T, Oda S, Tsukamoto K, Sekiya Y, Yamashita T, Aso M, Hata M, Nonaka M, Mano S, Ishida H, Mitani H, Kawamura S, Oota H
Anthropological Science   120(1) 81-89   2012年4月   [査読有り]
Hiwatashi T, Mikami A, Katsumura T, Suryobroto B, Perwitasari-Farajallah D, Malaivijitnond S, Siriaroonrat B, Oota H, Goto S, Kawamura S
BMC evolutionary biology   11 312   2011年10月   [査読有り]
Katsumura T, Oda S, Mano S, Suguro N, Watanabe K, Mitani H, Oota H, Kawamura S
Gene   443 170-177   2009年8月   [査読有り]
Ishii S, Katsumura T, Shiozuka C, Ooyauchi K, Kawasaki K, Takigawa S, Fukushima T, Tokuji Y, Kinoshita M, Ohnishi M, Kawahara M, Ohba K
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   72(12) 3148-3157   2008年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
ホルモンから見た生命現象と進化シリーズIII,成長・成熟・性決定 伊藤道彦,高橋明義(共編)
勝村啓史,太田博樹 (担当:共著, 範囲:11.性的二型の分子進化学的理解ーメダカの尻鰭と性ステロイドホルモンー,pp156-173)
裳華房   

Misc

 
西槇俊之, 勝村啓史, 内田健太郎, 尾田正二, 高相晶士, 太田博樹
生理学技術研究会報告・生物学技術研究会報告合同技術研究会報告   2015 128-129   2015年6月
西槇俊之, 勝村啓史, 小賀厚徳, 岡安勲, 尾田正二, 埴原恒彦, 太田博樹
生理学技術研究会報告・生物学技術研究会報告合同技術研究会報告   2014 104-105   2014年7月
西槇俊之, 勝村啓史, 尾田正二, 小賀厚徳, 埴原恒彦, 太田博樹
生理学技術研究会報告・生物学技術研究会報告合同技術研究会報告   2013 92-93   2013年6月
西槇俊之, 勝村啓史, 尾田正二, 古賀厚徳, 埴原恒彦, 太田博樹
生理学技術研究会報告・生物学技術研究会報告合同技術研究会報告   2012 118-119   2012年6月
Takafumi Katsumura, Shoji Oda, Shigeki Nakagome, Tsunehiko Hanihara, Hiroshi Kataoka, Hiroshi Mitani, Shoji Kawamura, Hiroki Oota
bioRxiv   

講演・口頭発表等

 
ヒト拡散に関する“冒険遺伝子仮説”のメダカを用いた検証
勝村啓史,尾田正二,上岡史享,三谷啓志,太田博樹,竹内秀明
2018年10月20日   
Loss of epigenetic modification sites drives plasticity-first evolution
Takafumi Katsumura, Suguru Sato, Kana Yamashita, Shoji Oda, Takashi Gakuhari, Shodai Tanaka, Tadashi Imai, Yasutoshi Yoshiura, Hirohiko Takeshima, Yasuyuki Hashiguchi, Hiroshi Mitani, Motoyuki Ogawa, Hideaki Takeuchi and Hiroki Oota
24th Japanese Medaka and Zebrafish Meeting   2018年8月25日   
メダカ消化管長で観察される表現型可塑性とその進化 [招待有り]
勝村啓史
日本進化学会第20回大会   2018年8月24日   
Molecular mechanisms and evolutionary processes underlying genetic assimilation in the digestive tract of medaka
Takafumi Katsumura, Suguru Sato, Kana Yamashita, Shoji Oda, Takashi Gakuhari, Shodai Tanaka, Tadashi Imai, Yasutoshi Yoshiura, Hirohiko Takeshima, Yasuyuki Hashiguchi, Hiroshi Mitani, Motoyuki Ogawa, Hideaki Takeuchi and Hiroki Oota
Society for Molecular Biology & Evolution 2018   2018年7月12日   
メラトニン抑制に関する生理的多型と時計遺伝子PERIOD2多型との関係及びその適応的意義の考察
秋山辰穂、勝村啓史、中込滋樹、城圭一郎、副島英伸、藤本一真、木村亮介、石田肇、埴原恒彦、樋口重和、太田博樹
日本生理人類学会第 70 回大会   2014年6月21日   
メダカ集団をモデルとしたヒト集団にみられる遺伝的多型の機能解析
勝村啓史
第1回集団遺伝学・分子進化学に関する研究会   2014年1月9日   
時計遺伝子PERIOD2の多型と光刺激応答の生理的多様性の関係及びその人類学的考察
秋山辰穂、勝村啓史、埴原恒彦、太田博樹、中込滋樹、藤本一真、副島英伸、城圭一郎、木村亮介、石田肇、安河内朗、樋口重和
第67回日本人類学会   2013年11月1日   
Naturally occurring variation of CYP xenobiotic enzyme alleles in medaka sheds a new light on sexual dimorphism variation among human populations.
Katsumura, T., Oda, S., Mitani, H., Kawamura, S., Oota, H.
19th Japanese Medaka and Zebrafish Meeting   2013年9月20日   
メダカ地域集団でみられる性的二型の地域差に関連するCYP遺伝子多型の進化学的考察
勝村啓史、尾田正二、三谷啓志、河村正二、太田博樹
第15回日本進化学会   2013年8月28日   
メダカの体と動きをまるごと全部数値化する研究
尾田正二、浅香智美、保田隆子、三谷啓志、谷口善仁、太田博樹、勝村啓史、西槇俊之、埴原恒彦
第23回日本サイトメトリー学会   2013年6月22日   
ヒトゲノムの多様性と疾患 –メダカを用いたCytochrome P450遺伝子多型の機能解析– [招待有り]
勝村啓史
東海大学医学部 基礎医学系分子生命科学 情報生物医学研究室セミナー   2013年6月20日   
ヒトとメダカ共通に観察された地域集団間の性的二型の程度の違いに関与する遺伝的多型
勝村啓史、尾田正二、三谷啓志、埴原恒彦、河村正二、太田博樹
第66回日本人類学会   2012年11月24日   
常染色体およびY染色体STR多型もとづく”アイヌ–沖縄同系論”の検証
太田博樹、小金渕佳江、勝村啓史、河村正二、中込滋樹、石田肇、アジア人古収集DNAレポジトリーコンソーシアム
第 66 回日本人類学会   2012年11月2日   
Allelic Variations of Cytochrome P450 Genes in Wild Medaka, Populations: Curious Similarities to Humans’ Polymorphisms and Their Functions
Katsumura, T., Oda, S., Mitani, H., Kawamura, S., Oota, H.
Isogenic Medaka Workshop   2011年9月26日   
ヒトCYP多型とメダカ地域集団を用いた生体機能解析
勝村啓史、尾田正二、三谷啓志、河村正二、太田博樹
第1回CYP研究会   2010年11月17日   
ヒト遺伝的多型の生体機能解析実験系の構築―メダカを用いた新たなアプローチ
勝村啓史、尾田正二、三谷啓志、河村正二、太田博樹
第4回総研大ワークショップ   2010年10月23日   
水田の拡散とメダカの移動
勝村啓史、尾田正二、三谷啓志、河村正二、太田博樹
第64回日本人類学会   2010年10月1日   
ヒト遺伝的多型の機能解析実験モデル生物としての野生メダカ集団の有用性‐cytochrome P450遺伝子に着目して
勝村啓史、尾田正二、三谷啓志、河村正二、太田博樹
第16回小型魚類研究会   2010年9月18日   
野生メダカ集団におけるcytochrome P450遺伝子のアレル間機能差
勝村啓史、尾田正二、三谷啓志、河村正二、太田博樹
第12回日本進化学会   2010年8月2日   
原猿および真猿類における時計遺伝子period 1上流領域の塩基配列比較解析
福世裕貴子、勝村啓史、足立和隆、河村正二、太田博樹
第25回日本霊長類学会   2009年7月18日   
メダカ:地域環境適応的なヒト遺伝的多型の検証モデル
勝村啓史、尾田正二、勝呂尚之、渡辺幸治、三谷啓志、太田博樹、河村正二
第14回小型魚類研究会   2008年9月20日   
野生メダカにおける集団内多様性の集団遺伝学的解析
勝村啓史、尾田正二、勝呂尚之、渡辺幸治、三谷啓志、太田博樹、河村正二
第80回日本遺伝学会   2008年9月3日   

フィールドワーク

 
2014年8月   野生メダカの調査 in 香川(2014/08/29−2014/08/31)
東西で計7カ所
2014年1月   野生メダカの調査 in 香川(2014/01/24−2014/01/26)
東西で計6カ所
2010年9月   野生メダカの調査 in 佐賀(2010/09/09−2010/09/12)
南北で計5カ所
2009年9月   野生メダカの調査 in 岡山・広島(2009/09/30−2009/10/02)
岡山で1カ所・広島で2カ所、計3カ所
2009年7月   野生メダカの調査 in 沖縄(2009/07/29−2009/08/01)
北部で1カ所