河原 尊之

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/02 20:55
 
アバター
研究者氏名
河原 尊之
 
カワハラ タカユキ
URL
http://www.ee.kagu.tus.ac.jp/education/laboratory.html#kawahara
所属
東京理科大学
部署
東京理科大学 工学部 電気工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(九州大学)

プロフィール

1983 年 九州大学理学部物理学科卒。1985 年 同理学研究科物理学専攻修士課程了。1993 年 博士(工学)、九州大学(論博)。
1985 年~2014 年(株)日立製作所。主に同社中央研究所にて、低電圧・低電力回路(低リーク、電荷再利用、FD-SOI)、DRAM、フラッシュメモリ、相変化メモリ、STT-RAM などのメモリ回路、及びDNA 塩基配列検出回路の開発に従事。1997~1998 年 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)客員研究員。2014 年 東京理科大学工学部電気工学科教授、現在に至る。
科学技術分野の文部科学大臣表彰、材料科学技術振興財団山崎貞一賞、電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ賞、受賞。信学会会員。IEEE フェロー。

研究分野

 
 

経歴

 
1985年
 - 
1990年
日立製作所中央研究所 企画員
 
1990年
 - 
1996年
同所 研究員
 
1996年
 - 
1998年
同所 主任研究員
 
1997年
 - 
1998年
スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) 客員研究員
 
1998年
 - 
1999年
日立製作所システムLSI開発センタ 主任技師
 
1999年
 - 
2005年
日立製作所中央研究所 ユニットリーダ(主任研究員)
 
2005年
 - 
2014年
同所 主管研究員
 
2014年
   
 
東京理科大学工学部電気工学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1983年
九州大学 理学部 物理学科
 
 
 - 
1985年
九州大学 理学研究科 物理学専攻
 

委員歴

 
2018年7月
 - 
2020年3月
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)  技術委員
 
2017年5月
 - 
2019年3月
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)  A-STEP査読委員
 
2017年5月
 - 
2018年3月
米国電気電子学会(IEEE)産業用エレクトロニクスソサエティ(IES)  IEEEフェロー評価委員会委員
 
2016年6月
 - 
2018年3月
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)  技術委員
 
2015年4月
 - 
2016年2月
米国電気電子学会(IEEE)国際固体素子回路会議(ISSCC)  Forum Oversee Committee member
 

受賞

 
2017年4月
平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 開発部門
 
2014年9月
エレクトロニクスソサイエティ賞
 
2010年4月
IEEE Service Award
 
2009年11月
山崎貞一賞
 
2009年4月
IEEE Service Award
 

論文

 
Ryota Tanida, Ryo Oiwa, Takumi Ito, Takayuki Kawahara
Proceedings of IEEE International Conference on Computational Intelligence and Virtual Environments for Measurement Systems and Applications (CIVEMSA 2018)   1-5   2018年6月   [査読有り]
Takumi Ito,Changhoon Choi,Takahiro Yamamoto,Takashi Nakajima,Takayuki Kawahara,Yoichiro Hashizume,Mikio Hasegawa
IEEE International Symposium on Circuits and Systems, ISCAS 2018, 27-30 May 2018, Florence, Italy   1   2018年5月   [査読有り]
Yasuhiko Yoshida, Ryo Oiwa, Takayuki Kawahara
2018 7th IEEE International Symposium on Next Generation Electronics (ISNE)   1-2   2018年5月   [査読有り]
Yasushi Fukuda, Takayuki Kawahara
2018 7th IEEE International Symposium on Next Generation Electronics (ISNE)   1-3   2018年5月   [査読有り]
Yasushi Fukuda, Zule Xu, Takayuki Kawahara
IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   Vol.E100-C(No.12) 1118-1121   2017年12月   [査読有り]

Misc

 
筋交い家模型を用いたAIセンサ木造住宅構造ヘルスモニタリングの検討
谷田遼太、大岩凌、伊藤拓海、河原尊之
電子情報通信学会ソサイエティ大会      2018年9月
ニューラルネット型の分類器を用いた木造壁の損傷位置検出の可能性
橋爪洋一郎,岸朔矢,中嶋宇史,岡村総一郎,山本貴博,河原尊之,長谷川幹雄,崔彰訓,伊藤拓海
電子情報通信学会 技術研究報告   118(76 (CCS2018-13)) 69-73   2018年6月
FPGAによる木材ヘルスモニタリングの振動データ識別
大岩凌、福田泰史、伊藤拓海、河原尊之
電子情報通信学会総合大会      2018年3月
圧電素子を用いた建物の損傷検出における機械学習の活用
岸朔矢, 岸映裕, 橋爪洋一郎, 中嶋 宇史, 山本貴博, 河原尊之, 長谷川幹雄, 伊藤拓海, 崔彰訓, 岡村総一郎
第65回応用物理学会 春季学術講演会      2018年3月
安全・安心な建物IoTシステム実現に向けた圧電センサと機械学習による建屋状態検知の実地基礎検証
大岩凌、岸朔矢、橋爪洋一郎、中嶋宇史、崔彰訓、伊藤拓海、山本貴博、長谷川幹雄、河原尊之
電子情報通信学会技術研究報告   117(124) 17-20   2017年7月

書籍等出版物

 
理工系の基礎 電気・電子工学 電磁気学から電子回路まで
兵庫 明、杉山 睦、藤代 博記、山本 隆彦、植田 譲、安藤 靜敏、楳田 洋太郎、永田 肇、柴 建次、小泉 裕孝、西川 英一、星 伸一、増田 信之、河原 尊之、福地 裕 (担当:共著)
丸善出版   2018年6月   ISBN:978-4621302996
Green Computing with Emerging Memory: Low-Power Computation for Social Innovation
Takayuki Kawahara, Hiroyuki Mizuno (Eds.) (担当:共著)
Springer   2012年9月   ISBN:ISBN 978-1-4614-0811
Chapter 7: "Memory Leakage Reduction," in Leakage in Nanometer CMOS Technologies, S. G. Narendra and A. Chandrakasan eds.
T. Kawahara and K. Itoh (担当:共著)
Springer   2005年12月   ISBN:ISBN 978-0-387-28133
Chapter 10: "Case Study: Leakage Reduction in Hitachi/Renesas Microprocessors," in Leakage in Nanometer CMOS Technologies, S. G. Narendra and A. Chandrakasan eds.
M. Miyazaki, H. Mizuno, and T. Kawahara (担当:共著)
Springer   2005年12月   ISBN:ISBN 978-0-387-28133

講演・口頭発表等

 
Wooden Framed House Structural Health Monitoring by System Identification and Damage Detection under Dynamic Motion with Artificial Intelligence Sensor using a Model of House including Braces
Ryota Tanida, Ryo Oiwa, Takumi Ito, and Takayuki Kawahara
The 2018 IEEE International Conference on Computational Intelligence and Virtual Environments for Measurement Systems and Applications (CIVEMSA 2018)   2018年6月13日   
Ternary Sparse XNOR-net for FPGA Implementation
Yasuhiko Yoshida, Ryo Oiwa, Takayuki Kawahara
The 7th IEEE International Symposium on Next-Generation Electronics (ISNE 2018)   2018年5月8日   
Stochastic Weights Binary Neural Networks on FPGA
Yasushi Fukuda, Takayuki Kawahara
The 7th IEEE International Symposium on Next-Generation Electronics (ISNE 2018)   2018年5月8日   
Evaluation of Correlation between Orientation of Y3Fe5O12 (YIG) Thin Film and Spin Seebeck Effect
Atsushi Yamamoto, Makoto Arai, Tetsuya Takimoto, Masatoshi Itoh, Takayuki Kawahara
応用物理学会春季学術講演会   2018年3月20日   
Ito T, Changhoon C, Yamamoto T, Nakajima T, Kawahara T, Hashizume Y, Hasegawa M.
Proceedings - IEEE International Symposium on Circuits and Systems   2018年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
隣接セル間のみながら全結合を実現した汎用イジングマシンLSIとAIエッジデータ処理システムの研究開発
NEDO: 高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発/【研究開発項目①】革新的AIエッジコンピューティング技術の開発
研究期間: 2018年 - 2019年    代表者: 河原 尊之

特許

 
河原 尊之, 竹村 理一郎, 石垣 隆士, 伊藤 清男
柳川 善光, 横井 崇秀, 板橋 直志, 河原 尊之, 右高 園子, 吉田 真希子, 村松 高道
河原 尊之, 竹村 理一郎, 小埜 和夫, 小日向 宣昭
柳川 善光, 横井 崇秀, 板橋 直志, 河原 尊之, 右高 園子, 吉田 真希子, 村松 高道
河原 尊之, 竹村 理一郎, 曽根原 剛志, 長坂 晃朗

その他

 
2017年3月   来たるべき「AI on Things」社会に向けて ~高性能な超低電力AIチップの実現~
NEC WISDOM記事
https://wisdom.nec.com/ja/technology/2017032101/index.html
「今後、AIチップの開発競争は激化すると予想されている中で、「AI on Things」という斬新なアプローチで研究開発に挑む東京理科大学 工学部 電気工学科 教授の河原尊之氏にお話をお聞きしました。」